ヘイスト 武器。 クロノトリガー 最強装備 メンバー 技考察

†AGI DEX上昇装備†

ヘイスト 武器

最強装備 クロノ・トリガーの各メンバーの最強装備を考察してみました。 「強くてニューゲーム」を2回繰り返し 計3週プレイ 、レベル99かつカプセルを使ってステータスを最大限まで強めた上での最強装備です。 ここで紹介するのは管理人の場合の装備例です。 どんな状態を「最強」とするかは人それぞれですので、ここに挙げる以外にもさまざまなパターンが考えられます。 クロノの最強装備 \ パターンA パターンB 武器 頭防具 体防具 or アクセサリー or or 武器は文句なしで夢幻が最強です。 攻撃のほとんどがクリティカルになるため、物理攻撃の王者になります。 防具については、パターンAでは攻撃力・防御力を優先し、パターンBではヘイストによるスピード2倍効果を重視しています。 どちらかと言えば、ヘイストメットを装備した方が手早く敵を倒せるようになるのでパターンBがおすすめです。 上記以外にクリティカル時のダメージが4倍になる朱雀を装備し、アクセサリーにドラゴンピアス クリティカル率+20 を装備するのも一案といえば一案。 マールの最強装備 \ パターンA パターンB 武器 頭防具 体防具 アクセサリー or ワルキューレとヴィーナスはどちらを選択するか悩みどころです。 物理攻撃も重視したいのならワルキューレ+虹のメガネ、魔法中心で戦いたい場合はヴィーナスを装備し、アクセサリーに魔法を補助するものを選ぶとよいでしょう。 ルッカの最強装備 \ パターンA パターンB 武器 or 頭防具 体防具 アクセサリー or or 体防具はルッカの特権でエレメントガードに決定。 やはり全属性ダメージを無効にする効果は格別です。 難しいのは武器でしょう。 ミラクルショットや魔銃はダメージにランダム性があり、状況によっては微々たるダメージしか与えられないこともあります。 ランダムダメージが嫌ならクイックショットを使うのも一案です。 確率は低くても大ダメージを与えたいならば、魔銃とドラゴンピアスや虹のメガネを装備して一撃必殺を狙えばよいでしょう。 逆に物理攻撃にあまり期待しないのであれば、青の石を装備してオメガフレアを常に使える状態にしておくのもよいかもしれません。 ロボの最強装備 \ パターンA パターンB 武器 or 頭防具 体防具 or アクセサリー 武器はルッカと同様、与えるダメージにばらつきが出るものが多くて迷うところです。 堅実にダメージを与えたいのであればドラゴンアーム、完全にクリティカルの9999ダメージ狙いならばゼロクライシス+ドラゴンピアスを装備しましょう。 カエルの最強装備 \ パターンA パターンB 武器 頭防具 体防具 or アクセサリー 武器は攻撃力がダントツのグランドリオンに決定。 この2つを外す理由はありません。 防具については他の男性キャラと同様、ステータス異常無効とヘイスト効果のどちらを優先するかによって分かれます。 エイラの最強装備 \ パターンA 武器 頭防具 体防具 アクセサリー エイラの装備はほとんど迷うことなく上記に決定。 剛拳はクリティカルが出てこそ価値があるものなので、アクセサリーはブレイブソウル以外に候補はないでしょう。 ブレイブソウルは2分の1の確率で反撃もしてくれるため、エイラを攻撃した敵は死に誘われます。 魔王の最強装備 \ パターンA パターンB 武器 頭防具 体防具 アクセサリー or or 武器については選択の余地はないはず。 強いて挙げるなら敵を高確率でストップ状態にする裁きの大鎌ですが、一撃で倒せる敵には意味がありません。 パターンBでは防具の組み合わせをヘイストメット+ノヴァアーマーにしておきましたが、魔王だけが装備できる闇の羽衣を遊ばせておくのも少々忍びない話。 ステータス異常対策が不要ならばヘイストメット+闇の羽衣でもよいでしょう。

