メンタル ヘルス ケア マネジメント。 公開試験結果・受験者データ

ユーキャンのメンタルヘルス・マネジメント(R)検定(II種/III種)資格取得講座|II種 ラインケアコース

メンタル ヘルス ケア マネジメント

今、精神的な障害や病気に悩まされている人が多くいます。 ブラック企業やパワハラなどだけでなく、仕事や人間関係の悩みを抱えている人はたくさんいるのです。 メンタルヘルス・マネジメント検定はそんな現代社会で役立つ資格なのです。 どんな資格なのか具体的に見ていきましょう。 メンタルヘルス・マネジメント検定は「心の不調防止のため」実施された 労働における成果主義の激化により、精神的に疲弊している社会人が増加しています。 また、それによる休職者や離職者も。 そのため、企業では心理カウンセリングの対策としてメンタルヘルス面での取り組みを強めている傾向にあるようです。 ちなみに、国家資格ではなく公的資格の扱いとなり、学歴や年齢に関係なく取得を目指せます。 メンタルヘルス・マネジメント検定は何に役立つ? もう少し噛み砕いて「メンタルヘルス・マネジメント検定」についての理解を深めていきましょう。 メンタルヘルス・マネジメントは誰でも取得することのできる公的資格ですが、要は「メンタルヘルスに対する知識や技術を習得しています」というライセンスです。 人材をマネジメントする管理職にとっても、または自分自身のメンタルケアにとっても役立つ知識を得られる資格になります。 勿論、労働によるストレスから自分の健康を守り、最善の対処をとることもできます。 また、自分の気持ち・相手の気持ちを大切にできることから、人間関係のストレスを未然に防ぐことにも役立ちます。 『コミュニケーション能力の向上』にもつながるわけですね。 メンタルヘルス・マネジメントは目的に合ったコースを選ぼう! メンタルヘルス・マネジメントの詳細を知って、実際に取りたくなった人もいるでしょう。 実は、メンタルヘルス・マネジメント検定にはコースがいくつか分かれています。 活かしたい場所や立場に合ったコースを選ぶのがおすすめです。 経営者や人事管理の部署の人が活かせます。 具体的には、他の施設や企業との連携や、従業員への教育といった内容を決めていく際のメンタルヘルスケアに役立ちます。 部下のストレスや心の健康に気を配って、従業員に仕事へのやりがいを感じてもらうためのメンタルヘルス・マネジメントの知識が得られます。 気持ちに余裕が出る事で仕事の効率や成果も上がるでしょう。 心の健康問題は自分で管理するのが1番いいです。 自分の心やストレスの状態に気づき、適切なケアを行うためのメンタルヘルス・マネジメントの知識が得られます! 正しいストレス対処の仕方を身につけたい人はぜひ! 実際のところメンタルヘルス・マネジメントは就職先で役立つ? 取得コースを見ていったところで、イメージが膨らんできたのではないでしょうか。 メンタルケアは企業の重要課題なので、役立つのは間違いない 最近では「メンタルヘルス・マネジメント検定」は個人的な心のケアだけでなく、『企業にとっても需要のある資格』とされています。 どの企業も安心して仕事に取り組める職場環境を整備するのは経営課題です。 従業員の健康管理は最重要事項としているでしょう。 快適な職場づくりと人材育成には不可欠!需要は高い 様々なストレス要因が渦巻いている現代社会ですから、従業員にかえりみることなく前だけを見ていては、心身の不調を訴える人がどんどん増えていってしまいます。 ひいては会社の経営すらも危うくしてしまうリスクをともなっているので、快適な職場づくり、および活力ある人材の育成のためには、自然と「メンタルヘルス・マネジメント検定」には需要が生まれるのです。 社員のメンタルヘルス・マネジメントができる人材は現代社会には必須の人材ですメンタルヘルス対策は企業の超重要課題のためメンタルヘルス・マネジメントの資格をもっていると会社でも重宝されるでしょう。 メンタルヘルス・マネジメント検定は需要のある資格!就職先で役立てよう 就職先で役立つメンタルヘルス・マネジメント検定について紹介してきました。 メンタルヘルス・マネジメント検定は、労働によるストレスを軽減するために大いに役立つ公的資格です。 現代の社会においては、従業員にとって様々な負担が強いられている作りとなっています。 そして、これからもひとりひとりの負担は増加していく可能性も否定できません。 そんな環境下にあって、悩みを持つ人々の心の病を未然に防ぐのに役立つのがメンタルヘルス・マネジメント検定の資格取得による「心のケア」の知識なのです。 自身のコントロールも含め、周囲の人間を救うこともできる貴重な能力といえます。 メンタルヘルス・マネジメント検定資格は『今まさに学ぶべきこと』のひとつです。 自分や周囲の人々、家族でさえも救うことのできる知識です。 ぜひとも就職先でも役立てて頂ければと思います。

