ご 留意 ください。 留意 /文例・敬語の使い方・意味

「ご留意ください」は上司に失礼?読み方、意味、使い方、英語表現も紹介

ご 留意 ください

「お体に気をつけて」の意味と使い方 相手の健康、体調を気遣う言葉 普段の生活において、夏の暑い時期や冬場の寒い時期などの挨拶には「体に気をつけてね」という気持ちを込めて、「お体に気をつけて(付けて)」という言葉を使いますよね。 ビジネスシーンにおいても、相手の体や体調を気遣う意味を込めて挨拶などの中で使います。 意味としては読んで字の如く「体に気をつけて欲しい」「健康でいて欲しい」という相手を気遣う、健康を祈る気持ちを表す意味となります。 「お体に気をつけて」の使い方 実際の使い方としては、年賀状やメール、手紙などの文末の締めの挨拶の中で、「まだまだ寒い日が続きます、お体に気をつけてお過ごしください」と使ったり、退職や転職をする方へのお別れの挨拶において「これからもお体に気をつけて、益々元気にご活躍ください」などといったように、「お体に気をつけて(付けて)」の前後に、「何故」体に気をつけるのか、体に気をつけて「どうする」のかなどの言葉を付けて、相手の健康や、体調を気遣う文章にして使います。 「体」と「身体」の違い 「体」は肉体を指す言葉として、「身体」は心を含めた身体全体の事を指します。 辞書では「体」は「頭から足までの全体。 身体」とあり、「身体」は「体」とあるので、意味としては同じになります。 そのためどちらを使っても問題はありませんが、一般的には常用漢字とされている「体」を使います。 「体調に気をつけて」との違い 「体」と「体調」の違いとしては、「体」は肉体を指し、「体調」は体の調子を指します。 一般的には年賀状やメール、挨拶などでは純粋に「体に気をつけて欲しい」という意味で「体」を使います。 一方、体調を崩している方へのお見舞いのメールや、お手紙、挨拶などには「体調」を使って、体の調子を心配する気持ちを表現する場合もあります。 「お体に気をつけて」を使う場面 年賀状やメール、手紙など 「お体に気をつけて(付けて)」を使う場面としては、年賀状で使用する際には、「お体に気をつけて、良い年をお過ごしください」というように、文末での締めの挨拶として使います。 同様にメールや手紙でも同様に締めの挨拶で使いますが、冬場に出す手紙などの場合は、「まだまだ寒い日が続きます、どうぞお体に気をつけてお過ごしください」というように表現します。 このように気候による体調の変化を気遣う文章は、一年を通して使えるフレーズですので、覚えておくと便利です。 退職や転職をする方への挨拶 口頭で使う場面としては、退職や転職などで現在の場所を離れる方へのお別れの挨拶の際、「これからもお体に気をつけてお過ごしください」というように、相手の体を気遣いながらエールを送る意味で使います。 「お体に気をつけて」の敬語表現 「お体に気をつけて」は敬語として使えるのか 「お体に気をつけて(付けて)」は「体に気をつけてね」という相手を気遣う気持ちを表した文章を「お体」と表現することにより、敬語表現にしたものです。 そのため目上の人に使っても失礼のない言葉と言えます。 目上の人に使う時 実際に目上の人に使う場合は、「どうぞ」や「くれぐれも」などを付けて、より気持ちを具体的に伝えるようにしましょう。 「どうぞお体に気をつけてお過ごしください」、「くれぐれもお体にお気をつけください」というように表現して使います。 