次の

†AGI DEX上昇装備†

ヘイスト 武器

最強装備 クロノ 武器 虹 頭 ヘイストメット 鎧 ノヴァアーマー 装飾 ゴールドピアスor虹の眼鏡or激怒の腕輪 クリティカル率70%のチー刀「虹」は、言うまでもないだろう。 虹のクリティカル率を最大限に活かすために、アクセサリーは「激怒の腕輪」を採用するのもよい。 高レベルかつ終盤になってくると、物理防御は、それほど重要ではなくなるので、オートヘイスト効果のある「ヘイストメット」を選び特殊効果を重視した。 「ノヴァアーマー」は、プリズムメットを外すことによる状態異常の穴を補うため装備。 クロノの技は、シャイニング主体なので、「ゴールドピアス」で燃費を良くするか、「虹の眼鏡」で火力アップを狙うかは、完全に好み。 エイラ 武器 剛拳 頭 プリズムメットorヘイストメット 鎧 プリズムドレス 装飾 ゴールドピアスor虹の眼鏡or激怒の腕輪 レベル97以上で変化する「剛拳」の火力が凄まじい。 「剛拳」による攻撃の回転数を上げるなら「ヘイストメット」と「激怒の腕輪」。 技や連携で攻めるなら、「ゴールドピアス」or「虹の眼鏡」になるだろう。 エイラは、連携技において重要な役割を占めることが多く、担当するダメージ割合も大きい。 炎3段蹴り、ビッグトルネード、あぐら落ち斬り、などはいずれもエイラが消費MP+高火力の技を担う。 そのため、ゴールドピアスを取るか、虹の眼鏡を取るかは、悩ましいところ。 「ヘイストメット」を採用すると状態異常に弱くなるが、持前の攻撃力での瞬殺攻勢なら「プリズムメット」が必要ないことも多い。 ロボ 武器 クライシスアーム 頭 ヘイストメット 鎧 ノヴァアーマー 装飾 虹の眼鏡 能力を最大限に高めた場合、回転レーザー、エレキアタック、ヒールビームくらいしか使わなくなる。 この3技を中心に装備を組み立ててみたところ、短期決戦狙いの上記の装備になった。 基本は、ビックトルネード(回転レーザー)での雑魚散らし、もしくは、ヒールビームでの回復が主な役割。 そのため、ゴールドピアスでの燃費向上は必要ないことが多い。 それならば、「虹の眼鏡」を装備して、スーパーエレキ(エレキアタック)時の火力上昇を図った方がよいだろう。 武器については、多少不安定ではあるが、下1桁が9の時の「クライシスアーム」の攻撃力が凄まじいので、安定性を取ってテラパワーアームを装備する必要はなさそうだ。 下1桁が9なら、ロボタックルすら凶悪な攻撃力を誇る。 魔王 武器 絶望の鎌 頭 ヘイストメット 鎧 ノヴァアーマー 装飾 虹の眼鏡or青の石 ダークマターが強力なので、クロノと同じく単体運用することも可能。 しかし、キャラクターの立ち位置が、クロノが蘇るまでの助っ人という感じなので、クロノが蘇ってしまうと、同消費MPで圧倒的に強いシャイニングに圧倒されてしまう。 また、連携を使えないのが非常に痛く、活躍する場面は限定的なので、あえてゴールドピアスで燃費を向上する必要もないだろう。 個人的には、オメガフレアが、かなり好きなので、「青の石」を装備させてることが多い。 ちなみに、オメガフレアの威力を突き詰めるなら、ロボに「青の石」を装備させた方がよい。 ただ、ステータスを最大限に高めた状態なら、フレア担当のルッカに「虹の眼鏡」を装備させただけで十分という気もする。 ルッカ 武器 ミラクルショットorプラズマガン 頭 プリズムメット 鎧 プリズムドレス 装飾 ゴールドピアスor虹の眼鏡 最大奥義であるフレアを中心にMPを惜しみなく使っていくタイプのキャラなので、「ゴールドピアス」の有用性が高い。 ただし、ルッカの連携は、ルッカのダメージ割合が大きくなる傾向があるので、「虹の眼鏡」も捨てがたい。 ここはパーティーによって、切り替えていくとよいだろう。 MP消費が激しいので、ヘイストメットで行動回数を増やすよりは、「プリズムメット」の状態異常防止を選び、他キャラと足並みを揃えてやるとよい。 武器は、ダメージにムラはあるが強力な「ミラクルショット」、ストップの追加効果がある「プラズマガン」を選んでみた。 しかし、ルッカが通常攻撃をする機会は、ほとんどないだろう。 マール 武器 セイレーン 頭 プリズムメット 鎧 プリズムドレス 装飾 白の石 完全に回復主体キャラであるのにもかかわらず、単体で全体回復魔法を放てない、という驚きの特徴を持っているため、使う機会は限られる。 