魔法少女オブジエンド ラスト。 魔法少女・オブ・ジ・エンド

魔法少女サイト 16(最新刊)

魔法少女オブジエンド ラスト

Contents• 今回、取り上げたのは 2012年から別冊少年チャンピオンで連載されていた 「魔法少女・オブ・ジ・エンド」 です。 この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて ネタバレありで話しています。 もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」 という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので こっちを見てください。 「魔法少女・オブ・ジ・エンド」を無料で読むには 「魔法少女・オブ・ジ・エンド」をすぐ読みたい方は 「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。 (iOS・Android双方で使えるアプリになっています) マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。 もちろん「魔法少女・オブ・ジ・エンド」も無料で見られますよ。 1.最終回までの流れ 最終回までの詳細なあらすじは 別途ブログ記事に書いていますので そちらを見たい方は以下をクリックしてください。 主人公の児上貴衣は何の変哲もない普通の高校生でした。 退屈な毎日を送っていましたが、 ある一人の少女によって生活が一変します。 その少女は高校生の門まで来て、不思議な杖で 生活指導の先生の頭を叩き破裂させます。 そこから阿鼻叫喚の殺戮ショーが始まります。 貴衣は、つくねという幼なじみである少女と一緒に逃げまどいます。 シャッターが閉まったビルの中に入る貴衣達は、 クレイジーな警官の芥らと一緒に、子供に取り憑いた化け物を1体何とか倒します。 貴衣達は化け物に正体を聞くと「魔法少女オブジエンド」計画であることを告げるのでした。 その後、巨大魔法少女が現れてメンバーは一人残らずやられてしまいます。 貴衣が気がつくと2002年にタイムスリップしていました。 貴衣はつくね家に行き、つくねが描いた絵が 未来の魔法少女達の姿と同じである事を発見してしまいます。 大きな疑問を持つ貴衣ですが、 この疑問を解決する前に芥達と一緒に未来へ戻ってしまいます。 つくねは別人格であるあすかに乗っ取られていること 貴衣と繋がる為に魔法少女オブジエンド計画を実行している事が明らかになり 貴衣達は魔法少女は未来から来た事と つくね(あすか)が黒幕である事を突き止めるのでした。 そして、一緒に逃げていた夜華を殺されたことに激昂した 芥がつくね(あすか)を倒して、魔法少女からの侵略を止めます。 魔法少女を送り出す魔法陣が崩れ去る中、 貴衣達と行動を共にしていた姫路がこの世界を裏で指揮していた事が判明します。 魔法少女が支配する世界から脱却した貴衣達。 彼らは三年後の世界にワープしていました。 子の世界ではつくねは交通事故で死んでいるのでした。 姫路は13の魔法少女を手に入れる事で自らの願いを叶えようとしており 児上貴衣を殺す事を宣言していました。 貴衣達は殿ヶ谷という科学者から 敵が世界に存在する13の魔法少女を集結させる事で、何か大きな行動を起こすであろう。 という事を話し、計画を阻止しようとするのでした。 殿ヶ谷は20年後の未来へ行き、敵の計画を阻止するためタイムマシンを作っていましたが 姫路に奪われ、つくねと貴衣の体も回収されてしまうのでした。 そして、第一部が終わります。 舞台は2030年、東京渋谷。 魔法少女を作り出した製薬会社ヴァレリーベは大会社として成長を遂げていました。 社長の白金は自分の妻が原因不明の突然死となってしまった事から、 天才である息子の白金忍に生き返らせる研究を依頼し、魔法少女の血液を渡します。 忍は自らに検体を注入し、解決方法を見つけますが力が暴走。 街を破壊してしまうのでした。 魔法少女のみかのとみかのの母親でなんとか暴走を止めますが 裏ではヴァレリーベの科学者である真壁により 13の魔法少女を集める活動が続けられていました。 真壁は世界を支配しようと13の魔法少女を集めての儀式を実行しようとしますが 自らが生み出したモルモットである姫路に裏切られて殺されてしまいます。 姫路は神となる儀式を行える場所をみかのの母親に案内させ 最後のピースである福本つくねと児上貴衣に子供を作らせようと計画。 過去に戻っていくのでした。 ここで第二部が終わります。 時は再び2012年。 姫路の計画通りに魔法少女がクラスに侵入して、 皆殺しにする直前までいきますが、 未来からきた貴衣、楓らが乱入して魔法少女と姫路を倒します。 そんな未来の世界で状況を眺める人物が一人。 その名は無六レイル。 