りゅう ぜん こう。 龍涎名香(りゅうぜんめいこう)/高級中国お香専門ショップ 良香香檀

マッコウクジラから採れる 「りゅうぜん香」の香料付き 香りの民芸品 『いさな香』 | 抱壷庵・和歌山県: ダイエット、健康 産直のお取り寄せ(ギフト・お土産)通販サイト「ニッポンセレクト.com」

りゅう ぜん こう

概要 [ ] 灰色、、黒色などの様々な色をした状の模様を持つ状の固体であり芳香がある。 龍涎香にはマッコウクジラの主な食料である、やの硬い(:いわゆる)が含まれていることが多い。 そのため、龍涎香は消化できなかったエサを消化分泌物によりさせ、排泄したものとも考えられているが、その生理的機構や意義に関しては不明な点が多い。 イカなどの嘴は龍涎香の塊の表層にあるものは原形を保っているが、中心部の古いものはと溶け合ったようになっている。 マッコウクジラから排泄された龍涎香は、水よりが軽いため海面に浮き上がり海岸まで流れ着く。 商業が行われる以前はこのような偶然によってしか入手ができなかったため非常に貴重な天然香料であった。 が行われている間は鯨の解体時に入手することができ、高価ではあったが商業的な供給がなされていた。 以降、商業捕鯨が禁止されたため、現在は商業捕鯨開始以前と同様に偶然によってしか入手できなくなっている。 歴史 [ ] : ambergris は「灰色の」を意味する: ambre gris (アンブル・グリ)から。 龍涎香がはじめて香料として使用されたのはごろのにおいてと考えられている。 また、龍涎香という呼び名は 良い香りと他の自然物には無い色と形から『のが固まったもの』であるとで考えられたためである。 日本では、の文書にこの語の記述が残っているため、香料が伝来したのはこの頃ではないかと推測されている。 香料として使用する場合にはに溶解させたとして使用され、などの香りを持続させる効果がある保留剤として高級香水に広く使用されていた。 また、神経や心臓に効果のあるとしても使用されていた。 成分 [ ] 龍涎香の構成成分の大部分はの一種であるとの一種であるである。 このうちアンブレインの含量が高いものほど品質が高いとされる。 このアンブレインが龍涎香が海上を浮遊する間に日光と酸素によって分解をうけ、各種の香りを持つ化合物を生成すると考えられている。 これらの香りに重要な化合物としては(Ambrox、Ambroxanなどの商標で知られている)や 2S,4aS - - -2,5,5-trimethyl-1,2,3,4,4a,5,6,7-octahydronaphthalen-2-ol(Ambrinolの商標で知られている)などが知られている。 これらのは合成として製造されており、龍涎香の代替品として使用されている。 また龍涎香には含まれていないが龍涎香と類似した香りを持つ化合物も多く知られており、それらも龍涎香の代替品として使用されている。 文化 [ ] の小説『』第92章 は、章題が Ambergrisとあり、その内容もマッコウクジラの解体時に龍涎香を入手する様子を詳しく描写している。 須川邦彦の冒険実話「無人島に生きる十六人」 新潮文庫 内では、マッコウクジラ漁の描写に関連して龍涎香の獲得を期待する一連の描写がある。 中国、明代の趣味人向け道具解説には、「スマトラ国にある竜涎嶼(小島)では、たくさんの龍がざこねしていて、その垂らしたよだれが採集された香。 海面に浮かんでいたものが最上品、岸に漂着し埋まっていたものが次、魚がよだれを食べ糞となり、腹から取り出したものが次の品」という説明がある。 脚注 [ ] []• Herman Melville. 『』 [ ] 参考文献 [ ]• 文震亨、荒井健訳 『長物志』 、2000年。

