前歯 ギザギザ。 キレイに治す前歯の虫歯治療/笑顔をとりもどす治療

【表側】アラサーママ人生2度目の歯列矯正を始めました。|イワコブログ

前歯 ギザギザ

ギザギザになった歯を何とか治せないのかな、歯がギザギザにならないようにすることはできないのかな、などという歯に関する悩みが解消出来たらいいですよね。 でも、自分の歯は治るのだろうか、治るとしてもいったいどんな治療方法があるのかという疑問は尽きません。 どうせ治りっこないから関係ないという諦めはありませんか?治ったとしても同じことにならないのかという不安もあると思います。 そこで、こんな疑問や不安をなるべく解消できるよう治療方法や予防法をご紹介していきます。 諦めずに取り組み、誰の前でも爽やかににこやかな笑顔を出せるようになり、どんなときでも本来の自分を表現できるようになれれば、より楽しい時間を持つことが出来るでしょう。 是非参考にしてください。 ギザギザになっている状態で歯が生えてきたら 1-1 永久歯が生えた時は誰でもギザギザ お子さんの歯が生え替わり、歯の先端がギザギザになっているという心配の声があります。 乳歯から生え替わった永久歯は程度の差こそありますが、誰でもギザギザになっています。 歯は骨の中でつくられるのですが、その時の歯のもとは三つに分かれていて、それが一つの歯になって出てきます。 そのため、上下の前歯などには特に綺麗な三つの山があるギザギザが見られます。 これが生えたばかりの永久歯がギザギザしている理由です。 また、歯を使っていけば自然とこのギザギザはすり減ってなめらかな状態になるので心配はいりません。 1-2 普通は自然に治るが時には治療も必要 上記でも説明したように、生えたての永久歯は使っていくうちに自然と平らになってくるので特に治療は必要ありません。 しかし、噛み合わせが良くない場合や歯が溶けてしまう酸蝕症という症状になってしまった場合、アクシデントで歯が欠けてしまった場合などは治療が必要になってくることもあります。 下記では、酸蝕症になってしまった場合や他の要因で歯がギザギザになってしまった場合の対処法をご紹介します。 歯がギザギザになる二つのタイプ 2-1 歯が薄くなりギザギザになってしまう可能性 酸蝕症(さんしょくしょう)という、歯の表面のエナメル質が溶けて薄くなってしまうという症状が出ていると、歯の先端がギザギザになってしまう場合があります。 酸が強い飲食物を多く摂ったり、逆流食道炎、摂食障害による嘔吐などでもなってしまう場合があり、進行していくと知覚過敏と同じような症状も出てしまうので定期的に歯医者さんでクリーニングを受けることをおすすめします。 2-1 衝撃によってギザギザになってしまう場合 歯ぎしりや噛みしめ、スポーツやアクシデントなどで歯が欠けてしまうという場合もあります。 歯ぎしりや噛みしめの時に歯が受け止める力は、想像以上に高いものです。 そのため、歯には強い衝撃がかかります。 この結果、歯茎や象牙質などのように、ある程度柔軟性のある部分が受け止めきれなくなった場合、歯が欠けてしまうというケースがあります。 軽度な場合はコンポジットレジンという素材を付ける方法で、大きく欠けてしまった場合には被せものをするという治療方法がありますが、まずは歯医者さんに相談し欠けた範囲に適した治療法を提案してもらうことをおすすめします。 また、歯ぎしりやスポーツをする上での噛みしめが気になるという方はマウスピースを使用した治療で予防ができる場合もあるので、こちらも歯医者さんに相談してみてください。 永久歯のギザギザは治療できる 3-1 美容診療で治療する 普通だと何もしなくてもやがてすり減って滑らかになるのですが、上手く前歯を使えていない場合や、噛み合わせがあまり良くない為などの原因でギザギザのままになっているケースもあります。 このようなケースにはラミネートベニアを貼りつけるという治療方法が多く用いられています。 ラミネートベニアとは、ネイルチップのようなものですが、セラミック素材でできていて一度貼りつけたら剥がれないようになっており、見た目にも自然な仕上がりになります。 また、噛み合わせが悪い場合は矯正をして調整をすることも視野に入れて歯医者さんに相談してみることをおすすめします。 3-2 永久歯のギザギザの予防はできない 乳歯から生え変わった永久歯は程度の差こそありますが、誰でもギザギザになっているものなので防ぎようはありません。 前歯を使いなめらかになるのを待ってみてください。 3-3 酸蝕症によるギザギザを予防するには まず、酸性の食品や飲料の摂取をなるべく控えることが大切です。 特に飲料ですが、意外なことにアルコール飲料全般やスポーツ飲料、コーラなどが高い酸性を示します。 そのため、食後やアルコールを飲んだ後はしっかり歯磨きをしたり水で口をゆすぐことが必要です。 口中に食べ物や飲み物の味がしなくなるまで十分にゆすいでください。 もうひとつ、摂食障害による嘔吐や逆流性食道炎がある場合ですが、まず、これをしっかり治療しておかなければいくら歯を治療しても効果はありません。 つまり原因になることをしっかり治しておく必要があります。 病院で相談し、自分の体調と向き合うことが重要です。 まとめ 歯のギザギザは、決して治らないものではありません。 ただし、いくら治しても原因を放置してしまうとまた同じことが起きてしまう可能性は大いにあります。 その為には、原因を取り除くことと、その要素を緩和しておく必要があります。 例えば酸蝕症対策として、歯のエナメル質を厚くすることは基本的には難しいのですが、定期的にフッ素ジェルを使って抵抗要素を大きくすることはできます。 他にも、摂食障害や逆流性食道炎にならないようにすることですね。 その為には、慢性的なストレスを抱え込まないで上手に発散することも大切なことです。 また歯の衝撃対策として、歯茎や象牙質の柔軟性が落ちないようにコラーゲンを摂取しておくこともなかなかいい対策だと思います。 歯は健康の第一歩ですから、大事にしましょう。

