スーパー ビュー 踊り子。 『スーパービュー踊り子』を廃止、中央線快速を終日化…2020年3月「春のダイヤ改正」

2020年3月引退!スーパービュー踊り子大宮発着が8日ラストランに

スーパー ビュー 踊り子

この記事の目次• 修善寺駅発着の列車は熱海駅で増解結を行い、三島駅 — 修善寺駅間は特急料金不要の快速列車として運転されている。 車内販売は定期列車では東京~伊東間のみで実施。 臨時列車では車内販売が実施されないことがほとんどである。 このほか、新宿駅・池袋駅 発着で臨時列車が運転されることがある。 2015年3月からは上野東京ラインの開業に伴い、我孫子駅発着・常磐線経由の臨時列車が設定され、2015年8月からは大宮駅から上野東京ライン経由の臨時列車が設定される。 大宮駅発着便については、「踊り子」と異なり湘南新宿ライン経由で運転される。 車内には日本レストランエンタプライズ のビューアテンダントが全区間乗務し、乗車時の特急券のチェックと車内サービスを担当している。 (Wikipediaから引用) 踊り子号とスーパービュー踊り子号の違い 特徴 こちらも正確に書こうと思うと私自身も理解できない内容になってしまいそうですので…大胆にまとめます! 踊り子号とスーパービュー踊り子号の最大の違いは停車駅・窓の大きさ・料金だと私は思います。 上の写真は(窓が大きく設計されている)スーパービュー踊り子号からの景色です。 (PC広げて作業しながら乗っていたのですが)海岸沿いを走行している間は あまりもの美しさに作業が止まりました ゜o゜; 同じ景色を踊り子号から見るとどうなるかというと… こんな感じです。 料金 具体的な運賃はして確認して頂きたいと思いますが、代表的な路線の料金を掲載します。 自作の図でも十分に分かりづらいのですが、順を追ってご説明すると… 踊り子号の路線を赤線 (もしくは青線) スーパービュー踊り子号の路線を紫線 で記載しています。 熱海から三島経由で修善寺に向かう車両があるのは「踊り子号だけ」です。 (季節限定ですが)我孫子から乗車できるのも「踊り子号だけ」です。 次に、 黄色で塗られている駅はスーパービュー踊り子号で停車する駅です。 黄緑色の駅は一部のスーパービュー踊り子号が停車する駅です。 色が塗られていない駅はスーパービュー踊り子号は停車しない(踊り子号だけ停車する)駅です。 更に、点線で囲われた駅は季節限定で路線延長される部分で、 我孫子発着(上野・東京経由)の踊り子号 大宮発着(上野・東京経由)の踊り子号 大宮発着(池袋経由)のスーパービュー踊り子号 の3パターンがあります。 ただし路線延伸されている季節であっても 大宮・我孫子発着するのは一部の踊り子号(またはスーパービュー踊り子号)だけです。 最後に、池袋・新宿発の踊り子号・スーパービュー踊り子号は 平日:新宿発 土日祝・年末年始:池袋発 となります。 もしくは(あまりも複雑なので)最寄りのJRみどりの窓口で駅員さんに相談しながら決める方法もあります。 時刻表(下り方面) 踊り子号・スーパービュー踊り子号に乗車する方の多くが、東京近郊のJRから乗車されると思いますので、乗車駅の正確な時刻表を検索する方法を御紹介します。 「駅名から検索」という部分に (スーパービュー)踊り子号に乗車する駅名を(上の例では「東京」と)入力します。 このように検索結果が表示されますので、乗車する駅名を選択しましょう(例では「東京(とうきょう)」をクリックしました) すると選択した駅を発着する路線が表示されます。 「平日」「土曜・休日」をクリックすると、それぞれの時刻表が表示されます! 東京駅の場合には「特踊」が「踊り子号」、「特SV踊」が「スーパービュー踊り子号」です。 また「下」は「伊豆急下田行き」、「下・修」は「伊豆急下田行き(一部車両は切り離して修善寺行き)」です。 時刻表(上り方面) 上りは伊豆急行の駅から乗車する方が多いと思いますので、 から確認するのが一番簡単で確実です。 この条件に当てはまる日付に乗車する場合には、(「毎日運転」に書かれているダイヤに加えて)臨時運転に書かれているダイヤも利用することができます! 次に「毎日運転 PDF 」をクリックして表示されるのが以下の画面です。 予約は早めに! 特にスーパービュー踊り子号は全席指定なので 窓側席から予約が埋まります。 こんなこともありますので、日程が決まったら早めに席を予約することを強くオススメします。 予約方法 踊り子号・スーパービュー踊り子号の座席予約は以下の3つの方法があります。 えきねっとで予約する ネット予約に慣れている方であれば一番手軽に利用できるのが「えきねっと」を利用してネットで予約する方法です。 JRみどりの窓口(びゅうプラザ)で予約する 私が一番オススメしたい方法がこちらです。 ただでさえ良く分からない路線なこともあり、駅職員に分からないことを相談しながら手配できるのでとっても便利な方法です。 ただし… 窓口が営業している時間に行かなければいけないというのがデメリットです。 旅行代理店で予約する 私は利用したことがないので詳細は分かりませんが、宿・レンタカーなどの手配とあわせて旅行代理店におまかせしてしまう方法もあります。 自分で調べるのは面倒くさい!という方は、この方法がオススメです。 踊り子号・スーパービュー踊り子号の絶景スポット ルート上には、こちらの写真のように 海岸線すれすれを走る箇所が何箇所かあります。 踊り子号(スーパービュー踊り子号)に乗るのであれば是非この絶景を見ていただきたいのですが、実は海岸線スレスレを走行する場所はあまり多くありません。 以下にオススメのスポットを並べますが、結論からいうと… 宇佐美駅より南側に多くの絶景ポイントがあると思います。 神奈川県出身。 NTTドコモに入社後、研究・開発・経営企画・サービス企画を担当し2014年退職。 現在は新しいライフスタイルを提案する Life Designerとして、コーチング・メディアオーナーとして活動中。 東京工業大学大学院情報工学系修士卒 米国カーネギーメロン大学大学院経営学修士卒 【主な活動】 40代からでも組織を離れ独立し 国内外のどこにいてもクラウドベースで仕事をしていけるという新しいライフスタイルを世の中に発信している。 食には妥協せずグルメの食べ歩きを続けながら、ラクに楽しく続けられる運動を追い求める 食い倒れダイエット活動を推進し、無理をせず自分が好きなことだけをしながら、年齢を重ねるごとに体重・体脂肪・及び体年齢を減らすことが出来ることを自ら実証中。 【趣味】 食べ歩き・長距離ウォーキング・水泳・低山登山・定量分析・root cause分析・仕組化・楽器演奏 詳しいプロフィールはを御覧ください。