個人的には、無属性の全体攻撃であるポヨゾーダンスが好きなので、「白の石」が固定装備。 ポヨゾーダンスは、マールとルッカがダメージに一切関係ないので、虹の眼鏡によるダメージアップも狙えない。 ヘイストメットを装備させても、無駄に行動回数が増えるだけなので、それならば「プリズムメット」で防御を固めた方がよいだろう。 武器は、申し訳程度に、ストップの追加効果がある「セイレーン」を選んでみた。 カエル 武器 グランドリオン(真) 頭 ヘイストメット 鎧 ノヴァアーマー 装飾 勇者バッジ 割と燃費の良いアイスウォーターや偶然エイラが居合わせた時に使う「あぐら落ち斬り」くらいしか見どころがないので、装備は正当系で選んでみた。 ゴールドピアスで燃費を向上させるほどの有用性もないし、カエルがダメージの中心である技を好んで使うこともないので虹の眼鏡も必要なさそう。 あくまでも勇者としてのグレンを際立たせるために「グランドリオン」と「勇者バッジ」は、欠かせないのではないだろうか。 最強メンバー考察 クロノ 物語の主人公だからなのか文句なしに最強キャラ。 チートアイテムの虹に依存するかと思いきや、クロノの真骨頂は最強技のシャイニング。 その他のキャラの最強技と比べ、一段階高いダメージ倍率なので、シャイニングだけでも十分に強い。 運用法が固まっていないならゴールドピアスでも装備して、シャイニングを連発させておけばよいだろう。 エイラ レベル97以上になるとクリティカル発生で必ず9999ダメージを与えられる剛拳が固定装備になる。 攻撃面は、申し分なく、尻尾竜巻や3段キックなどにより、数々の強力な連携を放てる。 コレクター必見の色仕掛けで敵からアイテムを盗むこともできるため、多くのプレーヤーがパーティーに入れて、連れまわしているのではないだろうか。 特に、マジックカプセルで魔力を高めてからは、強さに磨きがかかる。 ロボ 消費MP3のヒールビームで大きめ全体回復、クライシスアームで高火力の単体攻撃、エレキアタックで高威力の全体攻撃と隙のないキャラ。 ヒールビームの有用性は異常で、回復専門のマールの意義を完全に奪い去った悪い奴。 しかも、マールは名付けの親である。 マジックカプセルでの魔力上げが済むと、回転レーザーすら雑魚散らしに使えるようになるし、派生の高速回転もある。 極めつけは、クロノとのコンビで放てるスーパーエレキで超高火力全体攻撃。 ルッカ FFで言うところの黒魔導師的なキャラなので、連携で担当するダメージ割合も大きい。 フレア、メガトンボムなどと高火力の技が揃っていて、それらがたくさんの連携に派生する。 エイラが加入する前の序盤から中盤にかけては、かなりお世話になるキャラである。 魔王 連携を使えないのが痛い。 最終奥義のダークマターは十分に強いのだが、結局、クロノの二番煎じで終わってしまっている。 最終的なステータスの総合値もエイラに次いで高いのだが、やはり連携なしは厳しい。 せめてもの救いが、オメガフレアやダークエターナルといった高位力かつエフェクトが素敵な特殊連携技が用意されている点か? マール 物語の重要人物であるのにもかかわらず、戦闘ではあまり使われない。 致命的なのが、全体回復技を単体で使えない点で、わざわざケアルガウィンドやダブルケアルガを連携で放つのはターンの無駄。 せめて、シャイニングとは言わないもののフレアやダークマターのような強力な技をひとつ覚えて欲しかった。 カエル 上で紹介したマール以上に扱いに困るキャラ。 エイラの力を借りて「あぐら落ち斬り」を放ったり、ルッカの力を借りて「カエルフレア」を放ったりしなければ、活躍の機会はない。 やはりグレンは、サイラスの代わりがいなければ何もできない奴だったらしい。 個人的に彼が一番輝いていた時期は、初プレイ時のマノリア修道院でクロノと一緒にエックス斬りを放った瞬間だったと思う。 「連携カッケー」、「クロノトリガーすげー」などと、プレーヤーの心を躍らせたはずだ。 おすすめ技・連携考察 ビックトルネード クロノ(回転斬り)+ロボ(回転レーザー)+エイラ(尻尾竜巻)で放てる素晴らしい連携。 エイラを除けば、比較的低燃費で放てる、冥属性の全体技で、雑魚散らし能力が非常に高い。 