パスカル ケース。 命名規則について

パスカル (単位)

パスカル ケース

語源 [ ] 単位名称は、・への貢献との実験で有名なブレーズ・パスカルに因むものである。 定義 [ ] パスカルを、や他のSI組立単位で表すと、以下のようになる。 以外の分野では、1000の倍数の接頭辞を使用することが好まれる。 1気圧程度の圧力ならば、キロパスカル kPa が使用されている。 では1999年10月以降、パスカルへの移行が行われた。 で1933年から1955年まで使用されていたにおける圧力の単位は、1キロパスカルに等しい。 では、内部の造構応力の計測・計算にギガパスカル GPa を使用する。 医療において、 ()はや MRI で非侵襲的に組織の堅さを計測するものであるが、その表示はキロパスカル単位のやで表される。 ・では、パスカルは材料の・・ ()はパスカルの単位で計測される。 工学の用途では、パスカルは小さすぎるので、メガパスカル MPa がよく用いられる。 ヘクトパスカルとミリバール [ ] 詳細は「」を参照 (やなど)では、世界中で長い間にわたってをミリバールで測定していた。 SIが導入された後も、慣習的な圧力の数値がそのまま使われることが希望された。 そのため気象学では、今日ではミリバールと同じ値になる hPa を使用している。 日本においては、からミリバールがヘクトパスカルに置き換えられた。 ただし、とではキロパスカル kPa を使用している。 倍量・分量単位における大文字・小文字の区別 [ ] 単位の記号は、国際的な合意の上で規定されたものであって、大文字・小文字の区別についても厳密に規定されている。 次のような誤表記がしばしば存在する。 メガパスカル(MPa)に対する"mpa"という誤表記。 民間企業の技術資料によく見受けられる。 技術者がで文書を作成する際に、"MPa"と正しく入力しても、使用した日本語変換ソフトのオートコレクト機能によって"Mpa"と誤修正され、それが修正されずに放置されることによる間違いである。 メガパスカル(MPa)とミリパスカル(mPa)の混同。 の使用において、大文字と小文字を厳密に区別する原則の不理解による間違いである。 キロパスカル(kPa)に対する"KPa"、"Kpa"という誤記。 パスカルの場合に限らず、(kg)を"Kg"と誤表記するのと同様に"KPa"と入力し、さらに上の"Mpa"の場合と同様に日本語変換ソフトのオートコレクト機能によって"Kpa"と誤修正され、そのまま修正されずに放置されることによる間違いである。 換算 [ ] 他の単位との換算は以下のようになる。 101325 MPa• 3224 Pa• 39 Pa(体系による)• 高度計規正値の意味で使う場合、水銀柱インチであることは自明のためHgは省略される。 出典 [ ]• 項番22 圧力、項番23 応力• 圧力の欄に「パスカル又はニュートン毎平方メートル バール」と、応力の欄に「パスカル又はニュートン毎平方メートル」と規定されている。 項番22 圧力、項番23 応力• 2007年6月30日, at the. 2007年6月18日, at the. , SI Brochure,• 1954年. 2010年4月5日閲覧。 2016年2月21日閲覧。 Mountain View, CA: The Unicode Consortium 2015年. 2016年2月21日閲覧。 関連項目 [ ]• 力学の単位の3つのアプローチ.

