武 本 康弘。 白樺派

際コーポレーション株式会社 代表取締役 中島 武

武 本 康弘

【内容情報】(出版社より) 2015年の立法を受け、各大学で「公認心理師」養成のカリキュラムが組まれ、カウンセリングや心理療法などはすべて「心理学的支援法」という科目のなかに盛り込まれることとなった。 本書はその科目に対応する入門テキストである。 心理学的支援の基礎から最新の動向まで網羅し、ロジャーズ派に軸足を置きつつ他学派や他技法も扱うなど、バランスのとれた内容となっている。 【目次】(「BOOK」データベースより) 心理学的支援法への誘い/心理学的支援法の特質/心理学的支援法はどのような問題を対象とするのか/心理学的支援法はどのように発展してきたのか/心理学的支援法のさまざまな理論と方法/心理学的支援法の主要理論(その1)-心理学的支援法の基礎としてのパーソンセンタードセラピー/心理学的支援法の主要理論(その2)-パーソンセンタードセラピーの発展的方法とヒューマニスティックセラピー/心理学的支援法の主要理論(その3)-精神分析と精神力動的セラピー/心理学的支援法の主要理論(その4)-認知行動療法/心理学的支援法の主要理論(その5)-その他の理論と方法/心理学的支援法のプロセスと実際/心理学的支援法をさらに学ぶために 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 末武康弘(スエタケヤスヒロ) 1982年筑波大学第二学群人間学類卒業。 1989年筑波大学大学院教育学研究科教育学専攻博士課程単位取得退学。 1991年女子美術大学芸術学部助教授。 1993年明治学院大学文学部助教授。 1996年法政大学文学部助教授。 2001年法政大学現代福祉学部現代福祉学科助教授。 2004年法政大学現代福祉学部現代福祉学科・大学院人間社会研究科教授。 2012-2013年法政大学大学院人間社会研究科長。 2014-2016年法政大学現代福祉学部長。 法政大学現代福祉学部臨床心理学科・大学院人間社会研究科教授、博士(学術)、臨床心理士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の

楽天ブックス: 心理学的支援法

武 本 康弘

北野武のド直球勝負作となる青春バイオレンス小説!! 中学の入学式、いきなり喧嘩で相手を圧倒したキーちゃん。 なぜか気に入られた茂は、埼玉出身の悪ガキ鈴木、魚屋の佐々木と共に四人で毎日遊びまわることになる。 飲酒喫煙、喧嘩カツアゲから刃物を使った暴力沙汰まで、とにかく悪戯や悪ふざけを越えた遊びで悪名高い集団に。 しかし中学も終わりに差し掛かった頃、キーちゃんは姿を消す。 どうやらヤクザになることを決めたらしい。 キーちゃんの代わりに番長と見られるようになった茂の立場は微妙に変化し、高校に入ってからも様々な火の粉が降りかかるようになる。 チンピラから成り行きでヤクザの世界に入り込んでしまう少年たちの姿を描く、青春バイオレンス小説。 表題作の中編「不良」に加えて、単行本完全書き下ろしとなる短編「3-4X7月」も収録。 【著者略歴】 北野 武 きたの・たけし お笑いタレント、司会者、映画監督、俳優。 1947年東京都生まれ。 1980年代初めに起こった漫才ブームにおいて、漫才コンビ「ツービート」として社会を風刺するシニカルな笑いで人気を獲得。 1990年頃より司会業や映画監督業を活動の中心とし、MCを務めるテレビ番組の中には20年以上続くものがある。 その行動や言動は、一般・芸能界問わず、多大な影響力をもつ。 精力的に執筆活動も行っており、近著に『キャバレー』『北野武第一短篇集 純、文学』『首』など。 本当に可笑しい。 映画「アウトレイジ」でもヤクザの抗争とはこんな単純で愚かな行動的原理しかない。 ワルガキからヤクザまですべてこれだけ。 勉強の「ベ」の字もない。 この愚かしさがあまりに可笑しい。 古き良き時代の自伝的小説。 武がくれたささやかな清涼剤である。 お勧めの一冊だ。

次の

成年後見の法律相談

武 本 康弘

概略 [ ] などの空気を背景に人間の生命を高らかに謳い、理想主義・人道主義・個人主義的な作品を制作した。 人間肯定を指向し、にかわっての文学の中心となった。 1910年(明治43年)刊行の雑誌『』を中心として活動した。 そのきっかけは(明治40年)からのでとが発刊を話し合ったことだと志賀が日記に記している。 の学生で顔見知りの十数人が、1908年から月2円を拠出し、明治43年()春の刊行を期して雑誌刊行の準備を整えたという。 同窓・同年代の作家がまとまって出現したこのような例は、後にも先にも『白樺』以外にない。 『白樺』は学習院では「遊惰の徒」がつくった雑誌として、禁書にされた。 彼らが例外なく軍人嫌いであったのは、学習院院長であったが体現する武士像や明治の精神への反発からである。 さらには漢詩や俳諧などの東洋の文芸に関しても雅号・俳号の類を用いなかった。 特にや、、ら西欧の芸術に対しても目を開き、その影響を受け入れた。 また白樺派の作家には的な作品も多い。 写実的、生活密着的歌風を特徴とすると対比されることもある。 白樺派の主な同人には、作家では、、、、、、の他、画家では、、、、雑誌『白樺』創刊号の装幀も手がけた美術史家のらがいる。 武者小路はその明るい性格と意志の強さから思想的な中心人物となったと考えられている。 多くは出身の上流階級に属する作家たちで、幼いころからの知人も多く互いに影響を与えあっていた。 彼らは恵まれた環境を自明とは考えず、人生への疑惑や社会の不合理への憤る正義感をすり減らさずに保ち得た人々であり、トルストイの影響を強く受けたことや有島武郎がその晩年に自分の財産を小作人に分かち与えたこと、武者小路の「新しい村」の実験に見られるような急進主義にもそうした傾向はよくあらわれている。 白樺文学館 [ ] 武者小路実篤 現在の長坂町中丸に所在する清春芸術村およびは、武者小路実篤が『白樺』第8巻第10号に発表した「日記のかはり」の中で語った、新美術館建設の理想が元になっている。 武者小路や志賀直哉を敬愛し親交のあった銀座吉井画廊社長・が、白樺派の理想を実現すべく、山梨県旧、旧、旧の3村合併に伴い、(昭和50年)にとなっていた旧清春小学校跡地を買い取り、(昭和56年)にを建設した。 続いて(昭和58年)には芸術村内に清春白樺美術館を建設。 同美術館には白樺派同人の絵画や原稿などを中心とした諸資料が収蔵されている。 美術館以外の施設としては、パリ・モンパルナスの集合アトリエ「」を模した会員制貸しアトリエ、東京から移築されたのアトリエ、ルオー礼拝堂、レストラン(ラ・パレット)などがある。 調布市武者小路実篤記念館 [ ] のは、がからまで、晩年の20年間を過ごした邸宅(現:)の隣接地に10月に調布市が開館。 実篤の本、絵や書、原稿や手紙、実篤が集めていた美術品などを所蔵し、文学や美術などいろいろなテーマによって展覧会をほぼ5週間ごとに開催。 閲覧室では、実篤の本、実篤が好きだった画家の画集、友人であったやらの本、雑誌『』や日本近代文学の本などの閲覧も可能。 脚注 [ ] [].

次の