アルツハイマー 型 認知 症 看護。 再確認!「認知症」の要点をとらえよう!

認知症|種類別にみる症状と看護計画・看護ケアのポイント

アルツハイマー 型 認知 症 看護

「認知症」は一つの病名ではなく、何らかの原因により記憶や認識、判断などの認知機能が低下し、生活に支障をきたしている状態を指します。 その類型のうち最も多いとされているのが アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)です。 ここでは、アルツハイマー型認知症の特徴や症状、対応方法について解説しますが、この類型の症状は他のすべての認知症患者さんに出現することも多く、対応方法も参考になります。 【目次】 アルツハイマー型認知症とは? 研究によって差はあるものの、認知症の半数近くがアルツハイマー型認知症であるといわれています。 かつては「アルツハイマー病」が40代の女性から発見されたことから、当初は比較的若い世代に発症する病気を指し、高齢になってから同様の症状を示す状態を「アルツハイマー型認知症」と分類していました。 しかし、 現在は病理学的に同じものであると認識されるようになり、近年では「アルツハイマー病」と「アルツハイマー型認知症」はほとんどの場合区別せず、同様の状態を指す言葉として使われています。 しかし、なぜそうしたたんぱく質が蓄積してしまうのかははっきりわかっていません。 アルツハイマー型認知症では、このような脳の変性や萎縮がゆっくりと進行します。 発症(診断)時点で、既に長年にわたり原因たんぱく質が蓄積しているため、現在では効果的な予防や根本的治療が困難といわれています。 60代以上で年齢が高くなるほど多くみられるようになりますが、40~50代など若い世代で発症する若年性アルツハイマー病も存在します。 若い世代の発症の場合、近親者にアルツハイマー病がみられるなど、遺伝性が推測されますが、高齢発症の場合は遺伝との関連性は薄いとされています。 症状と、その進行 アルツハイマー型認知症の主な症状は下記の通りです。 物忘れなどの記憶障害• 時間や場所や人物の認識がうまくできなくなる見当識障害• ものごとを計画立てて順にこなすことが困難になる実行機能障害• 更衣や道具の使い方がわからなくなる失行• 計算や言葉の能力の低下 上記の症状はアルツハイマー型認知症に限らず、認知症をもつ方のほとんどに多かれ少なかれみられるものです。 ただし、人により症状の出かたの差は大きく、 これらの症状が一律に出現するわけではありません。 一方、このこれらの症状から派生して、うつや無気力、妄想や幻覚、暴言や暴力などの行動・心理症状が生じることがあります。 これらは適切な支援や環境によって生じないこともある二次的な症状とされています。 初期 症状の進行は人によりさまざまですが、アルツハイマー型認知症の初期には以下のような症状が目立ち始めることが多くあります。 物忘れ アルツハイマー型認知症の初期段階から脳の記憶の場所である海馬が損傷されるため、物忘れが発生します。 アルツハイマー型認知症の物忘れは、最近のことほど忘れる、部分的にではなく全体を忘れてしまうというもので、加齢による自然な物忘れには見られない特徴があります。 待ち合わせの約束で……• 実行機能障害 料理がうまくできなくなるなど、手順や計画が必要な行動が難しくなってきます。 こうした症状は、初期の段階から二次的な症状へと移行してトラブルを引き起こし、ご本人や周囲の人々につらい思いをさせることもあります。 例)財布を置き忘れたことを「盗まれた」と認識する「物盗られ妄想」「被害妄想」 中期 アルツハイマー型認知症の中期には以下のような症状が目立ち始めます。 場所の見当識障害 なじみの場所でも道に迷い、ご近所からも帰ってこられず警察に保護されたり、自宅でもトイレの場所がわからなくなり排泄が間に合わなかったりなど、ご家族気の抜けない場面が増えていきます。 失行 衣服の着脱、テレビのリモコンや照明のスイッチなどの使い方、お金の払い方、トイレのしかた(失禁)など、簡単な生活上の動作ができなくなり支援が必要な場面が増えてきます。 初期~中期にかけて、ご本人は日常的にできていたことができなくなり周囲から責められると、 自信や自尊心がとても傷つけられます。 しかし、言語能力の低下も伴っているのでつらい気持ちをはっきりと伝えられず、無気力や抑うつ、時には 暴言などの二次的な症状につながりやすくなる時期でもあります。 