姉さん女房 離婚。 5歳以上姉さん女房の方に質問です。年上の奥さんと結婚して幸せ...

杏が離婚しない理由は?東出昌大に裏切られても別居に留まるのは何故?

姉さん女房 離婚

教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が15日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に出演し、複数人との不倫が報じられ芸能活動自粛となったアンジャッシュの渡部建(47)について、15歳も年下の佐々木希(32)の方が「器がでかい」と指摘した。 安藤優子キャスターが、渡部の相手が複数だったことに注目が集まることについて「なぜ複数の女性というのは渡部さんの資質にかかわる部分。 なぜという問題ではないような気がする」と尾木氏に意見を求めた。 尾木氏は「男性の中にはそういう人はいる」と同意し、続けて「佐々木希さんのイメージがすっかり変わったところが出てきた」と佐々木について触れた。 「すごい姉さん女房的なしっかりした。 まだ、彼を好きだとおっしゃってるわけでしょ。 そういう愛の形というのはあるなと。 佐々木希さんのほうが器がでかい。 そんな感じがして。 離婚とかにはならないと思います」と述べた。

次の

姉さん女房はうまくいく理由とは?年上女房の魅力も紹介!

姉さん女房 離婚

世の中にはたくさんの夫婦の形がありますが、姉さん女房の家庭は比較的上手くいくと言われています。 夫よりも妻の方が年上の場合には、精神的なサポートや経済的な面でも夫を支えやすいため、それだけ夫婦仲も安定して上手くいことが多いのでしょう。 そんな頼りになるの夫婦が上手くいく具体的な理由や、夫婦の幸せの秘訣についてご紹介します! 姉さん女房とは? 姉さん女房は、元々は「姉女房」と言われていました。 夫よりも年上の妻を指す言葉ですが、同年の妻を指すこともあります。 女性は同年の男性よりも精神的に成熟していることが多いですが、それが年上になると、より男性をさまざまな面でサポート出来るようになります。 一人前の女性として精神的にもしっかり自立しており、また女性によっては面倒見がいいため、男性の精神的な支えになることが出来るでしょう。 さらに、女性の年齢がある程度高ければ、それだけ社会に出てからの年数や経験も豊富になっていますので、経済面でも時には男性をサポートすることが可能でしょう。 夫よりも妻が若ければ若いほど、精神的にも未熟で子どもっぽい部分があったり、金銭的な貯えもほとんどなかったりしますので、いろんな部分で自分の支えが欲しい男性にとっては、年下の若妻よりも姉さん女房タイプの女性の方が合っているでしょう。 姉さん女房は例え夫が仕事や私生活で心身に余裕がない時にも、優しく夫を包み込んであげられるような包容力に優れていますので、時にはパートナーに甘えたい男性にとってはまさに理想の妻と言えるでしょう。 姉さん女房が上手くいく14個の理由 姉さん女房の夫婦は、妻が年下の夫婦と比べると、夫婦仲が安定していると言われています。 その理由の多くは、主に妻が夫よりも年上だからこそ、夫の扱いが上手いところでしょう。 妻が子どもっぽいと、夫が疲れた時に精神的な支えになってあげることは出来ませんし、それどころか夫のストレスをますます増やしてしまいかねません。 また、経済的にも夫に頼り切りになることが多く、浪費癖のある妻の場合には、夫の給料の大半を自分のためだけに使ってしまうこともあるため、夫は安心して妻に家計を任せることが出来なくなってしまうでしょう。 それらの点から、外に働きに出ることが多い夫にとっては、安心して家のことを任せておける姉さん女房の方を好むことも多いです。 そんな姉さん女房の夫婦が上手くいく具体的な理由を以下に挙げていきます。 同年代に比べて色気がある 女性も男性も、年齢を経ると共に特有の色気や渋みが増してきます。 若くても色気がある女性もいますが、年齢を重ねてからしか出せない色気は、若い内にはどうやっても出せないものです。 ある程度年齢を重ねると、女性には落ち着きが出てきます。 その落ち着いた姿からは、意識せずとも自然と年相応の色気が表れますので、その年上特有の色気にやられてしまうという男性も多いでしょう。 年齢を経てからの色気というものは、仕草の一つひとつからも滲み出るものです。 服を脱ぐ動作や、ふとした時に溜息をつく姿など、さまざまな場面でセクシーさを感じさせることがありますので、その年上女性特有の魅力は同年代や年下の女性には出せないものでしょう。 最近では年上女性に惹かれる男性も多いため、年上の女性に憧れる男性が姉さん女房の夫婦になることも多いです。 頼れる 妻が夫よりも年上だと、夫よりも幾分人生経験を豊富に積んできていることでしょう。 自分が培ってきたその経験から、時には夫に人生相談のアドバイスをしたり、指摘をしたりすることもあります。 プライドが高くて他人の言葉に耳を貸さない男性の場合には、妻がどんなにアドバイスをしようとしたところで、それを鬱陶しいと跳ねのけるでしょうが、時にはアドバイスしてもらいたい夫にとっては、これ以上ないほどに姉さん女房は頼りになる存在でしょう。 とくに気が弱い男性や、優柔不断な男性、何かにつけて直ぐにネガティブに悩んでしまう男性の場合には、ズバズバと意見を出してくれる年上妻の存在は得難く、また有難い存在に感じられることでしょう。 さらに妻がそれなりに社会経験も豊富な場合には、仕事で悩む夫の悩みにも乗ってくれることがあるため、公私どちらでも姉さん女房は頼りになる存在です。 心が広い 人は年齢を重ねるとともに、それなりに懐も広くなっていきます。 さまざまな知識や経験を得ることで、自分の器を大きく広げることも出来るでしょう。 中には年を取るごとに頭が固くなってしまう人もいますが、元々気遣いの出来る優しい性格の女性の場合は、決めつけや偏見があまりない変わりに、広い心を持っていることが多いです。 例えば自分の夫に悩み事があって男泣きしている時に、年下の若い妻の場合は、「男が泣くなんてみっともない」と呆れた目でそれを見るかもしれません。 年下でも優しい性格の妻なら、そっとその背をさすりながらもどうしたらいいのか分からずに、内心では困惑してしまうことでしょう。 一方で、これが姉さん女房の場合には、これまでの経験から男性も辛いことがあった時には泣いてしまうことを理解していることでしょう。 