彼は悪魔で姫路を止める力を持っていました。 レイルに接触したつくねは事態を止めるようにお願いしますが、 レイルは愚かな人間達は滅びた方がいいと言います。 そして、この魔法少女の終焉(まほうしょうじょオブジエンド)計画を 実行した本人である事を暴露します。 もう一つの平行世界。 姫路がつくねと貴衣の体を攫った未来では姫路が二人の子供を人工的に作り出し、 儀式を行う準備を整えていました。 元の世界では、姫路を仕留めた忍の力が暴走。 世界を破壊する怪物となって暴れ出します。 手がつけらない強大な力を前にして、 貴衣達はもう一つの平行世界に行き、儀式を乗っ取るとこで忍の力を止めようと計画します。 芥が命を賭けて戦い、命と引き換えに忍は戻ってくるのでした。 もう一つの平行世界に行く貴衣達。 儀式を成功させんとする姫路の前にある人物が現れ、姫路を倒してしまいます。 その人物は黒呂木零 零は忍の母親がエクソシスト(悪魔祓師)である事を突き止め、 忍の父親白金宗の体を乗っ取り、儀式を成立させるべく動いていたのでした。 儀式を終えた黒呂木は地球を一度破壊して、 自分の理想とする平和な世界を築き上げていました。 破壊を逃れたのは貴衣とつくね、そして大人のつくね。 そして、忍とみかのとレイルでした。 黒呂木は隕石や雷で貴衣達を消滅させようとしますが、 つくねの才能が開花して攻撃を逃れます。 そして、黒呂木と対峙したつくねと貴衣は、 貴衣の体を使ってつくねの最大魔法で黒呂木を倒します。 そして、物語は最終回へと移ります。 2.最終回のストーリー 五年後の2017年。 鞘野楓は大学に入ったもののつまらない毎日を過ごしていました。 芥は警官として現役で働いていましたが、 結婚をして子供がいる父親になっていました。 そして、夜華と蓮は結婚をしていました。 貴衣の友人も同級生や教師と結婚するなか、 鞘野は五年間もの間、抜け殻のような生活を送っていました。 その原因は貴衣が死んでしまったこと。 そんな中、魔法少女と壮絶なバトルを繰り広げた仲間達が 貴衣のお墓参りの為、時空を超えて集結します。 殿ヶ谷とマリアは子供であるわたると一緒。 わたるは姫路と瓜二つの外見を持っていました。 しかし、そこに大人のつくねはいません。 つくねはレイルと話していました。 過去のつくねの魔法は記憶を吸収して、それを変えることが出来るという巨大な能力。 その能力で黒呂木の保有していた宇宙概念の記憶を取り出し、 児上貴衣の体を媒体に新たな宇宙を生み出した。 児上貴衣の身体は犠牲になったが、今ある世界、いや宇宙が児上貴衣そのものである。 世界に住む人々は大惨事の記憶や貴衣の記憶はなくなっているが、 一緒に戦った者だけは全ての記憶を残しているのでした。 これは一緒に戦った者への愛情と黒呂木のような人間が 再び出てこないようにする為のメッセージでした。 そして、貴衣はこの世から魔法を消すのでした。 「魔法少女オブジエンド」 これから一人の人間として生きて行くがいい。 と言い残してレイルは去っていきます。 つくねは自分と貴衣との子供の二人で貴衣の墓参りをしていました。 すると、仲間達が貴衣の墓にやってきます。 かつて、魔法少女だった者達も人間になっていました。 忍がなぜ召集をかけたのかをつくねに聞くと、 貴衣の子供が寝言で今日集まるようにと伝えていたからだと答えます。 泣きじゃくる鞘野に貴衣の子供は 「返事、応えられなくてごめんな」 とパパのメッセージを伝えるのでした。 立ち直る鞘野。 そして皆が墓を後にする中、ふと振り返り貴衣の顔が アップになったところで、物語は終了となります。 「魔法少女オブジエンド」最終回の感想 「魔法少女オブジエンド」を最終回を読んでの率直な感想 ちょっと複雑すぎて完璧に理解が出来なかったなぁ こんな感じです。 タイムスリップものなので、そもそもの設定を理解しづらい というのはある程度仕方がないところはあると思いますが 女性キャラクターの絵が似ていたため みかのなのか、つくねなのか、マリアなのか そのあたりが分かりづらいのが残念なところでした。 もう少し伝わりやすくストーリーや絵柄を構成してくると 漫画も読みやすく、良かったと思います。 最初はパニックホラー一辺倒のストーリーだったので そこからのストーリー転換は見事だったと思いますが ちょっと読者を置いてけぼりにした感は否めないですね。 こういったSFものや入り組んだ設定が好きな人には たまらない作品になっていると思いますので SF系の漫画が好きな人は是非読んでほしい作品ですね。 「漫画を全巻揃えて楽しみたい」という人は 【漫画全巻ドットコム】がオススメです。 漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。 綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。