後期 かなりの言葉が失われ、会話が困難になっていきます。 また、歩行能力や食事動作、排泄など、身体の基礎的な能力も衰え始め、生活の大部分で身体介護が必要になっていきます。 身体能力の低下による転倒や拘縮の予防、食事や水分不足に対する栄養支援、嚥下障害からの誤嚥性肺炎など、最期の時に向けて医療支援の必要性も大きくなっていきます。 一方で、喜怒哀楽などの感情は失われにくいため、 ご本人の気持ちを尊重した対応は最期まで必要です。 適切な支援があれば、より良い状態で長くアルツハイマー型認知症と付き合っていくことも可能なのです。 診断・治療 診断 アルツハイマー型認知症を含め認知症の診断では、認知機能、記憶、実行機能などについて、口頭で簡単な質問をするなどの神経心理学検査(長谷川式認知症スケールやミニメンタルステート検査など)が実施されます。 また、CTや頭部MRIによる脳画像検査なども行われます。 そして神経心理学検査が一定の水準を下回ること、脳の萎縮がみられることなどで診断が下されます。 しかし、診断結果が判明することへの不安からご本人もご家族も受診を避け、発見が遅れてしまうことがよくあります。 治療 現在のところ、アルツハイマー病に対する根本的治療法はみつかっていません。 しかし、早期発見ができれば、ご本人やご家族にとっても心の準備ができ、進行をゆるやかにするなど選択する支援の幅が広がります。 薬 低下した脳の働きを改善するといわれるアリセプト、レミニール、リバスタッチ、脳細胞の損傷を防ぐとされるメマリーの4種類が抗認知症薬として使用されています。 これらは、アルツハイマー型認知症の進行を改善させるとされています。 第一義的な処方ではありませんが、以下のような対症療法薬もご本人とご家族の負担を軽減するために役立つ可能性があるかもしれません。 イライラや妄想に効果があるとされる抑肝散(よくかんさん)• 時間の見当識障害によって生じる睡眠障害に対する睡眠薬• 強い不安や焦燥感を抑える精神安定剤など アルツハイマー型認知症の人への対応 環境整備 ご本人が理解しやすく、ミスやエラーを起こしにくい環境を考えて、あらかじめ準備しておくことが必要です。 例:トイレの場所がわからない 「トイレはここでしょ」と何度も言葉で教える。 トイレのドアに「トイレ」「お手洗い」「厠」「便所」と張り紙をする。 夜、足元にトイレまでの誘導灯をつける。 ご本人への対応 アルツハイマー型認知症の方はご自分の病識(自分が病気であるとわかること)がないことが多いですが、それでも症状が進行し、日常でわからないこと、できないことが増えていくと自信を失い、不安に苦しみます。 その状態の中でもご本人が少しでも安心して過ごしてもらうために、周囲の人々はどのようにしたらよいのでしょうか。 アルツハイマー型認知症に限らず、認知症の方への対応は、右のようにご本人の気持ちに敏感になりそれを尊重することが基本です。 また、ご本人ができることをしっかりやっていただき、「私も役に立っている」と感じていただくのもよいでしょう。 どうしてご本人がそのような行動をしたのか考える• 自尊心が保てるように対応する• 「できないこと」を責めず、「できること」に注目して引き出す• 役割を奪わない• 一人の人間として対等に接する 具体的な場面では、アルツハイマー型認知症に特によくみられる症状へは以下のような対応が考えられます。 例:同じ品物を何回も買ってきてしまう 「まだたくさんあるのに!」と、家にあるものを出してきて見せる。 ホワイトボードなどで買い物リストを作る。 買い物メモをもたせる。 多すぎるものはこっそり処分する。 可能なら、いつも行く店に事情を話し、「奥さん、昨日も買っていったよ!」などとさりげなく声をかけてもらう。 例:「財布を盗られた」と家族や他人を責める 「盗るわけないじゃない!」と怒る。 一緒に探し、財布を発見したら見つかりやすい位置に置き換えて、自分で発見してもらう。 例:コンロの火を消し忘れている 「火をつけっぱなしだ」と叱り、今後は火を使わせない。 見守りを増やし、「火がついてるね」とさりげなく声をかける。 IH・過熱防止コンロに買い換える。 例:食べたことを忘れてまた食事をしたがる 「いま食べたばかりでしょう!」と叱る。 仕方がないので延々と間食をさせる。 季節の小鉢やフルーツなどを食事途中に追加で増やすなど、印象に残る食事を工夫する ゆっくりと食事を楽しむ。