そのため夫に対して呆れることも冷めることもなく、無言でタオルを差し出すなり、隣で泣き止むなり、その場に相応しい行動を取ることが出来る女性が多いです。 こうした心の広さも、年上女性特有のものでしょう。 男性を理解している 男性よりも年上で、それなりに男性経験も積んできている女性であれば、大抵の男性の気持ちは察したり、理解したりすることが出来るでしょう。 恋人や夫に対する理解はもちろん、社会経験も豊富であれば、仕事中の男性の気持ちもある程度は察することが出来るでしょう。 だからこそいざ結婚した時にも、夫の男としての気持ちを汲んでその場に相応しい行動が取れる人が多いです。 夫も妻が自分の気持ちを察した気遣いをしてくれたら、それを嬉しいと感じますし、気持ちの擦れ違いによるストレスを減らすことも出来るでしょう。 また、女性が一方的に気遣うだけでは女性にストレスが溜まってしまいますが、姉さん女房の場合にはそうした気遣いも経験から出来るようになることが多いため、そこまでストレスに感じることもないでしょう。 落ち着いている 誰でもそれなりに人生経験を積んでくれば、ちょっとのことでは慌てたり、動揺したりすることが少なくなってきます。 姉さん女房は夫よりも人生経験が豊かですので、万一の時には夫以上に落ち着いた対応が出来る、とても頼りになる存在でしょう。 夫が寝坊して会社に遅刻しそうな時には、慌てる夫をよそに朝の準備に必要な道具を予め分かるところに置いておいたり、カバンを玄関に置いておいたりと、夫の行動をさりげなくサポートしてくれることでしょう。 また、夫が仕事で行き詰っている時には、一緒にお酒を飲みながら愚痴を聞いたり、マッサージをして体の疲れをほぐしてあげたりと、今の夫に必要だと思うことを率先してサポートしてくれることも多いです。 こうしたサポートは、妻自身の心に余裕がなければ出来ませんので、経験豊富な姉さん女房だからこそ、落ち着いて夫のために尽くすことが出来るのでしょう。 男性が甘えられる 男性は自分よりも年下の女性の前では、つい見栄を張ってしまったり、「自分がリードしなければ」と女性を引っ張ろうとしたりします。 年下女性に甘えられることで自分の自尊心が満足出来る男性もいますが、常に気を張って女性をリードし続けるのは疲れてしまうでしょう。 普段は女性をリードすることが多い男性でも、時には母親に甘えるように女性に甘えたいこともあるでしょう。 男性が甘えたい時に、相手が年上の女性であれば、抵抗なく甘えることが出来る男性は多いです。 年上の女性には、年下女性にはない包容力があります。 自分が愚痴を零したり、みっともない姿を見せたりしても、幻滅せずに自分を慰めて甘えさせてくれる女性に男性は心から安らぐことが出来るでしょう。 家庭を持てば、男性も家庭に心から安らげる居場所を求めます。 そんな時には姉さん女房がピッタリなのです。 教養がある 教養は、年を取れば誰でも得られるというものではありません。 きちんと自分で学ぼうという気持ちがなければ、何歳になったところで中身は子どものままの人もいるでしょう。 姉さん女房タイプの女性には、年上の女性の中でも教養がある人が多いです。 そもそも姉さん女房とは、夫に気遣いや精神的なサポートが出来る女性を指す言葉ですので、人に気遣いが出来る女性の多くはそれなりに教養や常識も身に付けていることでしょう。 妻に教養があれば、夫が家に同僚や上司を招いた際にも卒なくもてなしをしてくれますし、また夫婦で一緒に会社の行事に参加する時にも堂々と妻と一緒に参加しやすくなるでしょう。 教養のある妻は、人前では夫を立ててくれることも多いため、夫からしても自慢の妻だと周りに公言出来るでしょう。 自立している 年上女性は精神的に自立している女性が多いです。 学生から社会人の間で一人暮らしを経験していれば、自分で働いて稼いだお金で生計を立てることも経験していますし、会社勤めが長ければ仕事の面でも一人前でしょう。 精神的にも経済的にも自立している女性と一緒になると、結婚当初から家計は上手くいきやすいですし、互いの時間を大切にしたり、時には一緒に何かを楽しんだりして夫婦の時間を充実させやすくなるでしょう。 年下の若い妻でも自立している人はいますが、やはりある程度の年数を経験している女性の方が頼もしく、より理想的な夫婦生活を望めるでしょう。 仕事の相談に乗ってもらえる 年上の女性は、男性よりも社会経験が豊富なことが多いです。 出会った頃に現役でバリバリと働いていた女性の場合、結婚してからもそのままキャリアウーマンを続けることは現代では珍しくありません。 また、結婚して専業主婦になったとしても、それまでのキャリアや経験は積んできていますので、男性が仕事で悩んでいる時には相談に乗ってくれることもあるでしょう。 長年事務仕事や雑用だったとしても、会社の人間関係や、上司の扱い方などは女性の方が長けていることがあります。 また女性がそれなりの役職に就いていた場合には、夫の立場が上役であってもきっと的確なアドバイスをくれることでしょう。 仕事にプライドを持っている男性の場合、職場が自分のテリトリーであり、そこに関することには妻に首を突っ込まれたくないと感じていることもあります。 男性がそうした考えを持っている場合には、そもそも仕事の相談を妻に振ることはありませんので、例え妻が元役職の立場であったとしても、夫の気持ちを察して余計に口を挟むことはしないでしょう。 あくまでも夫が悩んでいる時に相談に乗ってくれる、そんなさり気ない気配りが姉さん女房は上手なのです。 家事ができる 最近では家事が苦手な女性も増えてきています。 ひと昔前までは女性は年頃になると花嫁修業をしたものですが、男女共働きが増えてからはそうした花嫁修業をしない女性も多くなりました。 また、一度も実家から出たことのない女性の場合には、結婚するまでは家事をすべて母親がやってくれていたところもあり、いざ自分が家事をやる立場になった時にはてんでダメなこともあるでしょう。 そうした「家事ベタ」は若い女性ほど多い傾向がありますが、一方で夫よりも年上の妻の場合には、最初から家事が出来る人が多いです。 男性よりも人生経験が豊富な女性の場合、結婚するまでの間に一度は一人暮らしを経験したことがある人もいるでしょう。 また、年若い娘の年齢でもなくなれば、自然と実家暮らしでも家事を手伝う機会は増えます。 