次の

歯のギザギザの原因は?年齢とともに勝手に治るの?治す方法は?

前歯 ギザギザ

前歯が少し欠けた・割れた• 前歯が変色している・黄ばんでいる• ホワイトニングでは白くならない• 歯の形を整えたい• 前歯が傾いている・ねじれている• 前歯の表面がでこぼこしている・線が入っている• 歯の先がギザギザしていて気になる• ラミネートベニアがはがれやすい• 現在の差し歯が黒ずんでいる• ジルコニアオールセラミックスクラウンで修復しました。 その他、審美歯科治療におけるオールセラミッククラウンの症例については以下をご覧ください。 しかし人工ダイヤモンドであるジルコニアが登場し、ジルコニアの白いキャップに陶材(セラミック)を焼き付けることが可能になりました。 強度や審美性が向上し、美しいオールセラミッククラウンを製作できます。 これは実際のお口でも自然光や蛍光灯化でも審美性の違いが出てきます。 光を適度に透過させることで歯ぐきも明るくし、自然な白い歯を表現します。 この透明感が天然歯の美しさです。 自然な前歯の美しさは光の透過性と関係しています。 イーマックスクラウン(e. max) イボクラービバデント社というスイス・チューリッヒのメーカーが開発した「二ケイ酸リチウムガラス」という次世代の素材を含んだセラミックです。 ジルコニアとの違いは、焼き付けではなく、セラミックの塊から(ブロックから)クラウンを削りだす方法です(プレス法)。 色調の出し方がジルコニアとはまた異なりますので、症例に合わせて使用しております。 神経の処置をした場合のファイバーコア(白い土台) 神経の処置をした場合(神経を抜いた場合)、クラウンをかぶせるための土台が必要になります。 当院では強度が高く周りの歯を傷めにくいファイバーコアをおすすめしております。 金属のコアに比べ、歯の根を傷めにくいですし、オールセラミッククラウンの色をキレイに出すことができます。 現在、すでに金属のコア(メタルコア)が入っているという方も、オールセラミッククラウンを入れる場合は、極力ファイバーコアへのやり変えを行っております(根の審査・診断をきちんと行ってから判断いたします)。 オールセラミック(左)とメタルボンド(右)の比較 メタルボンドセラミックは、金属のキャップ(金属の裏打ち)にセラミックを焼き付けたものです。 一方、オールセラミックの場合、素材がセラミックのみです。 実際に装着すると…、 メタルセラミックの場合、金属の裏打ちのため歯肉と歯の境目が時間の経過とともに、黒ずみが目立ってきますが、オールセラミックの場合、金属を使いませんので黒ずむことがありません。 セラミックの立ち上がりの位置を金属からセラミックにしてやることで、歯ぐきが黒く見えづらくなります。 この方法はただ単に歯科技工士が製作すればいいというわけではなく、歯科医師による歯の土台形成も技術を要します。 よくある質問 オールセラミッククラウンの治療中は、痛みはあるでしょうか? 形成時(歯の形を整える時)には麻酔を使うので心配ありません。 オールセラミッククラウンに見られる審美歯科治療は、基本的に神経が残っている歯に対しては麻酔を使用します。 無痛治療で行っている麻酔方法と同じ麻酔を使いますので、治療中に痛みは伴いません。 削るときに振動は伝わってきますので、違和感の感じる方はその都度お申し付けください。 どのような歯科医院で審美歯科治療を受けたらよいですか? 補綴(かぶせもの)治療の経験があり技術のある歯科技工士のいるクリニックで 審美歯科治療はどの歯科医院でも出来るわけではなく、その品質も千差万別です。 