次の

魔法少女・オブ・ジ・エンド 16 (少年チャンピオン・コミックス)

魔法少女オブジエンド ラスト

Posted by ブクログ 2020年04月09日 正直「魔法少女オブジエンド」を読んでないと意味がわからない。 なんといっても本作のラスボスキャラはあちらに無茶苦茶関係している。 「魔法少女サイト」だけでは補完不足で、「魔法少女オブジエンド」を全巻通して読んで初めて「そういうことだったのか! 」となる。 なら最初から「魔法少女オブジエンド」のスピンオフ でいいのでは……ゾンビものとして始まったあちらと違い、こちらは全く別の話として始まるからすっかり騙される。 最終巻だが、伏線が全て回収されてスッキリ解決大団円、というエンディングを望んでいた読者はがっかりする。 そういう人たちが低評価を付けるのもまあわかる。 が、クソ兄貴の出番が多いとかクソないじめっ子のさりなが贔屓されてるとかはなにをかいわんや。 「魔法少女オブジエンド」を齧ってればわかってるだろうが、元からそういう作風じゃないの。 要は勧善懲悪へのアンチテーゼ、「クズが何故かやたらと贔屓され活躍し、なんならヒロイックに描かれる」世界観なのだ。 一部の外道キャラが見せ場をもらってるのが気にくわない?それは個人の好悪の問題だ。 感情だ。 少年漫画の王道展開な勧善懲悪が見たいなら他を当たればいい。 「魔法少女サイト」は胸糞グロ鬱、キュートな絵柄と逆行する悪趣味さが売りなのだから、そこを叩くのはナンセンス。 ただ最終巻になって突然魔法少女の家族が参戦してくる展開は無理があった。 もし最終決戦だよ全員集合にしたいなら、ちゃんと伏線を敷いとくべき。 要の改心も描写不足。 DVクソ兄貴が突然「お前も幸せになれ」って……戦いの中で変化があったにしろ、付いていけない。 せめて彩と彼の対話を挟むべきだったのでは? アレだけエグいDVやゲスな行動を尺を割いて見せられたあとに「幸せになれ」とか〆られても感動より当惑が大きいし、パンチが弱い。 要自身はけっして嫌いじゃないし、むしろ好きなのだが、彩が事故に巻き込まれた際もうっすい反応しかしてない彼が妹の救済を願うなら、相応に説得力ある過程を描いてほしい。 最大の謎は美炭家。 アリスの談によると「母親はトイレでアリスを産んだあと自殺し以来施設育ち」というが、貴一郎との兄妹設定に矛盾が生じる。 腹違いとか養子とか無理矢理こじ付けられないことはないが、なら回想の形でわかるように描いてほしい。 あとラストに出てくる性別転換のステッキはご都合主義。 いや、それまでにチラッと出てきたなら伏線として納得するが突然出てきたよね?見落としてただけ? 正直風呂敷を綺麗に畳みきれるとは思わなかった。 話の規模が広がりすぎて破綻する予感はしていた。 彩の死に戻りループはまどマギを連想させる。 一巻から妙な中毒性にハマって読んできたのだが、後半は惰性で読んでいた感が否めない。 最終巻で突如登場する父親の存在など、完全に読者おいてけぼり。 綾の母親に関してはなんら言及ないし、露乃と双子以外の情報はシャットダウンされてるので、こっちは父親に何の思い入れもない……。 長々と文句を書き連ねたが、作中登場した魔法少女たちに愛着が湧いたなら、彼女らが幸せになる未来を見れただけで満足度はそこそこ高い。 癌を跡片なく消すとか、さすがに可能か疑問符が付くがご都合主義なステッキがあったんだろうと強引に納得する。