それでいて、エイラやロボの魔力がアップすれば、最終ボスすら蹴散らす高火力と化す。 特にエイラの魔力が仕上がっている状態では、非常に強力な連携になるため、その有用性に酔いしれよう。 ポヨゾーダンス(白の石) 白の石を装備して、エイラ(尻尾竜巻)+マール(挑発)+ルッカ(催眠音波)で放てる特殊連携。 ポヨゾーダンスそのものの威力はそこまで高くないが、この技の素晴らしいところは、クロノトリガーでは非常に貴重な無属性全体攻撃という点。 火力はエイラの魔力完全依存なので、使えるようになるまでには時間がかかるかもしれないが、最終的には、ほとんど全ての敵に有効な雑魚散らしになってくれる。 オメガフレア(青の石) 青の石を装備して、魔王(ダークボム)+ルッカ(フレア)+ロボ(回転レーザー)で放てる特殊連携。 オメガフレアの魅力は、その威力とエフェクトの良さだろう。 超高火力の全体技なので、冥属性で回復する敵以外のほとんどは、この技で押しきれてしまう。 フレアの燃費が気になるところだが、ルッカにゴールドピアス装備で何とでもなる。 魔力が十分に高まっていれば、虹の眼鏡の装備なしでも、7000~8000のダメージを叩き出せる火力を持っている。 スーパーエレキ クロノ(サンダガ)+ロボ(エレキアタック)で放てる超高火力雷属性全体攻撃。 その威力はシャイニング以上で、2人技の中でも屈指の破壊力を誇る。 ロボの燃費は気になるところなので、短期決戦向きの技だといえる。 個人的には、ゴールドピアスでロボの燃費を改善するよりかは、虹の眼鏡を装備して、徹底的に威力を突き詰める。 ハヤブサ斬り クロノ(全力斬り)+エイラ(岩石投げ)で放てる技。 エイラ加入後、比較的早期に使える連携で、威力がそこそこの無属性範囲攻撃というのがポイント。 クロノトリガーのモンスターは、横に繋がった隊列を組んでいることが多く、ハヤブサ斬りでまんべんなく攻撃できることが多い。 中盤から終盤までしっかりと使っていける連携のため、覚えておくとよいだろう。 強いて欠点を挙げるとすれば、照準合わせが少し面倒な点か? 火炎竜巻 エイラ(尻尾竜巻)+ルッカ(ファイガ)で超高威力全体技。 パーティー最強の魔法アタッカーと物理アタッカーの高威力連携で、凄まじい破壊力を誇る。 さらに、高位力の割には、消費MPが中程度なので、雑魚散らしにもおすすめ。 特に、エイラの魔力が十分に高まっている場合は、その威力に驚くことだろう。 フルステータスかつ両名が虹の眼鏡を装備すれば、2人技にもかかわらず、9000~9900程度のダメージまで達する。 炎3段蹴り エイラ(3段キック)+ルッカ(ファイガ)で放てる高威力単体攻撃。 フルステータスなら、上記の火炎竜巻を差し置いて使う必要性はないが、エイラの魔力が低い通常プレイなら、こちらの方が強いはず。 また、エフェクトがかなり魅力的な技でもあって、火炎をまとっての超高速キックは、ガイ先生の裏蓮華を彷彿とさせるようである。 氷河投げ エイラ(岩石投げ)+マール(アイスガ)で放てる技。 非常に燃費の良い範囲攻撃。 マールとエイラをパーティーに加入させることは、あまりないかもしれないが、マールとエイラの連携の中では、かなり使いやすい技。 反作用ボム3 ルッカ(フレア)+マール(アイスガ)で高火力全体技。 冥属性の全体技で、マジックカプセルを使わないレベル上げのみのパーティーなら、全体技の中でも屈指の威力を誇る。 通常プレイでは、かなり強力な連携で、VSスペッキオなどでは役立つことも多いだろう。 アイスウォーター カエル(ウォーター)+マール(アイス)で放てる技。 火力は期待できないが、低燃費で放てる全体技なので、中盤のレベル上げにどうだろう。 カエルとマールの連携で惜しいのが、ウォータガ+アイスガの連携技がないこと。 あぐら落ち斬り カエル(ジャンプ斬り)+エイラ(3段キック)で放てる技。 カエルの連携技の中でも屈指の威力。 とはいっても、ほとんどエイラ姉さんの力だが…。 カエルを無理やりスタメンにするなら、上手く使っていきたい。 ヒールビーム ロボの単体技。 回復はこれだけあれば良いと言えるほど有用性の高い技。 小回復ながら、ロボの魔力に比例して回復量が上がっていくので、魔力が十分に高まった状態なら999回復する。 この技のおかげで、ロボは単体技、回復技、連携技に隙のないスーパーキャラとして大活躍する。

