超 鹿島。 <佐賀大雨>鹿島・太良で浸水150棟超 豪雨被害2市町まとめ(佐賀新聞)

鹿島建設株式会社

超 鹿島

阪神高速道路と鹿島建設は、2011年より共同で開発を進めていた「超高強度繊維補強コンクリート(UFC)道路橋床版」を阪神高速道路15号堺線の玉出入路リニューアル工事へ試験的に適用し、2018年11月12日に供用を開始した。 現在、高度成長期に建設された高速道路橋では、供用年数の経過とともに、老朽化した鉄筋コンクリート(RC)床版を取り換えるリニューアル工事が順次進められている。 リニューアル工事では、車両の大型化に伴い改訂された現行基準に従うと、重荷重に耐えられる耐久性の高い床版に取り換えなければならない。 しかし、標準的な取替え用床版を使用した場合は、既設RC床版の厚さ180mm(ミリ)に対し、現行基準に従うと250mmもの厚さが求められ、既設床版より厚く重い構造となるため、床版を支える鋼桁、橋脚、基礎構造に、補強が不可欠となる。 スパン中央部でのPC鋼材挿入および緊張状況 出典:鹿島建設 実際に適用したリニューアル工事(工期:2017年12月〜2019年1月)では、高速道路本線と側道とに挟まれた斜路での現場となったため、狭いヤード内での作業を効率化する目的で、橋軸方向に移動するコンパクトな「専用架設機」を開発して適用した。 床版の荷受け、運搬、据付けにクレーンを用いる一般的な作業方法と比べ、クレーンの旋回による本線通行車両の規制などが不要となり、高い効率に加えて安全な床版架設が実現した。 鹿島建設では今後、今回適用した平板型だけでなく、部材厚を最小化し床版の重量を鋼床版とほぼ同等まで軽量化したワッフル型も併せて、普及展開を図っていくとしている。 関連記事• 東京都新宿区にある超高層ビル「新宿三井ビルディング」。 同ビルに鹿島建設が導入した新型の免震システムが、2016年11月に発生した福島県沖を震源とする地震において、制震効果を発揮した。 「巨大な振り子」のような構造の免震システムで、建物の揺れの振幅の最大値を約30%軽減できたという。 鹿島建設は北海道小樽市で施工中の海底シールドトンネル工事に、CIMを導入した。 シールドマシンの位置や、土質、土かぶりといった掘削地盤の情報を視覚的にリアルタイムに把握できるようにし、高精度な施工管理が可能になり、高い品質と施工の安全性を確保できるという。 鹿島が手掛けた東京都港区の超高層複合ビル「赤坂Kタワー」が、東京都の温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」の第二計画期間で、「トップレベル事業所」に認定された。 CO2排出量40%削減を目指したビルで、空調や熱源、照明の制御システムなどを導入し、省エネを図った。 鹿島建設は北海道小樽市で施工中の海底シールドトンネル工事に、CIMを導入した。 シールドマシンの位置や、土質、土かぶりといった掘削地盤の情報を視覚的にリアルタイムに把握できるようにし、高精度な施工管理が可能になり、高い品質と施工の安全性を確保できるという。

