確定 申告 書 受付 印 が ない。 2年前の確定申告書の控えに 税務署受付印を押してもらえるものでしょ

小規模企業共済の加入にあたり「受付印のある確定申告書の控え」が無い場合の対応方法

確定 申告 書 受付 印 が ない

税務署に提出した確定申告書の内容が、提出後に必要となるのは、どのような場合? 1. 自分で利用する場合 既に提出した確定申告等の内容に誤りがあった場合など、自分自身でも既に申告した内容を確認したいケースがあると思います。 そんな時には、確定申告書の控えがあれば、その内容を確認することが可能となります。 ちなみに、確定申告の期限内に誤りに気付いた場合は、改めて申告書等を作成し、確定申告期限までに提出すればよいことになっています。 また、確定申告の期限後に誤りに気付いた場合は、更正の請求や修正申告等による手続きが必要となります。 住宅ローンの 審査や、奨学金の申請時に、相手側から提出を求められる場合 一般的には、相手側が、 収入(所得) 状況を把握したい場合に、控えの提出を求められることとなります。 たとえば、 ・住宅ローンの審査(事前)時 ・奨学金の申請時 ・保育園の手続き時 などです。 証明されている控えが必要かどうか? 確定申告書の控えは、国税庁のホームページにある確定申告書作成コーナーや、市販の確定申告書作成システムなどを利用して確定申告書を作成すると、控えも印刷することが可能となっています。 したがって、上記1. の自ら利用する場合など、確定申告の内容がわかるだけでよいのであれば、その控えにより確認することが可能となります。 しかし、その控えは、自ら印刷しているものなので、本当に確定申告をした内容と同じかどうか、は第三者的には疑わしいとも言えます。 そこで、上記2. の相手側から提出を求められる場合には、税務署等による 収受日付印が押された確定申告書の控えが求められることになります。 確定申告書の収受日付印とは 収受日付印は、税務署等に申告書等を提出する際に、その提出した申告書等に押されるものですが、その提出と同時に、申告書の控えを提示すると、その控えにも押印した上で、返却してもらえます。 なお、の場合には、控えと返信用の封筒(宛名等及び必要な郵便切手の貼付があるもの)を同封することにより、収受日付印が押印してある控えを返送してもらうことが可能です。 収受日付印の押印は、収受の事実を確認するものであり、内容を証明するものではないので注意しましょう。 あとから収受日付印はもらえない! 申告書を提出した後に、収受日付印のある控えが必要になったとして、 あとから、押印を依頼しても、原則として、対応してもらえないため、控えが必要な場合には、申告書等の提出と同時に、控えも提示し、返却してもらうようにしましょう。 提出がe-Taxの場合は? e-Taxの場合は、書面で提出した場合のように申告書等の控えはありませんが、申告等データの送信後にメッセージボックスに格納される受信通知により、申告等データが税務署に到達したこと等を確認することができます。 この受信通知には、申告された方の氏名又は名称、提出先税務署、受付日時、受付番号及び申告した税目等が表示されますので、 代用可能かどうか、控えの提出先に確認してみましょう。 所得の証明なら納税証明書でも! 確定申告内容の詳細は必要なく、所得金額の証明が必要な場合には、納税証明書を発行してもらう方法があります。 ちなみに、納税証明書の種類は以下のとおりです。 この申告書等閲覧サービスは、申告書等を作成するに当たり、過去に提出した申告書等の内容を確認する必要があると認められる場合に限って実施するものなので、これ以外の目的(第三者からの申告内容の問合せに対する回答など)のためには利用することはできないため、注意して下さい。 なお、原則として、 申告書等のコピーの交付等(コピーの交付、カメラ撮影、スキャナーによる読み取り)は、できませんので、手で書き写すこととなります。 注意して下さい。 確定申告書等の控えは、いつ、必要となるか分かりませんので、収受日付印のある控えを入手し、大切に保管することをおすすめします。 【関連記事をチェック】.

