個体 値 カリ キュレーター。 【ポケモンサンムーン】個体値ジャッジの解放条件と個体値の確認方法【USUM】|ゲームエイト

【剣盾対応】個体値&ダメージカリキュレータ for Android

個体 値 カリ キュレーター

レベルが低いときは、個体値0のポケモンも、個体値31のポケモンもステータス実数値には大きな差はありません。 個体値というのは、レベルが高くなったとき、より顕著にステータスに差がでるものなので 低レベル時には、ステータスの見かけ上での差はほとんどないのです。 あっても1や2程度の差です。 同じフカマルLv1でもHPが10も20も違う事がないのは、そういう原理です。 ですから、低レベルの状態で個体値カリキュレーターで調べても 「15~31」みたいな形で、ふり幅が大きい結果だったと思います。 それは、個体のレベルが低すぎて正確な個体値を測定できない…という事を意味しています。 個体値カリキュレーターを用いて、詳細な個体値を測定する場合はレベルは50以上はないとハッキリした個体値はわかりません。 (レベル50でも「30~31」みたいな形で1程度の誤差が生じます。 努力値を入れる事によって、確定させる事は可能です。 ) ただ、細かい個体値調整を要するわけではなければ(例:めざパ調整等) 基本的に個体値Vかそうでないかを知れれば良いので ゲーム内にいる「ジャッジさん」に見せて判定したほうが、早くて正確です。 孵化厳選した個体をわざわざレベルを50まであげてから個体値カリキュレーターで調べるのは面倒です。 性格と振分けた努力値がわからないので何とも言えないところですが、 いじっぱりと想定し、努力値を0とした時の個体値は次のように出るはずです。 HP:0〜31 攻撃:0〜9 防御:10〜31 特攻:20〜31 特防:10〜31 素早さ:16~31 この状態ではVがあるかの判断はできません。 0〜31という表記の場合、個体値が0でも31でもその間の個体値ならどれでも そのステータスの数値になり得るという意味だからです。 これが起きる理由としてはステータスを決める計算式の中で、 小数点以下が出たら切り捨てるという仕組みがあるからです。 その際、Xが0〜9のとき答えは0、Xが10〜19のとき答えは1となるように ポケモンのステータスを決める要素にも似た仕組みが組み込まれています。 個体値カリキュレーターを利用する際はレベルを100にするか、 努力値を振分けて絞り込むことなどしないと正確な個体値の測定は困難です。 ジャッジの中で出てきた性格が「最高の力を持っている」と言われたらV確定です。

次の

【ポケモンGO】新・個体値チェッカー(計算機)

個体 値 カリ キュレーター

カラマネロ ぎゃくてんポケモン ぜんこくNo. 687 アローラNo. USUM 027 高さ 1. 5m 重さ• 0kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Malamar タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 30以上で、3DS本体を逆さまにしてレベルアップで『マーイーカ』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• ただし、変化技のZワザによる追加効果については影響を受けない。 相手を交代させる技『ふきとばし』『ほえる』『ドラゴンテール』『ともえなげ』の効果を受けない。 /『てもち』の先頭にいると釣りが成功しやすくなる。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 第6世代は命中率:90 Lv. 5〜1. 5 が相手に与えるダメージになる。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 変化技を使えなくする 技. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 最大102。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 投げつけた道具はなくなる。 通常攻撃。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 ただし、同じ『タイプ』を持っている場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性はコピーできない。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 自分が場を離れると効果は消える。 USUM New! 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 USUM New! 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。

