哺乳 瓶。 新生児にピッタリな哺乳瓶ってどんなの? 迷ったらコレのおすすめ7選!

哺乳瓶拒否を克服しました!ミルクを飲まない子へ11個の解決方法

哺乳 瓶

哺乳瓶を卒業するタイミングやスムーズに卒業できるコツ、マグで飲ませる方法などを見ていきましょう。 あくまでも目安なので、急に哺乳瓶を卒業させることは、赤ちゃんにとってはとても不安に思いストレスを感じてしまうことも。 赤ちゃんはいずれは哺乳瓶を卒業する時期がくるので、赤ちゃんの様子を見ながら焦らず進めていってくださいね。 「離乳食を食べる量が増えてくると、自然と気づいたら卒業していた」という方も。 また食事のときに、コップやストローの練習をして使えるようになったタイミングでという声も多いようですね。 出典:photoAC 日中にしっかりと外で遊んで、お腹をすかせて離乳食をたくさん食べてもらうのもコツのようですよ。 生まれたばかりの赤ちゃんには歯がないため、赤ちゃんが母乳やミルクを飲むときには舌を使って飲みます。 赤ちゃんが「飲む」という動作は、頬をすぼめたり舌を動かしたりして飲むため、自然と赤ちゃんの顎や舌や唇の筋肉が発達しているのです。 そのため、哺乳瓶のやわらかいシリコンなどの飲みやすい乳首を使い続けることで、口回りの筋肉の動きが不十分になり、十分に発達できなくなって歯並びが悪くなってしまう可能性があるようですよ。 お気に入りのマグであれば興味を持って飲んでくれることも多いようです。 また、小さい子はママの真似をしたがるようになります。 離乳食をあげるときなど、ママがマグで楽しくお茶を飲む真似をして見せるのも効果的ですよ! ・マグで上手に飲めたらたくさんほめる! 哺乳瓶に慣れている赤ちゃんは最初はマグで上手く飲めません。 少しでもマグで飲むことができたときには大げさなくらい、たくさんほめてあげましょう。 ママにほめられたことが赤ちゃんはとてもうれしくて、自分からマグで飲みたがる赤ちゃんやそのままスムーズに哺乳瓶を卒業できたという赤ちゃんもいるようですよ。 ・しっかり説明してあげる 出典:photoAC 1歳頃になると、まだ話すことができなくてもママたちが話していることを理解することが、ずいぶんできるようになります。 急に哺乳瓶を取り上げることは赤ちゃんにとってはストレスになることも…。 卒業させる少し前から少しずつ「哺乳瓶はバイバイしようね!」などと話してあげましょう。 ・気分をかえる 出典:photoAC 公園に遊びに行ったときなどに、マグでお茶を飲ませてみると意外とすんなり飲んだというママもいるようです。 環境を変えて挑戦してみるのもおすすめ! マグのストローやスパウトの飲み口部分は特に洗いにくい部分で菌が繁殖しやすいので、毎回消毒する必要はありませんが、しっかりと洗って乾燥させるように心がけましょう。 哺乳瓶でミルクを飲むことで、長時間ミルクが歯の表面に滞り、乳歯が虫歯になってしまうリスクを高めてしまいます。 出典:筆者撮影 また、ミルクからフォローアップミルクに切り替え、2歳頃になっても、哺乳瓶を卒業できず、就寝時には哺乳瓶を使いたがる。 という子もいるようです。 寝る前の赤ちゃんが哺乳瓶を欲しがるのは、口寂しいことが多いようです。 哺乳瓶を欲しがる場合は、気をそらすことで、哺乳瓶を忘れさせるのが効果的!遊んだり本を読んだり抱っこしたりして、しっかりとスキンシップをとって安心させて、満たしてあげましょう。 出典:photoAC 特に寝る前の寝かしつけのために哺乳瓶を使っていると、「入眠の儀式」として執着し、なかなか手放せなくなることもあるので注意しましょう。 赤ちゃんによっては心の安定剤として必要としている場合もあります。 赤ちゃんの様子をしっかり見ながら上手に哺乳瓶を卒業させましょう。