次の

DMR20 22/70 ジ・エンド・オブ・エックス(レア)|デュエルマスターズ通販・販売|ガッチャJP

魔法少女オブジエンド ラスト

2018年春アニメ。 魔サイは普通に面白かったです。 そんな似ている設定の主人公の二人。 でも、まどマギのまどかに不満はないけど彩にはなんとなく綺麗事を感じてしまったのね。 魔法少女サイトの設定は良かったんですけど、似たような性格の主人公にアニメ魅力の差がありました。 なんかね、彩の性格に僕はウザさを感じてしまったのよ。 本当に不幸な少女なのにだよ? やっぱりキャラ設定は人気に直結しますね。 まどマギの設定は、普通だと思っていた日常が魔法少女の願いと意思で作られていたと知る所からようやく始まります。 一方、魔法少女サイトの朝霧 彩は本当に不幸。 兄ちゃんヒドイ!ヒドすぎるわ! 魔法少女サイトの魔法少女になる条件が不幸な少女なので、朝霧 彩の設定が不幸な少女になってますけど……ちょっと作られ過ぎてる印象を受けました。 そんな不幸な彩を救ったのが、まどマギで言う暁美 ほむらの位置である奴村 露乃(やつむら つゆの) このキャラ設定も、失敗したように感じてます。 奴村 露乃と暁美 ほむらの比較 奴村 露乃と暁美 ほむらは、二人とも頼りがいがあっていい性格してるんですけどね。 まどマギのまどかとほむらには、知られざるエピソードがあった。 これが皆の感動を呼び、現在に続く人気を支えています。 一方、魔法少女サイトの彩と露乃はよくわからない。 確かに露乃は、いじめられていた彩を救った。 家族からも学校からも嫌われていた彩にとって、露乃の存在はオアシスだったんですね。 しかし、露乃にとっての彩はただの魔法少女だった。 後に彩は露乃の不幸を知り、心から寄り添う形にはなったけど。 僕的には、露乃が彩を救う理由が弱かったと思います。 アニメ魔法少女サイトは謎ストーリーがメインなので、仕方がなかったのでしょうけどね。 魔法少女サイトは、彩と露乃がメインで活躍します。 その彩と露乃のキャラ設定に違和感があるのが残念で、まどかとほむらの関係とは人気を呼ぶ意味で遠いです。 難しいところだけどね。 スポンサーリンク ストーリーの比較 どちらも答えが先にある謎ストーリーアニメですが、まどマギは少女の絶望を集め、魔サイは少女の不幸を集めていました。 おいおい、魔サイのテンペストって、まどマギのワルプルギスの夜か!? なんて思いましたが、魔法少女サイトの管理人まで過去の魔法少女だったね。 ありゃ?これもまどマギの魔女の正体に似てますなぁ……。 まどマギのストーリー設定については、いまさら僕が言う必要はないでしょう。 マジで面白い! 一方、魔法少女サイトのストーリーは、白黒の謎のサイト管理人とのバトルが主なストーリーでした。 まどマギのほむほむも、キュウべぇとバチバチやってましたけどね笑 まどマギのストーリーは、世界を救う魔女少女になりたいまどかから、真相を知って世界を変えるまどかという設定でした。 