次の

看護学.com: アルツハイマー型認知症

アルツハイマー 型 認知 症 看護

出典:2013年5月「都市部における認知症有病率と認知症の生活機能障害への対応」(筑波大学附属病院精神神経科) 2019年6月25日更新 認知症のなかで最も多いのがアルツハイマー型です。 症状全体の60%以上を占めるため、認知症と言えばアルツハイマー型を思い浮かべる人も少なくありません。 その特徴としては、女性の患者が多く、被害妄想や暴言・暴力、徘徊などに発展する可能性もあることです。 同時に、介護者の負担も大きくなる傾向にあります。 アルツハイマー型に次いで多いのが脳血管性認知症です。 全体の20%弱と、割合としてはアルツハイマー型の3分の1程度。 脳血管性認知症の一番の原因は生活習慣病です。 高血圧や糖尿病、肥満など、現代人が抱える生活習慣の問題が一因となっており、今後増えることが予想されます。 脳血管性認知症に次いで多いのがレビー小体型。 男性の発症率が高く、女性の約2倍だと言われています。 現実にはないものが見える「幻視」が特徴で、家族は異変に気づきやすいです。 ただし、割合としては少ないため、すぐに認知症と結び付けて考えられることは少ないでしょう。 その次となる前頭側頭型は、症状全体に占める割合としては少ないですが、認知症のなかで唯一、難病指定されています。 初期症状は物忘れよりも人格の変化や異常行動が目立つため、家族は対応に悩むことが多くなるかもしれません。 認知症のなかで最も多くみられるタイプであり、 症状は物忘れなどの「記憶障害」から始まり、自分のいる場所や時間などがわからなくなる「見当識障害」、物盗られ妄想、徘徊などの一般的にイメージされる認知症の症状が出現します。 アルツハイマー型認知症の代表的な症状は物忘れですが、加齢による物忘れと間違えられやすく、初期症状を見逃す恐れがあります。 認知症の物忘れは食事をしたことや人と会ったことなど、体験そのものを忘れてしまうので、「そんなことあったっけ?」といったことが続くようであれば、早めに専門医に相談しましょう。 また、いつも行っていた料理や掃除などが、手順を忘れる、取り組む気力を失うなどの要因によってできなくなったり、 通い慣れた道で迷子になったりすることがあればアルツハイマー型認知症を疑う必要がありそうです。 大切な家族が認知症であることは、なかなか認めたくないことです。 しかし、アルツハイマー型認知症は初期段階で治療を開始することで、その進行スピードを遅らせることができます。 アルツハイマー型認知症になると、同じ話を何度もしたり、物の名前が一致しなかったりと、同居している家族はストレスを感じることがあるかもしれませんが、何事も否定せず、本人が過ごしやすい環境を整えてあげることが大切です。 脳の血管が詰まる原因は高血圧や糖尿病、肥満などですから、 脳血管性認知症を避けるためにも日頃の生活習慣を見直すことが大切です。 また、脳血管性認知症はアルツハイマー型認知症と同時に発症することも多く、そのケースは「混合型認知症」と呼ばれています。 脳血管性認知症の主な症状は、「記憶障害」や「判断力障害」などです。 一日のうちでも症状に波があり、認知機能はまだらに低下していきます。 さらに、感情のコントロールが効かなくなって、すぐに泣きだしたり、怒りだしたりする 「感情失禁」も多くのケースでみられる特徴。 機嫌よく笑っていると思って「何か良いことあった?」と聞くと急に怒りだしたり、突然泣き出したりするので周りの人は慌てますが、本人にとっては理由があっての行為なのです。 ほかにも手足の震えや麻痺が起こる「運動障害」や、食べ物がうまく飲み込めない「嚥下障害」、尿や便が出せない、もしくは漏らしてしまう「排泄障害」などが現れることがあります。 損傷した脳の部位によって、出現する症状は変わります。 男性の患者が多く、症状は段階的に早く進行します。 身体機能が低下して寝たきりになることもあるので、リハビリなどを行い、体のケアに努めることも大切です。 まだら認知症になることもある 脳血管性認知症による症状の出方に波がある状態は、「まだら認知症」と呼ばれています。 まだら認知症は、日によって物忘れの進行度が違ったり、物覚えは悪くても理解力や判断力は低下していなかったりと、症状の出現にバラつきがあるのが特徴です。 