次の

【FF12tza/PS4】各ジョブの特徴と相性、役割を考察その3/時空魔戦士、ブレイカー、弓使い【FF12ザ ゾディアック エイジ攻略】

ヘイスト 武器

アビリティやペットコマンドのリキャストには反映されませんが、「魔法」のリキャストや、攻撃間隔に影響します。 ヘイスト装備は取得TPには影響しません。 ヘイストプラス装備 とかそういう名前で一般化されていれば混乱は少なかったかも……。 《Lv10 0. 90》 《Lv25 0. 85》 《Lv45 0. 75》 《Lv65 0. 70》 二刀流効果アップは、取得TP、攻撃間隔に影響します。 二刀流効果アップは、二刀流をしていなければなりません。 素手、格闘武器、両手武器時は効果が発揮されません。 また、片手武器であっても二刀流していなければ効果はありません。 基本的にレベルが上がる毎に取得TPは減り、攻撃間隔は早くなります。 2006年12月現在、素破の耳、乱波鎖帷子、甲賀袴の3つに『二刀流効果アップ』がついていますが、1つにつき -0. 05 であるようです。 サポ忍時 二刀流効果アップ -0. 01 だそうで……。 ヘイストと魔法のリキャストの関係を表にまとめてみました。 Haste-Recast tableにおいて「実際の値」は、小数点第二位まで計算しています。 00 30. 00 1 44 29 44. 65 29. 77 2 44 29 44. 12 29. 41 3 43 29 43. 77 29. 18 4 43 28 43. 24 28. 83 5 42 28 42. 89 28. 59 6 42 28 42. 36 28. 24 7 42 28 42. 01 28. 01 8 41 27 41. 48 27. 66 9 40 27 40. 96 27. 30 10 40 27 40. 61 27. 07 11 40 26 40. 08 26. 72 12 39 26 39. 73 26. 48 13 39 26 39. 20 26. 13 14 38 25 38. 85 25. 90 15 38 25 38. 32 25. 55 16 37 25 37. 97 25. 31 17 37 24 37. 44 24. 96 18 36 24 36. 91 24. 61 19 36 24 36. 56 24. 38 20 36 24 36. 04 24. 02 21 35 23 35. 68 23. 79 22 35 23 35. 16 23. 44 23 34 23 34. 80 23. 20 24 34 22 34. 28 22. 85 25 33 22 33. 75 22. 50 26 33 22 33. 40 22. 27 27 32 21 32. 87 21. 91 28 32 21 32. 52 21. 68 29 31 21 31. 99 21. 33 30 31 21 31. 64 21. 09 31 31 20 31. 11 20. 74 32 30 20 30. 76 20. 51 33 30 20 30. 23 20. 16 34 29 19 29. 71 19. 80 35 29 19 29. 36 19. 57 36 28 19 28. 83 19. 22 37 28 18 28. 48 18. 98 38 27 18 27. 95 18. 63 39 27 18 27. 60 18. 40 40 27 18 27. 07 18. 05 41 26 17 26. 72 17. 81 42 26 17 26. 19 17. 46 43 25 17 25. 66 17. 11 44 25 16 25. 31 16. 88 45 24 16 24. 79 16. 52 46 24 16 24. 43 16. 29 47 23 15 23. 91 15. 94 48 23 15 23. 55 15. 70 49 23 15 23. 03 15. 35 50 22 15 22. 50 15. 武器の隔は、1ターンの攻撃を考慮すると右手の武器の隔 メインウェポン +左手の武器の隔 サブウェポン =武器の隔として扱います。 70 - 0. 910…[隔] となります。 ヘイストとマーチの関係の詳細は の『ヘイストとマーチの実験』をご参照ください。 05 の比較をします。 この両者は『白虎佩楯 Lv75〜』、『甲賀袴 Lv71〜』であり二刀流効果アップは《Lv65 0. 70》が適応されることが約束されています。 素の状態で双方の装備の比較• 魔法ヘイストを受けた状態で双方の装備比較• 基本値が忍者65以上ですと魔法ヘイストを受けていても「0. 85」が基本式。 甲賀袴と白虎佩楯の 0. 05 をどちらの数値に関与させるかの差ともいえます…。 無論 0. 70 から 0. 05 関与させる二刀流効果アップの甲賀袴のほうが単体では優秀なんですが、上記の通り、ケースバイケースかなーって感じがしました。 アサルトの土竜作戦とかでは甲賀袴のほうがちょっと優勢ですね。

次の