冷凍うなぎ 温め方。 冷凍うなぎの温め方とコツ!電子レンジや炊飯器で美味しく温める方法

うなぎの蒲焼きのおいしい温め方で簡単なのはレンジとフライパン!

冷凍うなぎ 温め方

うなぎというと・・・ 【土用の丑の日】 にもっとも多くの人が食べる日になるわけですが、うなぎの高騰でけっこう思い切らないとうなぎ屋さんには足が遠くなる昨今です。 とは言え丑の日にうなぎは食べたいモノ。 スーパーのうなぎも高騰してきていますがそれでも家でおいしく頂きたいものです。 Sponsored Link うなぎが焦げそう、ショッパイ!時の温め方 うなぎの温め方は何通りかありますが、完成している蒲焼のタレが焦げてしょっぱくなりすぎる問題があります。 「おいしい蒲焼きが食べたい」とひと手間かける場合 「うなぎを洗う」事が推奨されていることが多いです。 youtube. ・魚焼きグリルで弱~中火で3~5分焼きます ・お好みのタレを全体に塗り、かるく炙って出来上がり この方法は「うなぎを洗う?」というちょっとした抵抗感はありますが、香ばしさが戻る点とお好みの味付けが戻るのは大きなメリットがあります。 【スーパーのうなぎ】魚焼きグリル・電子レンジ・フライパンでの温め方 うなぎのかば焼きというと関東風・関西風とさばき方や焼き方が違いますが、 「皮は香ばしく、身はふっくら」「皮も身もパリっと香ばしい」と理想の蒲焼きを再現したいなら温め方の方法を変えてみましょう。 youtube. youtube. 【フライパン】…『ためしてガッテン』で放送されていた方法でふっくら感を再現する 関西風の触感に近くなる温め方です ・温めたフライパンに大さじ3強のサラダ油を入れ、強火で1分間予熱します ・うなぎの身を下にしてフライパンで1分程揚げ焼き(身の表面が薄く色づく程度) ・裏返し、皮の方を30秒程加熱 ・バットに移して余分な油をキッチンペーパーでふきとる。 ですがオススメは 「湯せんしてから直火で炙る」です。 【冷凍・真空パックのウナギの温め方】 ・冷凍うなぎの場合は自然解凍・冷蔵庫解凍などで必ず溶かします ・解凍された真空パックのウナギをそのまま湯せんにかけ温めます ・温まったウナギをパックから出し、魚焼き網の上のせ中~強火で、うなぎの両面を焼きます ・焼ける目安は表面がブツブツと泡立ってくるまでです ・最後にうなぎのタレを全体に塗り、かるく炙って出来上がり うなぎのふっくら感と香ばしさの両方を再現することができますので、手間はかかりますがおすすめです。 youtube. うなぎは18種いると言われていて国産天然ウナギは「ニホンウナギ」ジャボニカ種と言われます。 海外からの輸入品で有名なのが(アンギラ種など)と言われ皮が分厚いので硬さを感じるのです。 うなぎが減少しているとはいえ、うなぎを食べる国は結構あって彼らがかたいうなぎに対して味覚オンチという訳ではなく 「蒸したり、煮込んだり、揚げたり、ソテーして煮込んだり、逆に燻製にしたり」とウナギ料理の幅が広く、その際に 「やわらかくなる調理法」をとっているのです。 最近は海外の人がうなぎのかば焼きのおいしさに驚くぐらいですから「炭火でじっくり焼く」のは世界的には珍しく国産ウナギだから適していると言えます。 ならば輸入ウナギにあった調理法で温めなおすのがおすすめです。 輸入うなぎの皮を柔らかくする温め方 ・蒲焼きをお皿に乗せて熱湯を注ぎ余分なタレを洗い流します ・蒲焼きを低温蒸しで、5分くらい蒸します 蒸すと輸入うなぎの厚い皮もすごく柔らかくなり箸で簡単に切れます。 うな丼などにする場合はご飯にのせてからタレをかけます。 炊飯器でうなぎ御飯 炊飯器でごはんが炊き上がってったら、細かく切ったうなぎを保温に切り替わるときに、ごはんの上にアルミホイルをしいて、その上にパックから出したままのうなぎを並べます。 5~10分ほとだったらうなぎとごはんとうなぎのタレを全体的にさっくりまぜて、うなぎ御飯の完成です。 書けるタレの量はお好みで調整してください。 Sponsored Link• 関連記事と広告 関連記事•