そのため、できることが多ければ多いほど、認知症だと気づくのが遅れる可能性があります。 また、 一日の中でも波があり、朝はボーっとして返事もままならない状態だったのに、昼過ぎには買い物に出かけられるほど元気になっていることもあります。 これは脳梗塞や脳出血は脳全体で起こるものではなく、損傷している部位とそうでない部位があるためです。 家族や介護者は、できることとできないことがあるという事実を理解し、決して無理強いしないように気をつけてください。 介護の際は、 できることを本人に任せ、できないことをサポートすることで、本人もストレスのない生活を送ることができます。 脳血管性認知症は、必ずしも大きな血管障害があってから始まるものではなく、小さな障害を繰り返すことで、先にまだら認知症の症状が現れることがあります。 レビー小体型認知症 認知症といえば物忘れや理解力の低下をイメージされると思いますが、現実にはないものが見えてしまう「幻視」の症状で苦しむ認知症があります。 それがレビー小体型認知症です。 レビー小体型認知症は男性の発症率が高く、女性の約2倍とも言われています。 レビー小体とは、脳の神経細胞にできる特殊なたんぱく質のことで、レビー小体がたくさん集まる場所では神経細胞が破壊され、命令がうまく伝達されなくなります。 特に、後頭葉と呼ばれる視覚を司る部位にレビー小体が集中して発症すると幻視の症状が出ます。 「家の中に知らない人がいる」「服の中に虫がたくさん入ってきた」など、 現実にはないことを言い出すようなことがあれば、レビー小体型認知症を疑うことも必要です。 一方、アルツハイマー型に比べると、海馬の萎縮は少なくなっています。 初期段階では、認知症の一般的な症状である物忘れよりも、性格の変化や異常行動が目立ちます。 なぜなら、前頭葉は思考や感情のコントロール、側頭葉は言葉の理解や聴覚、味覚などを司り、どちらも人格を形成するうえで重要な役割を担っているからです。 前頭側頭型認知症の進行は大きく「初期」「中期」「後期」の3つの段階に分かれます。 初期段階は感情の麻痺が激しく、ぼんやりしている時間が増えたり、他人への興味がなくなったりします。 身だしなみにこだわりがなくなり、同じ言動を繰り返すことも。 このように、人格の変化や異常行動が現れるため、精神疾患と間違われることがあります。 また、罪悪感がなくなることから、万引きや痴漢を起こしてしまうケースがみられる場合もあるので注意しましょう。 中期では同じ行動を繰り返す 「常同行動」がみられるほか、集中力がなくなるので人と話をしていても突然立ち去ってしまうことも。 後期には精神状態が不安定となり、食べることや部屋から出ることが少なくなる場合も多いようです。 進行はゆっくりで年単位で進みますが、体が動かなくなり、寝たきりになる可能性があります。 さらに、異常行動を繰り返すため介護者の負担も大きくなりますが、病気であることを受け止め、できるだけ本人の意思を尊重することが必要。 また、人の声や動きに敏感になるので、刺激の少ない静かな環境を整えることも大切です。 若年性認知症 65歳未満で発症する認知症のことを、総じて若年性認知症と言います。 年齢が若いことから「まさか」と思われることが多く、 うつ病や更年期障害と間違われて発見が遅れることも少なくありません。 若年性認知症の約6割は、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症で占められています。 症状は高齢者の場合と同じですが、物忘れをしても「忙しいから」と深刻に考えなかったり、仕事でミスが増えても「疲れているから」で済ませてしまうことが多いようです。 そのほか、事故で脳を損傷したときに起こる 「頭部外傷後遺症」や、大量のアルコールによって脳が委縮する 「アルコール性認知症」などを発症する場合もあります。 若年性認知症を発症する平均年齢は51歳前後。 仕事が順調なときに告知されると、自暴自棄になったり、うつ病を発症したりすることも少なくありません。 ただし、脳血管性やアルコール性の認知症は生活習慣を変えることで症状を抑えることができます。 バランスの良い食事や適度な運動が効果的であり、家族のサポートが必要不可欠となります。 アルコール性認知症 アルコールを大量に摂取し続けると脳の血管が損傷し、認知症を発症することがあります。 