猫 またたび。 犬にまたたびは効果があるの?猫とは違う反応とは

猫にとって危険な植物とは?またたびも注意!【獣医師が解説】

猫 またたび

この記事でまとめたこと• またたびとは? またたびとは、山地など日本に広く自生する落葉つる植物のことをいいます。 6月から7月にかけて白い花を咲かせ、花が咲く時期になると葉っぱが半分ほど白くなることから、夏梅とも呼ばれています。 ちなみに、キウイフルーツもマタタビ科ですよ。 またたびの名前の由来は? またたびの名前の由来は、アイヌ語の「マタタムブ」に由来しているという説が有力です。 「マタ」は冬、「タムブ」は「カメの甲」もしくは「手土産」の意味があります。 その他には、疲れた旅人がまたたびの実を食べたところ再び旅を続けることが出来るようになったことから、「復旅 またたび 」と名付けられたという説もあります。 またたび虫癭果(ちゅうえいか)とは? マタタビノアブラムシに卵を産み付けられて、虫こぶ状に発達した子房を「虫癭果」といいます。 虫癭果には、ネコ科の動物に作用する「アクチニジン」「マタタビラクトン」などの有効成分が通常の実よりも多く含まれていることでも知られています。 人の漢方薬として古来より使用されてきたという歴史もありますよ。 猫にまたたびをあげるとどうなる?反応は? 猫はまたたびに近づくと、またたびから出る成分を感知し、ハイな状態になります。 しかし、人間の飲酒と大きく違うのは、「少量であれば健康に良い」というわけでもない点です。 あくまでも「一時的に興奮した状態になる」「酔っ払いのように恍惚とする」だけなので、リラックスやストレス解消、快楽を与える道具だと思ってくださいね。 また、またたびによる上記の作用は一時的なもので依存性はありません。 出典:猫生活 2008年 03月号 マタタビの謎を追え 猫がまたたびを食べるとどうなるの? またたびを食べることで起こりうること• 食欲増進• ストレス軽減• 老化防止• 虫歯対策 またたびを食べることにより、「食欲増進」「ストレス軽減」「老化防止」「虫歯対策」などが猫の身体に起こり得ます。 猫はものをかじるという習慣があまりないため、またたびをかじるという行為が脳の老化防止に役立つともいわれています。 「マタタビラクトン」「アクチニジン」の2つはまたたび特有の成分で、これらが猫の上あごにあるヤコブソン器官で感知され、中枢神経を麻痺させることで性的興奮を覚えるという仕組みになっています。 しかし、次の項で説明しますがこの中枢神経を麻痺させてしまうという報告があります。 また、飼い主が与えるつもりはなくても、またたびの在りかを見つけ出し、近寄ってしまう可能性もあるので、またたびの管理には気をつけてくださいね。 