ブラック ライト 波長。 ブラックライトの用途や簡単な作り方と100均で買うならこれです

紫外線の安全性について|紫外線探傷灯(ブラックライト)|よくわかる講座|マークテック株式会社 非破壊検査・印字・マーキングの総合メーカー

ブラック ライト 波長

ブラックライトとは ブラックライトは紫色光線をだす投光器ではありません! ブラックライトは紫外線ライト(UVライト)ともいいますが、一般的に紫外線を放出する灯具のことを指します。 紫外線とは字のごとく「紫(波長)の外」で、目に見えない光線ですから紫色の光線ではありません。 同じく赤外線も本来は「赤(波長)の外」ですから赤色光線ではありません。 しかし我々がよく目にする紫外線ライトは紫色の光線を放出しています。 本来の紫外線は無色なのですが、ブラックライトと称して販売されている多くの製品は、 「紫の内」すなわち紫色の可視光線が大量に放出されています。 灯具によってはほとんどが可視光線で肝心の紫外線がほとんど含まれていない灯具もあります。 機材の仕様書がないものや紫外線周波数の記載がないもの、周波数が380nm以上のものがほとんどです。 これらはブラックライトというよりは紫色ライトというべきでしょう。 従来型ブラックライトはすべてLEDに 水銀灯式はすでに製造中止、蛍光灯タイプは2020年めどにメーカーが製造中止に… 2005年に世界で最初に蓄光石の路面舗装が施工され、また著名施設として日本で最初にブラックライトが常設で屋外に使用された 「神戸市摩耶山きらきら小径」の既設の水銀灯式ブラックライトは、2018年4月に弊社によってLED大型投光器に入れ替え工事を完了されました。 すでに水銀灯式ブラックライトは製造過程において有害物質を排出する為、製造中止となっておりました。 また、蓄光石の常設施設として日本で最も有名な「梅田スカイビル空中庭園展望台」も2018年7月に蛍光灯式ブラックライトをLED蛍光灯型ブラックライトに入れ替える工事を終了しました。 蛍光灯に関してはパナソニックなどすでに製造を中止しているメーカーもありますが、政府の方針も踏まえ2020年までにほとんどの大手メーカーが製造を中止する予定であり、 蛍光灯式ブラックライトもその中に含まれることになるでしょう。 そのような状況の中、全国のブラックライトを使用している施設、店舗においてはこの1~2年が入替の時期となることが予想されますので、 関係各位の皆様は早急にLED代替製品を準備をされることをご検討ください。 その際には当社の推奨するナイトライドセミコンダクター社の各種LEDブラックライト製品をご利用されますよう御案内いたします。 同社のLEDブラックライトは紫色の可視光線が少なく無色に近い光線を放出します。 周波数でいえば365nm~375nm(ナノメーター)が中心です。 蓄光石やほとんどの蛍光塗料、蓄光材がこの周波数の紫外線に美しく反応します。 演出用の照明として使用する際は、演出効果の点で紫光線が強く出る機材では周囲が紫色に染まってしまうので興ざめしてしまい、効果も半減してしまいます。 さらに安全面では、これまでの機材では周波数320nm以下の紫外線B波(有害紫外線とも言われる)が含まれているものも多くあり、 皮膚がんや白内障を引き起こすなど人体に重大な影響あるとの指摘もされていましたが、同社の製品は紫外線B波がほとんど含まれていないことも実証されていますので安心してご使用いただけます。 UV-LEDフラッドライト の特長 安 全! ピーク波長が360nm~370nmで、これまでのブラックライトに含まれている有害な紫外線B波をほとんど含まないため人体に安全です。 安 心! 世界で初めて、LEDの紫外線ランプの量産を実現した世界のトップメーカー、「ナイトライトセミコンダクター」の国産高効率紫外線LEDチップを採用した安心の灯具です。 高効率! 従来のブラックライトと比較し、圧倒的に広範囲の照射を実現した、高効率の灯具です。 長寿命! 約20000時間という、これまでのブラックライトの5~10倍の長寿命を実現! 防水性! IP65の防水防塵性の為、過酷な屋外でも使用可能です。 強 靭! アルミダイキャスト性でとても強靭なボディーです。 また塩害に強く、沿岸地域での設置も可能です。 UV-LED大型投光器の特長 安 全! ピーク波長が360nm~370nmで、これまでのブラックライトに含まれている有害な紫外線B波をほとんど含まないため人体に安全です。 安 心! 世界で初めて、LEDの紫外線ランプの量産を実現した世界のトップメーカー、「ナイトライトセミコンダクター」の国産高効率紫外線LEDチップを採用した安心の灯具です。 高効率! 従来のブラックライトと比較し、圧倒的に広範囲の照射を実現した、高効率の灯具です。 離れた場所からの照射に最適です。 長寿命! 約20000時間という、これまでのブラックライトの5~10倍の長寿命を実現! 防水性! IP65の防水防塵性の為、過酷な屋外でも使用可能です。 強 靭! アルミダイキャスト性でとても強靭なボディーです。 