エクセル 印刷 余白 なし。 印刷時の余白を、なくす方法を教えてください。

エクセルでA4用紙いっぱいに印刷する方法!画像つきでわかりやすく紹介!

エクセル 印刷 余白 なし

複合機(コピー機)をプリンターとして利用するオフィスがほとんど。 有線・無線LANで接続すれば、自席のパソコンから自由に印刷できます。 その際、 「ふちなし」で印刷した経験がある方はおられるでしょうか? 一般的に複合機(コピー機)で印刷するときは、用紙の上下左右に余白があります。 でも、会社のパンフレットや資料を作成するとき、余白が邪魔なケースがありますよね。 しかし、 「ふちなし印刷」は基本どのメーカー・機種でもできないのです。 そこで今回は、現在流通している複合機(コピー機)で「ふちなし印刷」ができない理由と、それに代わる機能をご説明いたします。 1.複合機(コピー機)で「ふちなし印刷」ができない理由! 会社で、イベントのポスターやパンフレットなどを作ることがあり、上下左右にふちなしで印刷したいですよね。 一般的にWordやExcelなどで作成した資料を作るとき書式設定を行いますが、余白0mmでは設定できません。 パソコンの「通常使うプリンター」はお使いの複合機(コピー機)で設定してあると思いますが、 すべてのメーカーの複合機(コピー機)は「ふちなし印刷」はできないのです。 ただし、ふちなし印刷ができないのは「レーザー」タイプの複合機(コピー機)で、 インクジョットタイプの機種ではふちなし印刷はできます。 レーザー複合機(コピー機)で「ふちなし印刷」はできない理由 レーザータイプの機器で「ふちなし印刷」ができない理由は、印刷する仕組みにあります。 レーザータイプの複合機(コピー機)やプリンターでは、以下の流れで印刷が行われています。 レーザー光の照射部分は静電気がなくなります。 このような理由から、どのメーカーの複合機(コピー機)でも基本的に「ふちなし印刷」はできないのです。 インクジェットタイプの機器で「ふちなし印刷」ができる仕組み ちなみに、インクジェットタイプの複合機やプリンターは「ふちなし印刷」はできます。 その印刷の仕組みは、 インクが落ちていく部分に少し段差をつけて凹ませ、インクを吸収するスポンジがセットしてあるので、そこにはみ出したインクが吸い取られていきます。 この仕組みによって、イングジェットタイプの機器ではふちなし印刷が可能になっているのです。 2.ふちなし印刷に代わる機能紹介 レーザー複合機(コピー機)では 「ふちなし印刷」はできませんが、それに代わる機能として「印字領域を広げる」ことはできます。 余白を完全になくすことは不可能ですが、用紙のギリギリまで印刷領域を広げることはできます。 ここでは、参考に Canon(キャノン)複合機のプリンタードライバーの設定方法をご紹介いたします。 その他のメーカーでも設定する名称は異なりますが、用紙ギリギリまで印刷できる機能が使えます。 一般的にプリンタードライバーのプロパティで設定できるので、一度確認して実行してはいかがでしょうか。 3.まとめ 会社の仕事の中には、「ふちなし印刷」したいケースは意外に多いですよね。 しかし、一般的なオフィスで利用される レーザー方式の複合機(コピー機)やプリンターで「ふちなし印刷」は基本的にできません。 仮にふちなし印刷した場合、印刷する過程で用紙に付着せずにはみ出したトナーが、ローラーや感光ドラムに定着してしまい、次にコピー・印刷するときに問題が発生するからです。 ふちなし印刷に代わる機能として、 用紙のギリギリまで印刷領域を広げる設定はできるので、一度試してみてはいかがでしょうか。 投稿ナビゲーション.

