チクシュルーブ クレーター。 チクシュルーブ・クレーターとは

地球の大規模クレーター10選

チクシュルーブ クレーター

白亜紀末の大量絶滅K-T境界の痕跡が見つかるのはシバ・クレーターを作った小惑星の軌道上に多い。 小惑星はカリブ海に衝突し地中海の地下を通って恐らくはインド洋にある東経90度海嶺のホットスポットから地上に飛び出した。 小惑星によって空けられた穴からマグマが噴出してホットスポットになったのです。 北極海にもシバクレーター・によってできたと思われる跡がプレート上に刻まれている。 ただこれはプレートの移動によって南に流れてきた物であり、実際に小惑星が衝突したのはもっと北側だ。 当時はインドとオーストラリアがくっついていて、小惑星が地下から地上に突き抜けた事によってヒマラヤ山脈や エベレストができた。 大陸地殻は厚さが30km以上ある。 その地殻を突き破ったのだから。 5000メートル級の山脈がクレーターとして残っても不思議ではない。 シバ・クレーター形成時には 地殻津波によって 高さ3000メートルを超える津波が発生しただろう。 雲よりも高い大津波が世界中を襲い、生物の大量絶滅「K-T境界」が始まった。 シバ・クレーターができる前までオーストラリア・インド・南極・アメリカ大陸は数珠状に繋がっていた。 2億5000万年前ペルム紀末に南極に衝突した小惑星によって、パンゲア大陸はバナナの皮を剥いた様にアフリカを中心として南極ーアメリカ大陸とオーストラリア・インドに引き裂かれた。 だがこの時点では。 カリブ海に落ちた小惑星がパンゲア大陸の地下を横断した為に、超大陸が分断されてしまったのです。 インドはオーストラリアにくっついていたが、インドはアラビア半島と続いていて、アフリカと地続きだった。 小惑星によってアフリカとヨーロッパが分断され、インドとアラビア・プレートも分離し、ヨーロッパとアフリカの間にアラビア半島が挟まった。 インドネシアやパプアニューギニアも元々はが、オーストラリア北東にシバ・クレーターができた為に衝撃波ではじき飛ばされてインドネシアなどの大部分が海に沈んだ。 小惑星が地下を貫通した事によって小惑星の軌道周辺のマントルの密度が下がり、マントルの空白域に吸い寄せられてシバ・クレーターと共にインドが北上してユーラシアに衝突したのでしょう。 【関連】 この衝突は、海を沸騰させ、空を赤く焦がし、30分にわたって地球全体に地震を起こしたという。 衝突のエネルギーで高さ数千メートルの津波が海洋全体に広がったと見られる。 さらに初期地球の構造プレートを恒久的に変化させ、その結果われわれが知る現在のプレートになった可能性もある 2016年2月22日 by 箱男• 0 コメント コメントの返信.

次の

地球の大規模クレーター10選

チクシュルーブ クレーター

重力分布データによる隕石跡。 なお、白点はの分布を示す。 チクシュルーブ・クレーター(またはチュチュラブ・クレーター、チチュルブ・クレーター、: Chicxulub crater)は、の北部にある約6604万年前の衝突跡()。 名称は中心付近の地名に由来し、で「悪魔の尻尾」という意味がある。 地磁気異常、、およびの分布によって確認される。 これらはいずれもきれいなを描いており、この円の中心が衝突地点とされる。 直径は約160km。 既知の地球上のクレーター(隕石衝突跡)では三番目の規模であり(、に次ぐ。 これらを総称し3大隕石衝突、3大インパクトとも)、(5億4200万年以降)に形成されたことが確認されるものとしては最大級である。 この衝突が、を含む大型をはじめとする多くの生物がした末の()の、もっとも有力な原因と考えられている。 発見 [ ] 、がにおいて、末、約6550万年前のでK-Pg境界を発見。 は世界各地でその後発見されるが、この地層を境に恐竜を始めとして発見されるの種類が激変することが分かった。 また、K-Pg境界では多量のが含まれ、小惑星の衝突によってができたという説が浮上した。 この説が登場すると衝突跡を探す研究者が増えた。 初頭にの大学院生であった アラン・ラッセル・ヒルデブランド(Alan Russell Hildebrand、1955年 - 、2013年2月現在)がの山地で、K-T層に含まれ惑星衝突時の巨大津波で運ばれたと推定できる岩石を発見する。 これらの岩石は特にカリブ沿岸に集中していた。 ヒルデブランドと彼の教官のボイントンは研究成果を出版する。 しかしカリブ海には肝心のクレーターを発見することはできなかった。 この話に興味を持ったの記者カルロス・ビヤーズはヒルデブランドに連絡をとり、にグレン・ペンフィールドがユカタン半島で発見したクレーターがK-T層を形成したときに出来た小惑星の衝突跡ではないかという話をした。 1978年当時、ペンフィールドはメキシコ国営石油で発見のための調査を行っていた。 ペンフィールドは磁気データが綺麗な弧を描いていることに気付いた。 そこで彼は、ユカタン半島付近の重力分布データを地図に起こした。 するとチクシュルーブ の村を中心として円を描いていることに気付く。 このことを発表するが大きな関心事になることは無かった。 ペンフィールドは諦めずにいた。 彼はから続いていた付近のメキシコ国営石油の採掘井戸の1,300m付近からイリジウムを含むがでることを知っており、これがクレーター跡の証拠と考えていた。 しかし同様の岩石はでも作られることが知られており、小惑星衝突の証拠として長い間否定的に見られていた。 ヒルデブランドは、ペンフィールドとコンタクトを取り、油田から出た岩石とヒルデブランドの発見した岩石と比較を行い、サンプルはほぼ小惑星の衝突で出来た物と推定された。 参考文献 [ ]• 毎日新聞. 2010年3月5日. の2010年3月12日時点におけるアーカイブ。 2010年3月11日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• AFPBBニュース 2010-03-05 2010年6月15日閲覧。 - Earth Impact Database.

