コロナ なぜ 発生。 新型コロナウイルス、なぜイタリアは感染者が多いのか?中国人の相関関係「歴史的大移動」

なぜ 中国でばかり 新しい病気が発生するのか?そして、なぜ わざわざ隠して拡散させるのか? 「スーパースプレッダー出現を防がなければ…」 中国、新型肺炎でさらに1人死亡 死者4人に|長谷川七重@宇宙人思考から世界を観察してみます。|note

コロナ なぜ 発生

中国が発生源とみられる新型コロナウイルスが、日本でも感染を拡大している。 ウイルスの病原性は季節性インフルエンザ並みと言われているが、未知のウイルスだけに、予断を許さない。 新型コロナウイルスの元々の宿主はコウモリと推定されているが、動物のウイルスがヒトに感染する人獣共通感染症によるパンデミックは、これまで何度も人類を脅かしてきた。 新型インフルエンザだけでも、1918年のスペインかぜは全世界で5000万人ともいわれる死者を出した。 57年のアジアかぜ、68年の香港かぜ、そして記憶に新しい2009年のパンデミックインフルエンザだ。 過去4回のパンデミックのうち、アジア、香港の2回は、中華圏が発生源と言われている。 それに加えて02〜03年にかけてのSARS(重症急性呼吸器症候群)の流行、そして今回の急性呼吸器疾患(COVID-19)、さらには、鳥インフルエンザウイルス(H5N1)に感染した人が多発したのも中華圏だ。 なぜ、中華圏が発生源となるのか。 そのメカニズムを人獣共通感染症の第1人者である北海道大の人獣共通感染症リサーチセンターの喜田宏・特別招聘教授に聞いた。 /取材・構成=辰濃哲郎(ジャーナリスト) 喜田氏 過去2回のパンデミックが中華圏から 1月22日から23日にかけて、世界保健機関(WHO)が開いた専門家による緊急会議に電話で参加した。 中国・武漢での新型コロナウイルスによる感染拡大を受けて開かれたもので、WHOとして「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言するかどうかが注目された節目の会議だった。 会議では、誰かが発言するたびに中国側が意見を挟んでくるので、とても長引いた。 緊急事態宣言については、半分の参加者が賛成し、残り半分は時期尚早との意見で、最終的にはテドロス・アダノム事務局長の判断で宣言は見送られた。 私自身、あの時点では広がりを証明する情報が不足していると感じたので、妥当だったと思っている。 宣言を出そうにも根拠となる情報が少なすぎた。 中間宿主の特定が最重要 この会議で私が注文を付けたのは、感染しても症状を示さない人や、これから発症する人の数ははるかに多く、その時点での感染者数は氷山の一角に過ぎない。 このウイルスの伝播経路をきちんと調査することが重要だと説いた。 コウモリが宿主だと言われているが、直接ヒトに感染するとは考えにくい。 コウモリの中にいるウイルスが種を超えて感染する変異ウイルスを生んだ中間宿主が必ず存在するはずだ。 SARSのときも自然宿主としてコウモリが疑われたが、中間宿主は突き止められなかった。 生きた動物を売る市場にいた何匹ものハクビシンからSARSコロナウイルスが分離され、遺伝子配列もみんな同じだったという。 つまりハクビシンが中間宿主だと言うんだが、それは、おかしい。 私はヒトからうつったものじゃないかと意見した。 なぜなら、あちこちから集められたハクビシンなのに、全く同じウイルスなんてあり得ない。 