そのため姉さん女房には卒なく家事がこなせる人が多く、夫としても安心して家のことを任せられるでしょう。 束縛してこない 姉さん女房の場合、夫よりも年齢が高いため、その分精神的な余裕にも満ちています。 それなりに男性経験も豊富なら、結婚してからも夫が会社の付き合いで、時には女性のいる飲み屋に行くことも承知している妻は多いです。 妻の年齢が若いほど、まだまだ恋愛気分が抜けていないため、夫が会社の付き合いで飲み屋に行くと言えば激しく嫉妬をすることもあるでしょう。 また、結婚してからも夫の行動を束縛したり、いちいち気持ちを確かめたりすることも女性によってはあります。 しかし姉さん女房の場合には、年上で恋愛経験が豊富なことに加えて、ある程度の社会経験もある人が多いため、夫の会社での付き合いがどんなものかを理解している人も多いでしょう。 だからこそ、会社の付き合いでの飲み屋程度ならば仕方がないと許容してくれる姉さん女房もいるため、無暗に束縛してこないところが気楽だという男性は多いでしょう。 料理上手 それなりに年齢を経ている女性であれば、例え長年実家暮らしだとしても、最低限の料理は出来る人が多いです。 若い娘の頃はいちいち家事を手伝わせなかった母親も、娘がいい年になってくれば自然と手伝いを求めるようになるでしょう。 また、大学や社会に出たタイミングで一人暮らしを始めた女性であれば、家事は必須ですので自然と料理も身に付くようになります。 料理は作っている年数が長ければ長いほど味も安定しますので、自然と姉さん女房には料理上手な人も多いでしょう。 夫からすれば、結婚した当初から妻が料理上手なら、毎日妻の手料理が楽しみになりますので、食事によって夫婦仲が良好に保たれることもあります。 聞き上手 姉さん女房には聞き上手な人が多いです。 姉さん女房は夫よりも年齢が高い分、人生経験も豊富です。 元々女性はおしゃべりな反面、聞き上手でもあります。 また、女性特有の共感能力の高さもありますので、夫の話を親身になって聞いてくれたり、自分のことのように考えて相談に乗ってくれたりすることもあるでしょう。 男女が恋人同士でいる間は、お互いに一緒に過ごす時間はより良いものにしたいと思い、不満や愚痴を零そうとしないことが多いです。 また、愚痴を零して相手に幻滅されたり、嫌われたりするのを避けたいという気持ちもあるでしょう。 恋人同士はそうした「とにかく楽しく過ごしたい」という気持ちが強いですが、これが夫婦関係となるとまた変わってきます。 夫婦になるということは、生涯のパートナーになるということです。 生涯を通して一緒に過ごしていれば、当然世の中が楽しいことばかりではないこともわかるでしょう。 辛い時や悩める時には、そのもやもやした気持ちを打ち明けられる存在や、心の落ち着ける居場所を求めます。 男性の場合にはその求める相手が妻になりますので、妻は時には夫の悩みを聞き、真剣にそれを受け止めなければなりません。 もしも妻が夫よりも年下で人生経験も少なければ、夫の悩みを聞いて自分が支えることを重荷に感じてしまうかもしれません。 しかし妻が夫よりも年上であれば、夫がどんなに悩める時でもしっかりとその話を聞き、自分のことのように一緒に考えてくれることでしょう。 困難があっても一緒に乗り越えられる強さがある 姉さん女房は、夫との絆が強ければ例えどんなに夫が苦難に陥っている時にも、決して見捨てることはしないでしょう。 年齢的にも精神的にも自分の方が余裕があることを女性は理解していますので、夫が困っている時には「自分が支えてあげなければ!」という強い使命感に燃えるでしょう。 また、夫婦で困難に立ち向かう時にも、決してその手を放さずに、一緒に困難を乗り越えていこうとする真っすぐで強い気持ちを持っています。 本当にピンチになった時には、案外男性よりも女性の方が肝が据わっているものですので、夫が根をあげてしまいそうな時ほど姉さん女房は頼りになることでしょう。 姉さん女房のギャップが可愛い! 姉さん女房と聞けば、肝っ玉母さんのような存在を思い浮かべる人は多いでしょう。 いつでもどっしりと構えていて、ちょっとの困難では気持ちが焦ることも挫けることもありません。 夫が悩んでいればその背中を叩くくらいの勢いがあり、安心して家庭を預けられるといったイメージを持たれやすいですが、実は姉さん女房には、男性からすればたまらないギャップを持ち合わせていることもあるのです。 そのギャップは普段の頼もしさでは想像出来ないような、可愛らしさを感じさせるでしょう。 そして大抵の場合、そのギャップは夫しか知らないことが多いため、ますます夫からは可愛らしく思えることでしょう。 では、姉さん女房にはどのようなギャップがあるのでしょうか?以下にそのギャップを挙げていきます。 甘えん坊 姉さん女房は、夫から甘えられる存在という認識が世間一般にはあります。 年下の女性の前ではつい見栄を張ってしまいがちな男性も、年上女性の前では素直に甘えることが出来るため、そうした一面から年上の女性である姉さん女房は、夫から甘えられることが多いと思われています。 確かに姉さん女房は、夫が悩んでいる時にはその胸を貸してあげられるような包容力を持っています。 しかし、姉さん女房とはいっても一人の女性です。 時には女として、パートナーに甘えたいことも当然あるでしょう。 夫が落ち込んでいる時や、悩んでいる時には温かく包み込んで甘やかしてあげますが、夫が元気な時には自分も甘えん坊になって夫に思う存分に甘えます。 時に頼りになり、時に可愛らしい女性になる姉さん女房は、夫である男性にとってはたまらなく魅力的に思えることでしょう。 泣き虫 姉さん女房は、ここぞという時にはとても頼りになります。 夫が困っていれば助けようとしますし、ピンチの時こそ両手を張って家族を守ろうとする強さを持っています。 しかしそれは、あくまでも家庭がピンチになった時や、夫が悩める時の話です。 夫婦仲も家庭も何も問題もなく健やかな時には、姉さん女房とは言え一人の女性です。 感動するドラマを見れば思わず涙腺が緩んでしまったり、何か落ち込むことがあればべそべそと泣き虫になったりすることもあるでしょう。 姉さん女房は、夫よりも年上だからといっていつでも涙を見せない強い女というわけではありません。 時には自分の悩みで泣き虫になって、夫に縋ることもあります。 夫からすれば時に頼もしく、また時に自分を頼りにしてくれる妻の存在は可愛らしく思えることでしょう。 