ちば興銀。 千葉興業銀行(ちば興銀)で実際に両替してみた経験者のリアルな口コミから分かった秘密とは

【ガン保障付き】ちば興銀カードローン あんしんアップ|千葉興業銀行

ちば興銀

成田空港第2ターミナル到着フロアの千葉興業銀行(千葉興業銀行)両替所• 成田空港内の千葉興業銀行両替所が取り扱う通貨は幅広い渡航先に対応した27通貨 千葉興業銀行での取り扱い通貨は、ほとんどの成田空港内の両替店と似たようなラインナップになっています。 米ドル・ユーロの他にも、台湾ドルや韓国ウォン、中国元(人民元)など主要な渡航先の、さらにはハンガリーフォリントやポーランドズロチなどのヨーロッパのマイナー通貨や、ブラジルレアルやパシフィックフランなど南米・南太平洋の通貨まで幅広く網羅しているので、大抵の行き先には対応しているはずです。 ただ、中東のUAEディルハム、カタールリヤル、南アフリカのランドなどには対応していないので、他の両替所に向かうか宅配両替などを検討することをおすすめします。 千葉興業銀行は空いていることが多いので穴場的スポット 千葉興業銀行は認知度が高くないので、わざわざ訪れる人も少なく、日常的に空いている印象があります。 特に第2ターミナル1階にある到着ロビーの両替所は空いていることが多く、利用するターミナルが合えば、かなりの穴場スポットですよ。 もちろん、グループ客が押し寄せてしまうとそれだけで窓口がいっぱいになってしまうので、こればかりは時の運の要素も強いのですが、手早く両替したいという場合は千葉興業銀行も選択肢として頭の片隅に入れておくといいですね。 営業時間に注意 千葉興業銀行の成田空港(一般エリア内)両替所は、第1ターミナル・第2ターミナルともに変則時間での営業となっています。 これはフロア内の隣接する両替所と「交替勤務」とすることで、実質的に両替所の営業時間を長くするための取り組みです。 もし、千葉興業銀行が営業していない場合は、近くの両替所(銀行)を探してみましょう。 千葉興業銀行の両替レートは成田空港では中ぐらいの印象 千葉興業銀行では主要通貨以外の両替レートをインターネット上で公開していないため、あくまで取材時の印象でしか判断できませんが、過去数回の取材の印象では、各通貨とも「成田空港内ではちょうど真ん中ぐらい」というレート水準でした。 成田空港超優良レートのやには及ばないものの、メガバンクよりは良いレートを提示していることが多いので、当日空港でレートチェックして、混雑していなければ即決しても問題ないでしょう。 千葉興業銀行の口コミ詳細 タビレッテでは少し前に、日本国内の空港で両替をした体験を200人の方に伺う調査を実施しました。 その中から、千葉興業銀行を利用した方たちのコメントをご紹介したいと思います。 受付だけでなく、その入り口付近に一人立っていて迷っていた時案内してくれた。 銀行口座は持っていましたが、両替は安心でした。 あとはもう少しレートがよければ文句なかった。 千葉興業銀行の取り扱い通貨 アジアの通貨 韓国ウォン• 中国元(人民元)• 台湾ドル• 香港ドル• タイバーツ• フィリピンペソ• ベトナムドン• シンガポールドル インドネシアルピア 北米・中南米の通貨 米ドル• カナダドル• メキシコペソ ブラジルレアル ヨーロッパの通貨 ユーロ• まとめ:千葉興業銀行はレートも悪くなく待ち時間が少ない便利な両替所 千葉興業銀行の両替所は、空港内のメガバンクの両替所よりは良いレートでいながら、比較的早朝から夜遅くまで営業している(営業日は日によって異なります)ので、少し時間に余裕があればチラッと覗いてみるとサクッと便利に両替できると思いますよ。 レートにトコトンこだわりたい人にはやSMBC信託銀行などもありますが、妥当なレートで素早く両替を済ませたいという方には千葉興業銀行はおすすめできる選択肢です。 千葉興業銀行の公式サイトには各店舗の行き方、最新情報が掲載されているので、出掛ける前にチェックしてみましょう。

次の

沿革

ちば興銀

本アプリでは、「残高照会」「入出金明細照会」を簡単にご照会できます。 口座の入出金時にはアプリにお知らせする機能もご利用できます。 (事業性の個人は除きます) また、普通預金口座をお持ちで、その口座でキャッシュカードをご利用のお客さまが対象となります。 ・本アプリ対応機種であっても、スマートフォンの利用状態等によっては、本アプリが正常に動作せず、ご利用いただけない場合がございます。 (通話料はお客さま負担) 平日 9:00~21:00 土日 9:00~17:00 祝日および銀行休業日を除く 操作方法以外のお問い合わせ ちば興銀コンタクトセンター 0120-89-7850(音声ガイダンス2番) 携帯電話からはこちら 043-203-4612 (通話料はお客さま負担) 平日 9:00~17:00 土日祝日および銀行休業日を除く 互換性 iOS 9. 0以降が必要です。 9インチiPad Pro、12. 7インチiPad Pro、9. 9インチiPad Pro(第2世代)、12. 5インチiPad Pro、10. 9インチiPad Pro(第3世代)、12. 9インチiPad Pro(第4世代)、12.