きっと店の人が感染して、それがハクビシンに感染したと考えるべきだ。 なぜこんな話をするかというと、宿主や中間宿主を突き止めることは次の対策を考えるうえで重要なのだが、そのための調査は、予断を排して科学的にやらなければならない。 こういった疫学調査は難しいんですよ。 今回の新型コロナウイルスも、コウモリのウイルスが海鮮市場でセンザンコウとかヘビとかの中間宿主を介して広がったと言われているが、私も参加する国際獣疫事務局(OIE)の非公式グループが調査をすることになっている。 感染継代で病原性を獲得 本題のなぜ中国か、という問いに答えるためには、ウイルスとはどういうものかを説明しないと理解は深まらない。 インフルエンザウイルスを例に、少し説明しよう。 インフルエンザウイルスの自然宿主はカモだと聞いたことがある人もいると思う。 カモは夏にシベリアの営巣湖沼で生活し、冬には渡り鳥として南に飛んでくる。 ウイルスはカモの大腸で増殖し、フンとともに湖沼の水に排泄される。 でも、病原性はないから、カモも死なないし、他の鳥やヒトにうつることもない。 私たちがシベリアの営巣湖沼でフィールドワークをしていた90年代でも、現在でも、湖沼には様々な型の鳥インフルエンザウイルスが存在する。 冬には天然のフリーザーになるから、ウイルスはそのまま越冬する。 つまりカモとウイルスは共生しているんです。 ところが、そのカモが南に飛来して、他の鳥や動物に感染すると、それら宿主の体で増殖しやすい変異が起きてウイルス感染が拡大する。 中国南部ではとくに生鳥市場のように、水鳥と陸鳥が生きたまま飼われている環境で、アヒルやガチョウなどの水鳥からウズラなどのキジ科の陸鳥に、次いで同じ科の鶏に感染する。 ウイルスに感染した鶏が養鶏場に持ち込まれ、少なくとも半年以上、鶏の間で受け継がれて症状のあらわれない不顕性感染伝播を繰り返し、そこで鶏の全身で激しく増殖する変異ウイルスが登場する。 鶏舎の鶏が全羽死亡して初めて高病原性鳥インフルエンザの発生が明らかになる。 したがって、高病原性鳥インフルエンザウイルスの病原性は、あくまでも鶏に対するもので、他の種の鳥や動物に対する病原性ではない。 新型コロナウイルスも、こういった伝播経路を経てヒトに適合するウイルスに変異したのだろう。 だから、伝播経路の解明は大切なのだ。 この伝播経路の解明に欠かせないのが、ブタの存在なんだ。 鳥インフルエンザウイルスがブタに感染すると危険信号が灯る。 ブタはヒトと鳥の両方のインフルエンザウイルスに感染するレセプターを持っている。 レセプターとはいわば鍵穴のようなもので、ウイルスの持つ鍵に合致するような受容体だ。 ヒトと鳥のウイルスがブタに同時感染すると、呼吸器の細胞内で交雑してヒトに感染するようなウイルスが出現することがある。 これが遺伝子再集合と呼ばれる現象で、これまでヒトが経験したことのない亜型だと新型インフルエンザウイルスとなり、人間の世界でパンデミックを起こす。 カギを握るのは「ブタ」の存在 私は、カモ由来のウイルスがアヒルなどの家禽経由でブタに感染し、ヒトのアジアかぜウイルス(H2N2)が同時感染して生まれたのが68年の香港かぜ(H3N2)であることを突き止めた。 77年にシベリアから北海道に飛んできたカモから香港かぜとアジアかぜウイルスの遺伝子を持ったウイルスが分離された。 このことからパンデミックインフルエンザウイルスの出現機構の解明につながった。 全部、カモが教えてくれたことなんだ。 