炭 治郎 かわいい。 【鬼滅の刃】竈門炭治郎の謎。性格は?痣とは?ヒノカミ神楽?かわいいとウワサの炭治郎に迫る。

【鬼滅の刃】炭治郎は最終回のその後、カナヲと結婚!?子孫は竈門炭彦とカナタ!(ネタバレ注意)

炭 治郎 かわいい

こんにちは! 今日はアニメ化も決まり週刊少年ジャンプで大人気連載中の『鬼滅の刃』の主人公、 巷でかわいいとウワサの竈門炭次郎くんについて掘り下げていくよ。 痣の出現やヒノカミ神楽についてなど、炭治郎の謎にも迫る。 ついてこい! 目次• 鬼滅の刃のストーリー• 炭治郎の生い立ち、家族• 炭治郎の武器・強さの秘密• 炭治郎の性格• 炭治郎の謎• まとめ 鬼滅の刃のストーリー まずは「鬼滅の刃」の基本的なストーリーについて説明するよ。 時は大正、日本。 炭を売る心優しき少年・竈門炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされる。 唯一生き残ったかと思われた妹・禰豆子は鬼と化していた… 妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つために『鬼狩り』となる決意をした炭治郎。 人と鬼の果てなき闘いの物語。 炭治郎の生い立ち、家族 ストーリーでも説明した通り、 炭治郎は第1話で禰豆子以外の家族を鬼に殺されている。 兄弟は、炭治郎・禰豆子の下に弟が3人、妹が1人。 父親は物語の初めにはすでに亡くなっており、 母親と兄弟6人の7人家族で慎ましく暮らしていた。 そんな折真冬の寒さの厳しい中、炭治郎だけが炭を売りに町へ出かけ、 次の日帰ってくると無惨に殺された家族の死体が。 絶望していたが長女禰豆子だけは無事生き残っており、駆け寄ると牙を剥く禰豆子。 禰豆子は鬼になっていた… 炭治郎の武器・強さの秘密 なんと言っても炭治郎が秀でているのは『鼻』。 めちゃくちゃ鼻が効く。 抽象的じゃなくて物理的な意味で。 人や鬼の見分け、距離や方向の観測、人の感情なども匂いで嗅ぎ分けちゃうのだ! 何それしゅごいい! 筆者は空気読めないことに定評あるのでぜひその能力欲しい。 感情嗅ぎ分けたい。 あと頭がめっちゃ硬い。 石頭がすごい。 作中のピンチにも、頭突きで難を逃れた場面が何度となくある。 頭突きで決着って、なんだか少年マンガっぽくて筆者は好きです。 また、炭治郎の強さの秘密に、父親が関係していそうだ。 炭治郎の父・炭十郎は物語の開始時にはすでに亡くなっていたが、 『ヒノカミ神楽』というヒノカミに捧げる舞を舞う役目を担っていたよう。 このヒノカミ神楽の呼吸を使うと技の強さが格段に上がるため、 炭治郎は水の呼吸とともにこのヒノカミ神楽を使う機会が増えている。 炭治郎の性格 クソがつくほど真面目 本当に努力を惜しまず、感謝を忘れない。 だからいろんな人の複雑に凝り固まってしまった感情を解きほぐし、 癒してくれたり励ましてくれたりする。 沢山の人が炭治郎に救われており、また手を貸す仲間となっている。 クソが100回つくほどいい子!! めちゃくちゃいい子。 いつだって人のことを信じてあげられる。 それも強さのひとつですよね。 同じくクソが100回つくほど前向き。 しょっぱな家族を皆殺しにされたことも含めて(これが一番しんどい) 筆者なら何回めげてるかわからない絶望も、 前向きでひたむきな炭治郎は泣きながらも越えていく。 主人公ここにあり。 かわいいと言われる所以はこの性格にありそうですね。 炭治郎の謎 まず何よりも、前述した父親関連である。 強さが段違いとなる『ヒノカミ神楽』の謎。 父親は一体何の役割を果たしていたのか。 最近では『痣』の出現も柱たちをはじめ隊士たちに注目されており、 この痣ははじまりの呼吸と呼ばれる『日の呼吸』の使い手にもあったことが判明している。 本人は弟を火鉢からかばったときについたもので生まれつきではないと言っており、 自分は選ばれた日の呼吸の使い手ではないと思っているようだけど… 他の隊士たちの中にも痣が出現した者もおり、 痣が出現すると段違いの強さや回復力を得られるため鬼殺隊はみな痣の出現を目指している。 痣の今後の展開に注目。 また竈門家に伝わる耳飾りを炭治郎に引き継いでおり、 ずっと昔ラスボスである鬼舞辻無惨を追い詰めたと言われる剣士がこの耳飾りをつけている。 耳飾りの詳細や無惨を追い詰めた剣士との関係性も気になるところ。 まとめ 炭治郎はめちゃくちゃ真面目ないい子であり、 その家柄、家が引き継いできた役割などまだまだ謎が多い人物である。 謎が多くてもとにかく応援したい! そんな主人公・炭治郎。 これからの活躍や成長にも期待したい。 禰豆子については あらすじはから.