次の

冷凍うなぎの美味しい食べ方

冷凍うなぎ 温め方

突然、なぜだか急に 「うなぎが食べたい・・・」って思うこと、ありませんか? 私、けっこうあるんですよ。 土用の丑の日でもないし、夏バテ中で食欲も落ち気味とかでもないのだけれど、無性に食べたくなる時があるんです。 あの、うなぎのフワッとした食感、口に広がる脂が乗ったうなぎの旨みがなんとも幸せな気持ちにさせてくれるんですよね。 お店で食べる絶品うなぎを家庭でも再現できたら、私の幸福度はかなり上昇するんですけれど。 「お店のうなぎは無理でも、家でならまだお安く食べれるんじゃない?!」 そう思ってスーパーで購入したパックに入ったうなぎなんですが・・・。 私にしてみればそこそこ高かったけれど、硬そうだし、お世辞にもあまり美味しそうでもないし。 このまま普通に温めても、絶対あのフワフワは味わえないんですよね~。 何かいい方法はないかしら? 探してみたら、 とっておきの方法がありましたよ。 このスーパーで買ったうなぎを、見事 「高級店のうな重」に変身させてみせます! 1. うなぎが入る大きめのお皿を用意します。 うなぎを 「皮を下」に、「身を上」に向けておきましょう。 うなぎに 大さじ1~2杯のお酒をまんべんなくふりかけます。 温める時にアルコールは飛びますので、匂いなど気になりませんよ。 ふんわりとラップを (うなぎに当たらないように)かけます。 電子レンジで1分~1分30秒ぐらいが目安です(500Wの場合) 加熱時間は 少し足りないかなと思う程度にして、様子を見ながら調節した方が失敗が少なくすみます! 上記の方法で、さらにもうひと手間かけてもいいよという方は、フライパンを併用しましょう。 硬い皮がイヤ!皮を柔らかく温めるならフライパン うなぎの皮がくせ者なんですよね。 硬くてゴムのように噛み切れないですし。 そんな時はフライパンで蒸し焼きにすると皮も柔らかくなるんですよ。 【フライパンで温める方法】 1. うなぎにお酒を軽くふりかけ、ふんわりラップをして 約30秒ほど電子レンジで温めます。 (500Wの場合) 2. その間にフライパンを火にかけて、 2枚重ねてアルミホイルを引きます。 この時、アルミホイルをくしゃっと一度丸めて広げ直します。 こうすることでうなぎの身をアルミホイルに くっつきにくくするわけですね。 うなぎの皮を下にアルミホイルを引いたフライパンに置き、うなぎの硬さを少しチェックします。 (少し乾いてるなと感じたら、お酒をもう少しかけます) 4. うなぎの上に穴を数個あけたアルミホイルを被せるか、フライパンの蓋をして 弱火で約1分ぐらい蒸し焼きにします。 蓋をとり、タレをうなぎの上にかけます。 フライパンを少し揺らしながら皮にもタレがまわりこむようにしてもう少しだけ加熱します。 うなぎの皮がパリッとして、身はふんわりとしたうなぎになりますよ。 うなぎの 皮を下にしてフライパンに入れます。 うなぎがひたひたに浸かるぐらいまで 緑茶を注ぎ入れます。 (ペットボトルの緑茶がお勧めです) 3. フライパンに蓋をして加熱します。 中火で3分~5分ぐらいが目安です。 蓋をとり、中火のままで煮汁を飛ばしますが、少し煮汁が残っているところににタレを投入します。 (煮汁とタレを混ぜ合わせる感じです) 5. もう少し加熱を続け、少し煮汁が残るぐらいが止め時です。 温め直す前は皮がゴムのようにゴワゴワだったのに、食べたらふんわりしていて、とても美味しくいただけました。 なぜうなぎは硬くなるの?なぜ緑茶がいいの? そもそも、どうしてうなぎは調理時間が経つと硬くなってしまうんでしょうね? そして、なぜか緑茶で煮込んだら、すごくフワフワになりました。 不思議なことに、緑茶でうなぎを煮たのに、お茶の味はしないんですよ。 これには うなぎと緑茶の成分に秘密がありました。 成分の秘密となぜうなぎは冷めると硬くなるのかも合わせてご説明しますね。 ・このまま電子レンジで加熱してしまうと、ますます水分不足で硬くなってしまうので避けたいですね。 ・調理済みのかば焼きの最大のネックは、加熱の際にタレが焦げついて硬くなる、ということでしたので、これを洗い流してしまえばどうだろう?という発想にたどり着きます。 