ポケモン go スーパー リーグ パーティ。 【ハイパーリーグ】一番隙のないパーティとは?メジャーポケモン一覧

【ポケモンGO】スーパーリーグおすすめのポケモン!最強はどれ?

ポケモン go スーパー リーグ パーティ

ポケモン 技 解放技 ギラティナを先頭に配置したパーティ あまえるを覚えるフェアリータイプやハガネール以外のポケモンに対して比較的安定して戦えるギラティナを先頭に配置したパーティ。 レジスチルはフェアリー対策 1体目のギラティナが不利なフェアリータイプに対して有利なレジスチルを採用。 また、3体目は相手の控えにいるラグラージやレジスチル対策としてニョロボンを採用している。 相性によって控えと交代 基本の動きは初手のギラティナで有利な状況を作りつつ、苦手なポケモンが来たらそれぞれレジスチルとニョロボンで対応する。 ギラティナとニョロボンはあまえるを覚えるポケモンに弱いため注意が必要。 ギラティナを軸にしたパーティ3 ポケモン 技 解放技 ギラティナを先頭にしたパーティ 初手のギラティナは技の種類と耐久で様々なポケモンと対等に戦うことができる。 ギラティナは ハガネールとあまえるを覚えたポケモンには不利なのでアーマードミュウツーと交代しよう。 レジスチルはフィニッシャー レジスチルはギラティナが苦手なあまえるを覚えたポケモンに強い。 ラスターカノンもきあいだまも等倍以上の相手にはHPの半分は削れることが多いため、フィニッシャーとしての役割が向いている。 アーマードミュウツーも幅広く活躍 アーマードミュウツーも等倍以上の相手にはかなりのダメージを与えられるサイコブレイクを主な技として戦う。 このパーティは様々なポケモンに広く戦える3匹で構成されているため、 何を使えば良いのか迷った時におすすめ。 レジスチルのラスターカノンには注意しよう。 ラグラージは汎用性が高い ラグラージは汎用性が高く、みず・くさ・ドラゴンタイプの相手以外に対しては等倍以上のダメージを与えられるハイドロカノンが強力。 またレジスチルに対しても有利に戦えるのも魅力。 アーマードミュウツーは等倍同士に強い アーマードミュウツーは耐久性能が高く、ゲージ技の種類も豊富なためゲージ技を読まれにくい。 ゴースト技構成のギラティナやあくタイプの相手との相性は良くないが、 等倍同士の場面などで大いに力を発揮するぞ。 ギラティナはレジスチルとの相性がいい 初手のレジスチルが不利なラグラージ、ニョロボン、ほのおタイプなどに有利に戦えるギラティナを2体目に配置。 初手の不利な対面を返すことが主な役割。 技は相手のシールドを剥がすために、ゲージを貯める速度の早いシャドークローを採用している。 メガニウムは汎用性が高い 3体目のメガニウムは幅広く戦えるポケモン。 みずタイプにはもちろん、レジスチルに対して効果抜群のじしんや耐久力の高さが強みとなっている。 弱点を突かれるほのお、かくとう、じめんタイプには不利だが弱点を突かれなければほとんどポケモンに対応可能。 タイプ相性を覚えて ラスターカノンときあいだまどちらを打つか瞬時に判断できるかが重要。 ピクシーはギラティナ対策 対ギラティナ対策がメイン。 はがねタイプとどくタイプ以外には対等以上に戦うことができる。 ゲージの貯まる速度が遅いためシールドを使うタイミングに注意。 ラグラージははがね対策 ピクシーの不利なはがね対策がメイン。 