エコ クラフト かご バッグ 作り方。 エコクラフトとは、北欧風かごの魅力と活用方法|土地や家づくりに詳しくなる注文住宅コラム

作り方☆カゴバッグに巾着袋のような口をつける☆エコクラフト

エコ クラフト かご バッグ 作り方

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田) 取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ) 宅地建物取引士 ファイナンシャルプランナー 住宅ローンアドバイザー ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。 いつでもご相談いただければと思います。 こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。 北欧インテリアを見ていくと、飾るものだけではなく普段使いできるものも北欧デザインのもので揃えたくなります。 順序が必要ですが、自分の好きなものはとことん集めたくなりますよね。 例えば洋服を買いに行ったらアクセサリーなどの小物や靴、カバンもそのお店で売っている同じブランドだったりテイストで揃えたくなった経験はありませんか? 今回は北欧インテリアが好きな方の家にはおそらく1つはあるであろう、北欧風かごについて解説していきます。 エコクラフトって何 まずは、 北欧風かごの魅力を知る前に「エコクラフト」について解説していきます。 こちらの写真のようなかごを見たことはありませんか? エコクラフトとは、ハマナカ株式会社の登録商標になっているので全ての商品について「エコクラフト」とは厳密には言えないようです。 クラフトバンド・クラフトテープ・紙バンドなど別な言い方をした商品も販売されているようです。 紙製のテープを用いて写真のようなかごや雑貨を作る手芸で、穀物を入れる紙袋や牛乳パックなどからできた再生紙を使ってつくるのでエコなんですね。 エコクラフトを使ってかごを作る人がとても多いですが、その理由としては カラーバリエーションが豊富であったり、 とても加工しやすく価格も安価であるということが挙げられるでしょう。 (出典: ) このような小物入れもエコクラフトで作れます。 自分で作るとなると大きさも自由に作ることができるし、色を変えて作ることもできるのが魅力ですね。 (出典: ) 実は、エコクラフトはかごだけではなくこのようなコサージュをつくることもできるんです。 (出典: ) 飾りをつけて手持ちをつけたバッグもエコクラフトでつくることができます。 工夫次第でどのような姿にも変化するのがエコクラフトです。 北欧風エコクラフトの魅力とは (出典: ) 北欧風エコクラフトの魅力はやはり、素材の質感や色合いを北欧インテリアに合わせやすいということではないでしょうか。 写真のように、マグカップやティーセットを置いておくのにもエコクラフトのトレーを使うだけで、北欧インテリアによく合います。 エコクラフトで作っているため、木の色合いや素材感がさらにインテリアと調和されるのがエコクラフトの魅力の一つと言ってもよいのではないでしょうか。 (出典: ) エコクラフトの魅力のもう一つは先程も少し触れましたが、形や大きさを自由に変えて作ることができることですね。 こちらの写真はソーイングボックスです。 糸や針山がフィットした大きさになっていますね。 この小さなかごが蓋のついている大きなかごのなかにすっぽりと収納できるように作られているようです。 (出典: ) 大きさを自由に変えられるということで、こちらはテレビボードの収納としてエコクラフトをつかったかごを利用しています。 木製のテレビボードにエコクラフトの収納ボックスは色合い的にもちょうど良いですし、このようなテレビボードの場合なかなかサイズが合う収納ボックスが売っていなかったりもしますよね。 そんな時にエコクラフトで自作できると、愛着もわきますしインテリアとの調和も考えて作ることができるのでエコクラフトの自作はおすすめです。 北欧風エコクラフトの魅力はまだまだありますが、まずは周辺のインテリアにとにかく合わせやすいというところが魅力ポイントです。 北欧風のかごの特徴 (出典: ) 北欧の樹木といえば、白樺やパイン材・もみの木などが有名ですね。 左側のかごがもみの木で右側のかごが白樺でできています。 このように白 樺やもみの木を使って作られた北欧風のかごは経年変化によって色合いが変わるのも楽しみの一つとなりそうです。 寒い地域のフィンランドで育ったもみの木をつかったかごは木目が他のもみの木よりもきれいと言われているようです。 北欧は森が多いイメージですよね。 国土の6〜7割が森と言われていますが、木を1本伐採するごとに 5本植林するという活動も行われています。 そのような背景を知っていると永く愛用していきたくなりますよね。 永く愛用することによって経年変化で色合いが変化していく過程を見ることができます。 北欧風のかごの作り方 今回この記事を書くにあたって、エコクラフトを販売しているあむゆーず様のホームページに掲載されている内容を参考にさせていただきました。 