次の

チクシュルーブ・クレーターとは

チクシュルーブ クレーター

ユカタン半島にあるチクシュルーブ・クレーターのイラスト。 Illustration by Detlev van Ravenswaay, Science Source 小惑星「2012 DA14」は、2013年2月15日(日本時間16日)に地球近傍を通過する。 衝突の恐れはないものの、観測史上最も地球に接近した小惑星となる。 ただし、地球はいつも小惑星の衝突を免れているわけではない。 地球の各地に見られるクレーターは、小惑星の衝突の痕跡を今に伝えている。 形成から数千万年、場合によっては数十億年も経過して地形の侵食が進んでいるので、衝突した天体の正確な大きさを測ることは難しい。 とはいえ、世界最大級のクレーターについては学界の見解はおおむね一致しており、それらを形成した小惑星の衝突は史上最大級の規模だったということになる。 以下に、現在確認されているクレーターのうち特に規模の大きいもの10個を、古い順に紹介しよう。 【 1. フレデフォート・クレーター 】 南アフリカ共和国、フリーステイト州。 推定20億年前 フレデフォート・ドームとも呼ばれる。 生成直後の直径は約300キロとする説もあり、確認できている限りで世界最大の衝突構造である。 2005年にユネスコの世界遺産にも登録された。 【 2. サドベリー盆地 】 カナダ、オンタリオ州。 推定18億年前 クレーターの生成当時の直径は推定130キロで、地球上で最大級の衝突構造の1つと目されている。 18億年以上前にできたものと見られ、特に古い衝突構造の1つでもある。 【 3. アクラマン・クレーター 】 オーストラリア、南オーストラリア州。 推定5億8000年前 現在ではこのクレーターの一部はアクラマン湖となっている。 衝突構造の直径は約90キロと試算されている。 【 4. ウッドリー・クレーター 】 オーストラリア、西オーストラリア州。 推定3億6400年前 このクレーターは地表に露出していないことから、その実際の大きさについては見解が分かれており、直径40キロとする説から120キロとする説まである。 【 5. マニクアガン・クレーター 】 カナダ、ケベック州。 推定2億1500万年前 このクレーターは現在ではマニクアガン湖となっている。 浸食は進んでいるものの、世界最大級かつきわめて保存状態の良いクレーターの1つと目されている。 直径は推定で約100キロ。 【 6. モロクェン・クレーター 】 南アフリカ共和国、ノースウエスト州。 推定1億4500年前 南アフリカ共和国のカラハリ砂漠の近くに位置する。 クレーターを形成した隕石が化石化して残っているのが特徴。 【 7. カラ・クレーター 】 ロシア、ネネツ自治管区。 推定7030万年前 カラ・クレーターは現在は浸食が進んでおり、地表には露出していない。 一部の研究者はこの衝突構造を、2つのクレーターが連なったものと見ており、一方をカラ・クレーター、他方をウストカラ・クレーターと呼び分けている。 【 8. チクシュルーブ・クレーター 】 メキシコ、ユカタン半島。 推定6500万年前 メキシコのユカタン半島にあるこのクレーターを形成した隕石が、恐竜絶滅の直接または間接の原因になったと考える研究者は多い。 生成当時の直径は170キロとするものから、なんと300キロとする説まである。 もし後者の説が正しければ、このクレーターが地球上で最大となる可能性もある。 【 9. ポピガイ・クレーター 】 ロシア、シベリア。 推定3570万年前 ロシアでは多くの専門家が、このクレーターは数兆カラット相当のダイヤモンドを埋蔵する世界有数のダイヤモンド鉱山だと考えている。 これらは「衝突ダイヤモンド」と呼ばれる。 【 10. チェサピーク湾クレーター 】 アメリカ、バージニア州。 推定3500万年前 1980年代初頭に発見されたチェサピーク湾クレーターは、ワシントンD. から約201キロの地点に位置する。 一部ではこのクレーターの直径は約85キロと試算されている。 Illustration by Detlev van Ravenswaay, Science Source 文=Brett Line.

次の