次の

【受付印がない】せっかく確定申告を提出期限内で申告しても証明できない・・・

確定 申告 書 受付 印 が ない

確定申告で使う印鑑の種類 確定申告で提出する書類には印鑑を押す箇所がありますが、この印鑑は何を使えばいいのか疑問に思った方もいるのではないでしょうか? まず初めに、個人事業の方が確定申告する際、その書類にはどの印鑑を使ったらいいのかご説明します。 印鑑の種類 確定申告で使う印鑑を説明する前に、印鑑にはどんな種類のものがあるのか説明したいと思います。 実印 実印とは、住民登録をしている市区町村に印鑑登録をしているハンコのことです。 実印はハンコの中でとても重要な印鑑で、住宅ローンや不動産などの高額な金銭取引をする場面で使うことが一般的です。 銀行印 銀行印とは、銀行の口座開設をするときに登録するハンコで、銀行の窓口で何か手続きをする場合にはこの印鑑が必要になります。 認印 認印とは、印鑑登録をしていないハンコのことです。 印鑑証明を必要としない書類作成や伝票処理などに使用します。 元々はシヤチハタ株式会社のネームスタンプの名前から来ており、今ではゴム製の印鑑全般をシャチハタと呼ぶようになったんですね。 ただ、下でご説明しますが、シャチハタ印は確定申告で使うことはできません。 確定申告書に押す印鑑は何を使えばいい? では、確定申告ではどの印鑑を使ったらいいのか説明したいと思います。 シャチハタ以外ならどの印鑑でもいい 上記で印鑑の種類について説明しましたが、 確定申告で使う印鑑は、シャチハタ以外だったら何でも構いません。 シャチハタ以外だったら、100円ショップなどに売っているような三文判でもいいわけです。 シャチハタがダメな理由 確定申告で使う印鑑は、なぜシャチハタはダメなのか説明します。 シャチハタはゴム製で、インクが少しずつにじみ出る仕組みになっていますね。 ゴムは劣化しやすいですし、 シャチハタのインクは長年保管しておくと印影が見えなくなってしまうということもあります。 ですので、確定申告では、シャチハタでの押印は認められていないわけです。 確定申告書の印鑑を押す箇所 確定申告で使う印鑑は分かっていただけたと思いますので、確定申告書Aと確定申告書Bの押印箇所について説明したいと思います。 確定申告書Aの印鑑を押す場所 確定申告書Aは第一表と第二表がありますが、印鑑を押す箇所は、 第一表の氏名の右横とその控えの2箇所になります。 ちなみに、会社員などの給与所得者が確定申告書Aを使用します。 確定申告書Bの印鑑を押す場所 確定申告書Bも第一表と第二表がありますが、Aと同様に印鑑を押す箇所は、 第一表の氏名の右横とその控えの2箇所になります。 ちなみに、個人事業主の方は確定申告書Bを使用します。 確定申告をラクに終わらせませんか? クラウド会計ソフトを使えば 確定申告がかなり ラクに早く終わります。 口座と連携させて自動仕訳をしたり、スマホを使った領収書撮影、帳簿の自動作成、確定申告書作成ツールなど、確定申告を控えている個人事業主に便利な機能が盛りだくさん! 無料で使える フリープランや 1ヵ月無料 キャンペーンなどがあり、会計ソフトを始めて使うという方もお試しで使ってみやすいです。 登録は無料で簡単 ですので、ぜひ一度お試しで使ってみてください。 【初心者向け】とにかく簡単!使いやすい 【簿記知識がある人向け】無料プランが充実 確定申告書の控えと受付印の重要性 上記で確定申告書の控えにも押印するとお伝えしましたが、そもそも確定申告書の控えは必要なのでしょうか? 確定申告書の控えや受付印 控え印 の重要性について説明したいと思います。 確定申告書の受付印 控え印 の役割 確定申告書を提出した後、その控えは税務署の受付印が押されて戻ってきます。 では、この受付印にはどのような役割があるのか説明します。 受付印 控え印 の意味 確定申告書の控えには、税務署が受け取った日付が記された受付印 控え印 が押されています。 