エコクラフトを活用したかごの作り方などもホームページに掲載されていますのでもっと詳しくエコクラフトを調べてみたいというかたは エコクラフトファンの作品レシピも多数投稿されているので、初心者でもどれから作ってみようかという参考にもなるかと思います。 まとめ 今回は、「エコクラフトとは、北欧風かごの魅力と活用方法」をご紹介してきました。 北欧風かごは雑貨屋さんなどでもよく見かけるようになりました。 色合いや素材が北欧インテリアにも良く合うのでエコクラフトをつかったかごなどの収納アイテムは北欧インテリアでまとめていくのであれば持っておきたいアイテムですね。 エコクラフトを使えば、かごや収納トレーなど自作もできるのがこのエコクラフトの大きな特徴です。 既製品のテレビボードの引き出しスペースに上手にフィットするようにするには既製品を探すよりも自作したほうが早くてお気に入りが作れることもあります。 この記事を読まれた方もぜひエコクラフトを使ったかご作りなどを一度やってみてはいかがでしょうか。 今回この記事を最後まで読んでいただいた方は、家づくりを進めていてる方もしくはすぐに家づくりを始めたいと思っている方ではないでしょうか。 既に家づくりを進めている方でまだ住宅会社を決めきれていない方は一度インターデコハウス秋田(住広ホーム)の八橋展示場へお越しいただき、インターデコハウスのことや住広ホームの家づくりの考え方などを聞いていただければと思います。 これから家づくりを始めようと思っている方は、ぜひ一度私たちが開催している「家づくりはじめの一歩セミナー」へご参加いただければと思います。 今回この記事でご紹介した内容をお客様一人ひとりのケースをお聞きしてご提案させていただいています。 まずはじっくりとお客様の家づくりに対する想いをお聞かせいただければと思います。 私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)の「家づくりはじめの一歩セミナー」のご予約はこちらからお願いします。 【無料カタログプレゼント中!】 インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。 20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。 >> *総合カタログ インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。 インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。 この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。 また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。 *仕様・性能ガイドブック 北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。 枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。 デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。 そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。 *商品ラインナップ インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。 (2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。 *実例写真集 12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。 インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。 それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。 インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。 家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。 >> 【八橋展示場見学はこちら】 インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。 実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。 また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。 定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。 【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】 インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。 毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。 毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。 【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】 Facebookとinstagramでも情報発信中です。 ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

