ハングル表記表。 ハングルの読み方を一覧表にまとめたよ!【反切表あり】

かな文字・ハングル対照表

ハングル表記表

目的 [ ] 当法の目的は、外国語から韓国語に取り入れられて使用されている言葉を統一された方法で書くことであって、外国語の発音教育のためのものではない。 これは韓国語で日常的なコミュニケーションをする中での標準表記型を提供するためのもので、実際に外国語を話すときにそのまま発音するものではない。 韓国語話者の外国語の発音に問題がある場合、外国語の効果的な発音教育方法と関連した議論をすべきで、外来語表記法を使用して問題を解決しようとすべきではない。 特徴 [ ] 韓国語固有の表記によるの特徴は以下のとおりである。 現地に該当する国で使う言語表記を使うことを原則とする。 (, , , )と , , , )が対立しない言語の場合は、激音を使用して表記する。 , , の後は、 [j]音を含む二重母音を使用しない。 (英語の'chalk'は「 쵸크」と書かず「 초크」とする) 現行外来語表記法の構成 [ ] 第1章「表記の基本原則」 [ ]• 第1項:外来語は韓国語の現用24のみ使用する• 第2項:外来語の1音韻は原則として1文字とする• 第3項:は「, , , , , , 」のみを使う• 第4項:表記は濃音化しないことを原則とする• 第5項:既に定着している外来語は慣用表記を尊重するが、その範囲は用例と別に定める 第2章「表記一覧表」 [ ] 他の言語の音韻を韓国語の音韻に対応させて整理した表である。 表1は、他の表の基礎となるものであり、その他の表で規定されていない外国語を表記する際の基本原則ともなる。 表2以降は主要な個別言語のアルファベット類とハングルをそれぞれ対照させたもので、以下18言語が規定されている。 第3章で規定がある英独仏語は、第2章の表はなく、表1の規定に基づくことを原則とする。 表1:とハングル対照表• 表2:字母とハングル対照表• 表3:字母とハングル対照表• 表4:のとハングル対照表• 表5:のとハングル対照表• 表6:字母とハングル対照表• 表7:字母とハングル対照表• 表8:字母とハングル対照表• 表9:字母とハングル対照表• 表10:字母とハングル対照表• 表11:字母とハングル対照表• 表12:字母とハングル対照表• 表13:字母とハングル対照表• 表14:字母とハングル対照表• 表15:字母とハングル対照表• 表16:字母とハングル対照表• 表17:字母とハングル対照表• 表18:字母とハングル対照表• 表19:字母とハングル対照表 第3章「表記細則」 [ ] 字母など以外に、ハングル表記の際に書く言語の状況に合わせて詳細規定を定めたものである。 現在以下21の節でここの言語別に分類されている。 第2章で扱っている言語は、英独仏語と第2章に対照表がある言語である。 第1節:英語の表記• 第2節:ドイツ語の表記• 第3節:フランス語の表記• 第4節:スペイン語の表記• 第5節:イタリア語の表記• 第6節:日本語の表記• 第7節:中国語の表記• 第8節:ポーランドの表記• 第9節:チェコ語の表記• 第10節:セルビア・クロアチア語の表記• 第11節:ルーマニア語の表記• 第12節:ハンガリー語の表記• 第13節:スウェーデン語の表記• 第14節:ノルウェー語の表記• 第15節:デンマーク語の表記• 第16節:マレー・インドネシア語の表記• 第17節:タイ語の表記• 第18節:ベトナム語の表記• 第19節:ポルトガル語の表記• 第20節:オランダ語の表記• 第21節:ロシア語の表記 第4章「人名、地名表記の原則」 [ ] 人名と地名を表記するときの詳細規則を定めたものである。 現行の規定は、以下の3節で構成される(以下、漢字が関係するものについては、 太字を原音由来のハングル表記とする)。 第1節「表記原則」 表記原則• 第1項: 外国の人名、地名の表記は、第1章~3章の規定に従うことを原則とする。 第2項:第3章に含まれていない言語圏の人名・地名は現地音に従うことを原則とする。 Rio Grande -• Monte Rosa -• Mont Blanc -• Alps - 外来語用例の表記原則 [ ] 外来語用例の表記原則 외래어 표기 용례의 표기 원칙 は、1986年の外来語表記法が制定された後に発刊された「外来語表記用例集(地名・人名)」、追伸欄に細則という形で上乗せされた規則である。 この内第6章 - 9章に関しては、実際の国立国語院で外来語の単語を審査するときに適用されるため、以上の外来語表記法に準ずる地位を有している。 現在、国立国語院のページ上に同規則は公開されていないが、においては現在も規則に準拠して表記されている。 第6章「表記の原則」• 第7章「その他言語表記の一般原則」• 第8章「の表記原則」• 第9章「の表記原則」 8章と9章に関しては、ヨーロッパで古典語の地位を確立された2言語に関する規定である。 いずれも現代言語として通用するもの だが、古典語としての地位のために古代語の音韻を無視できない状況にある。 そのため8章と9章では古代語、現代語それぞれの音韻、そして韓国での表記習慣の三者に妥協を見て定められた臨時の規定である。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 脚注 [ ]• この原則は、 との表記にも適用されている。 (ウェブアーカイブ)• (ウェブアーカイブ)• [ ]• [ ]• ここでいうラテン語の「現代語」とは、現在バチカンなどで使用する音韻体系を基準とする。 この「現代ラテン語」は、現代イタリア語の音韻体系と、字母の音韻対応方式に準じて発音される。 臨時と言われるのは、この規定に基いてギリシャ語やラテン語をハングルで表記した場合、古代語と現代語のどちらの発音も正確に転写できない場合が発生するという問題があるためである。 代表的な例として、カエサルの名言である「Veni、Vidi、Vici」(来た、見た、勝った)を挙げることができる。 古代ラテン語では「ウェニ、ウィディ、ウィキ」に近い発音を、現代のバチカンで使用する発音では「ヴェニ、ヴィディ、ヴィチ」に近い発音をする。 しかしこの規定に従う場合「ヴェニ、ヴィディ、ヴィキ」になって両方と異なるようになってしまう。