年賀状やメール、手紙などで使う時 年賀状で使う場合は、文末での締めの挨拶に使います。 「今年もお体に気をつけて、お仕事に邁進されてください」や「今年もお体に気をつけて、健やかにお過ごしください」というように、今年一年健やかに過ごす事をお祈りする文章として使います。 メールや手紙などでも、文末の挨拶として使う事ができます。 「それではお体に気をつけてお過ごしくださいませ」や「くれぐれもお体に気をつけて、健康にお過ごしください」のように、前後に気持ちを明確にする言葉を付けて使います。 「お体に気をつけて」の類語 年賀状やメール、手紙で使える類語 年賀状やメール、手紙で使える「お体に気をつけて(付けて)」の類語としては、相手の体や体調に対する気遣いを込めて、健康を祈る意味の類語となります。 皆様のご健勝をお祈り申し上げます• ご自愛ください• 健康に留意してお過ごしください• お体大切にお過ごしください• お元気にお過ごしください 口頭で使える類語 口頭で「体に気をつけて欲しい」旨を伝える場合は、退院したばかりの人や、ご年配の方を気遣う意味でお声を掛ける際にも使う事ができます。 そのため「お大事にしてください」という言葉の類語にもなります。 お大事になさってください• ますますお元気でお過ごしください• 健康にご留意ください• 体調にはお気をつけください• どうぞお大事にお過ごしください 「お体に気をつけて」を使った例文 年賀状やメール、手紙で使える例文 年賀状やメール、手紙で使える例文としては、相手を気遣う気持ちを表す言葉を前後に付けて、より明確な気持ちを具体的に表現して使います。 今年もどうかお体に気をつけて、良い一年をお過ごしください• くれぐれもお体に気をつけて元気にお過ごしください• 充分にお体に気をつけて、健康にお過ごしください• どうぞ皆様お体に気をつけて、健やかな毎日をお過ごしください• 何卒お体にお気をつけください 口頭で使える例文 口頭で使う場合は、言い方に気をつけて熱意を込めてストレートに表現すると、目上の人にも使える文章になります。 但し、気軽に声をかけることの出来ない目上の方や、重要な取引先の方に対しての挨拶としてはこの限りではありませんので注意が必要です。 お体に気をつけてお過ごしくださいね• くれぐれもお体にお気をつけください• 充分にお体に気をつけてください• 皆さんお体に気をつけて毎日を元気に過ごしてください• お体に気をつけて、風邪などひかないように過ごしてくださいね まとめ 相手の健康や体調を気遣う「お体に気をつけて(付けて)」の意味や使い方、類語や例文を見てまいりました。 相手を気遣うという意味で、前後に付ける言葉に留意して使えば、目上の人にも使える言葉です。 年賀状やメール、手紙だけでなく、口頭で使う場合にも色々な言い方で表現できる事もわかりました。 ビジネスシーンにおいては、取引先への年賀状や暑中見舞い、メールや書面でのやり取りで多く使われている言葉です。 また退職や転職をされる方へのお別れの挨拶でも使う機会の多い言葉です。 ビジネスマンとしても人間としても、相手を気遣うための表現方法は多く持っている事に越した事はないですよね。 相手の健康や体調を気遣い、更に活躍して欲しいという願いを込めて「お体に気をつけて(付けて)」という言葉が、自然と心から溢れ出てくる人間になりたいものです。