次の

かごバッグの作り方!初心者でも簡単手作り【クラフトバンド・巾着】

エコ クラフト かご バッグ 作り方

網代編み(あじろあみ)の材料や準備1つ目は、道具を用意する工程です。 エコクラフトのクラフトバンドやクラフトテープとともに、鉛筆、メジャー、ボンド、ハサミ、洗濯バサミ多数、直角定規、セロテープ、霧吹きを用意しておきます。 他には、クラフトバンドを固定するための、ボードなどもあると便利です。 中でも、洗濯バサミ、セロテープ、水入りの霧吹きがないと、作業がなかなか大変ですので、必ず準備しておきましょう。 洗濯バサミは、大きなものを作る場合は、特にたくさん用意しておくことがおすすめです。 ボンドは、紙を接着するものであればなんでも可能です。 クラフトバンド(テープ)は、手芸店や100均などで購入することができます。 紙バンドなどの名前で売っている場合もあります。 作り方やカラーのバリエーションが多くあり、長さや幅などもすこしずつ違っていますので、きっちりと採寸して作る場合は、多少の誤差を考慮しておくと良いでしょう。 作りたいサイズや模様に合わせて、クラフトバンド(テープ)を裁断していきます。 網代編みでバッグやカゴを作る場合は、縦紐、横紐、編み紐、始末紐、補強紐、縁紐、持ち手、持ち手に巻く飾り紐、縁飾り紐に分けます。 クラフトバンド(テープ)は、細い紐がいくつか横に並べられて作られていますので、縁や持ち手に巻くための飾り紐は、細めに割きます。 メインとなる縦紐、横紐は、同じ幅にしておく、バランスが取りやすくなります。 編み紐も表面に出る紐ですので、同じ幅にしておいた方が、編みやすくなります。 縁紐は、バッグやカゴの口の部分をしっかりさせるためにつけるパーツですので、太めにしておくと良いでしょう。 持ち手は、太めのクラフトバンド(テープ)を使い、飾り紐を使ってしっかりと補強しておくことで、安心して使えるバッグやカゴに仕上げることができます。 網代編みは、横紐8本に対して、縦紐4本が1セットになります。 このセットを意識して編むと、模様をきれいに作ることがあります。 サイズに合わせてパターンがずれると、全体の模様もずれてきますので、採寸の際から注意しておきましょう。 網代編み(あじろあみ)で、かごやバッグなど、立体的なものを編む際は、パターンの位置とともに、固定する位置も注意して作ると良いでしょう。 編み紐は、1段ごとにボンドで固定する場合は、固定した場所が、表や裏から見えないように、編み込むようにすると、綺麗に出来上がります。 編み方のパターンを意識しながら編むことで、網代編みならではのきれいな模様のかごやバッグを作ることができますし、さらには、複雑な模様であったり、カラーを変えることで、文字や模様をつけることもできます。 編み方のパターンを把握することで、ますます編み方のバリエーションが増えます。 クラフトバンドは、やわらかく扱いやすい素材ですが、軽く湿らせることで、さらに柔らかく、隙間をなくして編むことができるようになり、模様の作り方もしっかりと作ることができます。 クラフトバンドは、湿った状態では編みにくいので、ある程度編んだ時に湿らせて、しっかりと隙間を詰め、それを繰り返していくと、編み目のきれいなしっかりとしたかごやバッグを編むことができます。 濡らしすぎると、動かしにくくなりますので、霧吹きなどを使ってさっと湿らせながら、編みましょう。 網代編みの基本的な編み方は、縦4本横4本を1セットとし、ずらしながら編んで行きます。 ずらしながら編むことで、独特の階段のような模様ができます。 簡単な網代編みの編み方• クラフトテープを横にして、真ん中を揃えるようにして8本縦に並べます。 端をセロテープで固定します。 縦紐の1本目を差し込みます。 横紐を2本下、1本上にして差し込みます。 縦紐の2本目は、横紐を1本ずらして2本おきに差し込みます。 縦紐3本目も、同様にして1本ずらして2本おきに差し込みます。 縦紐4本目も、同様にして1本ずらして2本おきに差し込みます。 4本目が差し込めたら、1パターンのできあがりです。 同様にして、必要な幅だけ編みます。 編みあがったら、全体に霧吹きをかけ、中央にしっかりと寄せます。 形を整えたら、外枠になる部分に補強紐をしっかりとボンドで貼り付けます。 縦紐と横紐を立ち上げます。 編み紐を2本おきにぐるりと1周させ、ボンドで固定します。 1本ずつずらしながら、必要な分だけ、編んで行きます。 編み終えたら、全体に霧吹きをして、形を整えます。 上の端は、編み紐に絡むように、前後に折り曲げます。 1cmの長さにカットして、ボンドでしっかりと固定します。 