次の

メンタルヘルス対策の基本|知っておきたい「3つの段階」と「4つのケア」

メンタル ヘルス ケア マネジメント

職場のメンタルヘルスケアの重要性とは? 職場のメンタルヘルスケアは、すべての社員が心の健康を保ち、いきいきと働ける環境をつくることを目的としています。 社員一人ひとりの健康問題に留まらず、企業の業績にも影響が及びかねない非常に重要な取り組みです。 社員の精神状態が業績を左右する 社員が精神的に落ち込んでいたり情緒不安定だったりすると、仕事に集中することができなくなり、生産性の低下やミス・事故の増加につながります。 特にミスや事故の増加は企業の信用低下を招き、業績悪化の原因となってしまいます。 適切なメンタルヘルスケアを行うと企業が活性化する メンタルヘルスケアが行き届いていると、社員は働くことにやりがいを感じ、所属する組織への貢献度が高くなるため企業が活性化します。 適切なメンタルヘルスケアを行うことは、企業の重要な課題なのです。 おすすめ記事• 管理職クラスにメンタルヘルスケアの知識を持ってもらう 大企業では、専門的な知識を持つ産業医や外部カウンセラーと連携してメンタルヘルスケアの体制が整備されているケースがあります。 しかし、中小企業では資金面などの理由から、メンタルヘルスケアの体制づくりが難しい場合があるでしょう。 社内が一体となってメンタルヘルスケアに取り組む体制づくり 産業医や外部カウンセラーに依頼することが難しい場合は、まず管理職クラスの社員がカウンセリングに関する研修を受講したり、関連資格を取得したりすることで、メンタルヘルスケアに対する社内の認識を深めていくことが大切です。 しかし、管理職クラスの社員が日々の業務に追われながらメンタルヘルスケアの知識を習得するのは、現実的に難しいかもしれません。 そのため、経営層や人事部などが主導し、社内が一体となって研修に取り組んでいける体制を整えることも必要です。 eラーニングを活用して効果的なメンタルヘルスケア研修を メンタルヘルスケアの研修には、eラーニングの活用が効果的です。 eラーニングであれば忙しい社員でも効率よく学習できるほか、より自社に合った内容の研修ができます。 また、知識の社内共有も容易です。 そして、社内全体の取り組みとすることで、社員の意識改革にもつながるでしょう。 自社の業務やサービスに即した内製コンテンツで人材育成の効果を最大化する「Cloud Campus(企業向け)」については、をご覧ください。 教材はからお選びいただくこともできます。 社員にはセルフケアに関する教育と復職支援を メンタルの不調を訴える社員には、セルフケアの方法を学んでもらいます。 その際も、eラーニングを活用するといいでしょう。 セラピープログラムで回復を目指す メンタルヘルスのセルフケアにはさまざまな方法があり、うつなどに対する専門的な治療法をアレンジしたセラピープログラムが多数開発されています。 このようなプログラムでは、精神医学や心理学について学ぶだけでなく、自分の心の状態や問題点を段階的に記録し見つめ直すことで回復を目指します。 eラーニングのコンテンツとして取り入れることを検討してもいいかもしれません。 復職支援にeラーニングを活用 メンタル回復のために休業が必要になった社員には、その間のスキルや知識を補うために復職支援を提供しましょう。 復帰したくても仕事についていけないのではないかという、当事者の不安を取り除くことができます。 提供方法は、自宅でも利用できるeラーニングが有効です。 おすすめ記事•

次の

メンタルヘルスマネジメント検定の過去問は入手可能?pdfのダウンロード法も解説!