またたびの値段は? またたびの与え方 与え方 またたびを初めて与える場合は、粉末状のタイプを少し嗅がせる程度から始めるようにします。 成猫であっても、耳かき半分以下の量で十分です。 食べ物ではないので大量に与えたりキャットフードに混ぜて与えたりすると、呼吸困難や心停止を引き起こすこともありますよ。 また、猫が誤ってまたたびの実を丸飲みすると消化系を詰まらせる原因となり、開腹手術が必要になることもあります。 実をそのまま与える場合は特に注意してくださいね。 タイミング またたびを与えるタイミングとしては、「食欲が落ちてきた時」「爪とぎ場所のしつけ」「遊ぶ時」「ストレスを抱えている時」などがおすすめです。 猫にまたたびを与える際の注意点!どんなリスクがある?いつから与えて良いの? またたびには中枢神経を麻痺させる作用があり、麻痺の度合いが強すぎると呼吸ができなくなってしまう可能性があります。 与え過ぎると、最悪の場合、愛猫の死を招くというリスクがあることを理解しておくことが大切です。 人間に強い酒をどんどんと飲ませてはいけないように、ねこにも適度なまたたび量があります。 また、お酒とは異なり、何歳になったら与えても良い、というような年齢制限はありませんが、成猫と子猫は体の大きさが異なるため、同量のまたたびを与えても身体に起こる影響の大きさがが変わってきます。 最初に与えるときは、少なすぎるくらいの量から試すのがおすすめですよ。 猫にとって危険な植物 猫に危険な植物• シクラメン• ユリ科の植物• ポインセチア 猫に危険な植物として、「シクラメン」「ユリ科の植物」「ポインセチア」などがあります。 シクラメン 摂取すると「下痢」や「おう吐」などの中毒症状を引き起こします。 多量に摂取すると、死に至る危険性もありますよ。 シクラメンと同じサクラソウ科に属する植物も同様の引き起こす原因になるため、注意が必要です。 ユリ科の植物 ユリ、すずらん、チューリップなどのユリ科の植物は、猫にとって最も危険な植物です。 花や葉だけでなく花粉を少し摂取しただけでも急性腎不全を引き起こし、死に至ることもあります。 ポインセチア クリスマスの飾りとして使われることの多いポインセチアですが、猫にとっては危険な植物の一つでもあります。 直接命に関わることは少ないですが、葉や茎から出る成分が「下痢」「おう吐」「皮膚炎」などを引き起こしてしまいます。 またたびは与える部分や状態によって影響の強さが異なる 先ほど紹介したとおり、またたびによる影響には個体差があるので、最初に与えるときは少なすぎるくらいの量から試して、おねだりされても大量に与えるないようにしてください。 またたびは快感を引き起こすものでしかないため、常用すると我慢や警戒心などは薄れていってしまいます。 与える際には猫のことを考えて、飼い主が徹底管理してあげてくださいね。