これをアルコール性認知症と言います。 アルコールと認知症の関係はイメージしづらいかもしれませんが、 アルコール依存症で治療中の高齢者の約4割が認知症を発症しているというデータもあるのです。 アルコール性認知症の場合、アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症を併発していることが多く、その場合、治療は困難となる可能性が高まります。 症状としては物忘れなどの記憶障害が見られますが、アルツハイマー型認知症のように徐々に進行するのではなく、突然ひどくなるのが特徴。 アルコール依存症と同じように足取りがふらついたり、感情の起伏が激しくなったりすることもあります。 脳の萎縮は飲酒の期間が長ければ長いほど進行しますが、お酒を断つことで改善されることもあるようです。 また、 孤独を感じている高齢者はアルコール性認知症になりやすいというデータがあります。 一人暮らしはもちろん、家族と同居していても精神的な孤立によってお酒に走ってしまう人が多いためと考えられます。 家族と同居しているなら、できるだけかかわる時間を増やすよう心がけたいですね。 注意したいのは、 アルコール性認知症は高齢者だけでなく、若い世代にもみられるということ。 年齢が若いとそれだけ長い治療を余儀なくされるので、お酒が好きな人はアルコールの摂取量には十分に注意してください。 正常圧水頭症 私たちの体の中では脳脊髄液という液体が毎日作られ、水分量の調節などのために脳の周りを取り囲んでいます。 その 脳脊髄液が何らかの原因でひとつの場所に異常に溜まり、脳を圧迫して発症するのが正常圧水頭症です。 正常圧水頭症は正確には認知症ではありませんが、症状が似ているため詳細な検査が行われないと診断がつきません。 ただし、 認知症とは違い、早期に治療を始めることができれば、改善される見込みのある病気と言われています。 正常圧水頭症の主な症状は、以下の3つです。 歩行障害• うつ的症状• 尿失禁 歩行障害は認知症にはない、正常圧水頭症の特徴的な症状です。 ガニ股やスリ足など、明らかに歩き方がおかしくなるので、歩行障害から早期発見につながることが多いようです。 また、 正常圧水頭症の場合は認知症のような記憶障害ではなく、集中力の欠如や注意散漫など、うつ的症状が多くみられます。 そのため、ボーっとしている時間が多くなり、仕事や趣味を止めてしまう人が少なくありません。 さらに症状が進むと尿失禁の回数が増えます。 尿意を感じてから我慢できる時間が短くなるため、漏らしてしまうのです。 正常圧水頭症の多くは手術によって改善されますが、時期を逃すと手術をしても大きな改善は見込めなくなります。 そのため、少しでも歩き方がおかしいと感じたら、早めに受診することが大切です。 進行性核上性麻痺 進行性核上性麻痺(しんこうせいかくじょうせいまひ)は、パーキンソン症候群のひとつです。 うまく歩行ができなくなったり、眼球の上下運動が難しくなったりするほか、認知症や嚥下障害などの症状が出てきます。 特に、「すくみ足」や「加速歩行」といった症状が目立つようになってはじめて気づくケースが多いようです。 進行性核上性麻痺は パーキンソン病と比べて進行が早いうえに、現在のところは根本的な治療法は確立されていません。 発症が多いので40歳代からで多くは60歳代で発症し、男性に多い傾向にあります。 日本では人口10万人のうち10~20人程度。 現在はパーキンソン病関連の疾患として、厚生労働省特定疾患治療研究事業から指定を受けています。 大脳皮質基底核症候群 大脳皮質基底核症候群(だいのうひしつきていかくしょうこうぐん、CBS)は、パーキンソン症状、大脳皮質症状が同時にみられる病気です。 大脳皮質基底核変性症の発症頻度は人口10万人のうち2名程度と特異で、遺伝性も男女差もありません。 そのため、典型的な症状が非常に少なく、ほかの神経変性疾患との識別が難しいのが現状です。 特徴は、身体の左右どちらか一側に偏って症状が現れること。 筋肉が硬くなったり、歩行がうまくいかなくなったりと、四肢が思うように動かせないことがきっかけで病気に気づくケースが多いようです。 進行はゆるやかで、 発病から5~10年で寝たきりになることがほとんどです。