従来は大きな抗原変異と考えられていたが、どう考えても新しい遺伝子が入らないと生まれない。 この遺伝子再集合について、私が「ミキシング・ベッセル」(混ぜ鍋)と表現したら、専門家が新型ウイルスは中華鍋から出てくると勘違いしたのには驚いたが。 09年の新型インフルエンザウイルス(H1N1)も遺伝子解析から、メキシコ周辺のブタを介していることがわかっている。 スペインかぜも米国で流行する前にブタインフルエンザが流行していたから、ブタ経由だと考えられるし、アジアかぜもそうだろう。 学生に鳥インフルエンザウイルスをブタに継代する実験を命じたところ、継代3代目でヒトのレセプターに結合するウイルスが優勢になった。 アミノ酸が2個変わればヒト型になってしまうから、さして難しいことではない。 だから、パンデミックインフルエンザ対策で最も大切なのは、世界でブタの疫学調査を継続的に実施することだと主張して、すでに始まっている。 そうすればある程度は新型インフルエンザウイルスの亜型が予測できるはず。 今回のコロナウイルスもコウモリから直接、ヒトに感染したとは考えにくい。 ブタのような中間宿主がいるはずだ。 ウイルスの感染のシステムがわかると、中国がなぜ発生源になることが多いのかがわかりやすい。 歴史上わかっている範囲で言えば、人類が経験した4つのパンデミックのうち2つは中華圏から出ている。 そしてSARSもそうだ。 パンデミックではないが、鳥インフルエンザウイルスによるヒトへの感染も、すべて中華圏から発生している。 第1に言われているのは、先に述べたように生鳥市場の存在だ。 動物市場とか海鮮市場とも言われているが、生きた鳥や動物が密集しているから感染が繰り返され、その間にヒトに感染する能力を獲得する。 おそらく周辺では、これまでも原因不明の呼吸器疾患の流行などがあったはずだが、小規模で気づかなかったのか、インフルエンザと同じような症状で区別がつかなかった可能性もある。 生鳥・動物市場は、動物を宿主とするウイルスが種を超えてヒトに感染する温床になっている。 中国の生鳥市場 SARSのときも指摘され、一部改善されたとも聞くが、なかなかはかばかしくない。 だが、これは中華圏の文化のひとつで、頭ごなしに批判しても意味がない。 文化を尊重しつつ、世界的な公衆衛生の問題として理解してもらう必要がある。 「生で食べる」ことの危険性 それから中華圏には生のものを食べる習慣があるが、これは気を付けた方がいい。 あくまで私のウイルス研究の経験から言うのだが、鳥や動物が呼吸器で感染するより、なぜか食べて感染した方が症状は重い。 例えば、79年末から80年代初めに米国・ケープコッドの海岸に大量のアザラシが死んでいるのが見つかった。 私も米国研究者と行って調べたが、H7N7の鳥インフルエンザウイルスが呼吸器だけでなく脳からも分離されたひどい感染だった。 きっと感染した鳥を食べて死んだのだろう。 04年に日本で79年ぶりに鳥インフルエンザウイルスが出現して養鶏場の鶏が大量死した。 京都府の養鶏業者が野積みにした鶏の死骸を食べたカラスがたくさん死んだことがあった。 カラスはインフルエンザウイルスに対する感受性がさほど高くないが、食べるとやはり症状が重いのだと感じた。 ここから先は、有料コンテンツになります。 記事を単品で購入するよりも、月額900円の定期購読マガジン「文藝春秋digital<シェアしたくなる教養メディア>」の方がおトクです。 今後、定期購読していただいた方限定のイベントなども予定しています。