次の

2020年3月引退!スーパービュー踊り子大宮発着が8日ラストランに

スーパー ビュー 踊り子

網代駅と踊り子号 この問題は、南熱海の中では比較的旅館などが多く、観光地としての色合いが強い網代駅で起きています。 伊東線では、従来より熱海駅・伊東駅という両端駅の利用者が多い一方で、中間駅となる来宮・伊豆多賀・網代・宇佐美の途中駅の利用者の少なさが目立っていました。 2015年3月8日より、これらの中間4駅について終日無人駅化が実施されることとなり、大きな波紋を呼びました。 これに先駆けて、身体が不自由な利用者が自力で乗降出来るように全駅にエレベーターを整備するといった改善の動きもあった一方で、何かあればインターホンで問い合わせてくれ……という体制となり、特に観光路線としての需要も大きい伊東線では、使い方などで困っている利用者の姿を多く見かけるようになっています。 ここまではどこの無人駅化でもありがち……とも言えそうな光景ですが、ここ網代駅では前代未聞の問題が発生しています。 これは、 網代駅は特急停車駅であり、なかには全席指定席で事前購入が必須のスーパービュー踊り子号の停車もあったという問題です。 踊り子号は自由席の連結がほとんどの便で実施されているので問題ないとして、スーパービュー踊り子号は通過化か指定席券売機の設置で対応するだろう……と思いきや、JR東日本横浜支社では奇策に出ます。 これは、乗車口で検札をするビューアテンダントに予備の席に案内させ、後から車掌が検札するという前代未聞のものです。 事前購入をする……という指定席の概念を覆す手法ですが、前後に特急列車が運行されない時間帯ということもあり、今日までこの便宜措置が継続されています。 この停車便となるスーパービュー踊り子2号は利用率が高い列車で、平日でも高い乗車率を誇っているほか、繁忙期の土休日には満席になることも当たり前。 網代駅の問題に抜本的な対応がされてこなかったのも、全席指定席のスーパービュー踊り子号の運転終了・置き換え車両の開発が既に行われてこなかったのが背景だとすれば納得ですが、 今後はえきねっと受け取りが出来ない=新しい着席サービスに対応する設備がないこの駅に特急列車を停めるべきか否かという議論にもなりそうです。 JR 東 労組 東京地方本部の最近の申し入れでは、「踊り子号とスーパービュー踊り子号の網代での乗降扱いを取り止め、通過扱いとすること。 」という記述があり、会社側も「乗降人員は多くないと認識している。 」と回答しています。 様々な問題を踏まえ、今後の踊り子号の運転体系の変化とともに通過扱いとなる可能性が出ています。 今後の鍵は車掌1名化 近年、JR東日本では在来線特急列車の車掌1名化の動きが進んでいます。 常磐線特急「ひたち」「ときわ」では既に一部列車で1名化が実施・トラブルも起きていることがJR東日本各労働組合からの発表で明らかになっています。 さらに、 既に今後の中央線特急「あずさ」「かいじ」でも車掌1名化を目指すことが明らかになっており、現場では2020年3月改正で実施されるのではないか?と推測する声も聞かれます。 現在、「踊り子」についても 旧来の185系などからE257系2000番台への車両更新が始まろうとしていますが、このE257系にも座席上にお馴染みとなった指定席発売状況ランプが設置されています。 このことから、 「踊り子」の車種統一が行われる2021年春のダイヤ改正にあわせ、中央線で行われてきたライナー列車の特急化・全席指定席の新しい料金体系への変化が色濃くなってきました。 これらの施策とともに進められているのが、 特急列車の停車駅の再編です。 これは、車掌を1名にする為に停車駅間で編成内を1往復巡回できるか否かという課題から、 利用者が少ない停車駅の停車本数を削るというダイヤ変更を行うというものです。 2019年3月には中央線特急で大規模に行われ、 沿線各地では反対運動が発生したというニュースが話題にもなりました。 