どこか抜けている 姉さん女房だからといって、何もかもしっかりしている女性などそうはいません。 何事も卒なくこなせる女性もいますが、時にはどこか抜けている女性だっています。 例えばいざピンチの状況になれば頼もしさを発揮させる姉さん女房でも、普段は買い物に財布を忘れたり、余所事に夢中になっている内に本来の目的を忘れてしまったりと、どこか抜けているところがある人もいるでしょう。 年下の夫からすれば、頼りになったりならなかったりと、どこか抜けている姉さん女房の妻を可愛らしく思うこともありますし、また何もかも完璧ではないところに安心することもあるでしょう。 いくら姉さん女房だとは言っても、すべてが夫以上に完璧だと、反対に夫が劣等感を抱いてしまうこともあります。 そんな夫にはちょっと抜けている姉さん女房がピッタリでしょう。 力が弱い 姉さん女房と聞けば、大家族の母親のようにたくましい存在を思い浮かべる人は多いでしょう。 けれども実際には非力だったり、物理的な力が弱かったりすることも多いです。 姉さん女房がその力を発揮するのは主に精神面でのサポートです。 精神的に夫を支えることに関しては年下の妻よりも長けていますが、それと普段の力の強さとはまったくの別物です。 固い瓶の蓋を開けたり、重い扉を開いたりするのは夫よりも非力なことが多いのです。 しかしだからこそ、夫はそんな時には力の見せどころで活躍出来るのです。 姉さん女房の夫婦の幸せの秘訣とは 姉さん女房は、時に優しく、時に厳しく夫を支えてくれます。 そんな妻に夫も安心して家を任せることが出来ますが、いくら頼りになる妻とは言っても、どちらかが一方的にパートナーに寄りかかっているだけでは、決して円満な関係を築くことは出来ないでしょう。 夫婦とは支え合うものですので、どちらか一方だけが苦労しても、また幸せになっても夫婦の良好な関係のバランスが崩れてしまいます。 姉さん女房の夫婦が、生涯を通して夫婦円満で幸せに過ごしていくためにも、幸せの秘訣をきちんと押さえておきましょう。 以下に幸せの秘訣をご紹介していきます。 お互い尊敬しあう 夫婦でも恋人でも、また友人同士であっても、互いに尊敬し合える相手とはいつまでも円満な関係を築くことが出来ます。 お互いを尊敬し合うことは、お互いを一人の人間であると認め、相手の心を思い遣ったり、支え合ったりすることでもあります。 夫婦で常に互いを尊敬し合っていれば、どちらかが辛い時にはもう一人が自然とそれを支えようとしますし、また幸せな時間は2人で分け合おうとするでしょう。 それがいつまでも続くことで、夫婦円満で幸せな家庭を築くことが出来るでしょう。 弱いところを見せ合う 夫婦とは互いに支え合うものです。 いくらパートナーに心配をかけたくないからといって、自分が辛い時に無理矢理にそれを隠そうとしても、どちらも気苦労やストレスが溜まってしまうだけでしょう。 恋人同士であれば、ただ楽しい時間だけを求めることも出来ます。 しかし夫婦の場合には、結婚式の誓いの言葉にもあるように、病めるときには互いで支え合うことが必要です。 夫婦になった以上は、お互いの醜い部分やダメなところも目の当たりにしなければなりませんし、時にはそんな相手を支えることも必要とされます。 それが出来てこそ本当の意味で円満な夫婦の関係がつくれるというものでしょう。 そのため、弱いところを見せあうことも大切です。 男性が気を許せる 恋人同士の場合なら、彼氏は彼女に格好いいところだけを見せようと頑張ることもあるでしょう。 それが年下の女性であれば尚の事気合いが入りますが、常に見栄を張っていてはそれがストレスになってしまうこともあります。 また、恋人の場合には関係に疲れてしまったら別れればいいですが、夫婦になると嫌になったからといって、そう簡単に別れられるものではありません。 そのため、夫婦になるのなら女性は男性が気を許せる相手でなければならないでしょう。 そうでなければ結婚しても夫婦生活は上手くいきませんし、互いにストレスになってしまいます。 女性の方が時には男性の支えになることで、男性が気を許せる関係になることが出来るでしょう。 年の差を楽しむ 姉さん女房ということは、夫よりも妻の方が年上になります。 その年の差がほんの数歳の場合もあれば、10歳以上離れていることもあるでしょう。 女性は男性よりも、自分の年齢を気にします。 また、夫との年の差があれば、そのことだけで周りや夫の義理の両親に対して気を遣うこともあるでしょう。 愛しているからこそ夫と一緒になったものの、やはり年齢に関してはデリケートに感じてしまうのが女性です。 姉さん女房とはいっても、そこは一人の女性としてきちんと扱ってあげることで、妻も安心して夫に心を預けることが出来るでしょう。 夫婦が年の差を楽しむことが出来れば、妻も夫との年齢差で落ち込んだり、悩んだりすることはなくなるでしょう。 共通の趣味を作る 無理に夫婦で共通の趣味を作る必要はありません。 ですが夫婦で共通の趣味があれば、休日には一緒にその趣味を楽しむことが出来ますし、会話も楽しく弾むことでしょう。 アニメやゲーム、登山や特定のスポーツといった少々マニアックだったり、専門的だったりする趣味の場合には、どちらかがパートナーに合わせて好きになることが難しいことがあります。 そのため、もしもお互いに共通の趣味を作るのなら、どちらも無難に楽しめるものや、「まあまあ好き」程度のものを趣味にすると良いでしょう。 その方がお互いのレベルを合わせやすいですし、また「まあまあ好き」だったものが、一緒に楽しむ内に「すごく好き」に変わるかもしれません。 姉さん女房の夫婦が上手くいくのも納得 姉さん女房の特徴を見ていけば、姉さん女房の夫婦が上手くいくのも納得でしょう。 姉さん女房タイプの女性は、とにかく年下男性の扱いが上手です。 男性のプライドの高さや、仕事に対するこだわりといったことにも理解があるため、男性のその時の感情に合わせてサポートに回ることが出来ます。 男性が子どもっぽければ時には甘やかすだけでなく、厳しく背中を叩くこともするでしょう。 一方で、頑張っていれば優しく背中を撫でて、日頃の愚痴を聞いてあげます。 そんな頼もしく、また時には女性らしいギャップで魅力的な姉さん女房を、夫も心から愛して大切にすることでしょう。 だからこそ、姉さん女房の夫婦は円満に上手くいきやすいのです。

次の

杏が離婚しない理由は?東出昌大に裏切られても別居に留まるのは何故?