次の

新型コロナウイルス、なぜイタリアは感染者が多いのか?中国人の相関関係「歴史的大移動」

コロナ なぜ 発生

武漢肺炎(新型コロナウイルス)が発生した理由 2020年年始、中国武漢発の大規模の感染症。 2019年12月30日に中国のインターネット上で現地の保健機関が作成した「原因不明の肺炎」に関する公文書が出回っていたため、多くの人が関心を寄せた。 2020年1月7日、原因は新種のコロナウイルスであるとして特定され、1月9日に最初の死者が出た[6]。 1月13日、初めての中国域外の陽性事案がタイで確認された。 2020年1月20日、中国国家衛生健康委員会専門家グループ長、感染症専門家・鍾南山は院内感染により医療関係者にも感染者が出たので、人から人への感染の可能性が高いと警告し、武漢になるべく行かないように呼びかけた。 また、1月24日から始まる旧正月の連休に伴う大規模な人の移動が予想されるため、保健機関は警戒している。 詳細はWikiをご覧ください。 この大規模の感染症が起きた理由は調査によって段々と明らかになりました。 それは: 野味(野生動物を使った料理)由来の感染症だった とのことです。 正確に言うと、野生動物を食べてしまったために、元々人間界にあまり接触しなかった病原体が人間に移ってしまい、感染症となってしまったことです。 中国語ソース• 武漢の海鮮市場での闇商売 上記の中国語ソースから見ると、武漢肺炎の発生は、武漢にある海鮮市場から来ております。 しかし武漢肺炎の病原体であるコロナウイルスの由来は、海鮮ではありません。 野生動物だったのです。 実は、この海鮮市場では、 野生動物の裏取引市場でもあったのです。 猪・鹿・狸・ワニ・リス・針鼠などが扱われています。 クジャクが8000人民元(約13万円)で売ってたりもします。 誰が食べるんでしょうね… 現時点(2020年1月23日)ではどの動物から由来したのかが特定できていないが、このような形で発生した感染症は実はたくさんあります。 動物起源の人獣共通感染症と考えられている。 ウイルス特定までは、その症状などから、新型肺炎(しんがたはいえん)、非定型肺炎(ひていけいはいえん、英: Atypical Pneumonia)などの呼称が用いられた。 2002年11月から2003年7月にかけて、中華人民共和国南部を中心に起きたアウトブレイクでは、世界保健機構 WHO の報告によると、香港を中心に8,096人が感染し、37ヶ国で774人が死亡したとされている(致命率9. このアウトブレイク終息後は、封じ込め宣言後いくつかの散発例があったが、現在に至るまで、新規感染報告例は無い。 2002-2003年に起きたこの大規模な感染症も実は野生動物を食べた事によって発生した感染症だったのです。 調査によると、SARSも野生動物の裏取引市場から発生し、SARSのコロナウイルスの源を辿ると、野生の狸に着目した。 しかし狸もSARSに感染すると病気になる事から、あくまで中間宿主であるのに過ぎず、更に辿っていくとコウモリにたどり着いた。 実はSARSに限らず、コウモリ由来のやばい感染症はかなりあります。 動物由来感染症とは 「動物由来感染症」とは動物から人に感染する病気の総称です。 人と動物に共通する感染症 Zoonosis:ズーノーシス は、日本では、「人獣共通感染症」や「人と動物の共通感染症」ともいわれますが、厚生労働省は人の健康問題という視点に立って、「動物由来感染症」という言葉を使っています。 世界保健機関(WHO では、ズーノーシスを「脊椎動物と人の間で自然に移行するすべての 病気または感染(動物等では病気にならない場合もある)」と定義しています。 なお、「動物由来感染症」には、人も動物も重症になるもの、動物は無症状で人が重症になるもの等、病原体によって様々なものがあります。 出典: 保菌動物とは SARSの場合、狸と狸を食べた人間は病気になりますが、 コウモリはSARSに感染しても病気になりません。 この場合、コウモリは保菌動物、またはレゼルボアになります。 このように、保菌動物自身は元気であっても、その動物と共存関係になっている微生物が人にとって致命的になったりする場合があるので、このようにむやみに野生動物と接したり食べたりすると、悲惨なことが起きてしまいます。 人類がまだ知らない微生物は自然界に溢れている 生物学的には、外来種の生物学的侵入という概念が存在し、それは異なる生態圏の生き物が交わると生態を破壊してしまうという事を指しています。 例えばある動物が異なる生態圏へ進出し、大量に増殖してしまい、環境破壊や他の生物の生き場を奪うなど。 そこで、動物が携帯している微生物が異なる生態圏で流行らせ感染症になってしまう事も生物学的侵入の被害ではよくあるパターンです。 動物を守る目的でも、人自身を守る目的でも、野生動物の乱殺と食用はやめた方がいいですよね。 武漢肺炎もまさに、人が野生動物の闇取引した結果、報いを受けた結果なのでしょう。

次の

コロナウイルスで嗅覚味覚障害が発生!?その理由はなぜ?