次の

間違いも多い「留意点」「注意点」の意味の違いと使い分け方・例文

ご 留意 ください

ご留意の意味とは? ご留意の読み方は「ごりゅうい」 ご留意は「ごりゅうい」という読み方をします。 ご留意の留は訓読みでは「とめる」「とまる」という読み方をします。 「りゅう」は音読みです。 ご留意の意は訓読みで「こころ」「おもう」という読み方をします。 「い」は音読みです。 ふたつの言葉を音読みで読む組み合わせの漢字です。 留は音読みで「りゅう」の他に「る」とも読むことができますので「ごるい」と間違った読み方をしないように注意して下さい。 ご留意の意味とは「心に留めてください」 ご留意の意味とは「心に留めてください」という意味です。 ご留意の留には「立ち去ることなくその場にとどまる」「とめる」という意味があります。 ご留意の意には「心で考えていること」「あれこれと思う心の動きや気持ち」という意味があります。 そのことから留意は「心に留めること」という意味になります。 留意に相手を敬う気持ちを表す接頭語の「ご」をつけることで敬語表現となります。 ご留意は心に留めてほしい事柄がある相手に対して使う丁寧な表現の言葉です。 ご留意の意味とは「意識して気を付けてほしい点を示す」 ご留意の意味とは「意識して気を付けてほしい点を示す」という意味もあります。 ご留意は物事などに対して注意して欲しい意識をして忘れないようにして欲しいという気持ちがあります。 心に留めてほしい点を相手に言葉で伝え示すことを表わしています。 ご留意は留意という言葉を丁寧にして敬語表現に言い換えている言葉です。 留意はどのよう使い方をする言葉なのでしょう。 下の記事で留意の意味と使い方を紹介しています。 留意という言葉をより詳しく知るための参考にしてください。 ご留意くださいの敬語2つ目は「ご留意くださいますよう」という敬語があります。 「ご留意くださいますよう」はご留意くださいを更に丁寧にした敬語です。 くださいますようの後に「お願いいたします」などをつけることで自分がへりくだって相手にお願いする意味の言葉として使うことができます。 ご留意いただければ幸いですで使われる幸いですは「そうしてもらえると嬉しいです」「そうしてくれるとありがたいです」「そうしていただくと助かります」という意味で使う言葉です。 「~してください」という気持ちはありながらもビジネスシーンやかしこまった席でへりくだって表現が必要な場面で使えます。 ただし選択権は相手にある言葉ですので必ずして欲しい事柄には使わない方がよいです。 日頃から無理をしがちな相手に対して健康状態を気遣う言葉として「体調を崩さないように気を付けて過ごしてください」という意味で使うことができます。 「体調と健康にご留意してください」を使った例文• ・くれぐれも無理をなさらずに、体調と健康にご留意してください。 「病気にかからず元気な状態を保つことに意識して」という意味で使うことができます。 ご留意の後に「~ほど」をつけることで言葉を断定せずに相手にやんわりと伝える表現になります。 ご留意のほどは「意識して気を付けてほしい」と相手にお願いをするときに使う言葉です。 そのため文章にする時は「ご留意のほど」の後に「お願い申し上げます」や「お願いいたします」をつけることで相手に対してこちらの丁寧さがより強く伝わる文章になります。 「健康にご留意のほど」を使った例文• ・くれぐれも健康にはご留意のほどお願い申し上げます。 「変更点があることを特に意識して忘れずに心に留めてくれるよう」という意味で使うことができます。 決して忘れてはいけない事柄がある場合に、相手に念を押す意味で使える言葉です。 「十分ご留意くださいますよう」を使った例文• ・昨日お伝えした変更点に十分ご留意くださいますようお願いいたします。 ご留意は相手の健康や体調を気遣い使うことが比較的多い言葉です。 また「お祈り申し上げます」は相手の健康を願う文章の締めくくりとしてよく使われます。 同じように相手の健康や体調を気遣い願う意味のある言葉を結び合わせて「意識して気を付けることで良い状態が続くこと祈っています」という意味で使うことができます。 「ご留意くださいますようお祈り申し上げます」を使った例文• ・寒さ厳しい折、体調を崩さぬようご留意くださいますようお祈り申し上げます。 この文章は、こちらの要望やお願いに相手が心に留めてくれたことに対しての敬意をはらい感謝を述べるときに使う言葉です。 