メンタル ヘルス ケア マネジメント

職場のメンタルヘルスケアの重要性とは? 職場のメンタルヘルスケアは、すべての社員が心の健康を保ち、いきいきと働ける環境をつくることを目的としています。 社員一人ひとりの健康問題に留まらず、企業の業績にも影響が及びかねない非常に重要な取り組みです。 社員の精神状態が業績を左右する 社員が精神的に落ち込んでいたり情緒不安定だったりすると、仕事に集中することができなくなり、生産性の低下やミス・事故の増加につながります。 特にミスや事故の増加は企業の信用低下を招き、業績悪化の原因となってしまいます。 適切なメンタルヘルスケアを行うと企業が活性化する メンタルヘルスケアが行き届いていると、社員は働くことにやりがいを感じ、所属する組織への貢献度が高くなるため企業が活性化します。 適切なメンタルヘルスケアを行うことは、企業の重要な課題なのです。 おすすめ記事• 管理職クラスにメンタルヘルスケアの知識を持ってもらう 大企業では、専門的な知識を持つ産業医や外部カウンセラーと連携してメンタルヘルスケアの体制が整備されているケースがあります。 しかし、中小企業では資金面などの理由から、メンタルヘルスケアの体制づくりが難しい場合があるでしょう。 社内が一体となってメンタルヘルスケアに取り組む体制づくり 産業医や外部カウンセラーに依頼することが難しい場合は、まず管理職クラスの社員がカウンセリングに関する研修を受講したり、関連資格を取得したりすることで、メンタルヘルスケアに対する社内の認識を深めていくことが大切です。 しかし、管理職クラスの社員が日々の業務に追われながらメンタルヘルスケアの知識を習得するのは、現実的に難しいかもしれません。 そのため、経営層や人事部などが主導し、社内が一体となって研修に取り組んでいける体制を整えることも必要です。 eラーニングを活用して効果的なメンタルヘルスケア研修を メンタルヘルスケアの研修には、eラーニングの活用が効果的です。 eラーニングであれば忙しい社員でも効率よく学習できるほか、より自社に合った内容の研修ができます。 また、知識の社内共有も容易です。 そして、社内全体の取り組みとすることで、社員の意識改革にもつながるでしょう。 自社の業務やサービスに即した内製コンテンツで人材育成の効果を最大化する「Cloud Campus(企業向け)」については、をご覧ください。 教材はからお選びいただくこともできます。 社員にはセルフケアに関する教育と復職支援を メンタルの不調を訴える社員には、セルフケアの方法を学んでもらいます。 その際も、eラーニングを活用するといいでしょう。 セラピープログラムで回復を目指す メンタルヘルスのセルフケアにはさまざまな方法があり、うつなどに対する専門的な治療法をアレンジしたセラピープログラムが多数開発されています。 このようなプログラムでは、精神医学や心理学について学ぶだけでなく、自分の心の状態や問題点を段階的に記録し見つめ直すことで回復を目指します。 eラーニングのコンテンツとして取り入れることを検討してもいいかもしれません。 復職支援にeラーニングを活用 メンタル回復のために休業が必要になった社員には、その間のスキルや知識を補うために復職支援を提供しましょう。 復帰したくても仕事についていけないのではないかという、当事者の不安を取り除くことができます。 提供方法は、自宅でも利用できるeラーニングが有効です。 おすすめ記事•

次の