駿台 入学。 駿台後期入学、迷っています(国立理系志望)

予備校の費用:東進・河合塾・駿台・代ゼミ・四谷学院の5つを比較

駿台 入学

オーダーメイドで開発 駿台教育研究所の大学支援プログラムは、オーダーメイドが基本となります。 同じ名前の大学がないように、大学に通う学生もそれぞれ違っています。 駿台では貴学の学生に最適な課題やテスト問題をオリジナルで作成いたします。 作成にあたっては、貴学で何が問題になっているのか何を解決したいのかなど、事前に十分な打ち合わせを行います。 貴学の学生に最も適したプログラムを作成するために、私どもは全てオーダーメイドで対応させていただきます。 高校と大学の接続を考えて開発 駿台は高校と大学の境目にいる学生を長年にわたり指導してまいりました。 高校と大学の間に生じているギャップを把握し、多様化する学生の変化に対応しながら、接続教育のあり方について真摯に考えてまいりました。 駿台が長年にわたって実施してきた接続教育の経験は大学支援プログラムにおいても必ず活かすことができると考えております。 長年にわたる学生指導ノウハウを反映 駿台では学生がどこでつまずくか、今の学生は何を苦手としているかなど、日頃の授業を通して培ったノウハウがございます。 学生が理解しやすい指導法やテキストづくりなど駿台ならではのノウハウが、大学支援プログラムの質をより一層高めるものと考えております。

次の

帰国生大学受験コース|駿台国際教育センター

駿台 入学

駿台後期入学、迷っています 国立理系志望 先日駿台の後期入学の診断テストを受け、 ハイレベル阪大理系の判定が出ました。 当方、一浪で、最初大学進学せずにフリーターになるかと考えていたのですが 色々あり、5月後半にやはり勉強できる機会は今しかないのではと再受験を志し、 無謀にも現役時私立文系志望 一応同志社・明治法に受かっていました。 早稲田落ちです。 から国立理系志望に理転をし、 先日の河合マークでは一応6割五分を何とか得点できたという感じです。 しかし、やはりスタートが遅すぎたためにまだ浚えきれてない部分が多く感じますし、 そういった面でも予備校に入ってついていけるのが、自分の必要な勉強量もせめて9月終わりまでに 浚えきれるのか不安な面もあります。 志望としては近畿圏の国公立または横浜市立で、生物を学べる・研究できるところです。 質問内容が漠然としていて申し訳ありませんが、 ハイレベルとスーパー 自分の学力に対して、やはり厳しいかなどなど なんでもいいのでアドバイス・体験談など頂けると嬉しいです。 理工系は文系と違って、センターの得点率ほど当てにならない指標はありません。 しかし、理工系のメインはこれらの科目です。 文系であればセンターの得点率はある程度2次試験や一般入試の指標になりますが、理工系はまったくと言っていいほどアテになりません。 特に数学は積み重ねの科目なので、今からではどうあがいても間に合いません。 元が私立文系だということであまり認識していないようですが、理工系の必要勉強量は文系とは比になりません。 慶應や早稲田文系レベルだと、まあ少ない科目なりに高得点を取れるということはある程度は評価出来なくもないですが、明治や同志社程度では・・・。 暗記の能力も凡人ですね。 今から国公立理系なんて不可能。 その成績では阪大は論外。 日大とか近大とかオススメです。