また塩害に強く、沿岸地域での設置も可能です。 演 出! DMX制御で様々な演出が可能です。 (機種指定) ブラックライトの演出利用~ブラックライトアート ~ ブラックライトアートとは、特殊な蛍光塗料を使って描く作画方法によるアートです。 特にエアーブラシによる作画方法が多く、ホテル、商業施設、アミューズメント施設などいろいろな場所で採用されています。 詳しく読む クリックで閉じる 特殊蛍光塗料の企業も国内外に数社ありますが、世界で最も技術的に優れている企業が、日本の「シンロイヒ」社であります。 同社の「ルミライトカラー」は、特殊蛍光塗料の中でもその色の美しさ、耐久性などあらゆる点で他の追随を許しません。 この塗料を使って作画する場合は、その特殊性を十分理解し、その特長を最大限に発揮できる、経験を持ったアーティストが適しています。 作画内容は様々ですが、代表的なものは、深海の様子や宇宙空間です。 特に深海では、いるかなど丸みをおびた描写はエアーブラシによる特殊塗料の持ち味が生かされブラックライトで立体的に見えるように描かれます。 またサンゴ礁などの赤や熱帯魚の黄色なども、シンロイヒ社の塗料が大変鮮やかです。 宇宙空間の場合では、惑星の球体の表現なども、エアーブラシ画法によるブラックライトアートの特性を最大限生かした、題材です。 同社の塗料成分の特性は、耐水性、耐光性が高いことです。 その為屋外の使用にも5年以上演出効果が維持されています。 また、毒性がない点で、プールの底への作画なども行われています。 ブラックライトの演出利用~蓄光石 ~ 紫外線を吸収し、それを輝きのエネルギーとして放出する不思議な石・・・ 「蓄光石」と呼ばれるものは、正確には「蓄光発光セラミックス」と呼ばれる、人工のセラミック製骨材です。 開発した会社は、伊藤忠セラテック株式会社で、蓄光材(根本特殊化学製)をセラミックに練りこむ技術で、国際特許を取得しています。 詳しく読む クリックで閉じる 現在はこの製品を、山磯株式会社が生産を行っています。 この製品が世界で初めて、土木建設資材、すなわち道路舗装用骨材として使用されたのが、兵庫県神戸市の摩耶山の山頂の公園にある「キラキラ小径」です。 近年、CANONコマーシャルで再び話題となりました。 さらに蓄光石が、広く国内、海外で知られるようになったきっかけが大阪市内中心部にある著名ビル、梅田スカイビルの屋上にある、空中庭園展望台に設置された「ルミスカイウォーク」です。 この空中庭園展望台は、ルミスカイウォークができるまで年間40万人の入場者数でしたが、施工完成後は、年間70万人が訪れる大阪でも最も人気の高い夜の散策コースとして知られています。 同所は、ほとんどの外国人用ガイドブックに記載されているため、ウィークデーも多くの外国人観光客でにぎわっています。 この蓄光石を建築、土木資材として使用し、景観、エクステリアなど幅広く施工に利用しようと、開発当初からメーカーと一体となって施工方法や利用方法を開発してきたのがイルミネーション工房(有)ライフクリエーションです。 ブラックライトの効果的な演出条件 ブラックライトの演出効果は、下記の条件が複合的に重なり合った視覚的な結果です。 1.演出場所の照度 より暗いほど、ブラックライトは効果的です。 演出場所を選ぶときは、できるだけ暗い場所を選んでください。 また演出場所をより暗くする工夫を行って下さい。 照度計を用いて、演出場所の照度を測定する場合、4~5Lx以下が目安となります。 屋外の場合はできる限り暗い場所を選ぶか、またはその場所を暗くするための工夫(たとえば街路灯を暗くするなど)が必要です。 2.演出場所周辺の光環境 視界に入ってくる強い輝きがないほうが、蓄光石の輝きを美しく感じます。 具体的には、街路灯、店明り、ヘッドライト、家屋の明り、夜景イルミネーション、ネオンサインなどが視角に入らないことが理想です。 3等星の輝きも周囲が真っ暗であればよく見えますが、近くに1等星や月があれば見えなくなるのと同じ原理です。 またブラックライトの紫外線周波数は365nm~385nm位が適正で、最も蓄光石を美しく輝かせます。 365nm以下になると、光出力が極端に低くなります。 可視光がほとんど見られず、その面での演出効果は優れていますが、肝心の輝かせる出力が不足します。 一方385nm以上の周波数は、可視光(紫色)が強すぎるため、演出効果を妨げてしまいます。 「LEDスクエアーUV」は紫外線強度、優れた防水性と耐久性、安全安心の紫外線周波数と、どの点を見ても他の製品を圧倒する性能を誇っております。 特に近年、公共の場所でブラックライトを使用する場合、人体への紫外線の影響を懸念される施工主がほとんどであります。 当社の製品は、すべて、世界最高の品質と販売実績のLED紫外線ランプ専門メーカー「ナイトライドセミコンダクター」の日本国内工場で生産されたものを使用して、日本国内の当社OEM工場で生産しております。 LEDランプのトレーサビリティ(工場出荷からの履歴)はすべて証明されており、健康への被害などに関する心配やクレームなどはまったく発生いたししません。