ゲージ技のハイドロカノンとじしんの両方を今ひとつで受けられるポケモンが少なく、有利な状況を作りやすい。 初手のギャラドスはメルメタルなどのはがねタイプとあまえるを覚えるフェアリータイプ以外には対等に戦える。 交代しても不利になりにくい 1体目のギャラドスを交代をしても不利になることが少なく、不利な相手が少ないギャラドスは交代することが少ないため立ち回りが安定する。 レジスチル・ラグラージは相性がいい レジスチルとラグラージは相性補完が良い。 初手のギャラドスで1体目を倒す・シールドを消費させられるため、 残りの2匹で有利なポケモンを当てられる可能性が高く安定して戦える。 解放技はハイドロポンプを採用し、少ないエネルギーで発動できるかみくだと使い分けて発動しよう。 バクフーンはレジスチル対策 レジスチルなどのはがねタイプ対策としてバクフーンを採用。 通常技はひのこではなく、 ゲージを貯める効率のいいシャドークローを採用している。 メガニウムはじしんを覚える メガニウムはみずタイプの対策以外に、じしんを覚えるため、でんきタイプやはがねタイプに対しても有利に戦える。 バクフーンが倒されてた後でもレジスチルに対して攻めることができる。 技構成はギラティナの弱点をつけるドラゴンテール、かみくだくを採用しているぞ。 リザードンはレジスチル対策 ハイパーリーグの環境で使用されるレジスチルなどのはがねタイプに対して強く出れるリザードンを採用。 はがねタイプのメルメタルはいわなだれを覚えるため、リザードンの弱点をつかれる可能性があるので注意しよう。 フシギバナはみずポケモン対策 ハイパーリーグで使われやすいニョロボン・ラグラージ・スイクン・カメックスなど水ポケモンの対策として有効だ。 フシギバナは弱点がほのお・こおり・ひこう・エスパーの4つのため、れいとうビームなどのこおり技に特に気をつけよう。 ニョロボンを軸にしたパーティ ポケモン 技 解放技 ニョロボンを先頭に配置したパーティ 初手のニョロボンはみずタイプだがゲージ技はこおりタイプとかくとうタイプの技を採用。 環境に多いレジスチルにかくとう技、ギラティナにこおり技で効果抜群を取れる。 アローラベトベトンはギラティナ対策 ギラティナ対策がメイン。 また、ニョロボンが苦手なフェアリータイプとくさタイプにも有利に戦える。 そのため ニョロボンと3匹目のジュカインとの相性の補完が良い。 ジュカインはみず対策 アローラベトベトンがラグラージやニョロボンなどのみずタイプに負けてしまうため、そのカバーする役割。 また、アップデートによりタネマシンガンの上方修正が来たため、 以前より早くゲージ技を打てるようになった。 シュバルゴを軸にしたパーティ ポケモン 技 解放技 シュバルゴを先頭に配置したパーティ 先日強化されたドリルライナー、クレセリアやアーマードミュウツーなどのエスパータイプの弱点をつけるメガホーンと優秀な技構成のポケモン。 また、弱点がほのおタイプのみとなっている点も魅力だ。 2匹目にクレセリアを採用 2匹目のクレセリアもくさむすびの習得と、ムーンフォースの強化により、 シーズン2から使用者が増えているポケモン。 また、シュバルゴで出し負けた際の交代先として優秀。 ラグラージははがね対策 クレセリアが苦手なはがねタイプの対策として採用。 高火力で必要なエネルギーの少ないハイドロカノンはもちろん、じしんも等倍以上で当てれば相手の半分以上のHPを削れる高火力技となっている。 ポケモンGOの他の攻略記事.