次の

ハングルは英語で何て言うの?ハングルの英語表記のルールなどのまとめ

ハングル表記表

ハングルは英語で何て言うの?ハングルの英語表記のルールなどのまとめ 身近な国であるお隣の韓国。 使われている文字はハングル文字ですが、それを英語では何というか知っていますか?グローバルなこの時代、自分の国である日本はもちろん、同じアジアで最も近い国である韓国についても、英語で質問を受けて答えを求められるようなケースも大いに考えられます。 また、日本では英語学習が見直され、その教育熱は高まる一方ですが、韓国ではどうなのでしょうか?やはり日本と同じように英語に対しては、これからの時代、英語は必須であるというような雰囲気なのでしょうか?また韓国の人は、ハングルで書かれている文章の中でどのように英語を使っているのでしょうか。 韓国語を英語で表記するということもあるのでしょうか。 ここでは、韓国を通してみる英語事情について調べてみたいと思います。 この記事の目次 ハングルを英語でなんて言うの? 英語のクイズです。 Q1:日本語を英語で何と言いますか? Q2:韓国語を英語で何と言いますか? Q3:ひらがな、カタカナを英語で何と言いますか? Q4:ハングルを英語で何と言いますか? いかがでしょうか。 すべて正しく答えることが出来ますか?正解を見てみましょう。 A1:Japanense A2:Korean A3:Hiragana、Katakana A4:Hangul Q3とQ4はちょっと悩んでしまった方も多いのではないでしょうか。 正解は、ひらがなもカナカナもハングルもそのまま発音を英語表記すればOKということなのですが、いかがでしょうか。 そこでももし「What does that mean? (それはどういう意味?)」と聞かれれば、「Hiragana is the character we use in Japan. (ひらがなは私たちが日本で使う文字です。 )」などど会話が広がっていきます。 ハングルも同じですよね。 ひらがな・カタカナもハングルもその国でだけ使われている文字です。 当然読めるようになるためには勉強する必要があります。 日本では駅名や地名などに、日本語が読めない人のために、ローマ字表記で読み仮名が英語表記されているものが見られますが韓国ではどうなのでしょうか。 ハングル文字を英語表記することはできるの? もちろん、韓国でも日本と同じように、いたるところで外国の人のためにハングルの文字が英語表記されている看板などが見られます。 つまりハングル文字を英語表記することは、普通に行われているということですね。 ハングルを英語表記するケースというのは、日本の場合とほとんど同じで、地名や名前などの固有名詞によく見られます。 ハングルの読み方をそのままABC-XYZのアルファベットで読み方を振っていくというものです。 基本はハングルは表音文字です。 母音、子音ごとに英語表記する文字というのは決まっています。 なので自分でもハングルを英語表記するというのは意外に簡単です。 一覧表があればすぐにできるようになります。 비빔밥などの「ㅂ」はPの場合もあれば、Bの場合もありますよね。 このようなケースは大体、濁る方でbibimbabと統一して書くのが一般的ですので気を付けて下さい。 