ボックス フレッシュ エラー。 BoxFreshで通信エラーが発生!詳細と対処法を徹底解説

BoxFresh(ボックスフレッシュ)がダウンロードできない原因は?

ボックス フレッシュ エラー

BoxFresh ボックスフレッシュ の質問回答方法 BoxFreshでは、アプリを起動したときやブラウザを開くとすぐに質問に答えることができます。 自身の答えたい質問の下にある 「回答する」をタップしてください。 質問が大きく表示され、その下に回答欄があります。 回答を記入し 「回答する」をタップします。 『回答がTwitterに投稿されました』と表示されれば、回答は完了です。 BoxFreshで質問する方法や質問をブロックする方法などは下記記事で紹介しています。 回答出来ない場合の対処法 BoxFreshでは回答しているつもりが、回答がTwitterに反映されないことなどがあります。 回答が出来ない時は、下記の対処法を参考にして、もう一度回答してみてください。 通信エラーの対処法は下記記事で紹介していますので、参考にしてください。 絵文字を使わない ブラウザのみ ブラウザ版のBoxFreshでは、質問の回答に絵文字を使うことはできません。 テキストと絵文字で回答を記入すれば、テキストだけが反映されます。 絵文字だけでの回答はブラウザ版では出来ないので、アプリをダウンロードしてください。 おすすめのダウンロードするタイミングなどは下記記事で紹介していますので、是非ご覧ください。 再度ログインを行う ブラウザ版 BoxFreshは一定時間操作を行わないとタイムアウトになります。 タイムアウトになると回答がエラーとなってはじかれてしまいます。 90文字を超えている BoxFreshの回答欄の上限は 90文字です。 90文字を超える回答は、自動的に削除され90文字の文章として、Twitterに投稿されます。 回答した文章が途中で途切れてしまう問題が発生した時は文字数制限を超えているといえるでしょう。 ログインは1つのアカウントにする アプリ BoxFreshのアプリに、2つ以上のTwitterアカウントでログインするとエラーが発生します。 アプリをひらき、 右下のマイページをタップします。 右上の 歯車マーク「設定」をタップしてください。 その他の下に薄く 「ログアウト」が表示されているので、タップしてください。 そして、ログアウト後にBoxFreshを再インストールして下さい。

次の

BoxFresh(ボックスフレッシュ)の質問回答方法と回答出来ない場合の対処法

ボックス フレッシュ エラー

通信エラーの症状 BoxFreshで発生している通信エラーは 「アプリが先に進まなくなる」「エラーが発生した旨のポップアップが表示される」等の一般的なものと同じです。 アプリにログインした瞬間に発生することもありますし、質問しようとするとエラーが表示されて先に進めなくなるケースもあります。 Twitter等の反応を見るにそこまで頻繁に発生しているわけではありませんが、最近では新型コロナの暇つぶしを求めたことが原因で質問箱そのものの需要が増えているので、エラーが発生する可能性も高くなっています。 質問回答も他ユーザーへの質問もできない まず、アプリに入れない症状も発生していることから、 アプリを使って自分に届けられた質問をチェックすることも回答することもできません。 大抵の場合はTwitterやインスタに貼られているリンクから他のユーザーへなんらかの質問をすることになりますが、リンクをクリック・タップしても先に進まずエラーが発生する可能性もあります。 質問に答えることも質問することもできない状態だと考えてください。 原因として考えられるもの BoxFresh運営は、通信エラーが発生する原因として2つ紹介しています。 まず、他のアプリで通信エラーが発生する条件と同じで 「新規登録のユーザーが多数いるせいでアプリが一時的に落ちてしまった」ことが原因の一つです。 BoxFreshのサーバーが大人数のアクセスに耐えることができなかったということで、この問題をユーザーが直接的に解決することはできません。 もうひとつは、 Twitterの名前が特殊なフォントのせいでBoxFreshに対応できずにエラーが起こってしまいます。 各種絵文字• 筆記体• 丸文字• ほにゃ文字• ブラックレター など BoxFreshの通信エラー対処法 公式Twitterで質問箱を設置していますが、その質問箱でなんらかのエラーが起きた場合の解決策を紹介する傾向があります。 自分の目でチェックすることも可能ですし、あらかじめ対処法を覚えておいてエラーが起こったら対処するのも効率が良いです。 ログアウト後に再起動 対処法のひとつが、ログアウトしてから再起動するというものでした。 BoxFreshアプリからログアウトする場合は、まずは下バーのマイページアイコン(赤枠部分)をタップして、表示されているマイページ画面からオレンジ枠の設定アイコンをタップします。 上記画面がマイページ画面となります。 一番下に薄く「ログアウト」と表示されているので、これをタップしてまずはログアウトしてください。 その後アプリを強制終了して再起動すれば、再度ログインする画面が開かれます。 BoxFreshをTwitterで使えているということは既に連携は完了しているはずなので、 そのまま「Twitterでログイン」を選択してください。 アカウント連携画面がスキップされ、そのままログインできます。 再度通信エラーが発生するかを見極めながら使ってください。 Twitterの名前を変える Twitterの名前が原因だと運営が説明しているので、 セーフかアウトかわからないような名前の場合はまずは名前を変えてみてください。 名前の中に絵文字が入っていると「環境に適していない」とBoxFreshが判断してアプリでエラーが起こりやすくなります。 他にも、特殊フォント等を使っているとエラーが出ることがあるので、フォントも通常通りの表示に戻した上でBoxFreshを使ってみてください。 ブラウザ版を試す アプリに入れなった場合でもブラウザ版ならアクセスできる可能性もあります。 Twitterをブラウザ版(PC等)からログインして、 その後にBoxFreshに記載されている自分のURLにアクセスすれば、ブラウザ版BoxFreshにアクセスできます。 ここでエラーが起きない場合は通常通り使える可能性が高いです。 使い方はアプリ版と同じですが、画面がやや大きいせいで慣れないうちは使いづらいかもしれません。 通信環境を確認 自分の端末が原因で通信エラーが発生する場合、一時的にWiFiが切れていたり、エラーが起こった直後に通信制限にかかっている場合もあります。 念のために WiFiやルーター等の通信に関係のあるものを全てチェックして、異常がありそうならこれらの機器を一度切ってみてください。 WiFiを切って試せば元に戻る可能性もありますし、WiFiそのものに不具合が発生していた場合、そのWiFiの問題が解決されれば元通りインターネットに接続できる場合があります。 再インストールする BoxFreshを再インストールすることで、 強制的にログアウトした状態にすることできます。 それだけでなく、アプリが知らぬ間に更新されていた場合はアプリが自動的に更新された状態で新しいアプリをインストールできます。 Twitterから連携を切らない限りはTwitterでログインしている状態が継続されるので、再インストールしたとしても再度同じ情報を入力してログインする必要もありません。