次の

ふちなし印刷をしても余白が出てしまいます。隅まで印刷したいのですが

エクセル 印刷 余白 なし

スポンサーリンク エクセルで作成した資料を印刷し、配布する機会は意外とあります。 自分用に印刷したりすることもあり、印刷はよく使う機能ですよね。 しかしこの印刷、やり方によってはうまく印刷されないことがあります。 印刷方法はさまざまありますが、フチや余白なしで全面印刷をしたいときってありますよね。 写真や画像を入れている場合、余白なしのほうがよりまとまって見えることがあります。 このフチや余白なしの全面印刷のやり方をまずご紹介します。 まずはプリンターの設定が必要です。 するとこれから印刷を行うプリンター名が出てくると思いますので、その右下にある「プリンタのプロパティ」をクリックします。 設定が画面が表示されますので、「フチなし全面印刷」、または「四辺フチなし印刷」にチェックを入れます。 これで設定は完了です。 ではエクセルに戻ります。 エクセルの「ページレイアウト」タブを開き、「余白」をクリックします。 その中の「ユーザー設定の余白」をクリックします。 余白を調整します。 上、ヘッダー、左、右、下、フッターすべての値を「0」にしましょう。 これで印刷プレビューで確認し、印刷してみてくださいね。 ただし、場合によっては余白なし全面印刷ができない場合があります。 まずプリンターです。 プリンターによってはこの印刷方法ができないものもあります。 プリンターの設定時に、フチなし全面印刷」、または「四辺フチなし印刷」が選択できない場合はプリンターが対応していない可能性があります。 もしくはプリンターの取り扱い説明書で対応しているか確認してみてくださいね! またはエクセルの印刷プレビューで、レイアウトを確認してみてください。 印刷プレビュー画面では、右下の「余白の表示ボタン」を押すと余白の線をマウスで動かすことができます。 これをドラッグして調整することで、うまく印刷できます。 まずは印刷プレビューを確認してみてくださいね! エクセルの点線は印刷範囲!きれいに整えて見やすい資料を! エクセルを使用していると、ところどころに点線があることはありませんか? 最初に特に何も設定していないのに、なぜ点線があるんだろう・・・と思いますよね。 この点線は実は、印刷範囲を表しているんです。 もしこの状態で印刷ボタンを押したら、ここで切り取られて印刷できるんですよ~という意味になります。 もし今作っている資料を印刷する予定があり、見やすい資料にしたい場合はこの点線を活かすといいですよ! まずエクセルの「ファイル」タブをクリックし、「改ページプレビュー」というものを押してみてください。 すると印刷範囲が青い線で囲まれ、背景にページ数が表示されています。 今印刷ボタンを押すと、このように印刷されますよ~ということなんです。 この青い線、実は動かすことができます。 動かしてみるとページ数が変わりますよね。 これで自分が印刷したいように設定することができます。 もし資料を作って印刷することが分かっている場合、ある程度資料ができあがってきたら印刷したらどう見えるかを確認するために、この改ページプレビューを見ながら作っていくと便利です。 印刷範囲を変更できない…それはエクセルが保護されている! エクセルで資料を作っていて、印刷範囲を変更していざ印刷!と思ったときに、印刷範囲が変更できないことがあります。 するとシートの保護が解除できます。 しかしまれにパスワードが設定されていることがあります。 誰でも解除できないように、という意味ですね。 こういうときは設定するときにパスワードを入力した方に聞いて、入れるようにしましょう。 このシートの保護を解除することで、印刷をするときの印刷範囲を自由に変えて印刷することができます。 または保護自体は外したくないけれど、印刷範囲だけ変えたいということであれば、シートを保護したときに 「保護はしたけれど印刷範囲は変えることができますよ」という設定にしておく必要があります。 これも覚えておくと便利です。 まとめ エクセルで印刷をするときには、さまざまな設定をして印刷することができます。 印刷前にきちんと印刷プレビューで確認しておくこと、改ページプレビューや内容によっていろんな印刷の仕方を使いながら、印刷していきましょう。 印刷範囲も自分で決めていくことができます。 より見やすい資料作りのためには、さまざまな印刷の仕方を見てみるといいのではないでしょうか。