次の

プラスチック製の哺乳瓶なら、素材はPPSUがオススメな3つの理由

哺乳 瓶

私も、哺乳瓶拒否で精神的に本当に参ってしまったので 同じ経験で大変な思いをしているお母さんを1人でも楽にできれば幸いです。 哺乳瓶拒否克服のため一番大切なこと それは、 焦らないこと。 これが絶対に一番大切です。 哺乳瓶拒否になってしまっても完母でいいや!と割り切れるのであれば、克服させたいとは思わないでしょう。 当時の私のように直近で人に預ける予定があったり、今後自分しか授乳できないのは困るという気持ちがあるからなんとしてでも克服させたいんですよね。 だけどその気持ちは「焦り」を呼びます。 私も焦りに焦って、無駄に自分と息子を追い込みました。 哺乳瓶拒否は克服までにかなりの時間がかかります。 焦らずじっくり向き合うことが解決への近道になりますよ。 順に説明します。 乳首のサイズを適正にする まず確認したいのが、 哺乳瓶の乳首(ニップル)が赤ちゃんに合っているかどうかです。 例えばピジョンの母乳実感の乳首は SS~LLサイズまでラインナップがあります。 ピジョンのHPにはSSサイズは0ヵ月から、Sサイズは1ヵ月ごろから、Mサイズは3ヵ月ごろから…と、推奨月齢が載っています。 飲む量が増えてきた赤ちゃんに 一生懸命吸ってもなかなか出てこない乳首を使い続けていると• 穴の部分がスーパークロスカットという特別な形状をしていて、 吸う力に応じてミルクの出る量が自然とコントロールされるのです。 サイズアップに悩んでいたので、画期的すぎる!!と感動。 生後1ヵ月ごろにミルクを口から溢れさせるようになったので使用しましたが 全くこぼさずに飲んでくれたのでめちゃくちゃオススメです! スーパークロスカットの詳しい説明は公式HPでぜひ詳しく確認してみてください。 拒否しているのは哺乳瓶かミルクかを調べる 突然拒否がはじまったのはなぜか? 「哺乳瓶拒否」と呼びますが、 哺乳瓶 乳首部分 が嫌なのか、ミルクが嫌なのかを以下の方法で確認してみましょう。 ですが、 息子はこのフローチャートにはあてはまりませんでした。 空の哺乳瓶はくわえる。 哺乳瓶を嫌がっているわけじゃなさそう。 でもミルクが入っていると嫌がる。 特定のミルクの味を嫌っているわけでもなさそう。 直接母乳を飲むことはできる。 なにが嫌なのかとにかく 原因不明!! なのでとにかくできることをすべて試していく方法をとりました。 哺乳瓶拒否を克服する方法9つ それでは、私が哺乳瓶拒否を直すためにやってみたことを順番に紹介します。 1.ミルクを薄める 息子が哺乳瓶拒否をしたのは真夏。 夏は少し薄めのミルクを作ると飲みやすくなり飲んでくれるとの情報を見て、 10mlほどお湯を多めにしてみました。 結果:息子には効果なし 寝ぼけているからといって騙されてはくれませんでしたし、母乳との差し替えも嫌がりました。 しかしネットではこの方法で飲んでくれたという声が多数見られました。 根本的な解決にはなりませんが、 どうしても飲ませたいときには有効かも。 また、この方法をきっかけにまたミルクを飲んでくれるようになることはあるかもしれません。 4.ミルクの温度を上げる 赤ちゃんは冷たいものよりも少し温かいものを好むそうです。 ミルクの温度は手に1滴落とした時になにも感じない温度が適温ですが、 それよりも少し熱めにミルクを作ります。 また、口に触れる部分が温かいと飲んでくれることがあるようなので、乳首の部分にお湯をかけて温めてから飲ませてみました。 結果:私があげるよりは飲んでくれた 母や父や夫がミルクをあげると、少しだけ落ち着いて飲んでくれました。 ただ飲み干すこともあれば、途中で泣いてしまうことも。 私の時は1mlも飲まないのでそれよりはマシでしたが…。 飲む前や飲んでいる途中に私の姿が見えたり声が聞こえたりすると泣いてしまうので、私は見えないところにじっと隠れていました…。 それはそれで辛かったです。 6.哺乳瓶を変更する 哺乳瓶拒否の救世主とされる哺乳瓶があります。 それが NUKの哺乳瓶! NUKの哺乳瓶は乳首の形がお母さんのおっぱいと似ていて赤ちゃんの口になじむようです。 