これを受け、通年で毎週末運行する臨時かいじ号が運転されたほか、信州かいじ号という中途半端な臨時列車を設定するなど対応に迫られていました。 今回の2020年ダイヤ改正では、中小駅の停車駅本数が回復傾向となり、停車駅が多い便と速達パターンに分けられるものとなりました。 これにより、全区間速達便は1名化・停車が多い便の該当区間に特別改札車掌=特改行路を設定することで対応が推測できるダイヤとなりました。 現在のところ、中央線・その後の東海道線の優等列車車掌配置数の変化が読み取れる文献はありませんが、水面下では確実に進行している模様です。 2019年春には、中央線特急の車内にて各支社・各運輸区の腕章を付けた職員による検札時間の調査なども進められてきました。 踊り子号についても今後、何らかの変化が出てくるものと推測ができます。 踊り子号で車掌1名化をするためには……? まず、乗り入れ先の伊豆急行では特急停車駅=有人駅となっているため、着駅精算が出来るという観点から現状で1名乗務が実施されています。 修善寺方面の乗り入れ先である伊豆箱根鉄道では、そもそも踊り子号の線内利用には優等料金を設定していないため、こちらも問題はありません。 同じく乗り入れ先のJR東海では、熱海駅〜三島駅の15分程度で5両編成であることを踏まえれば大きな問題にはならないでしょう。 よって、この 1名化施策の課題を有しているのはJR東日本のみでしょうか。 熱海以南で10両1名と仮定した場合、伊東駅までの中間にある網代駅の停車が不都合なことは「あずさ号」途中駅や「かいじ号」三鷹駅などの例から容易に推測が可能です。 踊り子号の小駅……川崎・大船・湯河原などについても、検札都合を考えれば通過する可能性は多分に考えられます。 網代駅ならではの特殊事情が現場からも問題に 網代駅には、このほかにも課題が多く存在します。 まず、熱海駅の停車・伊東駅の停車は利用動向から絶対条件です。 この両駅に停車している以上、熱海駅から網代駅・伊東駅から網代駅といった短区間利用者が乗車してくる可能性があります。 地元で頻繁に利用している地元住民は無人駅・自動改札機がないことも知っていますので、 特急券どころか乗車券も買わずに乗ってくるという可能性は多分に考えられるため、車内精算の発生リスクはそれなりに考えられます。 また、観光客についても、先述の無人駅化の関係で利用者にとっては分かりにくい状態です。 さらに、JR東海の 熱海駅〜函南駅にはICカードの利用境界の課題があります。 そのため、 有人駅の熱海駅・伊東駅であれば三島・沼津方面からのICカード処理を出来ますが、無人駅の網代駅利用者にはこれらの精算処理が発生する必要があります。 以上を考えると、各特急列車で数人ずつしかいない網代駅での乗降客に対して、あまりにも行わなければならない対応が多いことが現場から通過化を望む声が出てくる背景要因でしょうか。 JR東日本の経営方針だと通過化の日は近い? 以上を踏まえると、 網代駅の通過化は2020年3月または2021年3月の全席指定席化・その後の車掌1名化が実施されるいずれかのタイミングで行われる可能性は極めて高いでしょう。 そのほか、巡回頻度を下げるための課題駅になりそうな川崎・大船・湯河原の3駅も通過化または一部通過化が考えられますので、今後の変化が気になるところです。 近年、観光地として再注目を集めている熱海市。 熱海・来宮エリアの観光需要が増大していくなか、南熱海・網代エリア、隣接する神奈川県湯河原町については観光客を増やせている状況とは言いにくいところ。 実施された場合、湯河原・網代の町おこしを大きく阻害する動きとなってきますので、今後JR東日本横浜支社と沿線自治体で一波乱ありそうな動静です。 近いうちに2020年3月の踊り子号の新ダイヤも発表されるかと思いますが、2021年までの踊り子号の車両・ダイヤの変化にも注目が集まります。