次の

駿台の入学認定証【認定基準は?認定特典は?】

駿台 入学

更新することで広告が下部へ移動します。 泣く子も黙る、天下の 駿台予備校が実施する駿台模試です! 全国から選りすぐりの数千人が受験をします、各大手進学塾のトップクラスや、精鋭個人塾のトップ、世界中の帰国子女が受けます。 そこらの普通の模試とは、次元が違うわけです。 一般の模試で偏差値70の生徒が、駿台模試を受けたら50を切ったというお話は飽きるほど聞きました。 駿台模試で偏差値50を取れるなら、大学受験では国立大学は合格圏内です。 偏差値60を超えれば、大学受験では、東京大、京都大、一橋大、東工大、旧帝大、国立医学部が射程距離内です。 早慶大は併願で、難関国立大を堂々と狙えるレベルです。 駿台模試を受けると、自分がトップ集団の中でどれだけの位置付けかが分かります。 普段偏差値70は切らないという子が、駿台模試を受けてボロボロになって、自分の実力は井の中の蛙だったことを思い知らされることもあるでしょう。 そこからもう一度勉強を見直して、猛勉強して、最後の駿台模試では、偏差値60を取った子も! さて、どのレベルの生徒なら、駿台模試を受けても良いのでしょうか。 私は首都圏と関西の両方の受験事情に通じています。 首都圏なら、Vもぎ、Wもぎ、北辰もしといった標準の模試で偏差値65以上なら、チャレンジの価値があると思いますよ。 志望校的には、日比谷高校を筆頭に、開成、筑駒、早慶附属まではほぼみんな受けます。 もう少し広がって、浦和、翠嵐、渋幕、県千葉ぐらいが志望校なら、駿台模試は受けてほしいですね。 駿台模試や塾の資料によると、 100傑の入学先で最多は、皆さんの予想通り、東京の日比谷高校です。 日比谷高校は、高校受験から東大・医学部に進学する数が日本一の学校ですよ! (ちなみに、 中学受験から東大進学が日本一は開成、 中学受験から医学部日本一は東海です。 高校受験と中学受験は別物です) 駿台模試で100傑に入っていた在校生や卒業生に、駿台模試の使い方や勉強法を聞き取りました。 彼らの共通点は、高校受験の合格併願校に 、開成、 筑駒、慶應女子が多いこと。 男子はほぼ全員が開成は最低でも合格して、日比谷高校に進学しているようです。 開成高校は、高校入試はあまり人気がなくて、100名枠に250名の合格を出してはいますが、それでも難易度は高いものがあります。 入試問題も難しいので、日比谷高校を第一志望とする高校入試のトップ100傑は、併願で開成や筑駒(女子なら慶應女子)の合格を目標に、勉強をしていたみたいです。 ある大手塾に通った男子生徒の話です。 「高校受験では、開成必勝クラスに休日は所属していました。 名前は開成必勝ですが、半分以上が日比谷第一志望で、開成の併願合格を目指すクラスです。 大手塾だから、広い範囲から生徒が集まっていて、みんなで駿台模試の偏差値を競って、自然と偏差値も上がっていきました。 周りで競っていた怪物級のやつは、日比谷進学後も一緒になるので、モチベーションになります。 」 大手塾の良いところは、競い合いながら駿台模試の偏差値を上げるための勉強ができることですよね。 ほかに勉強法について聞きました。 東大の合格トップが務める伝統がありますが、彼は高校受験のときに、やはり駿台模試を受けていたそうです。 日比谷高校を第一志望にして、開成と筑駒にも併願合格。 駿台模試には、こういうトップの中のトップがいるんですよね。 さて他に聞いたところ、過去問集はほとんどの生徒が購入をしていました。 塾で扱ったという話も聞きました。 それから、さすがだなと思ったのは勉強の意識です。 彼らは、短期的な目標としては、駿台模試偏差値70超えとか、併願で開成に正規合格(開成は大量に繰り上げがあるので、正規じゃないと嫌だ!そうです)とか、を掲げますが、もう少し先の目標として、大学受験まで見据えているという人ばかりです。 志望大学は、東京大学の文科一類。 法学部希望。 だから、高校受験から東大に一番多く入り、駿台模試のトップが入学する日比谷高校に、開成に併願合格したうえで入学する。 そのためには、駿台模試で偏差値65を超える。 このように、短期的な目標と、もう少し先の目標を両立させると、勉強のモチベーションも維持しやすくなるみたいです。 参考にしてくださいね。

次の