次の

BoxFresh(ボックスフレッシュ)の質問回答方法と回答出来ない場合の対処法

ボックス フレッシュ エラー

通信エラーの症状 BoxFreshで発生している通信エラーは 「アプリが先に進まなくなる」「エラーが発生した旨のポップアップが表示される」等の一般的なものと同じです。 アプリにログインした瞬間に発生することもありますし、質問しようとするとエラーが表示されて先に進めなくなるケースもあります。 Twitter等の反応を見るにそこまで頻繁に発生しているわけではありませんが、最近では新型コロナの暇つぶしを求めたことが原因で質問箱そのものの需要が増えているので、エラーが発生する可能性も高くなっています。 質問回答も他ユーザーへの質問もできない まず、アプリに入れない症状も発生していることから、 アプリを使って自分に届けられた質問をチェックすることも回答することもできません。 大抵の場合はTwitterやインスタに貼られているリンクから他のユーザーへなんらかの質問をすることになりますが、リンクをクリック・タップしても先に進まずエラーが発生する可能性もあります。 質問に答えることも質問することもできない状態だと考えてください。 原因として考えられるもの BoxFresh運営は、通信エラーが発生する原因として2つ紹介しています。 まず、他のアプリで通信エラーが発生する条件と同じで 「新規登録のユーザーが多数いるせいでアプリが一時的に落ちてしまった」ことが原因の一つです。 BoxFreshのサーバーが大人数のアクセスに耐えることができなかったということで、この問題をユーザーが直接的に解決することはできません。 もうひとつは、 Twitterの名前が特殊なフォントのせいでBoxFreshに対応できずにエラーが起こってしまいます。 各種絵文字• 筆記体• 丸文字• ほにゃ文字• ブラックレター など BoxFreshの通信エラー対処法 公式Twitterで質問箱を設置していますが、その質問箱でなんらかのエラーが起きた場合の解決策を紹介する傾向があります。 自分の目でチェックすることも可能ですし、あらかじめ対処法を覚えておいてエラーが起こったら対処するのも効率が良いです。 ログアウト後に再起動 対処法のひとつが、ログアウトしてから再起動するというものでした。 BoxFreshアプリからログアウトする場合は、まずは下バーのマイページアイコン(赤枠部分)をタップして、表示されているマイページ画面からオレンジ枠の設定アイコンをタップします。 上記画面がマイページ画面となります。 一番下に薄く「ログアウト」と表示されているので、これをタップしてまずはログアウトしてください。 その後アプリを強制終了して再起動すれば、再度ログインする画面が開かれます。 BoxFreshをTwitterで使えているということは既に連携は完了しているはずなので、 そのまま「Twitterでログイン」を選択してください。 アカウント連携画面がスキップされ、そのままログインできます。 再度通信エラーが発生するかを見極めながら使ってください。 Twitterの名前を変える Twitterの名前が原因だと運営が説明しているので、 セーフかアウトかわからないような名前の場合はまずは名前を変えてみてください。 名前の中に絵文字が入っていると「環境に適していない」とBoxFreshが判断してアプリでエラーが起こりやすくなります。 他にも、特殊フォント等を使っているとエラーが出ることがあるので、フォントも通常通りの表示に戻した上でBoxFreshを使ってみてください。 ブラウザ版を試す アプリに入れなった場合でもブラウザ版ならアクセスできる可能性もあります。 Twitterをブラウザ版(PC等)からログインして、 その後にBoxFreshに記載されている自分のURLにアクセスすれば、ブラウザ版BoxFreshにアクセスできます。 ここでエラーが起きない場合は通常通り使える可能性が高いです。 使い方はアプリ版と同じですが、画面がやや大きいせいで慣れないうちは使いづらいかもしれません。 通信環境を確認 自分の端末が原因で通信エラーが発生する場合、一時的にWiFiが切れていたり、エラーが起こった直後に通信制限にかかっている場合もあります。 念のために WiFiやルーター等の通信に関係のあるものを全てチェックして、異常がありそうならこれらの機器を一度切ってみてください。 WiFiを切って試せば元に戻る可能性もありますし、WiFiそのものに不具合が発生していた場合、そのWiFiの問題が解決されれば元通りインターネットに接続できる場合があります。 再インストールする BoxFreshを再インストールすることで、 強制的にログアウトした状態にすることできます。 それだけでなく、アプリが知らぬ間に更新されていた場合はアプリが自動的に更新された状態で新しいアプリをインストールできます。 Twitterから連携を切らない限りはTwitterでログインしている状態が継続されるので、再インストールしたとしても再度同じ情報を入力してログインする必要もありません。

次の