お待ちいただけますでしょうか。 「お待ちください」は敬語?メールでの使い方と返信方法を解説

「~いただけますか」、「~願えませんか」について

お待ちいただけますでしょうか

「今しばらくお待ちください」という言葉の「いましばらく」という部分はしばらく、もうすこしのあいだ、などという表現です。 時間を開けて経過させることを説明するためのひとつの表現です。 すぐではないけれど、あまり時間がかからないさまとしても使われる場合があります。 少しの間、しばしなど表現されます。 前置きを使いうまく表現しよう 「今しばらくお待ちください」という言葉の適切な使用方法をしている例をご紹介します。 「いま定期講座の準備期間中です。 たいへんおそれいりますが今しばらくお待ちください」 「予約が込み合っておりまして現在お取り扱いしておりません。 誠に勝手ながら今しばらくお待ちくださいませ」 「現在サイトを改修中です。 今しばらくお待ちください。 」 このような表現によって、会話を構築することができます。 「今しばらくお待ちください」は待機・保留・控えるなどが類義語 「今しばらくお待ちください」の同じ意味と働きを持つ言葉は「少しの間保留にしておいてはいただけないでしょうか」「いましばらく待っていただけないでしょうか」などがあります。 待機・保留・控える・待ち受けるという類義語や、福は寝て待て・石の上にも三年・運は寝て待て ・待てば海路の日和ありなど、「待つ」に関連したことわざもあります。 接客や接待時には使い方に注意する 「今しばらくお待ちください」という言葉は仕事や接客、接待の際には適切な言葉の使用法をこころがけたいものです。 表現や適切な使い方があります。 ビジネスシーンや上司との会話の中で会話がマナー違反にならないように気をつけましょう。 「待っていてください」「ちょっと待っていてください」にならないように常に心がけましょう。 「今しばらくお待ちください」は気配りや心遣いが言葉に現れる 仕事や電話応対のとき「今しばらくお待ちください」という言葉を適切に使えると、とても好印象にうつり相手との交流がスムーズにおこなえるものです。 簡略化させて「今しばしお待ちください」と表現することもとても適切であるといえるでしょう。 こうした小さな気配りと心遣いが言葉に表れて会話のマナーを重要視される場においては大切な意識となってくるでしょう。 あらかじめ断りを入れる際に用いる 「今しばらくお待ちください」の使い方にはタイミングがあります。 主に相手を短・長時間待たせてしまい相手の時間を削いでしまう恐れのある事柄など、あらかじめ断りを入れる必要があります。 電話対応や来客に対して用いる際にも、相手にお待たせしてしまい申し訳ない意思を伝えるために必要です。 人や状況によって意識をはたらかせ言葉遣いを変えるなども問題ありません。 「今しばらくお待ちください」とあらかじめ断りをいれ相手に不快を与えないように努めよう 相手をどうしても待たせてしまって申し訳ない、相手を気遣う気持ちなどを表現するために「お時間をおかけしてしまい申し訳ありません」「今しばらくお待ちください」の適切な使い方をこころがけてコミュニケーションを行ってゆきたいものです。 相手と正しく交流する意識を働かせることで円滑にコミュニケーションをおこなえるよう気を付けましょう。