次の

うちの炭治郎が一番かわいい [ネオンドピーカン(乃木)]

炭 治郎 かわいい

竈門禰豆子(かまど ねずこ)は主人公のかわいい妹で町でも評判の美人! 禰豆子は、物語の始まりで鬼にされてしまう 貴重な人間ねずこちゃんシーン…? — さすに SSRAPSHOT 禰豆子は6人兄弟の長女で、家族で作った炭を町で売って暮らしています。 下の子たちの面倒をよく見ては、自分のことは後回し。 それでもいつも仲良く笑顔で過ごしており、母と子6人で慎ましくも幸せな生活を送っていました。 よく働きよく笑い、 町でも美人と評判のよく出来た女の子であった禰豆子。 しかし、長男であり物語の主人公である炭治郎が炭を売るために家を空けている間に、悲劇は訪れます。 家族達は鬼の手によって無惨に殺害され、唯一生き残った禰豆子は鬼の血を体内に取り込んだせいで 鬼にされてしまいました。 鬼となってしまった禰豆子を人間に戻すために、心優しい少年の炭治郎と禰豆子は険しい道のりを歩み始めます。 人を喰わなければ飢えてしまうはずが、禰豆子は決して人を喰わない 1巻から読み直してる — さすに SSRAPSHOT 鬼となった者は、空腹を満たしてさらに強い力を得るために人を喰わなければなりません。 もちろん禰豆子もその本能に支配されてしまい、一度は炭治郎に向かって牙を剥きます。 しかし、炭治郎が禰豆子の心に叫び訴え続けたことで、 禰豆子は涙を流しながらも本能に反抗し始めるように。 その直後、鬼を排除するために現れた剣士に炭治郎もろとも殺害されそうになりますが、本来であれば人を喰うはずの鬼になった禰豆子が炭治郎を守る挙動を見せたことにより事態は好転します。 紆余曲折を経て、強靭な精神力で人を守るために鬼と戦うことができるようになった禰豆子は、特例として人間と行動を共にすることを許されることになりました。 鬼となった禰豆子の特徴は? 鬼は腕がちぎれるような重傷を負っても、即座に新しい腕が生えてくるほどの再生力を持ちますが、栄養源として人間などの血肉を必要とします。 しかし、禰豆子は血肉を喰らう代わりに長時間寝ることで、 人を喰わずとも鬼としての力を発揮することができるという特異体質。 この体質のおかげで、戦いで傷ついても人を食べなくても生きていけるようになりました。 そして、 鬼は陽光を浴びると焼けて灰となり消滅するという性質を持っているので、日中だけ禰豆子は箱に籠り、炭治郎に背負われて行動を共にすることに。 また、鬼化によって禰豆子自身の人格にも影響を及ぼしています。 鬼になる前は謙虚で利発な思いやりのある女の子でしたが、鬼になった後は言葉を喋ることができなくなるとともに、振る舞いや仕草が幼い子供のようになってしまいます。 しかし、幼子のようになってしまっても、優しい心は失われていません。 さらに、とても無邪気でかわいらしい姿にハートを捕まれてしまうファンも多数!漫画の 小さなコマ一つ一つに詰め込まれた豊かな表情は必見です。 幼児化する禰豆子!小さくなってかわいい なでなでしてもらえなくて炭治郎を血鬼術で燃やす!? ほんとえげつなくて笑う — さすに SSRAPSHOT 人間を強制的に眠りにいざなう特殊能力を持った鬼との戦いで、炭治郎達は鬼の術中にはまって眠ってしまいます。 箱に籠って眠っていたおかげで術を免れた禰豆子は、 無邪気にも炭治郎に駆け寄って頭を撫でてもらうために炭治郎を起こそうとしますが、敵の術は強力で簡単には目覚めず。 