こうして生まれた裏技が 「市販のかば焼きを湯洗いする」でした。 ためしてガッテンでは、 関東風「トロッ・フワッ」かば焼きと、 関西風の「サクッ・フワッ」かば焼きの2種類の温め方を紹介されていましたので、レシピ形式でまとめたいと思います。 【関東風かば焼き温め方】 1. うなぎをバットに入れ、熱湯を注ぎ入れて 湯洗いをします。 (うなぎがひたひたになるぐらいの分量の熱湯を入れる) 2. 湯をかけたらすぐにうなぎをバットから取り出し、余分な水分を優しくふき取ります。 (ここまでは関東風と同じです) 3. フライパンに大さじ3強のサラダ油を入れて、 強火で予熱をします(1分間ほど) 4. 水気をとったうなぎを身を下にしてフライパンで 1分ほど揚げます。 (身の表面が薄く色づく程度に) 5. 裏返して、 皮を30秒ほど加熱します。 余分な油をキッチンペーパーでふき取って完成です! 油で揚げてギトギトにならない?と心配になりますが、どうやら油は油に溶けだす性質があるようで、うなぎ自身の脂も外に流れ出し、思ったよりもさっぱり頂けるようですよ。 nhk. html うなぎに合うご飯の硬さ、お好みはどっち? さて、うなぎを上手に温める方法がわかったところで気になるのは、もうひとつの主役、 ご飯のことですね。 うなぎの濃厚な味わいに、ベストマッチするご飯のことについて少しだけ触れさせてください。 うな重や、うな丼など、タレをかけるご飯は、硬めの炊き加減が好きですか? それとも、ふわふわの柔らかいご飯が好みですか? こればかりは人によるといえばそれまでですが、若干、タレが絡んでも ベチャっとならない硬めのご飯を好まれる方が多いように思われます。 ご家庭でうなぎを食べようとして、ご飯の硬さに悩んだ場合は、基本は 普通の水分量で炊き上げるのがいいと思います。 硬めの方が好きな方は、少しコツがあるのでご紹介しますね。 【うなぎに合う硬めご飯の炊き方】 ・水加減は炊飯器の 目盛り通りにしましょう。 ・お米を浸ける時間を普段よりも 短めにします。 (目安は30分ぐらいにする) ・急速炊飯コース(快速コース)など呼び名は炊飯器で違うと思いますが、 早く炊けるコースを選びます。 ・炊きあがると 10分ぐらいは蓋を開けずに きっちり蒸らしてくださいね。 ・蒸らし終えたら、蓋をあけご飯をしゃもじで優しく底から持ち上げるようにしてかき混ぜて完成です! これでしっかり歯ごたえがあるアルデンテ風の硬めご飯が炊きあがりますよ。 うなぎを温める「4つのコツ」おさらい 長くなりましたので、うなぎを温めるコツを簡単におさらいしておきましょう。 電子レンジで温める場合は、加熱しすぎないこと!(目安は500Wで1分から1分30秒) お酒をまんべんなくふりかけ、ラップはふんわりかけましょう。 フライパンでひと手間かけるならアルミホイルで! くしゃっと丸めてからうなぎを置くと引っ付きにくいです。 加熱のし過ぎに気を付けて蒸し焼きしてから、タレを絡めましょう。 緑茶で煮るとさらにふんわり仕上がります! うなぎをフライパンに入れてひたひたになるまで緑茶を入れて煮ます。 煮汁が少なくなったらタレを入れて少し煮たら完成。 皮までふわふわに仕上がります。 ためしてガッテンの温め方、コツは湯洗いをする! 市販のうなぎについているタレを洗い流すことで焦げを防ぎ、再調理しやすくなっています。 どれもそんなに難しい工程はなく、試してみようと思えるものばかりですね。 土用の丑の日は夏だけじゃないの? お恥ずかしい話、私は土用の丑の日って、夏の暑い時にあるものだと思っていました。 そうじゃなかったんですね。 土用の丑の日とは 「土用の中で十二支の丑にあたる日」だそうです。 土用とはなに?ってことになると思うんですが、立春、立夏、立秋、立冬の直前の 約18日間のことを土用と言います。 そして その18日間の中の丑の日が「土用の丑の日」になるんですって。 季節の変わり目は体調を崩しやすいこともありますから、栄養価の高いものを食べようという習慣ができたのでしょうね。 うなぎの旬は冬ということですから、なにも夏だけに食べなくてもよかったんですね。

次の

市販のうなぎを美味しく食べる方法 温め方より洗う事が大事って本当?