次の

いただけますでしょうかは間違い?正しい敬語の使い方

お待ちいただけますでしょうか

「お待ちください」は正しい敬語?誤用3選 「お待ちください」はメールでも口語でも正しい敬語 「お待ちください」は「待つ」に丁寧語の「お」と敬語の「ください」をつけた表現で、メールでも口敬語として正しい表現といえます。 ただしお待ちくださいという言葉は、強制するニュアンスもあるので、柔らかい印象を与えたいときには「いただけますか」や「いただけますでしょうか」といった語尾にする方が良いでしょう。 また文頭に「少々」や「しばらく」をつけることで、どれだけ待てば良いのかを相手の方に伝えることができます。 「お待ちください」でも間違いではありませんが、使い方を少し工夫する方がメールなどで相手の方に良い印象を与えることができます。 「ちょっと」という言葉は、目上の方などに使うにはカジュアルすぎる言葉になります。 ビジネスなど公式な場面では、「ちょっと」という言葉を使うのは控えて「少々」や「しばらく」といった言葉を使うようにしましょう。 とはいえ「ちょっとお待ちください」は、ややくだけた表現ではあるもののよく耳にする表現です。 丁寧な言い方にしないまま言い方が癖になってしまっている場合もあるでしょうが、なるべく「少々」と言えるように意識しておくと良い印象を与えられます。 「待ってて」というのは敬語ではありませんので、「ください」を語尾につけても敬語表現にはなりません。 友人や親しい同僚などフランクな関係の相手には使えますが、目上の方には使わない方が良い表現でしょう。 まれに「ちょっと待っててくださいね」という表現を使っている方もいらっしゃいますが、あまり良い表現とは言えません。 使うのであれば「少々お待ちいただけますか」という表現にした方が、相手の方に良い印象を与えることができます。 少しという単語は間違いではありませんが、丁寧さでいうと「少々」の方が適切な表現となります。 「少しお待ちください」よりは「少々お待ちください」と言った方が、相手の印象が良くなるのでおすすめです。 語尾の部分を「いただけますでしょうか」とすることで、より丁寧な印象を与えることができます。 「お待ちください」と断定的に言うのではなく、相手の意思も確認するような語尾の方が相手の方のストレスも少ないでしょう。 「少々お待ちいただけますでしょうか」の例文• ・〇〇は現在席を外しております。 申し訳ありませんが、少々お待ちいただいてもよろしいでしょうか。 ・ただいま〇〇に電話を替わります。 少々お待ちいただけますでしょうか。 「少々」の代わりに「しばらく」「今しばらく」といった言葉を使います。 「しばらく」「今しばらく」は少々よりも長い時間を指しているので、少し長く持ってもらう状況のときに使うと良いでしょう。 「しばらく(今しばらく)お待ちください」の例文• ・〇〇は今こちらに向かっております。 今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 ・すぐ〇〇の帰社は〇時でございます。 しばらくお待ちいただけますでしょうか。 「くださいませ」を語尾につけることで、丁寧になります。 飲食店などでよく使われる表現です。 「いただけますでしょうか」よりも丁寧さは下がりますが、今すぐに行きますといったニュアンスになります。 「少々お待ちくださいませ」の例文• ・少々お待ちくださいませ。 ただいまお伺いいたします。 ・ただいまお水をお持ちいたします。 少々お待ちくださいませ。 「少々お待ちください」というときよりも長時間待ってもらう必要があるときにもよく使われます。 「少々お待ちください」は数分ですが、「お時間いただきたく存じます」は数日後に返事をする場合にも使う表現です。 「お時間を頂きたく存じます」の例文• ・お誘いいただいた件のお返事について、少々お時間を頂きたく存じます。 ・今回の面接の結果についてですが、少々お時間を頂きたく存じます。 上記の「頂きたく存じます」は断定的な言い方ですが、「頂戴したいのですが」は待ってもらえるかどうかを相手に尋ねています。 相手の返答次第で結果が変わる状況のときは、「頂戴したいのですが(いかがでしょうか。 )」を使うと良いでしょう。 「お時間を頂戴したいのですが」の例文• ・今回ご提示いただいた提案を検討したいので、お時間を頂戴したいのですがよろしいでしょうか。 ・今回の件をご説明するために、お時間を頂戴したいのですがよろしいでしょうか。 また、下記の記事は「厚く御礼申し上げます」の使い方について書かれた記事です。 そのほか「感謝いたします」などお礼を表現する敬語についても紹介されています。 「厚く御礼申し上げます」の使い方などに興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 momentは瞬間という意味の英単語で、直訳すると「ちょっと待って」という意味になります。 Pleaseをつけることで、丁寧な言い方になるので目上の方やビジネスに使うときはPleaseをつけると良いでしょう。 「Wait a moment」の例文• ・Please wait a moment. 直訳すると「ちょっと時間をください」という訳になります。 wait a momentと同じような意味ですが、wait a momentよりも少しだけお願いする感じのニュアンスになります。 「Give me a moment」の例文• ・Give me a moment,please. 意味は「ほんのちょっとの間」という意味になります。 ~をするまでたいした時間はかからないよ!という伝え方です。 「すぐにそこに行くから」という状況下でよく使われます。 「in a moment」の例文• ・I'll be there in a moment. また、下記の記事は「引き受ける」の謙譲語について書かれた記事です。 そのほか「依頼を受ける」や受諾・承諾の敬語のメール文の文例についても紹介されています。 「引き受ける」の謙譲語などに興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の