コロナ なぜ 発生

新型コロナウイルス「COVID-19」(コビッド)は、武漢の海鮮市場で売られていた食材から人に感染し、更に人から人へと感染拡大したと考えられています。 しかし、なぜ、そのようなウイルスが突然現れたのか? 中国では野生動物の内臓などの生食が日常的とは言え、武漢の華南海鮮市場にて、突然、未知のウイルスが現れたとはとても考えられません。 病原体はどこで発生して、どこから運ばれてきたのか?、そもそも、食材として飼育されていた動物に宿っていたのか? あくまで可能性の話ですが、パンデミックになった要因として、探ってみたいと存じます。 なお、記載している内容は、報道されているものなどより抽出したものです。 全部が正しいとは考えないでください。 可能性としての話ですので、信じてデマなどとして流さないようにお願い申し上げます。 目次 Contents• 武漢NBLから流出? 武漢市の中心から直線距離で15キロほどの場所には、中国科学院の機関である武漢国家生物安全実験室(National Biosafety Laboratory, Wuhan)があります。 この武漢NBLは2018年1月から本格的に運用開始となった最高レベル「BSL-4実験室」を備えているウイルス研究機関で、エボラ出血熱のウイルスを含む自然免疫原性ウイルスや、その他新たに発見されたウイルスの研究を日々行っています。 建設を請け負ったのは、人民解放軍に近い建設業者でもあったことから、新しいウイルスを開発し、生物兵器 バイオ兵器 に転用する研究が行われるとの疑いは、建設当初からありました。 その武漢NBLの職員が、誤って新型コロナウイルスと接触感染し、華南海鮮市場を訪れたとも考えられます。 また、動物実験を行い、その死亡した動物を業者に処分依頼するも、業者は動物実験したという事実も知らされておらず、食材として横流しし、海鮮市場に持ち込まれた可能性も考えられているようです。 華南海鮮市場は「海鮮」と言う名称ではありますが、海の幸以外に、ハクビシン、タケネズミ 竹鼠 、アナグマ、蛇、ロバ、羊、豚、ラクダ、キツネなどの動物も販売していました。 もし、中国が生物兵器を人体実験として故意に伝染させたのであれば、自国の経済がマヒするような事態を避けるため、細菌は他国にばらまくでしょうから、故意に意図したとは考えにくいです。 そのため、武漢NBLからだと仮定しても、間違って、このようなことになってしまったものと推測します。 ちなみに、BSL-4の生物安全実験室は、中国だけではなく世界24ヵ国に合計59ヵ所以上あることを付け加えさせて頂きます。 日本では、今回の新型ウイルスの検査機関になっている、東京都武蔵村山市の「国立感染症研究所」がBSL-4です。 他にも、筑波の理研筑波研究所もBSL-4の設備を有していますが、筑波での運用はBSL-3までになっています。 また、長崎大学感染症共同研究拠点が建設中 2021年完成予定 です。 スパイがウイルスを密輸 何度も申し上げますが、仮設に基づくもので、確証がある訳ではないことをご確認申し上げます。 カナダでは、華為技術(ファーウェイ)の副会長・孟晩舟が、対イラン経済制裁違反の容疑で逮捕されています。 そのカナダでは、別件で、邱香果(Dr. Xiangguo Qiu)とその夫で研究者の成克定(Keding Chang)、更に中国人留学生1名が、王立カナダ騎馬警察(カナダの国家警察)によって逮捕されています。 邱香果と言う女性はカナダの国立微生物研究所の責任者で、エボラ出血熱の治療薬であるZMappを開発したメンバーでもあります。 しかし、度々武漢NBLを訪問しており、ウイルスの研究者である夫の成克定を手助けしていたようで、致死率の高いウイルスや病原体などを中国へ密輸していた疑いもあるようです。 もちろん、可能性の話ですが、カナダからウイルスを中国に密輸したとも考えられているようです。 また、インドでは、2019-nCoVウイルスにほかのウイルス由来のアミノ酸配列が人工的に移植されていることを発見したとの報道もあります。 ただし、それが新型ウイルス2019-nCoV(新型コロナウイルス)だったという証拠は、今のところありません。 