ちなみにもともと使っていたのはピジョンの母乳実感です。 乳首のサイズはSサイズを使用していました。 拒否前日まではこれでごくごく飲んでいたんです。 克服した今は母乳実感もまた使えるようになりました! そしてこちらが購入したNKUの哺乳瓶。 いろいろな種類がありますが、選んだのは ネイチャーセンスという哺乳瓶です。 ・複数の穴からミルクが出る形状 ・口の中で唾液とミルクが混ざり、むせにくく消化を助ける ・他の哺乳瓶と比べて 少しシリコンが固め ・一生懸命飲まないといけない設計で吐き戻しも少ない 息子は消化が悪いほうだったので消化を助けるというのはとても魅力的でした。 同じ哺乳瓶で白色のものがあってデザインもかわいいのですが、少しメモリが見にくいのでブルーを選びました。 哺乳瓶にもともとついている乳首はMサイズで穴は6つ。 Sサイズは3つ穴で、パッケージにはさく乳した母乳用と書いてありますが ミルクにも使えます! 私はプラスチックの哺乳瓶 Mサイズ乳首付き と別売りのSサイズの乳首を購入。 わかりにくいですが、 左が6つ穴・右が3つ穴です。 こちらもNUKの哺乳瓶と同じくおっぱいに近づける作りになっていて おっぱいに似た形、乳首が固いなどの工夫がされている母乳育児トレーニング用の哺乳瓶です。 もしまた拒否したときはこちらの哺乳瓶を購入予定です。 母乳実感の哺乳瓶に乳首だけ付けられるのが嬉しい! 7.スプーンでミルクを飲ませてみる NUKの哺乳瓶で一度は解決したのですが、まだ飲みムラがあったので完全克服を目指して別の方法も試してみました。 離乳食用のスプーンで少しずつミルクを飲ませます。 主に哺乳瓶を嫌がっている子に有効な方法ですが、息子のように 「哺乳瓶は嫌じゃないしミルクも嫌じゃないけど、哺乳瓶からミルクを飲みたくない」 という拒否のしかたをする子にも有効です。 口の端からスプーンを入れてほっぺたに沿ってミルクを注ぐ こうするとうまく喉に落ちて飲みやすいようです。 初めてスプーンを使ったのできちんと使えるのか心配でしたが、ちゃんとすすってミルクを飲むこともできました。 ただ、 40ml飲ませるのに1時間…ものすごく時間がかかるのがデメリット。 1日1回程度なら良いかもしれませんが毎回の授乳にはオススメできません… しかし! 息子はこの方法で劇的にミルクを飲むようになったのです。 翌日、父が哺乳瓶でミルクを飲ませたところ、通常の授乳量の120mlを飲み干しました。 おそらく「ミルクおいしい!普通に飲める!」と思ってくれたのではないかと思います。 8.飲ませ方とタイミングを研究する 根気がいりますが ・あおむけに寝転がった状態 ・頭が少しだけ体よりも下がった状態 ほんの少しだけ傾斜がある状態です ・哺乳瓶を正面からまっすぐに差し込む あおむけなので哺乳瓶の底が天井を向くように おっぱいを飲ませるのと同じ横抱きでは飲んでくれません。 おっぱいをもらえると思うようです。 コップ・マグ・スパウトを使って飲ませる 哺乳瓶は諦めて、コップなどを使ってミルクを飲ませる方法です。 息子はまだ小さくてどれも使用できなかったのでこの方法は試しませんでしたが スパウトを使って飲ませる方法で解決した人はとても多いようです。 哺乳瓶のように乳首の形ではなく、四角いフォルム。 真ん中に飲み口のカット部があります。 やわらかく、簡単に吸えて飲みやすいようです。 また、コップは新生児からでも使えるそうですよ。 息子は生後8ヶ月過ぎても使えていませんが… さて、ここまで頑張ってみて少しずつ哺乳瓶に慣れてきたとしても 用意した規定の授乳量をすべて飲み干すとは限りません。 そんな時は無理に飲ませずに、 時間をあけて再度飲ませてみると案外飲んでくれます。 それでも飲まないときは潔く諦めて、また明日チャレンジです。 飲まなくてもいいや、もし飲んでくれたら我が子は天才! という気持ちでチャレンジすることが、自分と子供を追い詰めないコツでした。 哺乳瓶拒否克服 まとめ ありとあらゆる方法を試してみて、 息子は約1ヵ月で哺乳瓶拒否を克服しました。 今は私からもミルクを飲んでくれます。 試してみて効果があった方法をもとに以下の流れを繰り返し、哺乳瓶拒否を少しずつ矯正していきました。