韓国でも英語は使うの?外来語ってある? ハングルが発音をえいぎょ表記出来るのは分かったけど、実際の韓国語の中に英語を混ぜて使うことってあるのでしょうか。 日本語でも「友達と一緒にサッカーをして、アップルジュースを飲んだ」と会話の中に英語からきている外来語が混ざることって普通にありますが、そういうことが韓国語でもあるのか?ということです。 こちらに関しては、あります!韓国語の中でも外来語を普通に会話の中に混ぜて使うことが当たり前のようにあります。 ・今までサムソンのギャラクシーを使っていたけど、新しいスマートフォンはアイフォンが欲しいな 지금까지 삼성의 갤럭시를 사용하고 있었지만, 새로운 스마트폰은 아이폰이 갖고 싶다 (チグンカジ サムソネ ゲロクシルル サヨンハゴイッソッチマン、セロウン スマトゥポヌン アイポニ カッコ シッタ) サムソン:삼성、ギャラクシー:갤럭시、スマートフォン:스마트폰、アイフォン:아이폰などなど。 ハングルで見たまま発音すれば意味がそのまま分かりますよね。 私たち日本人は、このような外来語はだいたいカタカナで表記するのが普通ですが、韓国ではハングルしかないので、外来語でもハングルで表記をします。 ちょっと英語の発音を無理やしハングルに合わせているので不自然に感じるような部分もありますが、意味は解りますよね。 でも、「スマートフォン」が「スマトゥポン」、「アイフォン」が「アイポン」とかなり本来の英語の発音から変わってしまっているものあります。 一瞬間違いなのではとも思えますが、韓国ではこれが正解です。 一体どういうことなのでしょうか。 代表的なものとしては、先ほど紹介した「スマートフォン」が「スマトゥポン」、「アイフォン」が「アイポン」のように、「F」の発音が「P」になるというものです。 コーヒーを「커피」(コピ)というのは有名ですし、サーフィンは「서핑」(ソピン)と言ったりします。 ショッピングはそのまま「쇼핑」(ショッピン)です。 他にはERの発音をㅓで表す事が多いので、独特な発音になったり(例、ハンバーガー、핸버거:ヘンボゴ)というのも有名なコングリッシュです。 再代は違和感を覚えるかもしれませんが、慣れればちょっとした英語なら韓国式のコングリッシュの発音に乗っ取って言えるようになり、知らない韓国語でも英語で通じたりできるようになり便利なことも多いです。 慣れれば、英語の綴りをどう書けばよかったかなと悩んでいるようならハングルの方が簡単だという風になってくるはずです。 表音文字はこういう時に便利だなと思うはずです。 パソコン・スマホでハングル表記と英語表記を切り替える方法 日常的に韓国の人も会話や文章の中で英語表記を使うことはわかりましたが、パソコンやスマートフォンでのタイピングはどうなのでしょうか。 日本語の場合は、漢字に変換するときは変換キーで候補を表示させて選びます。 英語にしたい時は、キーボードを英語式に変更して打つか、F10のキーで英語に変換するなどの方法がありますが、韓国語の場合はどうなのでしょうか。 ハングルでのタイピングの場合、ハングルを打った後で英語に変換するというのは一般的ではありません。 このボタンで切り替えれば簡単にハングルの途中でもアルファベットをタイピングすることが出来ます。