次の

認知症の病態(アルツハイマー型認知症・レビー小体型認知症・脳血管性認知症)

アルツハイマー 型 認知 症 看護

この記事の目次• アルツハイマー型認知症 もの忘れが多くなり、今まで日常生活でできたことが少しずつできなくなっていきます。 教えてもらったことが記憶できない、思い出せない、時間や場所がわからなくなるなどの症状が出てきます。 さらにひどくなると、物盗られ妄想や徘徊などの症状が出ることがあります。 脳の中には記憶を担っている海馬という部分がありますが、この海馬から萎縮が始まり、だんだんと脳全体に広がります。 この異常なたんぱく質は、加齢によっても増えていきますが、糖尿病や高血圧などの生活習慣病になっていると増えやすいといわれています。 「(いるはずのない)人が家の中にいる」、「影や衣服がほかの物や人に見える」などのはっきりした幻視などような症状が出てきます。 また多くのレビー小体型認知症の方は、アルツハイマー型認知症に見られる脳の変化を合併していると言われています。 脳血管性認知症 脳血管性認知症は60歳以上の男性に多く見られる症状で、脳梗塞や脳出血などで血管がつまったり出血することにより、脳の細胞に酸素が送られなくなって、神経細胞が死んでしまうことで認知症を発症します。 もの忘れなどがあっても判断力の低下はみられないなど、症状がまだらに現れます。 そのため、脳血管性認知症は、「まだら認知症」とも呼ばれます。 高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が原因で脳血管障害が起こりやすくなります。 特に高血圧になると、脳血管性の原因となる脳梗塞になりやすくなります。

次の