まぁ隙がない見事なストーリー。 魔法少女サイトの彩を汚く表現すると、 世界?知ったこっちゃない!私は露乃がいればいいの!それを邪魔するなら、魔法アイテムをくれた管理人だろうが世界を変えるテンペストだろうが関係ないっ!全て止めて、私は露乃とお手て繋いで平和に暮らしたいの! 大変失礼しましたが、この方が彩の魅力がとてもわかりやすいかと思います。 彩はいい子なんですよね?だけど僕には、彩が哀れみタイプのキャラに見えましたので。 アニメ魔法少女サイト一期は、これからサイト管理人とバチバチやるぜって所でストーリーは終了。 まどマギは12話で1つの完結を迎えますが、アニメ魔法少女サイト12話みたいな最近のアニメの終わりかたは嫌ですね。 アニメ化したなら、最期までやって欲しいですわ。 見所の比較 まどマギはよく3話まで見ろと言われますが、その通り。 魔法少女サイトの見所は、一応11話のラストだと思います。 例えば、まどマギ冒頭のほむらバトルは夢ではなかったですよね? この繋ぎ方が良くて、まどかの夢だったんだけど正夢に近い現実でした。 それとまどかの夢ではなくて、冒頭のシーンが後々出てくるストーリー設定でも良かったと思います。 それ待ちで視聴出来ますからね。 冒頭?知らね。 みたいな 笑 しかし、まるで夢のように見せられる設定を作っていたのがまどマギのスゴイ所なんですよね!そりゃ、ほむら人気もうなずけますわ。 魔法少女サイトの露乃と彩はバトルをしましたが、アニメ12話を通して見ると、彩と露乃の繋がりの理由が弱いからイマイチになっちゃってました。 アニメ一期の見所がサイト管理人の正体なので、僕は最初から露乃がサイト管理人の設定だった方が面白かったです。 結局露乃は見習い管理人だったしね。 それを思い出した露乃と、それを救った彩なら、魔法少女サイト一期の終わりは締まったと思います。 アニメまどマギと魔法少女サイトを比較してみての感想 世界を救うアニメって意味では、まどマギも魔法少女サイトもラストを追いかけたくなる謎ストーリーです。 彩が露乃に寿命を分けて復活させたのなら、虹みんが死んだ時に大泣きした彩はなんだったのか?と、疑問は残りますけどね。 王から復活していいよーって言われなかったからかな? それと魔法少女サイトはストーリー上、魔法少女サイトを使ったのは一瞬でしたね。 ほぼ、耳たぶをクリックしただけでした。 この辺は、アニメ地獄少女の方がサイトの重要性を上手く使ってますね。 魔法少女サイトというタイトルなのに、魔法少女サイトはきっかけにすぎなかったのは勿体なかったかなと思います。 ストーリーは全然似ていませんけど、アニメ魔法少女サイトは面白かったです。 もう少しストーリーを練っていたら、もっと良かったと思いますけどね。 ちなみに魔法少女サイトはアマゾンprimeビデオ独占アニメです。 お得な視聴はこちら。 年間費3900円。 でも途中解約でお金は戻ってきます。 暇な時に視聴してみて下さいね!.

次の