サンドラ リンクス。 【デュエルリンクス】サンダードラゴンデッキのレシピと回し方・対策【遊戯王】

【回し方解説!!】サンドラがリンクスに実装!!動画で分かりやすく解説してみた【遊戯王デュエルリンクス】【Yu

サンドラ リンクス

最新情報! 最新デッキ情報! 遊戯王デュエルリンクスのサンダードラゴン(サンドラ)デッキレシピです。 サンダードラゴンデッキのおすすめキャラスキルと相性の良いカード、デッキの回し方やコンボ、対策カード 弱点 を紹介しています。 除外またはフィールドから墓地へ送られた際に発動する サーチ・リクルート効果と、手札から捨てて発動できる 蘇生・帰還・手札回収効果を使ってデッキを回転させながら戦う。 サンダー・ドラゴンデッキ新環境予想 最強デッキランキング予想 Tier4 【環境外】 レギュレーション変更の影響を受け、環境外となったデッキ。 レギュレーションの影響を多大に受ける 今回のレギュレーション変更で一番影響を受けたのはサンダー・ドラゴンデッキだろう。 主要パーツが軒並みリミット3に指定されてしまったので、初動の安定感が損なわれた印象。 勝ち抜くには今までとは別のカードを採用しなくてはならない。 孤高除獣で初動の確保 《》は手札から除外したモンスターと同じ種族のモンスターをデッキから除外できる効果を持つ。 手札は消費するが《》のような役割を果たすカードだ。 攻略Point! 自身も闇属性なので《》の 除外コストになる等、相性の良いモンスターです。 インチキドローの下方修正 スキル「」の修正もかなりの痛手となった。 スキルによってアドバンテージの確保ができていたが、レベル7以上となってしまい使用が極端に難しくなった。 モンスターでアドバンテージを確保する戦い方が求められるだろう。 攻略Point! 初動となる魔法カードを引きやすくするために「」を採用しています。 《》などを手札に引けていれば、ワンキルまで狙うことができる。 サンダードラゴンデッキの弱点と対策カード デッキの弱点 耐性持ちの高ステータスモンスターに弱い サンダードラゴンデッキはSモンスターの除去効果を駆使して戦うため、「」の《》や「」の《》など、耐性の多い高ステータスモンスターを立てられてしまうと突破手段が一気に狭くなる。 サンダードラゴンデッキへの対策カード一覧 カード名 説明 ・対象に取られず、効果破壊されない ・守備力が高い ・リミット1指定カード ・モンスターを裏側表示にする ・サンドラのS召喚を阻止できる ・収録パックが古い ・モンスターへの連続攻撃が可能 ・守備貫通効果 ・で守りきれない サンダードラゴンデッキの評価・ユーザーレビュー 以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前•

次の

【デュエルリンクス】新規サンドラ追加!サンダードラゴンデッキレシピ【キング帯で勝率75%】

サンドラ リンクス

最新情報! 最新デッキ情報! 遊戯王デュエルリンクスのサンダードラゴン(サンドラ)デッキレシピです。 サンダードラゴンデッキのおすすめキャラスキルと相性の良いカード、デッキの回し方やコンボ、対策カード 弱点 を紹介しています。 除外またはフィールドから墓地へ送られた際に発動する サーチ・リクルート効果と、手札から捨てて発動できる 蘇生・帰還・手札回収効果を使ってデッキを回転させながら戦う。 サンダー・ドラゴンデッキ新環境予想 最強デッキランキング予想 Tier4 【環境外】 レギュレーション変更の影響を受け、環境外となったデッキ。 レギュレーションの影響を多大に受ける 今回のレギュレーション変更で一番影響を受けたのはサンダー・ドラゴンデッキだろう。 主要パーツが軒並みリミット3に指定されてしまったので、初動の安定感が損なわれた印象。 勝ち抜くには今までとは別のカードを採用しなくてはならない。 孤高除獣で初動の確保 《》は手札から除外したモンスターと同じ種族のモンスターをデッキから除外できる効果を持つ。 手札は消費するが《》のような役割を果たすカードだ。 攻略Point! 自身も闇属性なので《》の 除外コストになる等、相性の良いモンスターです。 インチキドローの下方修正 スキル「」の修正もかなりの痛手となった。 スキルによってアドバンテージの確保ができていたが、レベル7以上となってしまい使用が極端に難しくなった。 モンスターでアドバンテージを確保する戦い方が求められるだろう。 攻略Point! 初動となる魔法カードを引きやすくするために「」を採用しています。 《》などを手札に引けていれば、ワンキルまで狙うことができる。 サンダードラゴンデッキの弱点と対策カード デッキの弱点 耐性持ちの高ステータスモンスターに弱い サンダードラゴンデッキはSモンスターの除去効果を駆使して戦うため、「」の《》や「」の《》など、耐性の多い高ステータスモンスターを立てられてしまうと突破手段が一気に狭くなる。 サンダードラゴンデッキへの対策カード一覧 カード名 説明 ・対象に取られず、効果破壊されない ・守備力が高い ・リミット1指定カード ・モンスターを裏側表示にする ・サンドラのS召喚を阻止できる ・収録パックが古い ・モンスターへの連続攻撃が可能 ・守備貫通効果 ・で守りきれない サンダードラゴンデッキの評価・ユーザーレビュー 以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前•