日常会話ではあまり頻繁に使う言葉ではありませんがビジネスシーンでは使うことがよくあります。 取引先への感謝と敬意を示すときにメール文章などで使うことが多いです。 こちらで紹介した文章以外でも「賜りますよう」という言葉は、ビジネスシーンではよく使われている敬語表現です。 下の記事で「賜りますよう」の意味や使い方を詳しく紹介しています。 ビジネスシーンでよく使う言葉の使い方をしっかりとマスターするための参考にしてみてください。 「ご留意賜りましてありがとうございました」を使った例文• ・この度は突然の申し出にもかかわらず、ご留意賜りましてありがとうございました。 ご了承とは「相手からの申し出や事の次第を納得して、要求を聞き入れること」という意味のある了承に、接頭語の「ご」をつけて敬語表現にしたものです。 「要求を聞き入れてください」という意味で「ご了承ください」と使うことができます。 ご留意は、相手に心に留まらせて気を付けてほしいというこちらの思いを受け入れて欲しい意味があります。 ご了承とご留意はお互いに同じような意味がある類語ということになります。 ご留意の類語「ご了承」を使った例文• ・今年度をもちましてポイントサービスを廃止させていただくことになりました。 ご了承くださいますようお願い申し上げます。 ・冬季期間中は休業させていただきますことを予めご了承ください。 ご注意とは「気をつけること」「用心すること」「留意」という意味ある注意に、接頭語の「ご」をつけて敬語表現にしたものです。 「足元に気を付けてください」という意味で「御足もとにご注意ください」と使うことができます。 ご留意は、相手に意識をして気を付けてほしいという意味があります。 また注意には留意という意味もあります。 ご注意とご留意はお互いに同じ意味として使うことができる類語ということになります。 ご留意の類語「ご注意」を使った例文• ・お電話番号のおかけ間違いにご注意ください• ・提出書類に不備がないようご注意くださいますようお願いいたします。 ご配慮とは「良い結果になるように心配りをすること」「他人のために思いやりをもって気遣いをすること」という意味がある配慮に、接頭語の「ご」をつけて敬語表現にしたものです。 「心配りを忘れないように気を付けてください」という意味で「ご配慮のほどよろしくお願いいたします」のように使うことができます。 ご留意は、心に留め気を付けてほしいという意味があります。 ご配慮とご留意はお互いに同じ意味として使うことができる類語ということになります。 「心配りを忘れないように気を付けてください」という意味で使うご配慮という言葉は、それぞれの場面によって適した使い方があります。 下の記事でご配慮の基本的な意味と使い方を紹介しています。 より詳しくご配慮の使い方を知り役立ててください。 ご留意の類語「ご配慮」を使った例文• ・先日はご配慮くださり誠にありがとうございました。 ・こちらの不手際にもかかわらずご配慮いただきましたことに感謝申し上げます。 ご留意は意識をして心に留めるという意味がある言葉です。 日本語に訳すと「注意を払ってください」という意味になる「Please take notice」をご留意の英語として使うことができます。 ご留意の英語「Please take notice」を使った例文• ・Please take notice to that point• ・その点をご留意してください。 ご留意は意識をして心に留めてくださいという意味がある言葉です。 日本語に訳すと「ご注意ください」という意味になる「Please note」をご留意の英語として使うことができます。 ご留意の英語「Pleasenote」を使った例文• ・Please note physical condition• ・体調にご留意ください。 ご留意を正しく使いましょう ご留意がどのような意味でどのような使い方をすることができるのかを例文と合わせて紹介しましたがいかがでしかた。 ご留意を自信を持って正しく使うための参考になりましたでしょうか。 主に相手の健康や体調を気遣うときに使う言葉ですが、ビジネスシーンでも感謝の気持ちを伝える表現として使うことができます。 今回は留意を丁寧語にした「ご留意」の使い方を紹介しましたが、留意という言葉になると使い方に違いがでてきます。 そのように日本語には基本の言葉が敬語になることで意味合いが変わる言葉がたくさんあります。 その点にご留意して正しい言葉の使い方をしてください。