つまり、この控えは、 きちんと期限内に提出し税務署も受け取ったという証明になります。 受付印がなかったときの注意点 確定申告書を期限内に提出したのに、稀にその控えに受付印がなかったということもありえるでしょう。 そのときは税務署に言えば受付印を押してもらえますが、注意することがありますのでご説明します。 受付印は押してもらえるが日付はさかのぼることができない 税務署の不備で受付印が漏れていた場合、もちろん言えば受付印を押してもらうことはできます。 ですが、 実際に申告をした日付で受付印を押してもらうことはできません。 つまり、ちゃんと期限内に申告しているのに、期限を過ぎた日付で受付印を押されてしまうこともあるわけです。 期限内申告のスタンプがある ちゃんと期限内に申告したのに、税務署の不備で期限後扱い…そんな話はひどすぎますよね。 そんなことにならないように、 『期限内申告』という赤いスタンプも押してもらえるので、心配はいりません。 税務署が受付印を忘れるというのは少し稀なケースですが、控えを受け取ったらすぐに受付印を確認した方がいいですね。 確定申告書の控えが必要になる場面 税務署の受付印の役割についてご説明しましたが、その受付印がある確定申告書の控えはとても大事な書類です。 たかが控えと思う方もいるかもしれませんが、確告書の控えが後で必要になるといった場面もあります。 確定申告書は収入や所得を証明するもの 確定申告書の控えは、例えば、銀行の借入や住宅ローン、保育所の入園申請手続きなどをする際に必要になります。 会社員でしたら源泉徴収票がありますが、個人事業主の場合は、 確定申告書が収入や所得を証明できる書類になります。 ですので、確定申告書の控えは失くさないようにキチンと保管しておきましょう。 所得証明にならない場合もある 上記でも説明しましたが、確定申告書の控えに税務署の受付印がなかったら、期限内に申告したという証明になりませんね。 ですから、受付印がない控えでは、仮に銀行で借入しようと思っても銀行は受け付けてくれません。 再度お伝えしますが、後で面倒なことにならないように、 確定申告書の控えはもらったらすぐに受付印があるか確認しましょう。 確定申告で印鑑を押し忘れたらどうなる?その回避方法は? 上記で確定申告の書類の押印箇所を説明しましたが、それでも押印するのを忘れてしまったなんてこともあるかと思います。 それでは、確定申告で印鑑を押し忘れたらどうなるのか、また印鑑漏れを回避する方法を説明したいと思います。 確定申告で印鑑を押し忘れたとき 確定申告書の印鑑を押し忘れたときどうなるのか、申告期限内と申告期限後の場合で説明します。 申告期限内の場合 確定申告の申告期間は2月16日~3月15日で、印鑑を押し忘れてしまっても、その期限内であれば押印して再提出が可能です。 期限内であれば何の問題もありませんので、確定申告書の控えと印鑑を持って税務署に行きましょう。 もし、税務署に郵送する場合は、3月15日の消印まで有効ですので、そのときは返信用封筒も忘れずに同封して送りましょう。 確定申告で印鑑漏れを回避する方法 例え確定申告で印鑑を押し忘れても、そんなに大きな問題には発展しませんが、できることなら未然に印鑑漏れを防ぎたいですよね。 確定申告で印鑑漏れを防ぐ方法を説明します。 e-Tax 電子申告 で確定申告する 確定申告と言ったら、税務署で確定申告書をもらうか、国税庁のホームページからダウンロードして記入する方法が一般的かもしれませんね。 しかしこの他にも、e-Tax 電子申告 といって、書面ではなくインターネットで電子的に確定申告の手続きする方法があります。 e-Taxはインターネットでの確定申告で、印鑑を押す必要がありません。 つまり、印鑑を押し忘れることがないというわけですね。 つまり、税務署が受付印を押し忘れるといった心配もなくなるわけです。 ですが、e-Taxを使うには色々と準備が必要になります。