次の

【ポケモンGO】スーパーリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

ポケモン go スーパー リーグ パーティ

4戦目にして98%獲った。 コメントは控えさせていただきます。 怒 は、ちゃんとエクセレントが安定している。 ポッポで練習しますとコメントが来たけど、今となってはポッポの方がレアだ。 個人的な「安定している」の基準は100球投げたら100球すべて当てられること。 7球のうち1球でも外すようならグレイトスローで全球当てたほうが捕獲期待値は高いので絶対に無理してはいけないし、指の調子の悪い日やボールが多くもらえた時はグレイトに甘んじることもあるだろう。 参考 を1400個から1500個に拡張した。 いつかやるなら今やってしまおう、とはいつも思うのだが、はコインをパス以外のリソースに注ぐチャンスだと思った。 普通に活動しているとアイテムは700~1100個程度にとどまるが、のストック数がひっ迫してくると、結果的に赤ボールが減少してほしのすなの溜まりが鈍くなる。 各種ボーナスやイベント、ほしのかけらの登場によって以前よりも集めやすくはなったものの、ほしのすなは何よりも重要なリソースなので、赤ボールの枯渇には本当に気をつけなけれいばいけない。 最近のにおいて、初戦だけゲリラ的に使用している新パーティ。 ずっと個別のテスト運用は続けていたんだけど、この3匹の組み合わせになってからはメンツが安定した。 000。 ゲリラ的に... というのは、このパーは1匹当たりのパワーが弱く、構成が判明すると対策が簡単なメンツであるため、私がすぐに別パーに変えてしまうから。 最初はアロべトンの下位互換だと思っていたが、むしろ攻守を入れ替えたようなステータスになっていることに気が付いた。 噛みつくのエネルギーの溜まり方が悪いので技2を2発以上打てることは滅多にないが、等倍以上の相手に対してかみつくだけで押していくことが出来る。 誰も使わないけどのパワーは高く、相手にシールドさえ無ければかなり戦える。 で対面しやすいとに勝てるのが大きい。 その反面シールドがあると得意なはずの対面ですら返り討ちになるため、とで相手のシールドを使わせきってから、回転の速いほうでんを連打するのが狙い。 のものも、シールド無しで受けられるものではないため、相手のシールドや心理状態をある程度コンしながらを出すタイミングを選んでいけるのが強み。 スピードスターは一度だけ活躍したことがある。 地面の一貫性が高いパーなので相手に詰みやすく、その相手にスピードスターで逆転した試合があった。 あれだけで50,000出した価値があった。 ややなど、で強ポケと呼ばれるメンバー以外のメンツを組み合わせて、対面の相性を良くして勝つことを目指すのではなく、3匹全体の戦略で戦っていく。 対面の相性だけを目指すと、最終的に初手じゃんけんが1周してきてになる。 だからみんな同じようなメンツになっていく。 そこにやを選べる余地が生まれる。 決して毎回勝てるわけではないけど、勝率5割を保てればは十分楽しいのだ。 freedomtencho.

次の

【ポケモンGO】GOバトルリーグで勝ちやすいパーティを組むコツは? 5つのポイントを抑えれば勝率アップ!

ポケモン go スーパー リーグ パーティ

パーティを決める流れ 1:メインとなるポケモンを決める トレーナーバトルのパーティを作るためにはまずは軸となるポケモンを決めるのが大切。 対戦のパーティに入れて使いたいポケモンを1匹決定しよう。 今回は例としてチルタリスを選択する。 2:メインが苦手なタイプを補う 軸となるポケモンを決めたら、軸のポケモンが苦手なポケモンを倒せるポケモンを選ぼう。 今回例として選んだチルタリスはドラゴンタイプを持ち、フェアリータイプが苦手。 そのため、フェアリータイプの弱点をどく技でつけるアローラベトベトンを選択。 お互いの弱点タイプを補っているとベスト 2匹目のポケモンが持つ弱点タイプを、軸となるポケモンで補えているのが一番ベスト。 今回はアローラベトベトンが苦手とするじめんタイプ技に対して、チルタリスは強いポケモンとなっているためお互いに弱いところを補っている。 3:弱点を突けないタイプを探す 軸となるポケモンと、軸となるポケモンを補うポケモンで弱点をつけないポケモンを3匹目として選択しよう。 今回の場合は、鋼タイプに対して、有効にダメージを与えられる技を2匹とも覚えられないので、はがねタイプに強いじめんタイプで優秀なナマズンを選択。 4:実際のバトルをして試す パーティが完成したら実際のトレーナーバトルで使ってみよう。 苦手なタイプやポケモンが見つかったらパーティに入れているポケモンを変えるなどの調整を行い自分なりのトレーナーバトル用のパーティを作っていこう。 流行りを知るのも大切 3匹で すべてのパーティに勝てるようにするのは難しい。 対策するポケモンが複数いて迷った場合は、よく使われているポケモンを優先して対策を行っていくのがおすすめ。 みんなが使っているポケモンや技などをよく覚えておこう。

次の