「電話対応」受け方・かけ方の基本マニュアル!クレーム対応も

お待ちいただけますでしょうか

「今しばらく」はどれくらいの期間? 「今しばらく」は何分といった時間や何日といった期間ははっきりとはしていませんが、それほど長い時間でないことを表します。 「今しばらく」と言っておいて、長い間待たせてしまうと、相手が思っている以上に待たせることになってしまい、大変失礼になります。 一ヶ月以上の長時間もしくは長期間待たせてしまう場合は使用しないようにしましょう。 もし、長時間待たせてしまう場合には「多少お時間をいただきます」「お時間拝借してもよろしいでしょうか」などと、長く時間を要することがわかるフレーズを使うようにします。 「今しばらく」の使い方と例文 「今しばらく」は「すぐではないけれど、さほど時間がかからないさま」という意味合いで、やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 「現在サイトをリニューアル中です。 今しばらくお待ちください」「ダウンロード中です、今しばらくお待ちください」といったように使われますよね。 「今しばらく」は「もう少し」と同じ意味ですが、「今しばらく」は丁寧な言い方なので、目上の人に対して使うことができます。 ただ、「今しばらく」を使用するときは、相手に待機や保留を求める状況のことがほとんどです。 それにより、相手に迷惑をかけている可能性があるので、「今しばらく」を用いる際は「申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください」などと お詫びの言葉を付けるようにしましょう。 例文 ・ただいまダウンロード中です。 今しばらくお待ちください。 ・ありがとうございます。 すぐにお返事いたしますので、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 ・乗っていた電車が事故の影響で止まってしまい、今しばらくは動きそうにない。 ・資金不足で、今しばらくはこの計画もこれ以上は進められそうにない。 ・今しばらくはこのまま隠れていて、脱走する機会をうかがうしかなさそうだ。 ・それが現実になるには、今しばらく時間がかかりそうだ。 こちらにおかけになって今しばらくお待ちください。 ・大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 現在ウェブサイトのメンテナンスを行なっております。 終了予定は午後4時となっていますので、今しばらくお待ちください。 「今しばらく」の類語との使い分け もうしばらく 「もう」は 「あとわずかの時間で、ある事態になるさま」「間もなく」「やがて」を意味します。 「もう終わります」「もう帰ります」などと言いますよね。 「もうしばらく」はすでに待たせた後にも関わらず、予想以上に時間がかかる場合に使います。 「今しばらく」と言うよりも「もうしばらく」と言った方が、待たせる時間が長いイメージになります。 少々 「少々」は 「すくないさま」「わずかなこと」「少し」を意味します。 「少々不満があります」「塩を少々、胡椒を少々」などと使いますよね。 「少々」は主に、 ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 主に2分間〜3分間、長くても5分間をイメージする感じです。 ですので、極端に長く待たせてしまう場合には「少々」は使用しません。 会話や接客用語など、「少々」は幅広く使われている言葉です。 「少々」は「今しばらく」と似ていますが、「少々」の方が「今しばらく」よりも、相手を待たす時間が短いイメージになります。 「今しばらくお待ちください」の使い方 「お待ちください」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「ください」=丁寧語 で成り立っています。 「今しばらくお待ちください」といった場合は、 「すぐではないけれど、少しの間待ってほしい」というときに使います。 例えばメールなどで、相手からの問い合わせに回答する場合、まだ回答がはっきりしないときに「お急ぎのところ大変恐縮ですが、今しばらくお待ちください」と使用するのが一般的です。 「お待ちください」は敬語として正しい表現です。 ただ「お待ちください」は待つことを強いるようなニュアンスのため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 「今しばらくお待ちください」のその他の言い回し 今しばらくお待ちいただけますか 「お待ちいただけますか」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「お待ちください」は「相手が待ってくれる」という意味で、「お待ちいただく」は「相手に待ってもらう」という意味です。 「ください」の場合は動作の主体は相手になり、「いただく」の場合は動作の主体は自分になります。 「今しばらくお待ちください」だと相手に待つことを強いているようなニュアンスになりますが、 「もう少しの間、お待ちいただけますか」は相手の意向を確認するような言い方のため、非常に丁寧な表現です。 ちなみに「お待ちいただけますでしょうか」としてしまうと、「ます」と「です」で二重敬語になってしまうため誤りになります。 今しばらくお待ちいただけると幸いです 「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」ということを意味しています。 「幸いです」はビジネスメールなどで、相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 依頼をするときに使う「幸いです」は、「〜してくれるとありがたい」を意味します。 「今しばらくお待ちいただけると幸いです」は 「もう少しの間、待っていていただけるとありがたいです」という意味合いになります。 「今しばらくお待ちください」と頼むよりも「今しばらくお待ちいただければ幸いです」といった方が、柔らかい印象を与えられます。 今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか 「よろしいでしょうか」の意味は「問題ないでしょうか」「差し支えないでしょうか」です。 「よろしいでしょうか」は、「いいですか」「いいだろうか」と同じ意味ですが、これらより丁寧な表現になります。 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 「今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか」は「もう少しの間、待ってもらってもいいですか」と相手に確認したり、同意を得る表現となります。

次の