次の

前面展望が楽しめる「スーパービュー踊り子」号の車内へご案内。予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・展望席・オススメ座席・車内の様子・見どころなどをご紹介

スーパー ビュー 踊り子

伊豆急行線を最後に走行した編成 今回輸送されたRE-2編成ですが、 3月13日のおはようライナー新宿26号・スーパービュー踊り子3号を以って営業運転を終了した編成です。 通常は伊豆急下田駅で一泊する運用が組まれていましたが、運用終了に伴い、臨時のスーパービュー踊り子14号のダイヤを活用して国府津車両センターへ回送されていました。 定期最終列車となったRE-1編成・スーパービュー踊り子10号が大きく注目されたものの、最後に伊豆急行線を走行したのはこのRE-2編成となりました。 ダイヤ改正以降は一旦東大宮センターへ戻ったもののすぐに再疎開。 4月23日に東大宮へ返却されていました。 末期は外板の痛みが酷かった251系でしたが、このRE-2編成が重要部検査以上を最後に施工した編成となり、比較的コンディションが良い状態での廃車となります。 相棒と一瞬の再会 251系は1990年春に落成しましたが、1992年までの2年間は2編成体制で運用されていました。 その時代を知るのは1次車に分類されるRE-1編成・RE-2編成で、RE-3,4編成に比べて2年の経年差がありました。 外観の違いとしてはワイパー形状の違いが有名ですが、内装では展望席と乗務員室の仕切りに金属のフレームがあるのも1次車特有でした。 先述のように3月13日の運用離脱時にはRE-2編成は伊豆急下田駅から国府津車両センターへ直接回送。 翌3月14日にはスーパービュー踊り子10号で最後となったRE-1編成が川越車両センターへ疎開していました。 RE-3編成が旅立った翌日の4月23日にRE-2編成が、そして5月18日にRE-1編成がそれぞれ東大宮センターへ返却されており、引退以来の再会を果たした矢先の出来事となりました。 3月13日の伊豆急下田駅以来の再会となりますが、検査期限に余裕があるRE-2編成が先に旅立つこととなりました。 先に回送されたRE-3編成は既に解体が進行中 今回で2編成目の輸送となり、残されたのはトップナンバーのRE-1編成と、依然として国府津車両センターに留置されているRE-4編成です。 新型コロナウイルスも少し落ち着いてきたので何らかのイベント……と言いたいところですが、さすがに難しいでしょうか。 一方、先月輸送が実施されているRE-3編成ですが、最近 解体作業が開始されています。 現在は1号車の解体が終わり、2号車から4号車が解体線で確認出来る状態です。 最近だとスーパーあずさ号で活躍していたE351系が使命を終えて大量に並んでいる姿が印象的でしたが、251系は他に解体する電車も少ないからか、順次解体が進められることとなりそうです。

次の