次の

確定申告で使える印鑑の種類は?控えと受付印の重要性

確定 申告 書 受付 印 が ない

A ベストアンサー 申告書を郵送したなどで、申告書控えに税務署収受日付印が押されていない場合は、税務署の開庁時間内に窓口まで控えを持っていけば、捺印してもらえると思います。 この場合、申告書控えの文字が複写 申告書の一枚目をペン等で書くと控えが青文字で複写される の状態である事が必須です。 それが拒否された場合は、窓口で、納税証明書を発行して貰いましょう。 ) 奨学金の申請には、親の収入が幾らであるかが判れば十分なので、納税証明書 その2 で、該当年度の所得金額が証明されます。 申告書の控えと納税証明書を一緒に提出し、両方の所得金額が一致すれば、問題ないとは思いますが、ただ念の為に、大学の窓口で、納税証明書が代用できるかどうか確認してください。 nta. htm 申請には、免許書等の本人確認できるもの、印鑑、手数料400円および、納税証明書申請書類が必要です。 代理人の場合は、委任状も。 nta. htm 申告書を郵送したなどで、申告書控えに税務署収受日付印が押されていない場合は、税務署の開庁時間内に窓口まで控えを持っていけば、捺印してもらえると思います。 この場合、申告書控えの文字が複写 申告書の一枚目をペン等で書くと控えが青文字で複写される の状態である事が必須です。 それが拒否された場合は、窓口で、納税証明書を発行して貰いましょう。 ) 奨学金の申請には、親の収入... A ベストアンサー 納税証明、所得証明についての答えは既出ですので省きます。 申告書の控えそのものについてですが、税務署で申請すれば原本の申告書をもとに書き写しさせてくれます。 第三者が窓口に赴く場合は委任状が必要になります。 委任状は納税証明所得証明ともにですが、要件さえ満たせば決められた書式である必要はありません。 当然代理として窓口に赴くものの本人証明のための運転免許証などの提示が求められます。 私が三年ほど前に経験したところでは、原本と相違ないことの文言を入れてもらえないでしょうかとお願いしたところ断られたことがあります。 書き写しについては、コピーはできず、必要な年分の申告書の控えの書式を用意してくれますので、たいていは奥のブースで原本をもとにそれに自分で書き写すことになります。 費用はいくらかかったことは覚えていますが具体的な金額までは思い出せません。 数百円程度だったかと思います。 申告書の控えは厳密には証明ではありませんが、住宅ローンの審査などでは所得証明とともに必要になる場合がおおいと思います。 金融機関の担当の方によくお尋ねになって正確な対応をされることをお勧めします。 納税証明、所得証明についての答えは既出ですので省きます。 申告書の控えそのものについてですが、税務署で申請すれば原本の申告書をもとに書き写しさせてくれます。 第三者が窓口に赴く場合は委任状が必要になります。 委任状は納税証明所得証明ともにですが、要件さえ満たせば決められた書式である必要はありません。 当然代理として窓口に赴くものの本人証明のための運転免許証などの提示が求められます。 私が三年ほど前に経験したところでは、原本と相違ないことの文言を入れてもらえないでしょうかとお... Q 平成15年に兄弟3人の共同名義の土地を売りました。 手続きは兄がやりました。 私の分は60万ほどでした。 確定申告しなければいけなかったようで(無知でお恥ずかしいのですが)今日税務署から「譲渡所得の申告についてのお尋ね」という書類がきました。 申告しなかった理由を尋ねている物なのですがただ申告しなかっただけと書いたらいけませんよね。 払わないつもりはなかったのですが、税金はかからないかもと言われましたので、ついそのままにしてしまいました。 これからどのような手続きになるのでしょうか?申告しなかった理由をなんてかいて送ればよいのでしょうか? ・売った土地は今住んでる県ではありません。 ・主人は自営業ですが、私は主人の扶養で所得はありません。 税金の事などなにもわかりませんので、教えていただければ助かります。 宜しくお願いいたします。 A ベストアンサー 土地を売買した場合は譲渡所得として申告が必要になる場合があります。 そして税務署は土地の売買について把握しており今回のような通知を出してきます。 土地の譲渡所得の場合は給与や年金、事業所得といったような一般的な所得と分けて、その譲渡所得に関わる部分を別立てでを計算する分離課税という形を取り、分離課税用の確定申告書を使用します。 土地の譲渡所得の計算として。 土地の売却価格からその取得価格を引き、特別控除と呼ばれる控除を引いた差引きが税の計算をする上での基礎になります(課税標準額といいます)。 特別控除は5年以上持っていた土地を売却するのであれば最低100万円、行政などによって収用を受けた場合は最高5000万円を受けることができます。 あなたの土地の売買の利益が60万円だと仮定すると5年以上その土地をもっていた場合は全額特別控除の100万円によって控除され、土地の譲渡所得については税金がかからないと考えられます。 