次の

【デュエルリンクス】サンダードラゴンデッキのレシピと回し方・対策【遊戯王】

サンドラ リンクス

スポンサードリンク ブラックローズドラゴンか水晶機巧グリオンガンドを降臨させ相手の場を一掃、 後はサンドラによる特殊召喚連打で勝負を決めるというパターンが最も綺麗に決まりやすい勝ち筋。 特にスキル「迷宮作成」はチェーンブロックを作らないため、 相手としては深海のディーヴァを見た時点で妨害札を発動するかどうかの択を迫られることとなります。 …が、仮に底無しカナディア聖槍モーレフなどで妨害されたとしても、結局場には表側のディーヴァが1体残るため、 迷宮作成と合わせて確実にブラックローズドラゴンで消し飛ばすことが可能です。 では各カードの解説へ。 このデッキの守り神。 構築段階で一番最初に投入したカードです。 サンドラは先攻時の動きが致命的に弱く、大量のリソースを使ってもせいぜい大型モンスターかサイフレーム辺りを立てることしかできません。 しかしこのモンスターを搭載することで確実に相手のワンキルを防げる上、 上記の大型モンスターを立てるためのリソースを節約することができます。 このカードがあれば先攻を実質後攻にできるようなもので、 個人的にはサンドラデッキに必須と感じている一枚。 深海のディーヴァ程ではないものの優秀なレベル2チューナー。 盤面ではただのバニラなサンドラを大型シンクロモンスターに変換し、さらに素材となったサンドラの墓地送り時効果を起動させるトリガー役。 雷劫龍の属性合わせにも役立つのが地味に大きなポイント。 サンドラデッキにはあまり見かけない素サンドラ。 雷劫龍の属性合わせの都合上や、迷宮作成を絡めた動きのアド回復用、雷鳥龍の手札交換枚数のかさまし用などで主に活躍。 個人的にはカイトロイド同様に必須の部類に入るのになぁと思いながら回しています。 1つ目のフリチェ手札誘発同名カードサーチ効果は、相手ターン中に発動すれば、自分ターンで雷劫龍の属性合わせに使った際に2つ目のサーチ効果が使えて無駄がありません。 基本的に「黄金柩」で除外するカード候補筆頭。 スポンサードリンク シンクロを絡める場合の「黄金柩」による除外候補筆頭。 蘇生カードとして便利な雷鳥龍を回収する役割も担います。 このカードと雷鳥龍、手札墓地除外のいずれかに揃った時点で、 こちらがデッキ切れすることなく、仮に除去されても毎ターン雷劫龍を出し続けることができるという無限ループ布陣が完成します。 そのためデッキ切れを狙う害悪に対しても強いのが大きなポイント。 墓地または除外ゾーンからあらゆるサンドラを蘇らせる最強カード。 蘇生対象候補はエース格の雷劫龍、サーチ担当の雷電龍、壁として機能する雷獣龍の中から選択。 とにかく万能なため、いかに墓地除外ゾーンにサンドラを貯めつつこのカードを手札に毎ターン加えることが出来るかがカギ。 2つ目の効果も事故防止の観点から非常に強力。 「黄金柩」がサンドラ除外のおまけ付き「打ち手の小槌」に化けます。 素のサンドラを搭載することによるデメリットをこのカードと迷宮作成がうまく消してくれるのは頼もしいところ。

次の