次の

ハングル文字をローマ字で表現してみる(母音編)

ハングル表記表

このページでは日本語のひらがな五十音に対応するハングル文字が分かるように一覧表にまとめました。 これを見れば韓国語の読み方も分かるし、ハングルであなたの名前も書けます。 これがあればハングル文字であなたの名前や住所が書けて、 韓国旅行や自己紹介に役立ちます。 日本語は韓国から見れば外国語です。 日本語では外国語はカタカナで書きますが、 韓国語ではそのままハングルで書きます。 例えば韓国旅行などでは名前や住所などをハングルで書く場合もあります。 それに必要なひらがなと対応するハングルの一覧表をまとめました。 韓国語の初心者で勉強中の方は発音の確認に役立ててください。 最後までぜひ読んで下さい。 ひらがな50音とハングル対応一覧表 まずはザックリとひらがな50音とハングル対応一覧表をどうぞ。 あ~んまでの画像(クリックで拡大できます) 大きくなったので2つに分けました。 濁音付き~りょまで(クリックで拡大できます) 解説付きの一覧表 ひらがなに対応するハングルの一覧表です。 行ごとに詳しい解説をしてあります。 あわせて読んでください。 あ い う え お 아 이 우 에 오 あ行(母音)は子音部分にㅇを書きます。 か き く け こ 語頭 가 기 구 게 고 語中 카 키 쿠 케 코 か行は子音のㄱを使います。 か行の場合には有声音化に注意が必要です。 語頭(はじめの音)の場合はそのままか行で発音しますが、語中(はじめの音以外)では 有声音(濁音)になります。 たとえば가가と書くと「かが」と読むことになります。 語中でか行を書く場合は激音のㅋの子音を使います。 激音は有声音化をしないので語中でもか行のままです。 さ し す せ そ 사 시 수 세 소 さ行は子音のㅅを使います。 さ行は語中にあっても有声音化しません。 韓国語には「ざ、ず、ぜ、ぞ」の音がありません。 (このページのまとめ参照) ざ行を書きたい場合は他の子音(ㅈ)を替わりに使います。 た ち つ て と 語頭 다 지 주 데 도 語中 타 치 추 테 토 た行は子音のㄷを使います。 か行と同じく有声音化に注意です。 語中では子音のㅌを使います。 また、た行はち、つの場合には子音が変わります。 子音のㄷは「た、て、と」の音しか表現できません。 ち、つを書く場合はㅈ(語中ではㅊ)を使います。 韓国語には「つ」の音がないので주(語中では추)だと「ちゅ」の発音になりますがこれを代用します。 促音(小さいつ)はパッチムのㅅを使います。 (このページのまとめ参照) な に ぬ ね の 나 니 누 네 노 な行は子音のㄴを使います。 は ひ ふ へ ほ 하 히 후 헤 호 は行は子音のㅎを使います。 ま み む め も 마 미 무 메 모 ま行は子音のㅁを使います。 や - ゆ - よ 야 - 유 - 요 や行は子音はㅇを使います。 韓国語ではや行も母音とされるので母音発音を表すㅇを使います。 母音はや行系の重母音のㅑ、ㅠ、ㅛを使います。 ら り る れ ろ 라 리 루 레 로 ら行は子音のㄹを使います。 わ - を - ん 와 - 오 - ㄴ 「わ」を書く場合は子音はㅇ、母音はわ行系重母音のㅘを使います。 ㅘはㅗとㅏを横に並べたものです。 「ん」はパッチムのㄴを書きます。 「ん」はパッチムでないと書けないので一文字では書けないことになります。 濁音に対応するハングル一覧表 濁音に対応するハングルの一覧表です。 