次の

「ご留意ください」の意味・使い方まとめ!ご注意との違いと敬語の例文10選

ご 留意 ください

「ご留意ください」の読み方・意味 「ご留意」の読み方は「ごりゅうい」 「ご留意」は「 ごりゅうい」と読みます。 「ご留意ください」は、 「留意」という言葉に「ご~ください」をつけて尊敬を表す敬語にしている言葉です。 「留」は音読みだと「リュウ」、訓読みだと「とめる」「とまる」と読みます。 「留」は、「その場所にとめておく」「その位置から動かない」「とどまる」という意味になります。 「意」は、音読みで「い」と読みます。 「意」は、「思い」「考え」「おもむき」という意味です。 「ご留意」は「御留意」とも 「ご留意」は「御留意」と書いてもよいです。 接頭語の「ご」は「御」でも構いません。 しかし、「御留意」は「ご留意」と書いた方が、柔らかい印象になりますし「留意」という漢字に目がいくのでベターです。 「ご留意ください」の意味は「心にとどめてください 」 「ご留意ください」の「留意」は、「 ある物事に心をとどめること」「 気をつけること」という意味があり、「 ある物事を心にとどめておき、常にそのことに気をつけること」というニュアンスがあります。 「ご留意ください」は、 「留意」という言葉に「ご~ください」をつけて尊敬を表す敬語にしている言葉なので、「心に留めて、気にかけておいてください」という意味になります。 相手に「気に留めておいてほしい・配慮してほしい」と依頼する場面で使用する言葉です。 口語でも使用され、ビジネスメールなどビジネス文書でも使用することができます。 「ご留意ください」の使い方 「ご留意ください」は目上の人には失礼 「ご留意ください」という言い回しは、 目上の人に使用すると失礼だを思われてしまう可能性があります。 「ください」という表現は 「くれ」の尊敬語である為、「相手になにかを請求する」というような意味合いが含まれています。 したがって、「ご留意ください」は上から目線に感じてしまう人もいる為、目上の人には避けたほうがいい言い回しです。 「ご留意ください」は「気にしてください・心に溜めてください」という意味合いで、 同僚や部下には使用することができます。 例文 「時間におくれるなど先方に失礼のないようご留意ください」 「作業の効率をあげる為にも早寝早起きをして、健康にご留意ください」 「無礼のないよう、くれぐれも複勝にご留意くださいね」 「ご留意くださいませ」は丁寧だが目上の人には不適切 「ご留意くださいませ」「という言い回しは、「ませ」がついて柔らかい印象になるが、 くださいが命令形には変わりない為、丁寧ではありますが目上の人に使用するには不適切とされています。 「ご留意ください」の「ませ」は、 「ます」の命令形です。 「ご留意ください」と同じく命令形の言い回しですが、「ご留意ください」ほどの強い口調ではありません。 「ご留意くださいませ」はどちらかというと、やわらかいニュアンスになります。 例文 「大変滑りやすく、危険であるということをご留意くださいませ」 「大変恐れいりますが、時間変更の可能性があることをご留意くださいませ」 「数量限定商品であることを、どうかご留意くださいませ」 「ご留意くださいますようお願い申し上げます」は上司など目上の相手に使える 「ご留意度くださいますようお願い申し上げます」は、 上司など目上の相手に使用することができる言い回しです。 「ご留意くださいますようお願い申し上げます」は、 「してくれる」の尊敬語である「お~くださる」という言葉に、丁寧語の「ます」と「よう 様 」を組み合わせた「くださいますよう~」という敬語を使用しています。 さらに、 「お願い申し上げます」は「お~申し上げる」という謙譲語を組み合わせている為とても丁寧な言葉となっています。 したがって、上司や目上の相手にも使用できる言い回しであると言えます。 例文 「書き間違えのないよう、ご留意くださいますようお願い申し上げます」 「使用方法を間違えるを正しい効果が出ませんので、ご留意くださいますようお願い申し上げます」 「安心できる状態ではないので、状態の変化にご留意くださいますようお願い申しあげます」 「くれぐれもお体にご留意ください」は相手の身体を気遣う言葉 「くれぐれもお体にご留意ください」という言葉は、「 身体を壊さないように気を付けてください」というようなニュアンスのある「 健康をきづかった言葉」です。 「体」と「身体」はどちらも使ってもいいですが、「体」は物理的な「からだ」を指すのに対し「身体」は心や精神状態を含めた「からだ」を指します。 なので、「お身体」を使った方がよいでしょう。 文頭に「くれぐれも」「どうか」などと付けると丁寧な表現になります。 例文 ・寒い日が続きますので、どうかお身体にご留意くださいませ。 ・ 「留意点」「留意事項」などとも使う 「留意」という言葉は「留意点」「留意事項」などの形で使うこともあります。 「留意点」は文字通り「心を留める必要がある点」という意味になります。 「留意事項」も同じ意味になります。 例文 ・業務をする上での留意点は何でしょうか。 ・本サービスを利用するにあたっての留意点を掲載しておりますので、必ずお読みください。 「ご承知おきください」は、「〜の前に知っておいてください」というニュアンスがあります。 「 ご留意ください」は 「注意してください」といったニュアンスが強い言葉ですが、「 ご承知おきください」は、「 理解してください・わかっておいてください」というニュアンスの強い言葉です。 