形をしっかりと整えたら、できあがりです。 網代編みは、もとは、竹を使った竹細工の編み方として広まりました。 竹細工の編み方は、他にもたくさんあり、エコクラフトのクラフトバンドを使っても、同じように編むことが可能です。 クラブとバンドで編む場合も、竹細工の編み方を参考にしてみてもいいかもしれません。 こちらの記事もチェックして見てください。 網代編みのバッグの作品例5つ目は、畳柄の網代編みバッグです。 エコクラフトのクラフトテープは、カラーが豊富に揃っていますので、組み合わせ次第で、畳のような風合いのバッグを作ることも可能です。 わさびいろを字の色にし、黒またはベージュなどで縁取りをすれば、畳風の網代編みバッグを作ることができます。 畳やござ、ざるなどと同じ編み方のバッグは、独特の雰囲気が出て、個性的でオリジナリティのある和風テイストのバッグになります。 より独自のデザインのバッグを作りたい場合は、カラーの組み合わせも楽しんで見ると良いでしょう。 網代編みでステキなオリジナルのバッグを作りましょう 網代編みは、もとは竹細工を編む際の編み方の一つですが、最近では、エコクラフトであるクラフトテープで作られることも多くなりました。 クラフトテープは、紙製ですので扱いがしやすく、サイズなども変えやすい特徴があり、柔らかいの編みやすく、網代編みにもぴったりの素材です。 クラフトテープは、カラーのバリエーションも多くありますので、個性的なバッグを作ることが可能です。 編み方を工夫したり、色を工夫したりすることで、オリジナルのバッグはアレンジが自由自在です。 エコクラフトで、作ることを楽しみ、便利に使うことができるアイテムを作りましょう。 紙製のクラフトバンドを使ったエコクラフトは、かごやバッグ以外にも、様々なものを作ることができます。 環境に優しく、扱い方も簡単なクラフトバンドで、もっと手芸を楽しんでみてはいかがでしょうか。 こちらの記事もチェックしてみてください。

次の

収納にもお出掛けにも!エコクラフトで作るかご&バッグ|手芸|趣味時間

エコ クラフト かご バッグ 作り方

1つ目に紹介するのは、基本のバスケットにフタを付けたバスケットの作り方紹介です。 フタが付いているので、 お子さん専用のお片付けボックスとしても重宝しそうですね。 基本のバスケット作りと同じように底部分から、側面までエコクラフトで編んでいきます。 上部まで編んでいき、縁の処理まで行ってくださいね。 次にフタを作っていきます。 まずはコの字型にヒモを貼り付け、真ん中を埋めるように横ヒモを貼り付けます。 このベースに縦ヒモを、上下に交差しながら通します。 ここで1度、バスケットに乗せてサイズがきちんと合うか確認してから、余分なヒモをカットしてくださいね。 外側の端に補強用テープを貼り、角を丸くカットします。 編みヒモを三つ編みにし、フタに取り付けます。 あとはバスケット部分にヒモを丸めて作った、留め具を差し込んで接着剤で固定すれば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 小物入れでもいいですし、綿棒などを入れることもできますよ。 まずは十字にした物を、2つ組み合わせてベースにします。 ベースに交互になるように、ヒモを編んでいきます。 底部分が編めたら、ベースを立ち上げて側面を編んでいきます。 側面は入れたい小物に合わせて、サイズを変えてくださいね。 本体が編めたら、同じ要領でフタを編んでいきます。 フタに持ち手と留め具を付ければ完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 2枚の蓋でパタパタと開くことが出来ますよ。 12枚のテープでベースとなる底部分を編み込みます。 底部分が編めたら、ベースを立ち上げて側面を編み込んでいきます。 側面を編んでいき、上まで来たら一番上の段をねじり編みしてください。 さらにねじり編みの上に、縁飾りの色を差し込みます。 縁飾りまで編み込んだら、ベース部分はそのまま残しておいてくださいね。 次に蓋を編んでいきます。 底面を編むのと同じ要領で、蓋を2枚編んでいきます。 大きさは先ほど編んだ本体に合うように、サイズ調整してくださいね。 蓋の端にワイヤーを付けて、本体に取り付ければ完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 ちょっとした小物入れやプレゼントにもいいですね。 まずは丸くベースを編んでいきます。 サイズはお好みで調整してくださいね。 クラフトテープを重ねて幅広にしたもので、ボックスの側面を作りますよ。 ベース部分に合うように、丸めて底面に貼り合わせます。 底面部分のベースヒモを、側面に貼り合わせて固定します。 貼り合わせた部分には、もう1周分幅広テープを貼って隠してくださいね。 次に蓋を作っていきます。 蓋はボックスの側面と同じ要領で、側面を作り好きなだけお花を並べてください。 蓋の面にあたる部分をお花と蓋の側面と貼り合わせたら完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 プレゼントの中身だけでなく、渡すボックスまで手作りしたら、より一層喜ばれますね。 