ハングルには濁点がないのでややこしくなります。 韓国語の子音の平音って言語学的には濁音の発音に近いんです。 なのでそのまま子音の平音を使っても濁音として通じます。 語頭でも語中でも濁音になります。 (ややこしいですね) 実際の使用例などはこのページのまとめで解説します。 が ぎ ぐ げ ご 가 기 구 게 고 が行は子音のㄱを使います。 ざ じ ず ぜ ぞ 자 지 주 제 조 ざ行は子音のㅈを使います。 ざ行は韓国語にはない音なので「じゃ行」を代用します。 だ ぢ づ で ど 다 지 주 데 도 だ行は子音のㄷを使います。 た行の場合と同じく「ぢ、づ」の場合はㅈを代用します。 ば び ぶ べ ぼ 바 비 부 베 보 ば行は子音のㅂを使います。 ぱ行と区別するため、語頭にば行が来る場合は子音のㅃ(濃音)を使う場合があります。 ぱ ぴ ぷ ぺ ぽ 語頭 바 비 부 베 보 語中 파 피 푸 페 포 ぱ行は子音のㅂを使います。 語中では激音のㅍを使います。 小さい「や」がつく音一覧表 小さいやがつく音をまとめた一覧表です。 きゃ - きゅ - きょ 갸 - 규 - 교 しゃ - しゅ - しょ 샤 - 슈 - 쇼 ちゃ - ちゅ - ちょ 자 - 주 - 조 ひゃ - ひゅ - ひょ 햐 - 휴 - 효 びゃ - びゅ - びょ 뱌 - 뷰 - 뵤 ぴゃ - ぴゅ - ぴょ 퍄 - 퓨 - 표 みゃ - みゅ - みょ 먀 - 뮤 - 묘 りゃ - りゅ - りょ 랴 - 류 - 료 あなたの名前ハングルで書けます あなたの名前をハングル表記してみましょう。 日本人で多いとされている名前をいくつか例にとってハングル表記します。 こちらを参考としてチャレンジしてください。 (このコーナーでは敬称略させていただきます)下の解説とともにご覧ください。 なので2文字です。 英語の場合も「SATOU」ではなく「SATO」ですよね。 また、一郎の場合も「ICHIROU」ではなく「ICHIRO」になります。 (イチローとカタカナ表記すると違和感はありませんが) このように伸ばす音を文字として表現するのは日本語独特の特徴なんですね。 なので遠藤(ENDO)は엔도、加藤(KATO)は가토となります。 鈴木の場合は「ず」の音が韓国語にはないので「じゅ」を代用します。 なので「すじゅき」のように発音します。 それ以外の注意点としては特に有声音化の発音規則に注意してください。 2番目以降の文字に清音(濁らない音)がある場合は激音を使う、2番目以降に濁音がある場合は平音を使う。 上の例の田中、高橋、渡辺のハングル表記をよく見て平音、激音の使い方をマスターしてください。 このページのまとめ あいうえおのひらがなとそれぞれに対応するハングルの一覧表を作りました。 韓国語にはない音も含まれるので近い音を当てはめている部分もあります。 そのためこのほかの本やサイトと若干違う箇所もあります。 個人の見解によるものなのでどれも間違いではないです。 韓国語にはない音• じ以外のざ行• 語頭の濁音 例えば東京都葛飾区を韓国語で発音すると「도쿄토 가추시카쿠(とうきょうと かちゅしかく)」 のような発音になります。 (「つ」の音を「ちゅ」で代用しています) また、韓国ではピザを「피자(ピジャ)」と呼んでいます。 ざ・ず・ぜ・ぞは韓国語にはない音なのでこれらの音はじゃ・じゅ・じぇ・じょで代用します。 以上、 韓国語であいうえおが書ける、五十音対応表でした。 韓国語の教材選びに迷っている方へ.

次の