アセトン 血性 嘔吐 症。 子供の自家中毒ってどんな病気?症状や検査方法は?

アセトン血性嘔吐症:子どもが嘔吐を繰り返す原因と治療法

アセトン 血性 嘔吐 症

実際のケースでは異なることがありますので、判断の目安としてお役立てください。 なお、項目はあらかじめ全疾患を通して用意された選択肢から判断したものです。 [概説] 本症は2~8歳のやせ型体質の神経質な子どもが感冒や精神的ストレスにより食事を摂取できなくなることにより発症する病態です。 男児が多いことが特徴です。 食事からの糖の補給がないことにより、低血糖とケトーシスをきたして元気がなくなり嘔吐を発症します。 食事からの糖の補給がないと、肝に貯蔵されているグリコーゲンはブドウ糖に変換されて使用されます。 しかし、その代償機能は数時間しか維持できず、すぐにグリコーゲンは枯渇(こかつ)します。 そこで、筋タンパク(糖原性アミノ酸)が動員され分解されてアラニンとなり、さらにピルビン酸を経てブドウ糖に分解され、低血糖防止のための調節機能が働きます。 一方、空腹時にはグルカゴン、絶食時には副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)により脂肪は分解され、脂肪酸とグリセリンとになります。 脂肪酸は肝臓でケトン体(アセト酢酸と3-ヒドロオキシ酪酸)に変換され、筋や脳でのエネルギー源として使用されます。 低血糖や血中のケトン体の増加は本症に認められる症状の原因となります。 [症状] 適切な診断と数日間の補液により嘔吐は改善します。 数日間の入院治療が原則です。 輸液で失われた水分と電解質を補充して末梢循環を改善させるとともに、ブドウ糖を補給して細胞代謝を改善させケトーシスを補正します。 以前はコーヒーのような液を吐くほどの重症患者がいましたが、最近では軽症患者がほとんどで、患者数も減少しています。 周期性ACTH-ADH放出症候群は、重症のアセトン血性嘔吐症と極めて類似している病態です。 抗けいれん薬・抗不安薬であるフェニトイン、ジアゼパム、バルプロ酸、抗うつ作用のあるイミプラミン、抗セロトニン受容体拮抗薬であるオンダンセトロンやクロルプロマジンなどが嘔吐発作回数の減少や発作軽減に有効です。 通常のアセトン血性嘔吐症にはこれらの薬剤の投与は不要です。 [1]急速輸液 ソリタT1を幼児1時間あたり200ml、学童1時間あたり300mlの速度で2~3時間、合計500~1,000mlを利尿がみられるまで輸液します。 通常は48時間以上必要です。 むかつき、嘔吐がなくなり、尿中ケトン体が陰性となり、経口摂取が可能となったら輸液療法を終了します。 [予後].

次の

アセトン血性嘔吐症:子どもが嘔吐を繰り返す原因と治療法

アセトン 血性 嘔吐 症

なぜこのような状況になるのでしょう。 人間の体の動力として、糖は大変大切な役割を果たしています。 糖は、体の中では肝臓や筋肉の中に貯蔵されています。 肝臓の中の糖の貯蔵は数時間しかもちません。 特に子どもの場合、貯蔵は少ないためすぐに使い果たされます。 糖が足りなくなると、体は栄養源として脂肪を分解します。 その結果、ケトン体という代謝物が出てきます。 ケトン体は酸性なので、血液は酸性に傾き、吐き気、腹痛などの症状がでてきます。 この状態をアセトン血性嘔吐症といいます。 また、血糖値もさがってしまうので、吐き気や眠気、ぐったり、意識混濁、といった低血糖の症状もでてきます。 血糖値は、正常では80~100くらいですが、子どもによっては、簡単に40以下にまでさがってしまうことがあります。 低血糖は、脳にダメージをあたえてしまうこともあり、早急な治療が必要となります。

次の

成長とともに改善―周期性嘔吐症ストレスも引き金に|医療ニュース トピックス|時事メディカル

アセトン 血性 嘔吐 症

なぜこのような状況になるのでしょう。 人間の体の動力として、糖は大変大切な役割を果たしています。 糖は、体の中では肝臓や筋肉の中に貯蔵されています。 肝臓の中の糖の貯蔵は数時間しかもちません。 特に子どもの場合、貯蔵は少ないためすぐに使い果たされます。 糖が足りなくなると、体は栄養源として脂肪を分解します。 その結果、ケトン体という代謝物が出てきます。 ケトン体は酸性なので、血液は酸性に傾き、吐き気、腹痛などの症状がでてきます。 この状態をアセトン血性嘔吐症といいます。 また、血糖値もさがってしまうので、吐き気や眠気、ぐったり、意識混濁、といった低血糖の症状もでてきます。 血糖値は、正常では80~100くらいですが、子どもによっては、簡単に40以下にまでさがってしまうことがあります。 低血糖は、脳にダメージをあたえてしまうこともあり、早急な治療が必要となります。

次の