東京 モーション 個人 撮影。 会社概要・実績

政治家の「顔」からマニフェストを検索 スマホ撮影でAIが個人を判別 都知事選で

東京 モーション 個人 撮影

関連記事• Microsoftが昨年のBuildで発表したオープンソースの投票システム「ElectionGuard」の初パイロットテストが米ウィスコンシン州で実施される。 有権者はタッチスクリーンで候補を選ぶが投票は出力した用紙で行う。 今回のテストではその結果を電子的に追跡したデータと照合する。 司法・行政・立法機関においてAIはどのように活用されていくのか。 世界の事例を基に考える。 1月にサービスが悪用され、詐欺が発生していた後払いサービス「Paidy」の提供元が、新たな再発防止策を発表。 AIによる顔認証を活用した本人確認機能や、AIを活用して不正取引を早期に検知する機能などを導入するという。 実装は4月15日の予定。 Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOがWashington Postに寄稿し、安全なプラットフォームを持続するためには、政府による規制の基準とガイドラインが必要だと主張した。 総合建設会社の大林組が、NECの顔認証技術を導入。 本人確認を行う他、入場・退場時の時刻とGPSを取得する。 建設現場における勤怠管理を自動化し、業界の人手不足に対応する狙い。 関連リンク•

次の

政治家の「顔」からマニフェストを検索 スマホ撮影でAIが個人を判別 都知事選で

東京 モーション 個人 撮影

関連記事• Microsoftが昨年のBuildで発表したオープンソースの投票システム「ElectionGuard」の初パイロットテストが米ウィスコンシン州で実施される。 有権者はタッチスクリーンで候補を選ぶが投票は出力した用紙で行う。 今回のテストではその結果を電子的に追跡したデータと照合する。 司法・行政・立法機関においてAIはどのように活用されていくのか。 世界の事例を基に考える。 1月にサービスが悪用され、詐欺が発生していた後払いサービス「Paidy」の提供元が、新たな再発防止策を発表。 AIによる顔認証を活用した本人確認機能や、AIを活用して不正取引を早期に検知する機能などを導入するという。 実装は4月15日の予定。 Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOがWashington Postに寄稿し、安全なプラットフォームを持続するためには、政府による規制の基準とガイドラインが必要だと主張した。 総合建設会社の大林組が、NECの顔認証技術を導入。 本人確認を行う他、入場・退場時の時刻とGPSを取得する。 建設現場における勤怠管理を自動化し、業界の人手不足に対応する狙い。 関連リンク•

次の

会社概要・実績

東京 モーション 個人 撮影

関連記事• Microsoftが昨年のBuildで発表したオープンソースの投票システム「ElectionGuard」の初パイロットテストが米ウィスコンシン州で実施される。 有権者はタッチスクリーンで候補を選ぶが投票は出力した用紙で行う。 今回のテストではその結果を電子的に追跡したデータと照合する。 司法・行政・立法機関においてAIはどのように活用されていくのか。 世界の事例を基に考える。 1月にサービスが悪用され、詐欺が発生していた後払いサービス「Paidy」の提供元が、新たな再発防止策を発表。 AIによる顔認証を活用した本人確認機能や、AIを活用して不正取引を早期に検知する機能などを導入するという。 実装は4月15日の予定。 Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOがWashington Postに寄稿し、安全なプラットフォームを持続するためには、政府による規制の基準とガイドラインが必要だと主張した。 総合建設会社の大林組が、NECの顔認証技術を導入。 本人確認を行う他、入場・退場時の時刻とGPSを取得する。 建設現場における勤怠管理を自動化し、業界の人手不足に対応する狙い。 関連リンク•

次の