一般的には補綴(ほてつ)を専門としている医院でセラミストと呼ばれるセラミック治療に特化した歯科技工士の在籍している歯科医院がよいでしょう。 当院では、ドクターが大学在籍時にクラウン・ブリッジ・咬み合わせを専門とした科に在籍し、専門的に学んでおります。 また今日までと提携し、審美歯科の症例実績数も豊富です。 オールセラミックとメタルボンド、どちらか迷っています オールセラミッククラウンをおすすめしています(ケースによる) 現在では世界的に金属を使わないオールセラミッククラウンが潮流となっています。 出来ればオールセラミッククラウンをおすすめしています(症例によりメタルボンドになることもあります)。 保険治療は適応になりますか(保険でできますか)? 残念ながら保険適用外ですが、品質は保険と比べものになりません オールセラミッククラウンは保険が適用になりませんが、使っている材料は100%のセラミックであり、金属やプラスチックを使った保険のクラウンとは比べものにならないほど、品質がよいものになります。 加えて当院ではと提携しているため、本物の歯と比べても遜色のない自然なセラミック歯をご提供することが可能です。 術前シミュレーション(ワックスアップ) ご希望により、ご自身の現在の歯型を取り、それをもとに 治療後の状態を白いワックスで事前に確認することができます。 石膏の模型にキレイなワックス(蝋)で、予定されるオールセラミッククラウンの形に仕上げます。 このワックスアップシミュレーションの 模型を見てから、治療を開始するかどうかを判断していただきます。 このワックスの模型はご自宅に持ち帰られて、後日判断されてもかまいません。 セラミッククラウンの治療の流れ step1. 初診 症状を確認し、レントゲンでの診断を行います。 また現在のお悩み・ご希望を詳しく伺い、次回シミュレーションのための歯型を取ります。 step2. ワックスアップシミュレーション 前回の歯型をもとに、石膏の歯型に前歯の術前イメージを白いワックス(蝋)で製作し、術後のセラミッククラウンのイメージをご確認いただきます。 この術後イメージをお持ち帰りいただき、後日治療をするかどうかをお決めいただきます。 もちろん仕上がりにご満足いただけない場合は治療をしなくてもかまいません。 step3. 形成・仮歯の装着 セラミッククラウンをセットするための、前歯の形成を丁寧に行っていきます。 キレイに装着するためには歯科医師の丁寧な形成がかかせません。 形成時(歯の形を整える時)には無痛麻酔を使うので痛みの心配はありません。 形成後に歯型を取り、次回の本番の最終歯が入るまで、日常生活に支障のないように、仮歯をセットしてお帰りいただきます。 step4. 印象採得(歯のかたどり) 歯の型取りを行います step5. セラミッククラウンの装着・完成 歯科技工士から届いたセラミッククラウンを装着いたします。 完成後も定期的なメンテナンスをおすすめしております。 *step3と4は同日の場合も可能です。 *ご希望により治療期間・回数は短くすることもできます。 初診時にお問い合わせください。 周りの歯に色を合わせたい 当院では、シェードアイという色彩測定器やシェードガイド(色見本)を用いて他の歯の色と合わせます。 これによって、より自然の歯に近い白さを再現することが出来ます。 このカメラは色調を歯科技工士に調整してもらっていますので、歯科技工所のパソコンでも見た目と同じ歯の色が再現できます。 これにより歯科技工士が周りの歯と同じ色に合わせたセラミック歯を製作しやすくなります。 現在のご自身の歯の色を明るくしたいという方は、後にセラミッククラウンをすることも可能です。

