シネフィル wowow プラス。 Amazon Prime Videoチャンネルを解約(キャンセル)する方法を大阪チャンネルセレクト&シネフィルWOWOWで解説|共働き家族MEMO

Prime Videoチャンネルに「シネフィルWOWOWプラス」。名作&カルト230本以上が見放題

シネフィル wowow プラス

(株)WOWOW(東京・港区、田中晃社長)は7月6日、定例会見を開き、子会社の新社名、この夏の注目コンテンツや総合テニスサイトの開設等について発表した。 今年4月3日に子会社化した(株)IMAGICAティーヴィ(東京・港区、牧野力社長)は、10月1日より社名を(株)WOWOWプラスに変更、運営チャンネル「イマジカBS・映画」を「シネフィルWOWOW」に変更する。 開局時のブランドである名画を中心としたシネフィル(映画通という意味)向けの専門性の高い編成を強化する。 なお、もうひとつのチャンネル「歌謡ポップスチャンネル」の名称は変更しない。 また、「テニスはWOWOWのキラーコンテンツ」(田中社長)とし、テニスを核とした多面展開について紹介。 7月前半の『ウィンブルドンテニス』(連日生中継)、8月28日~9月11日の『全米オープンテニス』(連日生中継)、9月11日~17日の『ジャパンウィメンズオープンテニス』を、WOWOWプライムとWOWOWライブで放送。 また、6月に開設したベースボール・マガジン社との共同運営による総合テニスサイト「テニスデイリー」、そして新たにテニスレッスンアプリ「WOWOWパーソナルコーチ」(月額8,000円)をリリースしたことを発表した。 音楽では、浜崎あゆみのライブを7月30日に、MISIAのライブを8月13日にWOWOWライブで放送するが、この放送に先駆け、WOWOWメンバーズオンデマンドでライブ当日に生配信することを発表。 「WOWOWメンバーズオンデマンドのコンテンツもさらに充実させ、第4のチャンネルに育てていきたい」と方針を語った。 全国主要ケーブルテレビ局 308局 とMSOの会社概要・加入状況・システム概要・サービス概要等のデータを網羅している。 その他、総務省のケーブルテレビ支援施策、関連団体 日本ケーブルテレビ連盟、日本ケーブルラボ、日本CATV技術協会、衛星放送協会 の活動報告、日本及び海外のケーブルビジネスの動向リポート、関連団体連絡先一覧等、本書1冊で、日本のケーブルテレビの全体像が把握できる。 衛星通信の基礎解説から、衛星ビジネス事業者紹介、最新利用事例など、「衛星通信ビジネス」に特化し最新情報を網羅した、日本で唯一の専門誌。 年1回、6月末発行。 2019年版の巻頭を飾る「SPECIAL INTERVIEW」では、昨年12月1日に新4K8K衛星放送を開始したBSAT-4aをはじめ、日本のBS放送の安定運用を担う(株)放送衛星システム 取締役の平林洋志氏、スカパーJSAT(株)スペースインテリジェンス開発部の中里真一氏、八木橋宏之氏にインタビュー。

次の

シネフィルWOWOW

シネフィル wowow プラス

会社分割(吸収分割)による株式会社WOWOWプラスの一部事業承継に関するお知らせ 当社は、本日開催の取締役会において、2020年12月1日(予定)を効力発生日として、当社の完全子会社である株式会社WOWOWプラス(以下「WOWOWプラス」)が「シネフィルWOWOW」のBSデジタル放送事業に関して有する権利義務の一部を、会社分割の方法により、当社が承継すること(以下「本分割」)を決議しましたので、下記のとおりお知らせいたします。 なお、本分割は、2020年6月23日に開催予定の当社第36回定時株主総会による関連議案の承認および所管官公庁の許認可が得られることを条件として実施いたします。 記 1. 本分割の目的 当社は、グループ経営強化に取り組んでおり、その一環として「シネフィルWOWOW」の事業基盤の強化を含めた事業展開を進めております。 今般、WOWOWプラスが「シネフィルWOWOW」のBSデジタル放送事業に関して有する権利義務の一部を当社が承継することで、グループ経営の効率化を図ってまいります。 本分割の要旨 (1)本分割の日程 吸収分割契約承認取締役会決議日 2020年5月15日 吸収分割契約締結日 2020年5月15日 吸収分割契約承認株主総会(当社) 2020年6月23日(予定) 吸収分割予定日(効力発生日) 2020年12月1日(予定) (注)本分割は、分割会社であるWOWOWプラスにおいては会社法784条第1項に規定する略式分割に該当するため、WOWOWプラスの株主総会による吸収分割契約の承認を得ずに行う予定です。 (2)本分割の方式 WOWOWプラスを分割会社とし、当社を承継会社とする吸収分割であります。 (3)本分割に係る割当ての内容 本分割は、当社と当社の完全子会社との間で行われるため、本分割に際して、当社からWOWOWプラスへの株式の割当てその他対価の交付はありません。 (4)本分割に伴う新株予約権及び新株予約権付社債に関する取扱い 該当事項はありません。 (5)本分割により増減する資本金 本分割による当社の資本金の変更はありません。 (6)承継会社が承継する権利義務 当社は、本分割により、本分割の効力発生日におけるWOWOWプラスが「シネフィルWOWOW」のBSデジタル放送事業に関して有する権利義務の一部を承継いたします。 (7)債務履行の見込み 分割会社であるWOWOWプラス及び承継会社である当社は、いずれも効力発生日以降に履行すべき債務について、その履行の見込みに問題がないものと判断しております。 95% 株式会社東京放送ホールディングス 16. 82% 日本テレビ放送網株式会社 9. 69% 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(退職給付信託口・株式会社電通口) 5. 18% STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505224 (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部) 3. 本分割後の状況 本分割による当社の商号、本店所在地、代表者の役職・氏名、事業内容、資本金及び決算期の変更はありません。 今後の見通し 本分割は、当社と当社の完全子会社との間で行われるため、本分割が当社連結業績に与える影響は軽微であります。

次の

WOWOW子会社IMAGICAティーヴィ、10月よりWOWOWプラスに。チャンネル名は「シネフィルWOWOW」に(17.7.6)

シネフィル wowow プラス

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 番組データ提供元:IPG Inc. TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。 Official Program Data Mark(公式番組情報マーク) このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である 「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。 番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 番組データ提供元:IPG Inc. TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。 Official Program Data Mark(公式番組情報マーク) このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。

次の