そんな炭治郎の事情はつゆ知らず、痺れを切らした禰豆子はなんと 頭突きをくらわせて起こすという荒業に。 しかし、炭治郎の規格外の頭の硬さによって、逆に禰豆子のおでこから血が流れるほどのダメージを喰らってしまいました。 あまりの痛みに大粒の涙をこぼし、禰豆子はまるで子どものように泣きわめきながら自身の血に火をつけるという 特殊能力で炭治郎を火だるまに!一見すると恐ろしい状況ですが、 鬼だけを焼くという禰豆子の燃える血のおかげで炭治郎は敵の術を破るきっかけを得るに至りました。 ちょっとわがままな禰豆子がとてもかわいらしいワンシーンでした。 放っておけば数刻もしないうちに死に至るほどの 毒に侵された炭治郎達でしたが、禰豆子が身体に触れて血を燃やすことによって、 鬼の毒だけを焼き飛ばすことに成功しました。 起き上がった炭治郎にグイグイと頭を擦りつけてなでなでを強要する様は、 まるで甘えん坊な猫のよう。 禰豆子のおかげで死の淵から帰ってきた炭治郎が感謝をしつつ禰豆子の頭を撫でると、とても満足そうに笑みを浮かべるのでした。 読者としても、禰豆子を褒めて撫でてあげたい。 頼りがいがありつつも、かわいらしく甘えん坊な禰豆子のワンシーンでした。 ひょっこりと現れて「ヨッ」 禰豆子のヨッが好きすぎる — 浩一 kDZAEMNWtevILPV 禰豆子がひょっこりと現れては「ヨッ」と声をかけていくシーンがいくつか見られます。 幼さが際立った描かれ方であったり、間の抜けたようなデフォルメ顔であったり。 緊迫したシーンに緩急をつけるように登場する禰豆子には、つい癒されてしまいます。 ちょっとしたコマで禰豆子の天真爛漫さを表現したり、独特な空気感を醸し出すといったところは作者である吾峠先生の技が光ります。 漫画を読む際には小さなコマにも注目して、余さずに楽しみたいところですね。 温泉でゴキゲンに泳ぐ姿がかわいい ゴキゲンねずこちゃんかわいすぎゆ? 物語においてこれといった意味があるわけではありませんが、 すまし顔でゴキゲンに泳ぐ禰豆子に、思わずほっこりとしてしまいます。 豆知識ですが、大正時代では混浴はまだまだ一般的な風習として残っていたようです。 兄妹で一緒に温泉に入るのも珍しいことではないらしく、炭治郎も禰豆子ものびのびと入浴していますね。 また、おそらくこのシーンが 最初で最後となる禰豆子の貴重な入浴シーンであると思われます。 ひょっとしたらアニメ化によって、じっくりと描かれる可能性も? 希少性や時代背景が詰め込まれた、意外と複雑なシーンでした。 しかし、恋柱である 甘露寺 蜜璃 かんろじ みつり は、鬼にまつわるトラウマや強い恨みは持ち合わせていないことから、禰豆子の存在を好意的に受け止めています。 甘露寺蜜璃は仲良し5人姉弟であるため、妹のような禰豆子ともすぐに仲良しに。 禰豆子自身もべったりとくっついて離れないほどに懐いてしまうのでした。 壮絶な戦いの合間に見る禰豆子の無邪気な姿は、かわいらしさが一層際立って見える魅力的なシーンですね。 覚醒?鬼化が進んだ禰豆子は大人っぽくて素敵 公式ファンブックによると、 禰豆子の年齢は14歳で身長は153cmとのこと。 今までは幼子のような体格まで身体を縮めることができる特異体質を持っていましたが、強敵である上弦の陸との戦いで大きく変貌を遂げました。 その姿は、胸が膨らみ身長も大きくなって、 長い脚がスラリと伸びた妖艶な女性の姿に。 これは 鬼化が進行して覚醒したもので、鬼によく見られる アザや血管が浮き上がり、角が生えてくる等といった鬼の特徴を色濃く反映する変化も同時に現れました。 