確定申告については税金がかからない場合はする義務がありませんから、その他に所得がなければ、その「譲渡所得の申告についてのお尋ね」に理由を書けば終わりかなと思います。 ただ土地税制は結構複雑なので税務署の担当の人に、「この様な書類が送られてきたんですけど、どうしたらいいですか?」と聞いておいたほうが無難ですね。 上記の説明はその土地を所有していたのが5年以上と仮定してお話しているので。 そして、税法上の扶養控除の判定は特別控除前の所得で判定します。 この場合、あなたは旦那さんの扶養に入れない可能性が出てきますので、旦那さんの修正申告が必要になることも考えられます。 いずれにせよ一度税務署に連絡をして聞いたほうが良いと思います。 土地を売買した場合は譲渡所得として申告が必要になる場合があります。 そして税務署は土地の売買について把握しており今回のような通知を出してきます。 土地の譲渡所得の場合は給与や年金、事業所得といったような一般的な所得と分けて、その譲渡所得に関わる部分を別立てでを計算する分離課税という形を取り、分離課税用の確定申告書を使用します。 土地の譲渡所得の計算として。 土地の売却価格からその取得価格を引き、特別控除と呼ばれる控除を引いた差引きが税の計算をする上での基礎になります(... A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。 Q 宜しくお願いします。 住宅ローンの事前審査を通り、 ほぼ間違いないので準備を始めてくださいと不動産屋に言われ、 引越しも決まっていたのですが・・ まさかの審査落ちでした。 落ちた原因ははっきり分からないのですが、 過去の通帳のお金の出し入れがネック・・らしいのです。 正直、理解不能です。 10年も昔からの通帳内容を言われても・・・ 覚えているものも覚えてないものもあります。 審査落ちの理由によく「転職・新規借金」と聞きますが、 そんなことも全くありません。 もう他の銀行に行っても無理でしょうか? 現在の住居も出なくてはならないですし、 引越し業者も断らなければいけないし・・ 本当に大打撃でした。 A ベストアンサー 関係業界人。 事前でOKだけど本審査で落ちるのは、 1 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは 証拠資料が提出できなかった 2 事前審査時より信用状態が悪化した。 (他社でも)カードの 延滞など。 が多いです。 また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が 無いなどの証明が必要になるケースがあります。 「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、 事前審査は早急に回答をするためのものなので、 時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた書面を 全面的に正しいものと仮定しているのです。 本審査は事前審査の 内容に間違いが無いことの確認作業が大半ですので、今回は通帳の提示などを求めたところ、提出できなかった、もしくは提出したところ 事前審査と相違があった、のいずれかの可能性が高いです。 よく見かけるケースとして、 自己資金の証明ができないことがあります。 例えばローン2000万、 自己資金1000万で家を買う場合、1000万について自分のお金である との証明(自分名義の通帳や証書で証明)が無いと、 「もしかしたらその1000万て他からの借金では?」という風に判断されることがあります。 そうなると 1 に該当し、断られる可能性が出ます。 他に、以前に住宅購入など、大きな買い物をしていませんか? そしてそのために銀行以外(親や親戚、知人、経営・勤務している 会社)から借入をしていませんか? もしこれがあると、これも 1 に該当し、 「現在の借入残高」として申告した内容と違いが 出てくるため、断られる理由になりえます。 最後に、他行では無理かとのことですが、通る可能性は十分に あります。 包み隠さず相談してみると良いと思います。 (状況に不明な点が多いので、回答に対する自身は「参考」に止めます。 ) 関係業界人。 事前でOKだけど本審査で落ちるのは、 1 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは 証拠資料が提出できなかった 2 事前審査時より信用状態が悪化した。 (他社でも)カードの 延滞など。 が多いです。 また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が 無いなどの証明が必要になるケースがあります。 「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、 事前審査は早急に回答をするためのものなので、 時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた...

次の