次の

沿革

ちば興銀

略称 ちば興銀 本社所在地 〒261-0001 二丁目1番2号 設立 (27年) 事業内容 業務、貸付業務、内国・業務ほか 代表者 青柳俊一 代表取締役頭取 梅田仁司 資本金 579億4,189万円 (2015年3月31日現在) 発行済株式総数 5,072万2千株 (2015年3月31日現在) 売上高 連結532億62百万円 単体443億83百万円 (2015年3月期) 純利益 連結84億42百万円 単体83億85百万円 (2015年3月期) 純資産 連結1,392億69百万円 単体1,333億56百万円 (2015年3月期) 総資産 連結2兆5,027億20百万円 単体2兆4,859億57百万円 (2015年3月期) 従業員数 連結1,393人 単体1,234人 (2015年3月期) 決算期 3月31日 主要株主 20. 0135 CHIKJPJT 店舗数 74(千葉県内72、東京都内2) (2018年3月31日現在) 貸出金残高 1兆8,248億31百万円 (2015年3月31日現在) 預金残高 2兆2,777億44百万円 (2015年3月31日現在) 株式会社千葉興業銀行(ちばこうぎょうぎんこう、: The Chiba Kogyo Bank, Ltd. )は、に本店を置くである。 愛称は ちば興銀。 千葉県内での略称は こうぎん、または ちばこうぎん。 概要 終戦後の財政金融引き締め政策であるによって、国内の中小企業は深刻な資金不足に陥り 、千葉県内においてもその状況は顕著となった。 またや県内に支店を構えた各行は、集めた預金を融資として県内に還流させず、東京の大企業に貸し出す傾向がみられた。 そうした状況から県内の商工業者において、地元銀行をもう1行設立した上で金融サービスの向上を望む声が日増しに高まった。 そして時の蔵相であったがいわゆるを修正し、場合に応じて新銀行の設立を認める方針を示したことに沿って、地元選出国会議員のほか当時の千葉銀頭取と袂を分かった九十八銀行 出身の元千葉銀役員らによって、1月18日、として千葉興業銀は設立された。 現在はおよびのとされている。 ATMの振込等ではみずほ銀行本支店向けは自行扱いである。 7月の完済を受け、4月1日にはに千葉興銀としては初となる法人事務所を新設したほか 、同年7月にはを実施した。 さらに1月12日には、8年半ぶりの新規出店として東松戸支店を開設した。 支店網は千葉県内を中心とし、県外は東京支店と西葛西支店の2カ所のみとなっている。 地元にフランチャイズを有する、、および同球団の公式であるのスポンサーとなっている。 からは毎年、同球団の成績により金利が変動する「マリーンズ応援団」を販売している。 公的資金注入~完済 期に業容の拡大を追求した千葉興銀は、バブル崩壊後、特定業種に対する大口融資等が化し 、98年3月期、翌99年3月期と連続赤字を計上。 増資引き受けを機に富士銀とのATM無料開放が実施された。 1月、の検査が入ったことを機に、千葉興銀は不良債権の自己査定をしなおした結果、不良債権処理額は当初予定の2倍となる825億円まで増加、さらにも0. このため同年8月に富士銀、安田生命、安田火災海上への約280億円の第三者割当増資を実施した。 これによって富士銀の関連会社とされた。 また額面超過部分のプレミアム433億円の実施によって繰越損失の解消を図った。 同年9月末に600億2500万円の公的資金の注入を受け、自己資本比率も9. その後は富士銀およびその後継であるみずほ銀の支援で収益基盤を従来の法人融資中心から、個人や中小企業を対象へと切り替えるなどし事業再生を進めた。 2013年7月4日付で、は公的資金の全額返済を承認した。 - 株式会社千葉興業銀行設立。 3月 - 現本店竣工。 9月 - 第2部。 8月 - 東証1部に指定。 5月 - 事務センター竣工。 8月 - 預金オンライン稼働。 4月 - 為替オンライン稼働。 4月 - 千葉保証サービス(現:ちば興銀カードサービス 設立。 12月 - 千葉総合リース設立。 6月 - 融資オンライン稼働。 1月 - ちば興銀ビジネスサービスを設立。 3月 - ちば興銀コンピュータソフトを設立。 10月12日 - をへ移行。 4月2日 - 、、、、、と相互にATMの利用を自行扱いする提携を開始。 1月 - 千葉保証サービスとちば興銀ユーシーカードが合併。 ちば興銀カードサービスとして発足。 7月4日 - 600億円を一括完済。 ATM提携• 『日本地方金融史』p. 104• 105• 『日本地方金融史』p. 103 - 104• 千葉日報. 2015年4月1日. 2016年6月18日閲覧。 日本経済新聞. 2015年7月7日. 2016年6月18日閲覧。 日本経済新聞. 2015年12月7日. 2016年6月18日閲覧。 千葉日報. 2016年1月13日. 2016年6月18日閲覧。 「富士銀、千葉興銀の筆頭株主に 増資で100億円引き受けへ 地銀の系列化加速も」『日本経済新聞』1999年8月5日• 「千葉興業銀行、みずほグループ傘下へ 不良債権が重荷に」『朝日新聞』千葉版 2000年4月29日• 日本経済新聞. 2013年7月1日. 2013年12月17日閲覧。 預金保険機構. 2013年7月1日. 2016年6月19日閲覧。 日経コンピュータ. 2004年10月12日. 2013年12月17日閲覧。 千葉日報社. 2012年3月20日 参考文献• 日経金融新聞編 地方金融史研究会著『日本地方金融史』日本経済新聞社、2003年。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の