次の

鹿島が“投げ銭”配信イベント、1万円超の提供者も

超 鹿島

J1鹿島は16日、ホームタウンの一つである茨城県鹿嶋市と協力して「鹿島アントラーズクラウドファンディングプロジェクト」を開始すると発表した。 期間は7月31日までで、目標金額は1億円。 寄付金は鹿嶋市のふるさと納税の対象となり、返礼品も用意されている。 鹿島の小泉社長は「今後もクラブの置かれている状況は非常に厳しい。 一人でも多くの方々のご賛同、ご支援を願いたい」と寄付を呼び掛けた。 新型コロナウイルスの影響で公式戦が中断し大幅な減収が見込まれる中、新たな収益確保は急務。 その切り札として、Jリーグで鹿島が初めて打ち出したプランが、寄付者が税制上の優遇も受けられる「ふるさと納税」だった。 リーグの調査では鹿島のホームゲーム来場者の約半数は首都圏など県外サポーターで、制度を最大限生かすことができそうだ。 募集は1口1万円からで、寄付額に応じた返礼品も用意されている。 中でも目を引くのが、最高額となる1000万円の超豪華プラン。 カシマスタジアムと都内または横浜間をヘリコプターで往復し、試合を観戦できる超VIPな内容だ。 オンライン取材に応じたFW上田は「見てくれている人にいいパフォーマンスを届けるのは義務。 それをいいなと感じてくれたら寄付してもらえるような、選手とサポーターの関係ができたら」と期待を寄せた。 昨夏にフリーマーケットアプリ大手メルカリが経営権を取得して以降、数々のデジタル戦略を講じてきた鹿島が、強みを生かして難局を乗り切ろうとしている。 控除上限額内で寄付をすると、合計寄付金額から2000円を引いた額については所得税の還付、住民税の控除が受けられる。 自治体が地場の特産品を返礼品として提供しており、近年関心が高まっている。 鹿島や清水、浦和や広島などが練習試合で実施し、リーグ戦で本格導入する方針。 大分なども同様の企画を実施。 C大阪は応援バナー掲出権に豪華特典を付けて30万円で限定販売。 返礼品はグッズや選手との交流など。

次の

<佐賀大雨>鹿島・太良で浸水150棟超 豪雨被害2市町まとめ(佐賀新聞)

超 鹿島

スポンサードリンク 開幕戦の直後から新型コロナウイルスによる中断が始まり、実に3ヶ月ぶりの再開となったJリーグ。 川崎は4-3-3、鹿島はいつもの4-4-2のフォーメーション。 川崎はいきなりバルサのような素早いタッチのパス回しで鹿島を翻弄、いきなり前半2分にクロスから谷口が決めるが明らかにオフサイド。 過密日程をこなすためにVARは実施されていないが、初っ端から悪影響が出てしまった。 その後は鹿島が盛り返す。 FWがサイドに流れて基点を作り、SBの攻撃参加でサイドを突く形が機能するが、いまいちコンビネーションが合わずギクシャクした攻撃に終始。 逆に川崎は、飲水タイムが明けた直後、右サイドの家長からピンポイントのクロス、内田がかぶったところを長谷川がワントラップから見事に決めて2点目。 チャンピオンズリーグで活躍していたシャルケ時代を知る者にとっては、内田のおぼつかない足取り、全速で走れない衰えた姿は悲しいものがあるよなあ・・・ しかし鹿島にラッキーな追撃点。 31分にCKからニアに入ったレアンドロ・ダミアンが頭で触ってゴールが決まる。 その直後もニアゾーンから飛び出した土居が惜しい場面を作る。 後半も川崎がまず試合のペースを握るが、攻撃時にインサイドハーフやSBが上がりまくるし、両ウイングはさほど守備意識が高いわけじゃないので、鹿島がカウンターを仕掛ける場面も少なくない。 内田はエヴェラウドに良いクロスを出した後で交代。 川崎も前線の選手を入れ替えてプレスの維持を図る。 後半40分、ダミアンが倒れている間に鹿島が攻め込み、クロスに染野がダイレクトで合わせたがクロスバーの下に当たって数cmの差でノーゴール。 その後は鹿島がパワープレイでクロスを放り込むが、最後まで川崎の守備は崩せず試合終了。 川崎は、アンカーが田中碧、インサイドハーフが大島と脇坂、両ウイングはボールサイドだけ守備に戻るという超攻撃的サッカーで楽しいんだけど、後半のようにメンバーが落ちると機能せず、守りも組織的ではないのでバタバタになってしまう。 そこを今後どう修正するかが鍵かな。 鹿島は負けたとはいえ1点目は誤審だし、前半にやってたサッカーは決して悪くなかった。 現状は2試合で最下位だけど、選手のコンディションが揃って来たら順位も浮上して来るのではないだろうか。

次の