SARSの時は? 2002年11月に中国で発生した「SARS」 サーズ 重症急性呼吸器症候群(severe acute respiratory syndrome)のときには、2年後中国政府の衛生部は、ウイルスの流出源の調査結果として下記のように発表しています。 学生が規則違反をし、SARSウイルスを実験室から流出したことが原因だった・・。 今後の対策 今回、習近平の大号令で、武漢が封鎖されたりしましたが、トップがいちいち判断しないと、何も対策が始まらない中国社会は、問題かと存じます。 習近平も、軍事・経済・衛生など、10億人以上の国民や上がってくる情報すべてに対して、日々、対処するのは無理な訳でして、今の制度では、当然、後手後手となるでしょう。 権力が集中しすぎており、官僚は、習近平が言う事はやるけど、自発的に行う事はないと言えます。 このように上司に相談することが、何度も続き、最後に、情報が上がったのが習近平と言う事ですが、その時には、最初の発生からすでに何週間も経過していたと考えられます。 今回、SARSのときと、感染の始まりが似ています。 SARSのときは、広東省の生鮮市場が起源でした。 新型ウイルスの拡大を克服できたとしても、何も対策を講じなければ、また、何年後かに同じような未知の病原体が発生する可能性があります。 まずは、中国で、日常的に野生動物の内臓などの生食が行われているのを、法律で規制するなど、是正する必要性があると考えます。 また、公衆衛生的に、トイレや下水設備など、中国の生活環境の改善も必要かと考えますが、設備の改善には何年もかかりますので、やはり、病原体になりうる動物の食べ方を規制するのか、一番、早く効果もあるでしょう。 新型ウイルスではありませんが、日本でも、2011年4月に富山県の焼き肉店が出した「レバ刺し」で死者5名を出し、食品衛生法が改正されて、牛の生レバーを食べることが禁止なりました。 中国において、このような規制が必要なのではと存じます。 そうしないと、また同じような事が発生するのではと危惧してなりません。 日本の対応 例えば、検査を比較的積極的に行っている神奈川県相模原市では、2020年3月6日までに、延べ632人検査を行い、陽性は21名となっています。 この632名は、主に濃厚接触が考えられる人が中心ですが、検査結果としては、罹患者は僅か3. そもそも、1日に検査できる数に限りがあります。 韓国・中国などは過去にサーズが蔓延したこともあり、もともと日本よりも検査体制が整っています。 新型コロナウイルスの検査を拡大させれば、他の感染症の検査が縮小され、他の病気の患者さんにも影響が出かねません。 機械の精度が悪いのではなく、もともと、新型コロナウイルスは、ごく微量なので、検査する検体の取り方を念入りに行わないと、正確性に問題が生じやすい 仮に、検査を希望する人を全員検査したとして、陽性だとわかったしても、半数以上は、症状もなく、軽症の場合でも「自宅療養」してねと言う事になります。 隔離病床など、医療設備には限りがあり、入院患者は、新型コロナ以外にも、たくさんいますのでね。 よって、入院する場合は、重傷化した人に限定しないと、医療が崩壊し、助かる命も、助からなくなります。 実際問題、韓国では検査をたくさん行った結果、病院はパンク状態です。 そもそも、病気でもないのに、病院に行けば、そこで感染してしまう危険も非常に高い訳です。 最初は陰性だったのに、あとから陽性になったなどですね。 そのため、現実的なのは、感染しても無症状の人もいるので、不要な外出はしない、人混みは避ける。 そして、感染が疑われる濃厚接触者を検査して、更に重症者に絞って入院・治療する方法が、一番、たくさんの命を救える方法となります。 このような対応をしつつ、治療薬が登場するまで、時間を稼ぐと言うのが、日本の対策方法と言えるでしょう。 2020年3月に入って、中国外務省の報道官がツイッター上に「感染症はアメリカ軍が武漢に持ち込んだ可能性がある」と書き込んでいました。 耳を疑う話です。 ちなみに、アメリカでは「武漢ウイルス」という呼称が定着しています。

次の