次の

猫にまたたびはどんな効果がある?正しい使い方は?

猫 またたび

ことわざの意味として、「またたびは非常に好きなもののたとえで、それを与えると、必ず効果があること」とされています。 猫ちゃんへのごほうびやおやつとして与えることが多いまたたび。 ちょっぴり匂いを嗅がせただけで、スリスリ、ゴロゴロ。 まるで人間の酔っ払いのような姿を見せてくれますが、またたびは猫にとってのお酒というわけではないのです。 猫にとってのまたたびとは?またたびをあげる際に注意すべきことは? そんな疑問を解決します。 猫の好物「またたび」とは またたびってどんなもの? またたびは、主に山地に自生するツル性の植物です。 初夏になると白い花が咲き、その後どんぐりのような形をした実になります。 この実や新芽は、古くから食用として利用されており、またたびの実を乾燥させて粉にしたものが、またたび粉として市販されています。 猫にとってのまたたびとは? 猫にまたたびを与えると、頭をこすりつけたり、くねくねと転がったりする興奮状態が、短いと数秒から、長いと数分ほど続きます。 人間に例えると、まるでお酒に酔っ払ったように見えますが、人間がアルコールに酔っている状態とは全く違います。 これは、またたびの中に含まれるアクチニジンやマタタビラクトンなどの成分が、脳の中枢神経を刺激して、軽い麻痺状態にさせるためといわれています。 またたびでメロメロになる光景は、ライオンやトラなど猫科の野生動物でもみられるようです。 しかし、なぜ猫科の動物がこのような反応をするのかについて詳しい理由は分かっておらず、いわゆる猫の不思議のひとつとなっています。 猫はみんなまたたびが好き? またたびへの反応については個体差があり、少量でも興奮状態を示す猫や、逆に全く興味を示さない猫もいます。 人間でいうお酒やたばこ、あるいは麻薬などのような常習性、中毒性はなく、効果も長時間は続きません。 少量なら、ストレス解消やごほうびなどに使える場合があります。 またたびの与え方は? またたびを初めて与える猫ならば、粉末状のタイプをほんのちょっぴり、匂いを嗅がせる程度からはじめてみましょう。 またたびを与える際の年齢制限は特にありませんが、生後数日~数週間の赤ちゃんはあまり反応しないとされています。 成猫についても、耳かき半分以下の少量で十分です。 もちろん、食べ物ではありませんので、フードにまぜたり、大量に与えないようにしましょう。 またたびは猫の中枢神経を麻痺させる作用があるため、場合によっては呼吸困難や心停止を引き起こす可能性もあります。 稀に、『猫がまたたびの実を丸飲みしてしまい、胃や腸に詰まってしまった』というケースもあるようです。 開腹手術が必要になる場合がありますので、実をそのまま与える際は注意が必要です。 またたび以外に好きな植物って? またたびと似たような植物としては、キウイがあります。 そのため、キウイの木の枝や根の匂いを嗅ぐと、またたびの匂いを嗅いだときと同じような反応を示す猫が多いのです。 しかし、スーパーなどで市販されているキウイフルーツは品種改良されているため、またたび効果は薄いようです。 また、ガーデニングやフレーバーティーに使われ、人気のあるキャットニップ、キャットミントなどのハーブも、猫が好きな香りの成分が含まれています。 これらのハーブを栽培している方は、猫に狙われやすいので注意しましょう。 注意が必要な植物・スパイス 猫は、生活のなかでさまざまな匂いを嗅ぎ分けています。 私たち人間も、香りの好みがそれぞれ違うように、猫にも好き、嫌いなどの個体差があります。 カレースパイスの香りが好きな猫もいれば、ペパーミントの香りに興奮する猫もいます。 しかし、これらは匂いを嗅がせる程度にしておき、猫が口にしないように注意して見てあげることも、飼い主の責任です。 猫にとって危険な植物 シクラメン 摂取すると、下痢やおう吐などの中毒症状を引き起こし、多量に摂取すると死に至る危険性があります。 同じサクラソウ科に属する植物も、同様の症状を引き起こすため、危険です。 ポインセチア 冬時期に、クリスマスの飾りとしてお部屋に置く方も多いポインセチア。 猫にとっては危険な植物のひとつなのです。 葉や茎から出る成分が、下痢、おう吐、皮膚炎などを引き起こしてしまいます。 直接命にかかわるケースは少ないですが、猫が触れないように注意しましょう。 ユリ、チューリップ、すずらん ユリ科の植物は、猫にとって最も危険な植物のひとつです。 葉や花はもちろん、花粉を少し摂取しただけでも、急性腎不全を引き起こし、死に至る危険性が高いのです。 猫のいる家庭で、これらの植物を部屋に置くのはやめましょう。 *猫に中毒症状を起こさせる食べ物については、でも詳しくご紹介しています。 また、最近はアロマオイルなどの精油を蒸発させ、香りを発生させるインテリアグッズを室内に置いたり、アロマキャンドルやお香を焚く方が増えてきました。 人間にとっては良い香りでも、猫にとっては体内にとりこまれることで害になる場合があります。 詳しくは、の記事をご覧下さい。