姉さん女房 離婚

世の中にはたくさんの夫婦の形がありますが、姉さん女房の家庭は比較的上手くいくと言われています。 夫よりも妻の方が年上の場合には、精神的なサポートや経済的な面でも夫を支えやすいため、それだけ夫婦仲も安定して上手くいことが多いのでしょう。 そんな頼りになるの夫婦が上手くいく具体的な理由や、夫婦の幸せの秘訣についてご紹介します! 姉さん女房とは? 姉さん女房は、元々は「姉女房」と言われていました。 夫よりも年上の妻を指す言葉ですが、同年の妻を指すこともあります。 女性は同年の男性よりも精神的に成熟していることが多いですが、それが年上になると、より男性をさまざまな面でサポート出来るようになります。 一人前の女性として精神的にもしっかり自立しており、また女性によっては面倒見がいいため、男性の精神的な支えになることが出来るでしょう。 さらに、女性の年齢がある程度高ければ、それだけ社会に出てからの年数や経験も豊富になっていますので、経済面でも時には男性をサポートすることが可能でしょう。 夫よりも妻が若ければ若いほど、精神的にも未熟で子どもっぽい部分があったり、金銭的な貯えもほとんどなかったりしますので、いろんな部分で自分の支えが欲しい男性にとっては、年下の若妻よりも姉さん女房タイプの女性の方が合っているでしょう。 姉さん女房は例え夫が仕事や私生活で心身に余裕がない時にも、優しく夫を包み込んであげられるような包容力に優れていますので、時にはパートナーに甘えたい男性にとってはまさに理想の妻と言えるでしょう。 姉さん女房が上手くいく14個の理由 姉さん女房の夫婦は、妻が年下の夫婦と比べると、夫婦仲が安定していると言われています。 その理由の多くは、主に妻が夫よりも年上だからこそ、夫の扱いが上手いところでしょう。 妻が子どもっぽいと、夫が疲れた時に精神的な支えになってあげることは出来ませんし、それどころか夫のストレスをますます増やしてしまいかねません。 また、経済的にも夫に頼り切りになることが多く、浪費癖のある妻の場合には、夫の給料の大半を自分のためだけに使ってしまうこともあるため、夫は安心して妻に家計を任せることが出来なくなってしまうでしょう。 それらの点から、外に働きに出ることが多い夫にとっては、安心して家のことを任せておける姉さん女房の方を好むことも多いです。 そんな姉さん女房の夫婦が上手くいく具体的な理由を以下に挙げていきます。 同年代に比べて色気がある 女性も男性も、年齢を経ると共に特有の色気や渋みが増してきます。 若くても色気がある女性もいますが、年齢を重ねてからしか出せない色気は、若い内にはどうやっても出せないものです。 ある程度年齢を重ねると、女性には落ち着きが出てきます。 その落ち着いた姿からは、意識せずとも自然と年相応の色気が表れますので、その年上特有の色気にやられてしまうという男性も多いでしょう。 年齢を経てからの色気というものは、仕草の一つひとつからも滲み出るものです。 服を脱ぐ動作や、ふとした時に溜息をつく姿など、さまざまな場面でセクシーさを感じさせることがありますので、その年上女性特有の魅力は同年代や年下の女性には出せないものでしょう。 最近では年上女性に惹かれる男性も多いため、年上の女性に憧れる男性が姉さん女房の夫婦になることも多いです。 頼れる 妻が夫よりも年上だと、夫よりも幾分人生経験を豊富に積んできていることでしょう。 自分が培ってきたその経験から、時には夫に人生相談のアドバイスをしたり、指摘をしたりすることもあります。 プライドが高くて他人の言葉に耳を貸さない男性の場合には、妻がどんなにアドバイスをしようとしたところで、それを鬱陶しいと跳ねのけるでしょうが、時にはアドバイスしてもらいたい夫にとっては、これ以上ないほどに姉さん女房は頼りになる存在でしょう。 とくに気が弱い男性や、優柔不断な男性、何かにつけて直ぐにネガティブに悩んでしまう男性の場合には、ズバズバと意見を出してくれる年上妻の存在は得難く、また有難い存在に感じられることでしょう。 さらに妻がそれなりに社会経験も豊富な場合には、仕事で悩む夫の悩みにも乗ってくれることがあるため、公私どちらでも姉さん女房は頼りになる存在です。 心が広い 人は年齢を重ねるとともに、それなりに懐も広くなっていきます。 さまざまな知識や経験を得ることで、自分の器を大きく広げることも出来るでしょう。 中には年を取るごとに頭が固くなってしまう人もいますが、元々気遣いの出来る優しい性格の女性の場合は、決めつけや偏見があまりない変わりに、広い心を持っていることが多いです。 例えば自分の夫に悩み事があって男泣きしている時に、年下の若い妻の場合は、「男が泣くなんてみっともない」と呆れた目でそれを見るかもしれません。 年下でも優しい性格の妻なら、そっとその背をさすりながらもどうしたらいいのか分からずに、内心では困惑してしまうことでしょう。 一方で、これが姉さん女房の場合には、これまでの経験から男性も辛いことがあった時には泣いてしまうことを理解していることでしょう。 そのため夫に対して呆れることも冷めることもなく、無言でタオルを差し出すなり、隣で泣き止むなり、その場に相応しい行動を取ることが出来る女性が多いです。 こうした心の広さも、年上女性特有のものでしょう。 男性を理解している 男性よりも年上で、それなりに男性経験も積んできている女性であれば、大抵の男性の気持ちは察したり、理解したりすることが出来るでしょう。 恋人や夫に対する理解はもちろん、社会経験も豊富であれば、仕事中の男性の気持ちもある程度は察することが出来るでしょう。 だからこそいざ結婚した時にも、夫の男としての気持ちを汲んでその場に相応しい行動が取れる人が多いです。 夫も妻が自分の気持ちを察した気遣いをしてくれたら、それを嬉しいと感じますし、気持ちの擦れ違いによるストレスを減らすことも出来るでしょう。 また、女性が一方的に気遣うだけでは女性にストレスが溜まってしまいますが、姉さん女房の場合にはそうした気遣いも経験から出来るようになることが多いため、そこまでストレスに感じることもないでしょう。 