次の

【モンスト】劉禅(りゅうぜん)の適正キャラと攻略方法【究極】|ゲームエイト

りゅう ぜん こう

2017年夏の新商品です。 有名な 高級香水のミツコ、ミスディオール、シャリマー、シャネルNo.5 にも使われるアンバーグリスを使用したお香です。 このアンバーグリスは、 中国でその文様や形状から龍の涎(よだれ)が 固まったものだと信じられていて、龍涎香と言われています。 実際はマッコウクジラの体内で作られた神秘の香りです。 お花のような、フルーツのような甘美な芳香が特徴です。 いや、高級香水の芳香に近いと思います。 女性的な香りです。 どうぞお試しください。 老山ブランド 龍涎名香 詳細データ お香のタイプ アンバーグリス系 (ミツコ、ミスデフィオール、シャリマー、シャネルNo.5等有名な香水に使用される成分です。 オススメ用途 瞑想、読書、就寝時、映画・音楽鑑賞。 ボーとしたい、ノンビリしたい時。 癒しが欲しい時。 女性が来客する時。 白檀とも沈香とも違う、妖艶にして甘美、思わずウットリと陶酔してしまうフルーティーな女性的な香り。 古代からアラビア商人が香料、医薬、媚薬として珍重したのもうなづけます。 女性好みの香りですね。 成分 アンバーグリス (マッコウクジラの体内で作られた結石から抽出した天然香料) 柏木粉 白檀木粉 天然植物のつなぎ *つなぎとはお香の形状を形成する為に使う糊の働きをするものです。 龍涎香についてはをご覧下さい。 【良香香檀 店長キャメイのコメント】 今まで沢山のお香を試しましたが このお香は毛並みが違いました。 花のような、フルーツのような、とても甘くて、やさしい香りで、火をともすとウットリする香りが広がります。 女性的な、繊細で甘美な香りです。 女性が好む香りだと思います。 》》》 お試しサンプルあります! 純天然 烏沈のサンプルご購入はこちらからどうぞ! 本製品は火を使います。 火傷や火災には充分お気を付けてお香をお楽しみ下さい。 お客様の声.

次の

劉禅 りゅうぜん 蜀伝

りゅう ぜん こう

概要 [ ] 灰色、、黒色などの様々な色をした状の模様を持つ状の固体であり芳香がある。 龍涎香にはマッコウクジラの主な食料である、やの硬い(:いわゆる)が含まれていることが多い。 そのため、龍涎香は消化できなかったエサを消化分泌物によりさせ、排泄したものとも考えられているが、その生理的機構や意義に関しては不明な点が多い。 イカなどの嘴は龍涎香の塊の表層にあるものは原形を保っているが、中心部の古いものはと溶け合ったようになっている。 マッコウクジラから排泄された龍涎香は、水よりが軽いため海面に浮き上がり海岸まで流れ着く。 商業が行われる以前はこのような偶然によってしか入手ができなかったため非常に貴重な天然香料であった。 が行われている間は鯨の解体時に入手することができ、高価ではあったが商業的な供給がなされていた。 以降、商業捕鯨が禁止されたため、現在は商業捕鯨開始以前と同様に偶然によってしか入手できなくなっている。 歴史 [ ] : ambergris は「灰色の」を意味する: ambre gris (アンブル・グリ)から。 龍涎香がはじめて香料として使用されたのはごろのにおいてと考えられている。 また、龍涎香という呼び名は 良い香りと他の自然物には無い色と形から『のが固まったもの』であるとで考えられたためである。 日本では、の文書にこの語の記述が残っているため、香料が伝来したのはこの頃ではないかと推測されている。 香料として使用する場合にはに溶解させたとして使用され、などの香りを持続させる効果がある保留剤として高級香水に広く使用されていた。 また、神経や心臓に効果のあるとしても使用されていた。 成分 [ ] 龍涎香の構成成分の大部分はの一種であるとの一種であるである。 このうちアンブレインの含量が高いものほど品質が高いとされる。 このアンブレインが龍涎香が海上を浮遊する間に日光と酸素によって分解をうけ、各種の香りを持つ化合物を生成すると考えられている。 これらの香りに重要な化合物としては(Ambrox、Ambroxanなどの商標で知られている)や 2S,4aS - - -2,5,5-trimethyl-1,2,3,4,4a,5,6,7-octahydronaphthalen-2-ol(Ambrinolの商標で知られている)などが知られている。 これらのは合成として製造されており、龍涎香の代替品として使用されている。 また龍涎香には含まれていないが龍涎香と類似した香りを持つ化合物も多く知られており、それらも龍涎香の代替品として使用されている。 文化 [ ] の小説『』第92章 は、章題が Ambergrisとあり、その内容もマッコウクジラの解体時に龍涎香を入手する様子を詳しく描写している。 須川邦彦の冒険実話「無人島に生きる十六人」 新潮文庫 内では、マッコウクジラ漁の描写に関連して龍涎香の獲得を期待する一連の描写がある。 中国、明代の趣味人向け道具解説には、「スマトラ国にある竜涎嶼(小島)では、たくさんの龍がざこねしていて、その垂らしたよだれが採集された香。 海面に浮かんでいたものが最上品、岸に漂着し埋まっていたものが次、魚がよだれを食べ糞となり、腹から取り出したものが次の品」という説明がある。 脚注 [ ] []• Herman Melville. 『』 [ ] 参考文献 [ ]• 文震亨、荒井健訳 『長物志』 、2000年。

次の