「ご承知おきください」の意味は「あらかじめ知っておいてください」 「ご承知おきください」の意味は「 あらかじめ知っておいてください・理解しておいてください」です。 「承知」という言葉には 「事情を知ること」「依頼を聞き入れること」「相手の事情を理解して許すこと」という意味があります。 「ご承知おきください」は、「(その事を)知っておいてほしいとお願いをする場合」と「(その事を)すでに知っているということを示す場合」に使用する言葉で、「 知っておいてください」というニュアンスになります。 目上の人に対して、目下の者が「知っておいて」というのは 上から一方的に物を決めるような響きがあり、上から目線な印象を与えてしまう可能性がある為、 目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。 ご承知おきください」 「返信にお時間をいただく場合がございますのでご承知おきください」 「ご留意ください」の類語・言い換え ご配慮ください 「ご配慮ください」は「 ごはいりょください」と読みます。 「ご配慮ください」は、 「配慮」という言葉に、尊敬語を表す「ご」と「くださる」の「命令形」である「ください」をつけた言葉です。 「配慮」は「 他人に対して心をくばること、よく考えて行う心遣い」という意味です。 「ご配慮」は、尊敬を表す「ご」をつけた言葉で、「相手が自分のためにしてくれた心配り」の丁寧な言い方です。 また、相手の心遣いの感謝だけでなく、 相手に対して「気をつけてもらうこと」がある場合にも使用できる言葉です。 「ご配慮ください」という言い回しで、 注意したい事項に対して配慮をお願いすることができます。 例文 「ご配慮のほど何卒よろしくお願いいたします」 「大変壊れやすくなっていりますので、お手を触れぬようご配慮願います」 「より多くの方が会場に入れるようにご配慮賜れますと幸いです」 ご考慮ください 「ご考慮ください」は「 ごこうりょください」と読みます。 「ご考慮ください」は、「考慮」に尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご考慮」としています。 「考慮」は「 考えをめぐらすこと。 よく考え合わせること」という意味があり、 物事を色々な要素を含めて考えること・判断や行動の前に色々な要素を考え合わせることを表す言葉です。 つまり、尊敬を表す「ご考慮ください」は、 相手の行動に対して使用する言葉なので「考えてください」とお願いする言葉であることがわかります。 例文 「通勤時間は、渋滞する可能性があることをご考慮ください」 「勝手なお願いで誠に恐縮ではございますが、ご考慮くださるとありがたく存じます」 「まだまだ新人でございますので、時間がかかることをご考慮ください」 ご用心ください 「ご用心ください」は、「 ごようじんください」と読みます。 「ご用心」は、 「用心」という言葉に、接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「用心」の意味は「 心を用いること」「 困ったことにならないようにあらかじめ注意すること」です。 「火の用心」や「空き巣にご用心」といったように、「 家事にならないように 火に気をつける」「空き巣に気をつける」というような意味あいで使用されます。 「ご用心ください」は、尊敬を表す接頭語の「ご」をつけた言葉なので、相手に「 気をつけてください・注意してください」と伝える場合に使用される言葉です。 例文 「昨夜の降雪の影響で足元が大変滑りやすくなっておりますので、ご用心ください」 「満員電車では痴漢にご用心ください」 「海外では、貴重品は肌身離さずお持ちになり、置き引きやひったくりにご用心ください」 ご自愛ください 「ご自愛ください」は、「 ごじあいください」と読みます。 「自」は「自分」「自己」などでよく使われている漢字で、「愛」は「愛」や「愛情」などとよく使われています。 「ご自愛ください」は、「 あなた自身の体を大事にしてください」という意味です。 さらに 「あまり無理しないでください」「健康でお元気にいてください」「身体を大切にしてください」といったニュアンスが含まれます。 要するに「ご自愛ください」は、 相手の健康を気遣う、労りの言葉です。 例文 「寒さも厳しくなって参りましたので、風邪などひかれませんようご自愛ください」 「お忙しいことと存じますが、何卒ご自愛ください」 「風邪が流行っているようですので、くれぐれもご自愛ください」 「ご留意ください」の英語 「keep... in mind」「pay special attention to... 」「give enough thought to... 」など 「ご留意ください」の英語は、 ・Please keep... in mind. ・Pleaes pay special attention to... ・Please give enough thought to... などになります。 「keep... in mind」は「心に留めておく」という意味です。 「pay special attention to... 」は「特別な注意を払う」という意味になります。 「give enough thought to... 」は「十分に思考する」といい意味です。

次の