ボックスは基本の作り方にならって、好きなサイズで作成します。 色も好きな色で作成してくださいね。 次に好きな紙ナプキンを用意してください。 ボックスの接着剤が完全に乾いてから、紙ナプキンを使ってデコパージュしてくださいね。 このボックスは、デコパージュの柄で印象が変わります。 北欧風のナプキンを使ってみたり、ポップな柄を使ってみたりと色々なパターンが楽しめますね。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 普段、 捨ててしまうような紙芯をリメイクしていきますよ。 使う紙芯は、ガムテープなどサイズが大きい物を使用してくださいね。 まず紙芯の側面に、クラフトテープを使って1段ずつ貼り合わせていきます。 次に厚紙を使って蓋を作るため、芯と同じサイズの大きさの円を2つ作ります。 カットした円2枚を重ね合わせたものと芯の内側にも、クラフトテープを貼り合わせます。 蓋の横には、テープを直角に貼り合わせ蓋の縁にします。 蓋の周りにはレースなどで、好きに飾り付けして接着部分を隠してくださいね。 後は蓋の持ち手用のビーズなどを飾れば、完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 生活感が出てしまう綿棒を隠すことが出来れば、よりインテリアが素敵になりますね。 まず十字にしたテープを3組、重ね合わせ底のベースを作ります。 ベースに合わせて、ヒモを上下に交差しながら底面を編み込んでくださいね。 底面を編んだら、ベースを上へ立ち上げて側面を編んでいきます。 上まで編めたら余分なベースは内側へ折り込みますが、1本だけ残すのを忘れないようにしてくださいね。 1本は持ち手になるように、少し浮かせて輪の形にして貼り合わせます。 蓋は厚紙を本体と同じサイズにカットし、芯にします。 厚紙に布を貼り合わせれば、完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 エコクラフトで作る北欧風オーナメントの作り方8選 エコクラフトは、北欧風のカゴやバックだけではありません。 インテリアを更に素敵に彩る、 北欧風のオーナメントも作れますよ。 ミニチュア家具のロッキングチェア• 鳥かご&スタンド• ミニチュア多肉植物• クリスマス風そり型バスケット• ハットスタンド• ミニサンタのリース• ミニチュアかごの雑貨• 飾るだけでとっても可愛いですよ。 まず芯ヒモを2本ずつ組み合わせた物を、5組作りヒモの端に等間隔に貼り付けます。 このヒモをベースに、編みヒモで上下に通して編み込んでいきます。 芯ヒモはロッキングチェアのウェーブをイメージしながら、曲げながら編みヒモで編んでくださいね。 最後まで編めたら、縁にヒモを挟んで接着剤で固定します。 肘掛けになる部分を少し曲げた状態で、接着剤で付けます。 あとは足になる部分を組み立てて、椅子部分に接着すれば完成です! 足を付けるときは本体の形を整えながら、接着させてくださいね。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 鳥かごの中にエアプランツや木工の鳥を入れても可愛いですよ。 まず芯ヒモを十字に組み、さらに十字をもう1組、組み合わせたものをベースにします。 ベースに編みヒモを上下に通しながら、編み込んでいきます。 6段まで編んだら、裏へ返し芯ヒモを上に曲げながら更に編んでいきます。 少しだけ編んだら、芯ヒモを折り曲げて鳥かごの形にしていきます。 上部の重なるところを接着剤で止め、吊り輪をつければ鳥かごの完成です。 スタンドは上部をカーブさせた物を2枚、貼り合わせます。 丸くカットした土台に、スタンドを貼り付ければ完成です。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 多肉植物から全て、エコクラフトで作れますよ。 まずは植物を入れる箱を作ります。 箱の底部分に側面部分を2枚は全面に、残りの2枚は間に隙間が空いている形に作ります。 次は植物を入れる缶や鉢を作りますよ。 缶は側面を丸めて接着した物を、土台に接着剤で付けます。 缶は側面と同じ色で、丸くカットした物をフタのように付けてくださいね。 鉢は色違いで同じように、作成します。 さらに植物を作っていきます。 バラサンのように山形にカットしたものを、丸めて接着剤で留めます。 上の尖っている部分を、ピンセットなどで曲げて広げておきます。 根元には土のように、こよりを戻したものを包み込むように、接着剤で貼り付けます。 植物を缶や鉢に組み合わせ、缶や鉢は英字新聞などで少し加工をします。 あとは箱と組み合わせれば、完成です! 同じくエコクラフトで、スタンドも作ればさらに豪華なインテリアになりますね。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 見た目にも可愛いですし、冬のブランケット入れなどにもいいですね。 まずは、基本のバスケット作りと同じように底部分を作り、立ち上げていきます。 側面を編んでいきますが、緑や赤などのクリスマスカラーを途中で入れてくださいね。 