冷凍うなぎ 温め方

夏の「土用の丑の日」といえば、やっぱり「うなぎ」。 酷暑を迎え撃つにふさわしい「国産うなぎのかば焼き」は、脂の乗ったつややかなフォルムと、ぷっくりとした身の歯ごたえが恍惚とさせてくれる。 とはいえ、お財布事情を考えればスーパーなどで売られている「中国産うなぎのかば焼き」が精一杯。 国産うなぎは、いかんせんお高いのである。 でも、せっかく食べるなら、ちょっとでもおいしいうなぎを味わいたいもの。 そこで、巷にあふれる「中国産うなぎのかば焼きをおいしく食べる方法」を実際に試してみることにした。 まずは下準備から テレビやネットで話題になっている方法は数多くあるものの、とりわけ評価が高いのは「蒸し焼き」と「揚げ焼き」の2つ。 どちらがよりおいしく味わうことができるのか。 この姿をよ~く覚えておいて欲しい。 今回の主役である「中国産うなぎのかば焼き」は、近所のスーパーにて1,100円で入手。 「そのまま・蒸し焼き・揚げ焼き」の味を比較しやすいように、1枚を3分割してそれぞれ調理することに。 スーパーなどで売られている「中国産うなぎのかば焼き」は、臭味をごまかすためにタレがたっぷりかかっているとのこと。 そこでまずは、たれを洗い落とす作業から。 バットや縁のあるお皿にうなぎを入れて熱湯をかけ、さっと湯洗いしたらすぐに引き上げてキッチンペーパーで水分を拭きとる。 熱湯をかけることで臭味がとれ、皮の周りのコラーゲンもトロトロになって柔らかい食感に変わる効果も得られるらしい。 このままでもおいしそう。 お湯で洗っただけなのに、すでに身がふっくらしたような……。 きれいさっぱりしたところで、いよいよ実験開始。 「蒸し焼き」でふっくら まずは「蒸し焼き」。 用意するものは、「くっつかないアルミホイル」と「酒大さじ3杯」。 アルミホイルに皮面を上にしてうなぎを乗せ、酒をふりかけてしっかりと包む。 (普通のアルミホイルを使用する際は、うなぎをのせる場所に薄く油を敷く) グリルで焼くこと3分。 ひっくり返して身に薄くタレをぬり、今度はアルミホイルを閉じずにそのまま1分焼いたら、完成! みるからにふんわりとした身のかば焼きに。 ツヤツヤでおいしそう。 サックリ「揚げ焼き」 お次は「揚げ焼き」。 用意するものはなんと「油」のみ! フライパンに多めの油を敷き、温まったら身を下にして1分ほど焼く。 焦げやすいので火加減に注意。 皮面も30秒ほど焼き、キッチンペーパーで油を拭き取ったら、完成! 撮影している間に少し焦がしてしまったものの、締まった身と香ばしい香りが食欲をそそる。 いざ、食べ比べのとき! 「蒸し焼き」も「揚げ焼き」もどちらも簡単でありながら、手を加える前のうなぎと同じものとは思えないほどふっくらとしたおいしそうな見た目に。 味の期待も高まる。 待ちに待った実食! 「蒸し焼き」は、ふっくらとした見た目どおりに柔らかく、高級うなぎにも引けをとらない、とろけるような優しい食感に変化。 うなぎ本来の風味も強い。 対して「揚げ焼き」は臭味がまったくなく、サクッとした歯ごたえが楽しめるのに、身は驚くほどふんわりとしていた。 どちらを良しとするかは好みによるところだが、ほんのひと手間かけただけで驚くほど味わい深くなるのは確か。 万葉の時代から親しまれてきた「土用の丑の日のうなぎ」。 今年は中国産うなぎで、国産並みの贅沢な風味と舌触りを楽しんでみてはいかがだろうか?.

次の