ですが、身体が変化するとともに精神も鬼に蝕まれてしまい、一時的に鬼の本能に飲み込まれて狂暴化してしまうという事態に見舞われます。 狂暴化した禰豆子は、必死に制止する炭治郎が唄う子守唄で、かつて生きていた母を想起して泣きわめきます。 ひとしきり泣いた後は眠りにつき、やっとのことで落ち着きを取り戻すのでした。 なお、その後は精神の成長が伴ったためか、鬼の特徴が濃く表れても自我を失うことはなくなりました。 普段の幼子のような姿からは想像ができない、思わずドキッとしてしまう セクシーな禰豆子でした。 もちろん禰豆子も同様で、常に陽光を避けて行動してきました。 しかし、ついに選択の時は訪れます。 朝日が昇ろうとしている最中、今まさに人を喰おうとしている鬼を打ち倒すべきか、肌が焼けただれ始めた禰豆子を陽光が届かない場所へ避難させるべきか。 この極限の選択を迫られたときに、優しすぎる炭治郎は迷ってしまい、行動を選択することができなくなってしまいます。 その時に背中を押したのは、なんと陽光に焼かれ始めた禰豆子。 禰豆子は死を覚悟して炭治郎を鬼のもとへ投げ飛ばし、人を救うという選択をするのでした。 覚悟を決めた炭治郎は 無事鬼を打ち倒しますが、その後に襲うのは とてつもない悲しみと虚無感。 大粒の涙を零してうなだれますが、ふと振り向くとそこには朝日に照らされて立っていたのは、 陽光に焼かれたはずの禰豆子。 「お お おはよう」、「だい……だいじょうぶ」、「よ よかったねぇ」と、たどたどしくも 鬼になって以来初めて言葉らしい言葉をしゃべることができるようになった禰豆子。 底抜けの優しさと仲間たちで助け合ってきた結果がついに実を結ぶ、涙なしには見られないシーンでした。 禰豆子のハイクオリティでかわいいフィギュアも! ここまで様々な禰豆子の魅力を紹介してきたところですが、好きになってしまったキャラクターを物理的に傍に置いておきたいと思ってしまうのは人の性。 禰豆子のとてもかわいらしいフィギュアが製作されていますので、あわせてご紹介します! 手のひらサイズで、とてもかわいらしいフィギュアです。 頭身は小さめで、困り顔が特徴となっています。 カゴなどの小物のようなアイテムと組み合わせて撮影すると、いろいろなシーンを妄想できそうですね。 このフィギュアは、決して 陽光には晒さずに日陰で鑑賞したいものです。 2020年5月31日発売予定のフィギュアですが、有名なフィギュアメーカーのコトブキヤによる禰豆子のフィギュアです。 とても立体的で、 たなびく髪や服の躍動感と 鬼気迫る表情がとても迫力のある仕上がりになっています。 アニメのワンシーンをそのまま切り取ったような出来栄えが魅力的なフィギュアですね。 様々なアニメなどでも展開されている「 ねんどろいど」ですが、禰豆子のねんどろいども 2020年4月30日発売ということで予約受付を開始しています。 ねんどろいどは表情や足パーツなどの付け替えが可能なので、 気分や好みで表情を交換できるのが便利なところです。 穏やかな通常時の顔&戦闘時の鬼気迫る表情等が付属していますが、 普段禰豆子が籠っている炭治郎の背負い箱も付属します。 特徴的なアイテムが付属すると、 キャラクター単体よりも所有感や満足感が向上しますので、とても嬉しい付属品ですね。 ドキドキの展開が続く「鬼滅の刃」。 禰豆子が無事人間に戻れることを祈りつつ、これからも禰豆子のかわいい姿に期待しましょう!.