落ち着いている 誰でもそれなりに人生経験を積んでくれば、ちょっとのことでは慌てたり、動揺したりすることが少なくなってきます。 姉さん女房は夫よりも人生経験が豊かですので、万一の時には夫以上に落ち着いた対応が出来る、とても頼りになる存在でしょう。 夫が寝坊して会社に遅刻しそうな時には、慌てる夫をよそに朝の準備に必要な道具を予め分かるところに置いておいたり、カバンを玄関に置いておいたりと、夫の行動をさりげなくサポートしてくれることでしょう。 また、夫が仕事で行き詰っている時には、一緒にお酒を飲みながら愚痴を聞いたり、マッサージをして体の疲れをほぐしてあげたりと、今の夫に必要だと思うことを率先してサポートしてくれることも多いです。 こうしたサポートは、妻自身の心に余裕がなければ出来ませんので、経験豊富な姉さん女房だからこそ、落ち着いて夫のために尽くすことが出来るのでしょう。 男性が甘えられる 男性は自分よりも年下の女性の前では、つい見栄を張ってしまったり、「自分がリードしなければ」と女性を引っ張ろうとしたりします。 年下女性に甘えられることで自分の自尊心が満足出来る男性もいますが、常に気を張って女性をリードし続けるのは疲れてしまうでしょう。 普段は女性をリードすることが多い男性でも、時には母親に甘えるように女性に甘えたいこともあるでしょう。 男性が甘えたい時に、相手が年上の女性であれば、抵抗なく甘えることが出来る男性は多いです。 年上の女性には、年下女性にはない包容力があります。 自分が愚痴を零したり、みっともない姿を見せたりしても、幻滅せずに自分を慰めて甘えさせてくれる女性に男性は心から安らぐことが出来るでしょう。 家庭を持てば、男性も家庭に心から安らげる居場所を求めます。 そんな時には姉さん女房がピッタリなのです。 教養がある 教養は、年を取れば誰でも得られるというものではありません。 きちんと自分で学ぼうという気持ちがなければ、何歳になったところで中身は子どものままの人もいるでしょう。 姉さん女房タイプの女性には、年上の女性の中でも教養がある人が多いです。 そもそも姉さん女房とは、夫に気遣いや精神的なサポートが出来る女性を指す言葉ですので、人に気遣いが出来る女性の多くはそれなりに教養や常識も身に付けていることでしょう。 妻に教養があれば、夫が家に同僚や上司を招いた際にも卒なくもてなしをしてくれますし、また夫婦で一緒に会社の行事に参加する時にも堂々と妻と一緒に参加しやすくなるでしょう。 教養のある妻は、人前では夫を立ててくれることも多いため、夫からしても自慢の妻だと周りに公言出来るでしょう。 自立している 年上女性は精神的に自立している女性が多いです。 学生から社会人の間で一人暮らしを経験していれば、自分で働いて稼いだお金で生計を立てることも経験していますし、会社勤めが長ければ仕事の面でも一人前でしょう。 精神的にも経済的にも自立している女性と一緒になると、結婚当初から家計は上手くいきやすいですし、互いの時間を大切にしたり、時には一緒に何かを楽しんだりして夫婦の時間を充実させやすくなるでしょう。 年下の若い妻でも自立している人はいますが、やはりある程度の年数を経験している女性の方が頼もしく、より理想的な夫婦生活を望めるでしょう。 仕事の相談に乗ってもらえる 年上の女性は、男性よりも社会経験が豊富なことが多いです。 出会った頃に現役でバリバリと働いていた女性の場合、結婚してからもそのままキャリアウーマンを続けることは現代では珍しくありません。 また、結婚して専業主婦になったとしても、それまでのキャリアや経験は積んできていますので、男性が仕事で悩んでいる時には相談に乗ってくれることもあるでしょう。 長年事務仕事や雑用だったとしても、会社の人間関係や、上司の扱い方などは女性の方が長けていることがあります。 また女性がそれなりの役職に就いていた場合には、夫の立場が上役であってもきっと的確なアドバイスをくれることでしょう。 仕事にプライドを持っている男性の場合、職場が自分のテリトリーであり、そこに関することには妻に首を突っ込まれたくないと感じていることもあります。 男性がそうした考えを持っている場合には、そもそも仕事の相談を妻に振ることはありませんので、例え妻が元役職の立場であったとしても、夫の気持ちを察して余計に口を挟むことはしないでしょう。 あくまでも夫が悩んでいる時に相談に乗ってくれる、そんなさり気ない気配りが姉さん女房は上手なのです。 家事ができる 最近では家事が苦手な女性も増えてきています。 ひと昔前までは女性は年頃になると花嫁修業をしたものですが、男女共働きが増えてからはそうした花嫁修業をしない女性も多くなりました。 また、一度も実家から出たことのない女性の場合には、結婚するまでは家事をすべて母親がやってくれていたところもあり、いざ自分が家事をやる立場になった時にはてんでダメなこともあるでしょう。 そうした「家事ベタ」は若い女性ほど多い傾向がありますが、一方で夫よりも年上の妻の場合には、最初から家事が出来る人が多いです。 男性よりも人生経験が豊富な女性の場合、結婚するまでの間に一度は一人暮らしを経験したことがある人もいるでしょう。 また、年若い娘の年齢でもなくなれば、自然と実家暮らしでも家事を手伝う機会は増えます。 そのため姉さん女房には卒なく家事がこなせる人が多く、夫としても安心して家のことを任せられるでしょう。 束縛してこない 姉さん女房の場合、夫よりも年齢が高いため、その分精神的な余裕にも満ちています。 それなりに男性経験も豊富なら、結婚してからも夫が会社の付き合いで、時には女性のいる飲み屋に行くことも承知している妻は多いです。 妻の年齢が若いほど、まだまだ恋愛気分が抜けていないため、夫が会社の付き合いで飲み屋に行くと言えば激しく嫉妬をすることもあるでしょう。 また、結婚してからも夫の行動を束縛したり、いちいち気持ちを確かめたりすることも女性によってはあります。 