普通のバスケットの形にまで編めたら、側面部分を斜めにカットします。 もしバラバラになってしまう心配がある場合は、薄く接着剤を付けてもいいですね。 またカットするときは、エコクラフトを編み込んでいるため固くなっています。 手元等に注意しながら、作業してくださいね。 後は土台部分として、そりのように丸めて作ったものとバスケットを組み合わせれば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 お気に入りの帽子を飾ったら、素敵なインテリアになりますよ。 ハットスタンドの始まりは、頭頂部になります。 円形になるように、底からバランスを見ながら曲げていきます。 首部分で更に曲げていき、下部分は飾ったときに安定するように広げてくださいね。 概ね高さが25cm程度になったら、完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 インテリアとして飾ってもいいですし、ヒモを取り付けてツリーの飾りにしても可愛いですね。 ここではツリー部分のみを紹介します。 まずは、緑の芯をサイズ違いで2本用意し、黄色いヒモを貼り付けます。 その2本を、しずくをイメージした形に曲げて、先端を接着剤で貼り付けます。 次に黄色い幅広ヒモでリボンを作り、リースの上部に貼り付けます。 更にベルを作っていきますよ。 黄色のヒモをくるくる丸めて、中心部分を上へ押し上げてベルの形にしていきます。 ベルの中心にヒモを通して、リースの本体に取り付ければ完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 そのまま飾っても可愛いですし、ストラップ金具を組み合わせてもいいですね。 まずはヒモを十字に組み合わせた物を、2組組み合わせベースにします。 ベースに編みヒモを上下に交差しながら、編み込んでいきます。 5段程度編んだら、ベース部分を曲げて側面を編んでいきます。 かごの上部まで編んだら、側面を指で押しつぶして形を作ります。 余分なヒモは内側に止めながら、4本だけ残してカットします。 残した4本は、取っ手部分に加工すれば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 額に入れて飾っても可愛いですし、何かアクセサリーなどに加工しても可愛いですよ。 エコクラフトを細く裂いた物を小さくカットし、真ん中で折り曲げて接着剤で貼り付けていきます。 これを複数作り、花びらのように貼り合わせていきます。 中心部分には、緑の茎をつければ、シロツメクサのような花の完成です! 次に四つ葉のクローバーを作りましょう。 同じように裂いたエコクラフトを、ハートの形になるように曲げて、接着剤で貼り合わせた物を4つ作成します。 それをクローバーの形になるように貼りあわせ、緑の茎を組み合わせれば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 北欧風編み方いろいろエコクラフトのかご作り方8選 同じエコクラフトの北欧風かごでも形や編み方を変えれば、また印象が変わります。 そんな いろいろな種類の北欧風かごの作り方を紹介します。 取っ手付きミニかご• 爽やかカラーのシンプルバスケット• お花のような小さなかご• レースのようなかごバッグ• 花結び編みの小さなかご• 六角あじろ編みのかご• 持ち手と足つきのかご• 小さいので、ピンクッションにしても可愛いですよ。 まずはかごの底部分を作っていきます。 ヒモを十字にしたものをベースに、1本ずつ編み込んでいきます。 底が編み終わったら、はみ出ている部分を直角に立ち上げて側面も編んでいきます。 かごの上部分まで編んだら、テープは内側へ折り込みます。 次に持ち手を付けて、一番上の段には飾り付け用のカラーテープを貼り付けます。 持ち手に飾りとして、編みヒモをクルクルと巻き付けたら完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 作りはシンプルですが、色次第で爽やかな印象になるので、洗面所などでタオル入れにしたら素敵ですよ。 作り方は基本のバスケットの作り方と同じです。 底部分から作り、側面を編んでいきます。 側面を編む際に、下から1段目と上から1段目に編みヒモで追いかけ編みをすることでバスケットにラインが入ります。 このラインによって、シンプルですが素敵なデザインに仕上がるのでお好きな色を組み合わせてくださいね。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 小物入れとしてもいいですし、果物を入れたりしてもいいですね。 まずは十字に組み合わせた物を、3組組み合わせベースにします。 ベース部分に編みヒモを編み込みながら、底部分を編んでいきます。 底を編んだら、余分なヒモはねじり編みをした後にカットします。 次にベースにヒモを曲げながら、横へ2本飛ばした先の底部分に編み込んでいきます。 それを全てのベースヒモ分、行ったら底部分を上にひっくり返します。 