次の

鬼滅の刃のカナヲは炭治郎を好きで恋愛中?可愛いシーンまとめ!

炭 治郎 かわいい

「炭治郎ー!おっはよ!」 「う、わ…!?」 そっと後ろから近づいて、勢いよくぎゅむっと広い背中に抱きつく。 体幹がしっかりしている炭治郎は決して倒れたりよろけたりしないけど、驚いたようにいつも顔を赤くして振り返る。 私はその顔をみるのが大好きなのだ!! 「だ、だからいつもやめろって言ってるだろう!そういうのは好きな人にするんだ!」 「う…そんなに怒らなくても…」 声を荒らげる炭治郎に、顔をうつ向けてシュンとしてみせた。 すると目の前の彼からはすこし焦ったような雰囲気を出し始めて、それから私の頭にぽんと手を置く、これもいつもだ。 「俺も大きな声出して悪かったよ」優しい声、それは油断の証です! 顔を上げてすばやく炭治郎のほっぺたに、ちゅっと軽い音を立ててキスをしてみる。 そうしてまた、先ほどより顔を赤くした炭治郎は、先ほどより大きな声で怒るのだ。 「こら!!」 「あっはははごめんなさーい!」 一応誤解のないように言っておくけれど、私たちはべつにそういう関係ではない。 友達ね友達、ふつーのともだち。 だけど、炭治郎の真っ赤な顔が面白くて可愛くて、からかうのをやめられない! というか、炭治郎だってかっこいいんだし今まで彼女の1人や2人、3人、4人…いたと思うんだけど。 いつも顔を真っ赤にしてくれちゃって、ほんと可愛いんだから〜! 同い年だけれど兄妹のように育ってきた私たち幼馴染だからこそできるわけで、これが今年同じクラスになった女の子とかだったら大事件だけどまぁ、私と炭治郎だし、とこうやって毎日からかって遊んでいる。 善逸には「ほどほどにしとけよ…俺は知らないからな、忠告したからな」そう何度も釘を刺されたけど、知らないも何もなんにもならないでしょ?と聞き流している。 始めて炭治郎に抱きついた時は固まっちゃって、それはそれで面白かったけど大変だったんだよねぇ。 まぁ今は真っ赤にはなるけどすぐに反応を返してくれるし、すこしは慣れてきてるってことだよね? 彼女ができた時はちゃんとやめるから、彼女ができた時の予行演習だと思ってほしいな〜! だって炭治郎、奥手っぽいしすこしはこういうことも慣れておかなきゃ愛想つかされちゃうかもだし! 「ということで。 やめません!」 「何がということでなんだ!?だめだ、女の子なんだから気軽にああいうことをしたら…!」 「とかなんとかいっちゃって〜、私がやめたらやめたでさみしいんじゃないのぉ?」 あははと笑いながらそう言って肩をぽん、と叩くと、炭治郎はなぜか無言だった。 …?え、まさか本当に寂しいのかな? 「っやだーなにそれほんっと炭治郎かわいいー!!」 「な、っ」 本当に寂しいわけではなくてきっと私に気を使ってくれたんだろうけど、思いがけない言葉に無言になっちゃう炭治郎に私の『炭治郎かわいいメーター』が振り切れてしまって、またいつもみたいに飛びかかるように抱きついた。 口では嫁入り前なのに、とかいつもいってるだろ、とかぶつぶつ言うけど、その手は優しく頭を撫でているもんだから、炭治郎の背中に顔を埋めてかわいいーーーとモゴモゴしながら言っておいた。 ちなみに、可愛くない!と怒られた。 いやかわいいよ。 「おじゃましまぁっす」 放課後、突撃隣の夜ご飯。 今日はうちの両親が結婚記念日でデートしているので、竈門家の夜ご飯をご相伴にあずかろう!ということで和風な引き戸の玄関を開け、一歩足を踏み入れた。 「む?」 「お!禰豆子ちゃん!お邪魔してます!」 「むー!」 どうぞどうぞ、と言わんばかりにこくこく頷く禰豆子ちゃんの頭を撫でた。 どうやら両親から竈門家に連絡はいっていたようだった。 夜ご飯の準備を手伝って、あとはご飯が炊けるのを30分ほど待つだけというところで手伝うことがなくなり、勝手知ったるなんとやら、私は炭治郎の部屋に忍び込んだ。 