次の

Excel 2016で はがきにフチなし印刷(余白なし印刷)をしたい:エクセルの使い方

エクセル 印刷 余白 なし

Excelで作った表をA4やA3の用紙サイズにピッタリ合わせて印刷する方法 時間短縮の為のExcel作業で出来上がったデータを失敗なく一発で印刷し、内容を確認するコツを紹介します。 この記事では、表をA4やA3の用紙サイズにピッタリ合わせて印刷する方法について解説します。 渡されたエクセルのファイルに印刷設定がされてなくて、表が溢れて2ページになったり、表が小さすぎて読みにくかったり、余白が大きすぎたり、表が用紙の端によっていたりすると、印刷時の調整が大変ですよね。 この様な印刷時の悩みを解決するのがこの記事です。 いちど設定してファイルを保存すれば、次から同じ設定で印刷できるので、二度手間が無くなりますし、相手にも失礼ではありません。 印刷設定を覚えれば、A4やA3の用紙サイズにピッタリ印刷できない悩みが解決しますよ。 この記事の目次• 以下の手順で印刷範囲を設定します。 これはエクセルに対してあなたが印刷したい範囲を伝えただけです。 このまま印刷ボタンを押すと、全ての印刷範囲が用紙にプリントアウトされるだけです。 用紙サイズにピッタリに収めたい、もっと大きくいっぱいに印刷したい、用紙の真ん中に印刷したい、等はこれでは解決しません。 【手順2】印刷プレビューを確認する 環境にやさしく無駄な資源を減らすなら、印刷前に「印刷プレビュー」を確認することが大事です。 以下の操作で印刷プレビューを確認します。 後はプレビューを見ながら印刷設定を調整していきます。 【手順3】エクセルでピッタリA4サイズに合わせる 一般的にビジネス文書は、A4用紙一枚に収めるのが基本です。 エクセルの印刷プレビュー画面でA4用紙1枚に収まっていない場合、プレビュー画面の右側にスクロールバーが表示され、2ページ以上で印刷されるのが解ります。 以下の方法でA4用紙一枚に印刷が収まるようにします。 0にする)• 0にする)• 0にする)• 0にする)• 5にする)• 5にする)• (今回であれば余白(上)を1. 5~2. ぜひご覧ください。 これで[ページ設定]ダイヤログボックスの設定は終わりました。 【手順4】印刷を実行する 印刷範囲が設定され、印刷プレビューを見て印刷設定が出来たら、実際に用紙に印刷します。 【応用】エクセルで用紙いっぱいに印刷する設定 文字や画像などが小さすぎて見えない場合、拡大して印刷すると見やすくなります。 [ファイル]>[印刷]>[ページ設定]>[余白]タブ>[ページ中央]>[水平]のチェックを入れる>[OK] [ファイル]>[印刷]>[ページ設定]>[余白]タブ>[ページ中央]>[垂直]のチェックを入れる>[OK] これで用紙の中央に表を配置して印刷することが出来ます。 【応用】A3対応プリンタが無い場合に印刷する方法 さまざまな印刷ニーズに対応するコンビニのプリントサービスが便利です。 ・A3用紙対応のプリンタを保有していない場合• ・インクが無くなったけど直ぐ印刷したい場合• ・遠くにいる人に今すぐ資料を見せたい場合 2018年9月13日現在、一枚当たりの印刷料金は以下の設定です。 sej. jp 出張や外出先の営業マンに文書を渡したい。 そんな時に役に立つのがネットプリントです。 A3サイズの大きな原稿の出力もOK。 ご自宅にプリンターがない方もこれで簡単にプリントできます。 lawson. jp ネットワークプリント用のウェブサイトに文書や画像を登録すれば、お店のマルチコピー機でプリントすることができます。 スマートフォンからもアップロードしてプリントアウトできます。 専用のアプリケーション「ネットワークプリント」が必要です。 family. jp インターネットを使って、文書や写真をプリントできます。 対応するファイル形式 各社とも、以下のファイル形式に対応しています。 PDFファイル• JPEGファイル• ・まずは印刷範囲を指定しエクセルに教えるのが大事• ・印刷プレビューを確認して状況を確認しながら調整するのが大事• ・小さい表を拡大して印刷することが出来る• ・端に寄っている表を中央に印刷することが出来る• ・A3対応プリンタが無い場合はコンビニを活用するのが便利 ご理解いただけましたでしょうか? 次は、あなたが実際にエクセル上で実際に作業してみて下さい。 自分の手を動かすことが、パソコンスキル向上の近道です。 この記事は以上です。

次の