次の

変数/クラス名の命名規則に使われる記法の分類

パスカル ケース

プログラミング言語はスネークケースかキャメルケースのどちらかをとる傾向にあります。 スネークケースはアンダーラインで単語を区切り、キャメルケースは単語と単語をそのままつなげてしまうことが特徴です。 スネークケースは単語と単語の間にくぼみがあるように見え、キャメルケースはドイツ語のようにアルファベットが長く続きます。 キャメルケースは単語を大文字から始めることで、単語と単語の区切りをはっきりさせています。 もしなにもしないと getrandomnumber となって、一目で判断することが難しくなってしまいます。 スネークケース すべての単語を小文字にして、単語と単語はアンダーラインでつなげる。 使用言語• Python• PHP 使われる場面• 関数 キャメルケース 最初の単語を小文字から始めて、それ以外の単語を大文字から始める。 isEmpty• navigationBar isEmpty は Java の String にある関数(メソッド)です。 navigationBar は Swift のプロパティ(変数)です。 Swift などの言語では、変数や関数をキャメルケースで書きます。 クラスや定数などに使うことはほとんどありません。 使用言語• Java• Swift• JavaScript 使われる場面• 関数 パスカルケース すべての単語を大文字から始めて、単語と単語はそのままつなげる。 ArrayList• OrderedDict パスカルケースは一般的に変数や関数に使いません。 スネークケース系の言語もキャメルケース系の言語も、クラスはだいたいパスカルケースで書きます。 ArrayList は Java のクラス、OrderedDict は Python のクラスです。 Java と Python はそれぞれキャメルケース系、スネークケース系を代表する言語ですが、クラスは同じルールで命名されています。 初めてプログラミング言語を学ぶ方は クラス名はパスカルケースで書くことを意識しましょう。 変数や関数をパスカルケースで書かないことが重要です。 アッパーケース すべての単語をすべて大文字にして、単語と単語はアンダーラインでつなげる。 グローバル変数や定数にアッパーケースを使います。 アッパーケースは基本的に「むやみに使ってはいけない命名」で、「その変数が他の変数と明らかに性質が異なること」を明示するときに使います。 Google Java Style Guide では定数をアッパーケースで書くように述べています。 使われる場面• グローバル変数•

次の

命名規則に出てくるキャメルケースなどの種類

パスカル ケース

キャメルケースの例(シンガポールのマクドナルド店舗) キャメルケース(: camel case)は、をひと綴りとして、要素語の最初をで書き表すことをいう。 キャメルケースとは、大文字が「らくだのこぶ」のように見えることからの命名である。 例えば、「camel case」をキャメルケースで書き表すと、「camel Case」(または「Camel Case」)となる。 によれば、 の設計の際、名前付けスタイルの議論を円滑に進めるために作った用語だと言う。 なおこの時、各単語の先頭のみを大文字にするスタイルをパスカルケースとしたのはである。 別名、 バイキャピタライゼーション 、 インターキャプス 、 ミックストケース ともいう。 一部、日本語訳して キャメル記法、 キャメル方式と表現されることもある。 CamelCase において、のとして用いられることがある。 の多くでは、ひとつづりをひとつの識別子として扱うため、ひとつの識別子がを含んでいることはできない。 このため、複合語をひとつのプログラム要素としたいときには「 getinputreader」のように直接連結することが考えられた。 しかし、直接連結してはを欠くため、後続の語の最初を大文字とすることが行われた。 初期のにおいて、キャメルケースを用いた語をとするという方法が用いられていた。 現在では、たとえば が「 [[」と「 ]]」を用いてリンクを表しているように、キャメルケースによるリンクを用いない方法が多く用いられている。 元を正せば、キャメルケースは複合語から成るに多く使われてきた。 McDonald ( マクドナルド ) などは日本語話者にもなじみ深くなったものの内のひとつである。 近年のキャメルケースで、日本語話者が日常生活の中で目にするものには、商品名が多い。 や などがその例である。 チェインケース(ケバブケースとも呼ばれる) Get-Process call-with-current-continuation ( -)を区切記号として単語をつなげる。 脚注 [ ] []• クリストフ・ツヴァリナ、ブラッド・エイブラムス『. NETのクラスライブラリ設計』日経BP、2009年12月28日、32頁。 : bi-capitalization• : intercaps• : mixed-case• : upper camel case• : Pascal case• : lower camel case• ただし、キャメルケースも可読性を損うとして嫌う人も多い。 例えば「 I prefer to use underscores to separate words in an identifier e. 「 Mc」はで息子を意味する語であり、 McDonald はドナルドの息子という意味の複合語である。 言語の。 に含まれるテンプレート。 のコマンド。 言語の組み込み関数。 関連項目 [ ]• - 特定の年代を表記するため、単語の中のローマ数字を大文字にする。

次の