次の

【表側】アラサーママ人生2度目の歯列矯正を始めました。|イワコブログ

前歯 ギザギザ

スポンサーリンク 前歯のギザギザの治療で削るのは可能? ギザギザは自然に削れていくものですし、残っても支障はありませんが、何年経っても削れなくて見た目が気になる場合は 歯科医に相談して削るという治療方法もあります。 (この場合、上の歯を削れば下の歯の噛み合わせも関係してくるので、上下とも削る可能性があります。 ) ただ、 健康な歯なので人為的に削るのを嫌がる歯科医もいます。 10歳の娘もギザギザ状態なのですが、そのようなことを言われました。 娘の場合は、現在も写真のようなギザギザ状態なのですが、食べ物については小さい頃から硬い物や大きい物を嫌がり、特に肉は細かく切り分けてあげないと食べませんでした。 離乳食が終わってからも小学生になる頃まで野菜や肉についてはずっと離乳食のようなドロドロ状態にしないと食べてくれなかったのです。 今までずっと、 単なる極端な偏食だと思っていたのですが、噛み合わせの悪さ、弱さが原因だったようです。 また、それに加えて少し 反対咬合(受け口)になっているため、これも含めて 前歯でしっかり物を噛む習慣をつけて顎の成長を促し、前歯を使っていけば自然に摩耗して歯が平らになるし、反対咬合も自然に治るだろう、と歯科医には言われました。 通常、下顎骨は身長が伸びる頃に一緒に成長し、男性の場合18歳頃までに、女性の場合15歳頃までに成長が終了します。 ですので、10歳の子供なら、歯や骨は今が正常でなくても使い方次第で変化していくものだということです。 酷い反対咬合の場合は矯正も必要になるかもしれませんが、酷くなければ子供の場合は日々の食事で改善していくケースもあるので根気よくやって下さいね、という話でした。 ところで歯並びや歯の形を改善する上で知っておきたいことの1つに、歯の形と役割の関係です。 次に歯の形と役割についてお話しします。 前歯と奥歯 形と役割の違い 前歯と奥歯は全く形が違うのですが、それは役割が違うことに起因しています。 前歯の役割は、物を 噛み切ることであり、 切歯ともいいます。 奥歯の役割は、物を 噛み潰すことであり、 臼歯ともいいます。 (切った食べ物をすり潰す臼の歯という意味です。 ) そのため、前歯は鋭く噛み切りやすい形であり、奥歯は面積が広くなって噛み潰しやすい形になっているのです。 娘の場合10歳と物を理解できる年齢になっていたことから、歯科医が直接娘に歯の役割や噛み合わせの重要性を説明してくれ、娘も納得しました。 その後、少しずつ意識して大きい肉にも挑戦するようになっています。 まだギザギザは変わりませんが、継続してやっていこうと思います。 まとめ 前歯の先端がギザギザしていたら、前歯を使っていないのですね、という証拠です。 大人になってギザギザだと恥ずかしいかもしれませんが、周囲の人というのは誰も気にしないものです。 なので、あまり恥ずかしいと気にせず、これから前歯できちんと噛む習慣を意識的につけていけば、自然に歯が平らになるので、 気長に噛む習慣をつけてみて下さいね。

次の