しかし姉さん女房の場合には、年上で恋愛経験が豊富なことに加えて、ある程度の社会経験もある人が多いため、夫の会社での付き合いがどんなものかを理解している人も多いでしょう。 だからこそ、会社の付き合いでの飲み屋程度ならば仕方がないと許容してくれる姉さん女房もいるため、無暗に束縛してこないところが気楽だという男性は多いでしょう。 料理上手 それなりに年齢を経ている女性であれば、例え長年実家暮らしだとしても、最低限の料理は出来る人が多いです。 若い娘の頃はいちいち家事を手伝わせなかった母親も、娘がいい年になってくれば自然と手伝いを求めるようになるでしょう。 また、大学や社会に出たタイミングで一人暮らしを始めた女性であれば、家事は必須ですので自然と料理も身に付くようになります。 料理は作っている年数が長ければ長いほど味も安定しますので、自然と姉さん女房には料理上手な人も多いでしょう。 夫からすれば、結婚した当初から妻が料理上手なら、毎日妻の手料理が楽しみになりますので、食事によって夫婦仲が良好に保たれることもあります。 聞き上手 姉さん女房には聞き上手な人が多いです。 姉さん女房は夫よりも年齢が高い分、人生経験も豊富です。 元々女性はおしゃべりな反面、聞き上手でもあります。 また、女性特有の共感能力の高さもありますので、夫の話を親身になって聞いてくれたり、自分のことのように考えて相談に乗ってくれたりすることもあるでしょう。 男女が恋人同士でいる間は、お互いに一緒に過ごす時間はより良いものにしたいと思い、不満や愚痴を零そうとしないことが多いです。 また、愚痴を零して相手に幻滅されたり、嫌われたりするのを避けたいという気持ちもあるでしょう。 恋人同士はそうした「とにかく楽しく過ごしたい」という気持ちが強いですが、これが夫婦関係となるとまた変わってきます。 夫婦になるということは、生涯のパートナーになるということです。 生涯を通して一緒に過ごしていれば、当然世の中が楽しいことばかりではないこともわかるでしょう。 辛い時や悩める時には、そのもやもやした気持ちを打ち明けられる存在や、心の落ち着ける居場所を求めます。 男性の場合にはその求める相手が妻になりますので、妻は時には夫の悩みを聞き、真剣にそれを受け止めなければなりません。 もしも妻が夫よりも年下で人生経験も少なければ、夫の悩みを聞いて自分が支えることを重荷に感じてしまうかもしれません。 しかし妻が夫よりも年上であれば、夫がどんなに悩める時でもしっかりとその話を聞き、自分のことのように一緒に考えてくれることでしょう。 困難があっても一緒に乗り越えられる強さがある 姉さん女房は、夫との絆が強ければ例えどんなに夫が苦難に陥っている時にも、決して見捨てることはしないでしょう。 年齢的にも精神的にも自分の方が余裕があることを女性は理解していますので、夫が困っている時には「自分が支えてあげなければ!」という強い使命感に燃えるでしょう。 また、夫婦で困難に立ち向かう時にも、決してその手を放さずに、一緒に困難を乗り越えていこうとする真っすぐで強い気持ちを持っています。 本当にピンチになった時には、案外男性よりも女性の方が肝が据わっているものですので、夫が根をあげてしまいそうな時ほど姉さん女房は頼りになることでしょう。 姉さん女房のギャップが可愛い! 姉さん女房と聞けば、肝っ玉母さんのような存在を思い浮かべる人は多いでしょう。 いつでもどっしりと構えていて、ちょっとの困難では気持ちが焦ることも挫けることもありません。 夫が悩んでいればその背中を叩くくらいの勢いがあり、安心して家庭を預けられるといったイメージを持たれやすいですが、実は姉さん女房には、男性からすればたまらないギャップを持ち合わせていることもあるのです。 そのギャップは普段の頼もしさでは想像出来ないような、可愛らしさを感じさせるでしょう。 そして大抵の場合、そのギャップは夫しか知らないことが多いため、ますます夫からは可愛らしく思えることでしょう。 では、姉さん女房にはどのようなギャップがあるのでしょうか?以下にそのギャップを挙げていきます。 甘えん坊 姉さん女房は、夫から甘えられる存在という認識が世間一般にはあります。 年下の女性の前ではつい見栄を張ってしまいがちな男性も、年上女性の前では素直に甘えることが出来るため、そうした一面から年上の女性である姉さん女房は、夫から甘えられることが多いと思われています。 確かに姉さん女房は、夫が悩んでいる時にはその胸を貸してあげられるような包容力を持っています。 しかし、姉さん女房とはいっても一人の女性です。 時には女として、パートナーに甘えたいことも当然あるでしょう。 夫が落ち込んでいる時や、悩んでいる時には温かく包み込んで甘やかしてあげますが、夫が元気な時には自分も甘えん坊になって夫に思う存分に甘えます。 時に頼りになり、時に可愛らしい女性になる姉さん女房は、夫である男性にとってはたまらなく魅力的に思えることでしょう。 泣き虫 姉さん女房は、ここぞという時にはとても頼りになります。 夫が困っていれば助けようとしますし、ピンチの時こそ両手を張って家族を守ろうとする強さを持っています。 しかしそれは、あくまでも家庭がピンチになった時や、夫が悩める時の話です。 夫婦仲も家庭も何も問題もなく健やかな時には、姉さん女房とは言え一人の女性です。 感動するドラマを見れば思わず涙腺が緩んでしまったり、何か落ち込むことがあればべそべそと泣き虫になったりすることもあるでしょう。 姉さん女房は、夫よりも年上だからといっていつでも涙を見せない強い女というわけではありません。 時には自分の悩みで泣き虫になって、夫に縋ることもあります。 夫からすれば時に頼もしく、また時に自分を頼りにしてくれる妻の存在は可愛らしく思えることでしょう。 どこか抜けている 姉さん女房だからといって、何もかもしっかりしている女性などそうはいません。 何事も卒なくこなせる女性もいますが、時にはどこか抜けている女性だっています。 