飛び出ているベースヒモで、底部分の土台に編み込んでいけば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 持ち手が長いのでバッグとしても使えますし、スカーフやマフラーなどを入れてもいいですね。 まずはベース部分を作り、底部分を編んでいきます。 ベースに編みヒモで4段、編んだところで差しヒモをしていきます。 差しヒモを底部分の角に当たる部分に、Vの形に接着剤で貼り付けます。 表にひっくり返して、編みヒモを差しヒモも組み合わせながら編んでいきます。 側面は少しずつ丸めていきながら編み込んでいき、途中でねじり編みに替えて更に編み込んでいきます。 上まで編んだら、ベースのヒモと差しヒモをレース編みに当たる、四つだたみ編みを行います。 上部まで編み込めたら持ち手をつければ、完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 編み方にこだわっていますので、少し難しいかもしれませんが、小さくても豪華な印象になりますよ。 まずは底のベース部分を編んでいきます。 編み日を3本、少しだけ長さを変えて折り曲げたものを、短い方を手前にして組み合わせていきます。 奥の長い方を手前に折り返し、折り山へ差し込んで編んでいきます。 それを全てのヒモを通して、引き締めれば1つ目の花結び編みが出来上がります。 この花結び編みを、隣へ1つずつ作っていきながらかごに仕上げていきます。 1つ1つ花結びをしっかり引き締めながら編んでいくのが、ポイントですよ。 最後に持ち手部分をつければ、完成です。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 エコクラフトの色次第で、和風にも北欧風にも仕上げることができますよ。 まずはベースの土台を作っていきます。 編みヒモを60度の角度で交差したものを、2つ組み合わせます。 さらに水平に2本、ヒモを差し込んだものをベースにします。 ベースのヒモに沿うように、互い違いにヒモを差し込んで編みながら、6週目まで編み込んでいきます。 6週目まで編むと、形が6角形になっていますよね。 ここまでが底部分になりますので、この先は上へベースのヒモを曲げながら編んでいきます。 6本をセットに、バツの形になるように途中で交差させて、接着剤で留めていきます。 きちんと形作れるように、輪ゴムや洗濯ばさみを活用してくださいね。 接着剤が乾いたら、上部の重ねたところを持ち手として、始末をすれば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 エコクラフトの色次第で、北欧風にもアジアンテイストにもなりますよ。 まずは基本のかごと同じように、底部分を作り側面を編んでいきます。 側面を編むときは、丸みを持たせて編んでいってくださいね。 上部まで編み込んだら、縁ヒモを編み込み余分なヒモは内側へ編み込んで処理します。 小さな持ち手芯を付け、持ち手を付けます。 持ち手には編みヒモも巻き付けてくださいね。 あとは小さくカットした、足になる部分をかごの底に貼り付ければ、完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 まずはかごのベースになる骨組みを組み立てます。 ベースを組み立てたら、後ろ側にあたる部分の骨組みを組み立てます。 この段階で、ベースのフレームが交差しているところに飾り巻きします。 飾り巻きした物に骨組みになるテープを組み合わせ、接着剤で貼りあわせてください。 あとは骨組みをベースに、ヒモを上下に通しながら編み込んでいくだけです。 少しサイズが大きいので、編むのに時間がかかるかもしれませんが、作業は単調なので、少しずつ進めてくださいね。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 エコクラフトは紙なので扱いやすく、また使う道具もはさみと接着剤なので、小学生でも簡単に作れるハンドメイドです。 初めての物作りや、夏休みの工作などに使える作品の作り方を紹介します。 小物入れやリモコンなどを入れることができる、 ラッコのかごになります。 見ているだけでも可愛いですし、サイズも小さいのですぐ完成しますよ。 まずは十字にしたヒモを接着剤で留めてから、3本に裂いていきます。 ヒモを裂くときは手を切らないように、注意してくださいね。 全部で12本の紐になったベースに、編み紐を使って編んでいきます。 13段ほど編んだところまでを底部分にし、ベースのヒモを上へ立ち上げて側面を編んでいきます。 少しずつ、つぼめていきながら上へ編んだら、余ったヒモは内側と外側へ折り込んでいきます。 長すぎる部分はカットしてくださいね。 上部には縁ヒモを、接着剤で貼り合わせておきます。 ヒモを横へ貼り合わせて、幅広にしたものから、ラッコの顔になるパーツを切り出します。 口や手、足などを編んだかごへ、接着剤で貼り付けていきます。 尻尾は貼り付けたら、少し上向きにカーブさせておいてくださいね。 目はビーズを貼れば、ラッコの親の完成です! 同じ要領で、少し色を変えてサイズを小さくした子供をセットで作ると更に可愛いですよ。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。

次の