次の

非破壊検査装置、磁粉探傷装置、ブラックライト、紫外線強度計を紹介|日本電磁測器株式会社

ブラック ライト 波長

可能ではありますがお勧めはできません。 プラスチック製品等の漂白というとワイドハイターEX等の酸素系漂白剤を使用した方法でしょうか? その場合、原理としては以下の通りです。 漂白剤に含まれる過酸化水素に紫外線を照射すると、反応性の高い成分が生成します。 この高反応性物質が変色の原因となる物質 多くは難燃剤などの添加剤 と反応する事で漂白するといった仕組みです。 これだけ聞くと太陽光の代わりにブラックライトでも良さそうな気がしますが、ここで問題となるのは紫外線の波長です。 一般的に手に入るブラックライトの多くはその波長が350nm以上の物が多いのですが、過酸化水素を効率良く分解するためには200〜300nm程度の波長の紫外線が必要です。 200〜300nmという条件はあくまでも効率良く分解する条件ですので、320nm程度の紫外線でも分解させる事は出来ますが、その波長を出せるブラックライトはそれ程多くはありません。 低圧水銀灯等の254nm程度の紫外線を照射できる物も市販されていますが、UV-C波に分類されるこの波長の短い紫外線は皮膚や眼に対する攻撃性が非常に高く皮膚ガンなどの原因となり得ます。 市販されている物も『ブラックライト』ではなく『殺菌灯』などと呼称されています。 どうしても安全に配慮した上で室内で行いたいというのであれば、出力 ワット数 が大きく波長の出来るだけ短いブラックライト もしくは殺菌灯 を購入し、紫外線漏れが無いように遮蔽材で全面を覆った簡易暗室を作成する必要があります。 有効な紫外線の量が少ないほど時間がかかりますので電気代もそれなりにかかることが予想されます。 また、強力な紫外光源はかなり発熱するので、長時間 数日など 連続運転してしまうと火災の原因にもなりかねません。 以上より余程の理由がない限り、日光の代替としてブラックライトを使うのはあまり得策ではないというのが結論です。 紫外線以外にも金属や熱でも過酸化水素の分解反応は促進されますので、条件を検討すれば紫外線に頼らない漂白方法も見つかるかもしれませんけどね。

次の

LEDブラックライトとは?|LEDブラックライトのご紹介

ブラック ライト 波長

ブラックライト光の波長スペクトルの例 を使うブラックライトは、使用されるが異なる以外は通常の蛍光灯と同じように製造される。 また、通常の蛍光灯では蛍光管のはだが、ブラックライトでは必要に応じて ()と呼ばれる深いのガラスを用いて波長400 以上の可視光線をカットする。 のように可視光線も必要な場合、ウッドガラスは使わない。 ウッドのガラスを用いたブラックライトの場合、ピーク波長は365 nmになる。 のバルブにウッドガラスを用いただけでも、簡易ブラックライトになる。 これは紫外線を得るため、最初期に実際に使われていた方法である。 しかしながら、白熱電球のから放出される光の大部分はからであり、その効率は極端に悪い。 また、の殆どがになってしまうため、電球が過熱して危険であるという難点もある。 これら以外に、紫外線を用いる方法もある。 用途 [ ] 偽造防止のために不可視印刷が施された ブラックライトは、屋内における視覚効果のほか、・・・鑑定の分野や、真贋判定でも利用されている。 には、蛍光物質を持つものがあるため、ブラックライトを当てることにより、それらのの繁殖を確認できる。 この性質を利用し、などのの一種は、ブラックライトを使った確定診断が可能になっている。 ブラックライトは、・・各種証明書・・・の真贋鑑定にも使われる。 多くの紙幣には、やを防止するため、UV(紫外線蛍光インク)を使った模様が描かれているからである。 ブラックライトを使うと、の有無が確認できるので、食品衛生や衣料品などの蛍光チェックに利用できる。 または蛍光するので、の飛び散りなど掃除のチェックにも使用できる。 ブラックライトは、やよりも早くできるため、蛍光塗料を用いた物質の蓄光に用いられる。 の識別のため、日本ではやにはが添加されている。 このため、クマリンが添加された重油や灯油にブラックライトを照射すると、液体が白く濁り、と灯油を判別できる。 紫外線で硬化するUVレジンの硬化用の光源としても使用され、ホビー(アクセサリーや模型)、やで利用されている。 紫外線の安全性 [ ].

次の