次の

プラスチック製の哺乳瓶なら、素材はPPSUがオススメな3つの理由

哺乳 瓶

哺乳瓶と人工乳首の選び方 哺乳瓶や人工乳首は、おっぱいを飲むときに近い哺乳瓶乳首がおすすめと言われます。 赤ちゃんは、おっぱいを舌と、顎と、口周りの筋肉と、を使って飲みます。 これら筋肉を動かすことで、食べ物を噛んで飲み込むための練習にもなります。 そのためにも、哺乳瓶や人工乳首は、おっぱいを飲むときと同じ運動ができるものを選ぶことが推奨されています。 また、月齢や発達によって飲む量や飲み方が変化します。 その時々にぴったり合うの物を選びましょう。 哺乳瓶の「素材」と「大きさ」について 素材について 哺乳瓶の素材には、「耐熱性ガラス製」と「プラスチック製」があります。 ガラス製 ガラス製は、 煮沸や電子レンジでの消毒ができます。 傷や臭いがつきにくいので、より衛生的に使用することができます。 、 プラスチック製に比べて重いため持ち運びに不便というデメリットもあります。 プラスチック製 一方、プラスチック製の哺乳瓶は軽いので、哺乳の際の手首への負担が少なく、割れにくい特徴が有ります。 外出時の使用に、非常に便利です。 ただ、中には電子レンジでの消毒ができないものもありますので、注意書きを確認してください。 以前に、哺乳瓶の材質について記事を書きましたので、詳細はこちらをご覧ください。 大きさについて 月齢に応じて飲む量が変わってくるので、それに合わせてボトルの大きさを変えていきます。 最初から大きいサイズを購入すると、小さいサイズが無駄にならないというメリットもありますが、その哺乳瓶が赤ちゃんに合わなかった場合にもったいないです。 また、大きいサイズは嵩張りますから、適宜サイズを変更していく方が良いでしょう。 人工乳首の「素材」「大きさ」「穴の形状」について 素材について 乳首の素材は、主に3種類に分けられます。 天然ゴム ママの乳首に一番近い感触が近いのは「天然ゴム」と言われています。 しかし、熱に弱く、耐久性に乏しいこと、ゴムの匂いがする事が欠点。 赤ちゃんによっては嫌がることもあります。 イソプレンゴム 天然ゴムと同様に弾力や柔らかさがお母さんの乳首と似ています。 天然ゴムと比べてゴムの匂いが少ないので、赤ちゃんにとって飲みやすい乳首の材質です。 柔らかく弾力性のある「イソプレンゴム」の方が耐久性は高いといえます。 イソプレンゴム製人工乳首 シリコーンゴム 無色透明のシリコーンゴムは、ニオイも少なく熱に強いのが特徴です。 しかし、傷つきやすいのが欠点です。 シリコーンゴム製 人工乳首 大きさについて 人工乳首の穴の形状が丸型の場合、丸穴のサイズは、成長とともに変更しましょう。 サイズに種類があるのは丸穴だけです。 メーカーによって違いますが、• 哺乳時間が10から20分程度になるものを目安に選ぶようにしましょう。 穴の形状について 人工乳首の穴の形状は、• クロスカット• スリーカット の3種類です。 丸穴は、大きさによってミルクの吐出量が変わるため、赤ちゃんの成長とともにサイズ変更が必要です。 クロスカットは十字に切った形で、加える力(赤ちゃんの吸う力)で出方をコントロールできずるので、同じサイズで使用できます。 スリーカットは3方向に切り込んであり、こちらも吸う力でミルクの出る量を調整できます。 2~3ヶ月から使用が可能です。 赤ちゃんがママのおっぱいを飲むお口の動きを60年に渡って研究し作られた、母乳実感乳首付き。 直接おっぱいを飲む時と同じ口の動きが再現できるから、 おっぱいとの併用もスムーズ。 心地よく母乳育児をアシストします。 色んな授乳姿勢でも持ちやすく、手へのフィット感を追求したボトルデザイン。 洗いやすく調乳しやすい、広口タイプです。 軽くて割れにくい、医療機器にも採用されている上質なプラスチック(PPSU)製。

次の