例えばいざピンチの状況になれば頼もしさを発揮させる姉さん女房でも、普段は買い物に財布を忘れたり、余所事に夢中になっている内に本来の目的を忘れてしまったりと、どこか抜けているところがある人もいるでしょう。 年下の夫からすれば、頼りになったりならなかったりと、どこか抜けている姉さん女房の妻を可愛らしく思うこともありますし、また何もかも完璧ではないところに安心することもあるでしょう。 いくら姉さん女房だとは言っても、すべてが夫以上に完璧だと、反対に夫が劣等感を抱いてしまうこともあります。 そんな夫にはちょっと抜けている姉さん女房がピッタリでしょう。 力が弱い 姉さん女房と聞けば、大家族の母親のようにたくましい存在を思い浮かべる人は多いでしょう。 けれども実際には非力だったり、物理的な力が弱かったりすることも多いです。 姉さん女房がその力を発揮するのは主に精神面でのサポートです。 精神的に夫を支えることに関しては年下の妻よりも長けていますが、それと普段の力の強さとはまったくの別物です。 固い瓶の蓋を開けたり、重い扉を開いたりするのは夫よりも非力なことが多いのです。 しかしだからこそ、夫はそんな時には力の見せどころで活躍出来るのです。 姉さん女房の夫婦の幸せの秘訣とは 姉さん女房は、時に優しく、時に厳しく夫を支えてくれます。 そんな妻に夫も安心して家を任せることが出来ますが、いくら頼りになる妻とは言っても、どちらかが一方的にパートナーに寄りかかっているだけでは、決して円満な関係を築くことは出来ないでしょう。 夫婦とは支え合うものですので、どちらか一方だけが苦労しても、また幸せになっても夫婦の良好な関係のバランスが崩れてしまいます。 姉さん女房の夫婦が、生涯を通して夫婦円満で幸せに過ごしていくためにも、幸せの秘訣をきちんと押さえておきましょう。 以下に幸せの秘訣をご紹介していきます。 お互い尊敬しあう 夫婦でも恋人でも、また友人同士であっても、互いに尊敬し合える相手とはいつまでも円満な関係を築くことが出来ます。 お互いを尊敬し合うことは、お互いを一人の人間であると認め、相手の心を思い遣ったり、支え合ったりすることでもあります。 夫婦で常に互いを尊敬し合っていれば、どちらかが辛い時にはもう一人が自然とそれを支えようとしますし、また幸せな時間は2人で分け合おうとするでしょう。 それがいつまでも続くことで、夫婦円満で幸せな家庭を築くことが出来るでしょう。 弱いところを見せ合う 夫婦とは互いに支え合うものです。 いくらパートナーに心配をかけたくないからといって、自分が辛い時に無理矢理にそれを隠そうとしても、どちらも気苦労やストレスが溜まってしまうだけでしょう。 恋人同士であれば、ただ楽しい時間だけを求めることも出来ます。 しかし夫婦の場合には、結婚式の誓いの言葉にもあるように、病めるときには互いで支え合うことが必要です。 夫婦になった以上は、お互いの醜い部分やダメなところも目の当たりにしなければなりませんし、時にはそんな相手を支えることも必要とされます。 それが出来てこそ本当の意味で円満な夫婦の関係がつくれるというものでしょう。 そのため、弱いところを見せあうことも大切です。 男性が気を許せる 恋人同士の場合なら、彼氏は彼女に格好いいところだけを見せようと頑張ることもあるでしょう。 それが年下の女性であれば尚の事気合いが入りますが、常に見栄を張っていてはそれがストレスになってしまうこともあります。 また、恋人の場合には関係に疲れてしまったら別れればいいですが、夫婦になると嫌になったからといって、そう簡単に別れられるものではありません。 そのため、夫婦になるのなら女性は男性が気を許せる相手でなければならないでしょう。 そうでなければ結婚しても夫婦生活は上手くいきませんし、互いにストレスになってしまいます。 女性の方が時には男性の支えになることで、男性が気を許せる関係になることが出来るでしょう。 年の差を楽しむ 姉さん女房ということは、夫よりも妻の方が年上になります。 その年の差がほんの数歳の場合もあれば、10歳以上離れていることもあるでしょう。 女性は男性よりも、自分の年齢を気にします。 また、夫との年の差があれば、そのことだけで周りや夫の義理の両親に対して気を遣うこともあるでしょう。 愛しているからこそ夫と一緒になったものの、やはり年齢に関してはデリケートに感じてしまうのが女性です。 姉さん女房とはいっても、そこは一人の女性としてきちんと扱ってあげることで、妻も安心して夫に心を預けることが出来るでしょう。 夫婦が年の差を楽しむことが出来れば、妻も夫との年齢差で落ち込んだり、悩んだりすることはなくなるでしょう。 共通の趣味を作る 無理に夫婦で共通の趣味を作る必要はありません。 ですが夫婦で共通の趣味があれば、休日には一緒にその趣味を楽しむことが出来ますし、会話も楽しく弾むことでしょう。 アニメやゲーム、登山や特定のスポーツといった少々マニアックだったり、専門的だったりする趣味の場合には、どちらかがパートナーに合わせて好きになることが難しいことがあります。 そのため、もしもお互いに共通の趣味を作るのなら、どちらも無難に楽しめるものや、「まあまあ好き」程度のものを趣味にすると良いでしょう。 その方がお互いのレベルを合わせやすいですし、また「まあまあ好き」だったものが、一緒に楽しむ内に「すごく好き」に変わるかもしれません。 姉さん女房の夫婦が上手くいくのも納得 姉さん女房の特徴を見ていけば、姉さん女房の夫婦が上手くいくのも納得でしょう。 姉さん女房タイプの女性は、とにかく年下男性の扱いが上手です。 男性のプライドの高さや、仕事に対するこだわりといったことにも理解があるため、男性のその時の感情に合わせてサポートに回ることが出来ます。 男性が子どもっぽければ時には甘やかすだけでなく、厳しく背中を叩くこともするでしょう。 一方で、頑張っていれば優しく背中を撫でて、日頃の愚痴を聞いてあげます。 そんな頼もしく、また時には女性らしいギャップで魅力的な姉さん女房を、夫も心から愛して大切にすることでしょう。 だからこそ、姉さん女房の夫婦は円満に上手くいきやすいのです。

次の