そう、忍び込んだ。 ノックをする前にドアの前から中の音を確認して、物音がしないことから寝ているのだろうと予想し、そっとドアを開けて滑り込んだのである。 そっとベッドに近づくと、やはり、すやすやと寝息をたてる炭治郎がいた。 起こして遊んでもらおうかと思っていたけれど、いつもはパン屋だけでなく夕飯の手伝いもしている炭治郎がこうやってこの時間に眠っているのは珍しい。 なのでそのまま寝かせてあげることにした。 …あ、いいこと考えた。 今にも笑い声を上げそうなほどにやけた顔に力をいれて、そっと炭治郎の布団にもぐりこむ。 きっと起きて、私が同じ布団にいて、『ん…起きたのたんじろ…さっきはすごかったね…?』とか意味深なこと言ったらきっと顔真っ赤にして慌て出すぞ!そんなの絶対面白い!! 炭治郎が起きるのを今か今かと寝たふりをしながら待っているうちに、私の意識は沈んでいった。 くる、しい。 息ができない。 体も動かない。 何かにしばられているような。 深い水の底に沈んでいくような感覚、酸素を求めて口を開けば、水が流れ込んできてなおさら苦しくなってしまった。 なんで。 私は、こんなことに。 ふと感じた体の異変に、水の中で目を開けるのは怖いけれど確認するためにと、そっと目を開く。 「ん、ぅ…!?」 飛び込んできたのは炭治郎の赤い瞳だった。 …あ、そっか、私炭治郎の部屋にきてたんだった。 驚かせるために、布団に…、…? 「う、!?」 「ん、っは、起きたのか」 「へ、は、な、これ、は、いまの…!?」 一瞬で、今の情報が私の頭に溢れる、そして、キャパオーバー。 私が目を開けた時に、炭治郎は私に、キスをしていた。 間違いなく、それも、べろ入れるやつ!! 私の体は炭治郎によってしっかりとベッドに押さえつけられていて、到底わたしがあがいたって抜け出せない。 苦しかったのも、キスされていたからか。 息をしたくて口を開けたもんだから、炭治郎がべろを入れてきたんだな。 …はぁ!? 「ちょちょちょちょっと待ってよ!なにしてんの!?ていうかっ、手!!なんで服の中…っや、ちょ、動かさないでよ…!」 「はは、かわいい。 なにって、キスして、触ってる。 それだけだぞ?」 これが恋人なら問題のない行為…いや寝込みを襲うのはよろしくないけど、問題ない。 けれども私たちは恋人などではない。 ましてやこんな行為をするなど、ありえないのに!! 「なんで…!やめ、私たち付き合ってもないんだから!」 「そうだなぁ、でも俺はずっと好きだったし…そんな子が無防備に腕の中で眠っていたら、手もでるだろ」 「ど、どこでそんな屁理屈…、え?私のこと好きだったの?」 「あー、やっぱり気付いてなかったんだなぁ」 そう苦笑しながらも手はゆっくりと私の腰をいったりきたり。 気付いてなかったことに気付いたんなら止めてよ!? そう叫ぼうとキッと炭治郎を睨みあげると、いつもと違って顔は真っ赤ではなかった。 いや、正確に言えば赤いんだけど、でもいつも見たいな照れてる表情ではない。 恍惚とした瞳が私を見つめ、熱い吐息を吐き出している。 あきらかに、いつもと違う。 「あまり暴れると体を痛めるぞ?」 「そういうなら、やめてよ…!だいたい、私は炭治郎をそういうふうに見たことは…」 「俺、いつも言ってたよな?」 腰を滑る手を止めて、反対の手で私の頬に触れる。 「そういうことは、好きな人にするんだ、って。 」 「う、うん…?」 「それでもお前はやめなかったな。 ってことは、俺のこと、すこしは好きだったんだよな」 「は…?!」 うっとりと目を歪めた炭治郎は、そのまま、また私の唇に噛み付いた。 止まっていた愛撫が再開されて、私は視界が真っ暗になる。 海の底に沈んでいくような、底冷えする寒さを感じる。 どこか遠いような近いような場所から、とぷん、と沈む音がした。 思いつきなので続かない!!息抜きパート3でした!.

次の