次の

【猫とまたたび】なぜ好き?与え方は?うちの猫たちはマタタビボール

猫 またたび

メニュー• <木天蓼 またたび とは?> 猫にまたたび・・まるでセットの ように言われるまたたびですが、 古くから漢方薬、生薬として 民間療法などに活用されている、 つる性の植物です。 特に珍しいものでもなく、全国に 広く分布、山地に自生しています。 marcheaozora. ただ、多くはまたたび酒や塩漬け、 砂糖漬け、酢漬けなどにして食す ようですね。 あとは、乾燥させて粉にして 漢方薬や、猫への加工品などに 使用されるなど、幅広く利用されています。 ちなみに北海道に生で食べても 美味しい「フルーツまたたび」 なるものがあるようです。 *またたびの効用 民間療法に重宝されていること から当然、良い効能があると されています。 血行促進、神経痛、リュウマチ、 利尿作用、鎮痛作用などがあり、 特に冷え性の人などに最適と されています。 また、免疫力を高めたり、生活 習慣病の予防や改善にも効果が あるとされています。 これらさまざまな薬効が認められ、 人ではまたたびを使った食品も 多いですが、人の場合、猫のような 酔っ払い? 反応は起きません。 笑 *またたびの成分 またたびの有効成分としては主に ・ビタミンA、ビタミンC ・マタタビ酸 ・ポリガモール ・アクチニジン ・マタタビラクトン などがあります。 スポンサー リンク <猫にまたたびの作用> 人間ではさまざまな健康効果が 挙げられている「またたび」ですが 猫では興奮や陶酔を与える媚薬の ような役割として有名ですね。 猫のまたたび反応に関係している のは、 ・アクチニジン ・マタタビラクトン ネペタラクトン・イリドミルメシン・イソイリドミルメシン です。 これらの成分を猫は 匂いを認識する 脳の組織、嗅球 きゅうきゅう で 感知し、 興奮作用を起こしています。 トラやライオンなど他のネコ科の 動物も同様です。 ネコ科動物はまたたびの匂いを 嗅ぐと舐めたり噛んだり、頭や 体をこすりつけたり、身悶えする ような行動を取ります。 そしてこれは、発情期のような 行動にも似ているため、性的興奮 作用を引き起こすのでは?と考えられています。 ただ、実際何のためにそのような 反応を引き起こすのかは分かって おらず、また効果も個体差があります。 日本では「またたび」と同じマタタビ 科の「キウイフルーツの根」、西洋 では「キャットニップ イヌハッカ 」 に同様の作用があります。 <猫にまたたびの影響、有害性は> 猫にも人間と同じような健康効果 はないのか・・? これについては研究データなども なく、分かっていないというのが 現状です。 ただし、 緊張緩和、 食欲刺激などの 効果は認められるため、 ストレス の解消などに効果的な面はあるようです。 しかし、逆に危険性も指摘されて いて与えすぎると 「呼吸中枢を麻痺 させ、呼吸ができなくなり死んで しまう」などという情報も見かけますが。 ただ、実際にマタタビで呼吸停止 してしまったなどという科学的に 実証されている報告はありません。 ですから、実際のところそのような リスクの実情は分かりませんが、 またたびの成分が脳の回路に影響 を与えているのは事実です。 また、アメリカのASPCAの 植物毒性リストでは、 キャット ニップによって、 下痢や嘔吐、 倦怠感、 沈うつ、などの症状の報告があります。 *ASPCA アメリカ動物虐待防止協会 その他、キャットニップでは 発作を起こしやすくしたり、 子宮刺激作用もあるとされている ので、 てんかんがある子や 妊娠中 の猫では 使用は避けるべきだと されています。 ただ、猫にまたたびは、古くから 愛用されてきているものですし、 通常の健康体の子であれば過剰な 量を与えなければ、 基本的には 安全なモノだと言えると思います。 また、またたびは人で言う薬物の ように中毒性はないとされています が、頻繁に与えると作用や効果も 薄れてきたり、猫自体が興味を示さ なくなるため、 頻繁な使用は避けるべきですね。 適度な量や頻度については、 研究データなどもなく、はっきり とは言えませんが、基本的に常用 するものではなく、 何らかの必要性 があるときに少量与えるようにする のが良いのではと思います。 *動物病院に連れていくときや、 移動など猫が緊張を強いられるとき *何らかの不調によって食欲不振 のとき *引越しなど環境の変化でストレス になっているとき などの時に匂い付け程度に少量を 与えてやるといいですね。 もちろん必要性を感じなければ わざわざ与える必要はないものです。 <まとめ> 今は猫製品の多くにまたたび が使われていますから、知らない うちに与えていることもあるかと 思います。 ちなみにウチでは、特にまたたびの 必要性を感じないため、わざわざ 与えることはないのですが、 またたび練り込みオモチャを買って あります。 rakuten. またたびは、どちらかというと オスの方が反応が強いとも言われて ますのでウチはどっちもメスだから かもしれません。 ちなみに全く反応を示さない方は、 歯磨き粉には反応を示します。 おそらく歯磨き粉の成分の ハッカ油に同様の効果があり、 それに反応しているようです。 ですから、私が歯磨きをしていると 顔 特に口元 めがけて、スリスリ 頭突きをかましてきます笑.

次の