次の

ポケモンORASで、フカマルを厳選していたのですが

個体 値 カリ キュレーター

宇宙のウイルスから誕生したポケモン、デオキシスを厳選! 第3世代で初登場し、2004年のポケモン映画ではメインを務めたデオキシス。 初登場から前作XYまでは、通常プレイではゲット不可能な幻のポケモンでしたが、今作オメガルビー・アルファサファイアでは何とストーリー上でゲットが可能となりました。 2004年の映画では、レックウザに何故かいじめられる可哀相な外者ポケモンという印象が強かったデオキシス。 今作のストーリーでも、ただ隕石に引っ付いていただけなのに、勝ち目のないメガレックウザにワンパンされなければならない悲運を背負っています。 今作の演出は映画のオマージュなのでしょうが、本当は良い子なのに、悪役っぽい見た目で損してしまっている感が否めないポケモンです。 今回は、そんなデオキシスを厳選しつつ ゴージャスボールで捕まえます。 デオキシス捕獲環境の確認 本作でゲットできるデオキシスのレベルは 80、史上最も高いレベルで登場する野生の伝説ポケモンとなりました。 他の伝説ポケモンに違わず、個体値は6ステータスのうち3V(個体値31)固定です。 捕獲時の技構成は下表の通り。 技名 タイプ 威力 PP コスモパワー エスパー・変化 — 20 じこさいせい ノーマル・変化 — 10 サイコブースト エスパー・特殊 140 5 はかいこうせん ノーマル・特殊 150 5 攻撃技2つはいずれも副作用つきの高威力技。 並みの耐久力のポケモンならば一発KOされてしまいます。 回復技「じこさいせい」を持っているのも非常に厄介です。 また、相手の特性は「プレッシャー」なので、「キノコのほうし」をかける場合、ポイントマックスを使っていたとしても、12回かければPPを回復しなければならないことも注意です。 目的とするデオキシスのスペック 今回目的とするデオキシスのスペックについては「性格:おくびょう」、目的の3V配置は、「すばやさ」がV必須、「こうげき」以外がVなら良い、という条件でいきたいと思います。 厳選ではありませんね、かなりのゆる選です。 レベル80、性格:おくびょうの6V個体のステータス値は下表の通り。 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ デオキシス 194 242 109 269 109 295 すばやさが295の野生ポケモン…未知の領域です。 捕獲後ステータスを確認し、目的のステータス値が合致していれば成功です。 いつも大変お世話になっております。 デオキシス捕獲要員 今回デオキシスの捕獲に挑む仲間たちです。 2番目には、 すばやさ294のミュウツーを弱らせて配置しました。 ポケモンがミュウツーである必要はありません。 ただ単にすばやさを294に手っ取り早く調整できるのがミュウツーだっただけです。 これで、相手がすばやさ295の最速かどうかを測定します。 デオキシスの初登場もファイアレッド・リーフグリーンなので、10年越しの対峙と考えると感慨深いものがあります。 ミカルゲの役目は2つあります。 「トリック」を使い、相手に「くろいてっきゅう」を持たせてすばやさを下げる• 「おきみやげ」を発動し、相手のとくこうを削ぐ ミカルゲは「あく・ゴースト」タイプなので、デオキシスの2つの攻撃技をどちらも無効にでき、「トリック」と「おきみやげ」を確実にキメることができます。 初手、「トリック」で「くろいてっきゅう」を相手に持たせます。 相手のすばやさは半分となり、次に控えるドードリオとドーブルでも先攻を取れるようになります。 「くろいてっきゅう」も、バトルリゾートにて48BPで交換できます。 ニ手目、「おきみやげ」で相手のとくこうを2段階さげます。 これにより眠らせ要員であるドーブルが安全にボールを投げられる環境を整えます。 —— ミカルゲが「おきみやげ」をして瀕死になったら、HP1のドードリオを出して「がむしゃら」を打ち、相手のHPを1にします。 ドードリオが瀕死になったら、ドーブルの登場です。 今回のドーブル(ドビアスちゃん)の技構成は以下のようにしました。 「ふういん+じこさいせい」で、相手に回復をさせないようにします。 相手のとくこうはこの時点で2段階以上落ちているはずなので、回復薬を使わずに「たべのこし」だけで持続的にボールを投げられる環境が整ったはずです。 icon-arrow-circle-right 次ページ:捕獲プロセスと作業結果.

次の