横浜 市 10 万 円 支給。 横浜市の10万円給付はいつ?振り込みは6月?オンライン申請は?

10万円がもらえる横浜市の特別定額給付金のオンライン申請がついに始まります。

横浜 市 10 万 円 支給

横浜市は、新型コロナウイルス感染拡大で売り上げが減少するなどした市内の商店街や小規模事業者を支援するため、一時金を交付する。 商店街は1加盟につき、小規模事業者は条件付きで、それぞれ10万円を支給する。 商店街活動支援事業は市内約300の団体が対象。 使途を、衛生用品の購入やテークアウトやデリバリー事業、感染収束後のイベントや割引セールの経費などとしている。 22日から6月30日まで、申請を受け付ける。 一方、小規模事業者支援事業は市内に事業所を置き、市から50万円以上500万円以下の融資を受けることが条件。 今月25日から来年3月5日まで、申請を受け付ける。 市は2600件程度と見込み、上限に達し次第、終了する。 また、ITや健康・ライフサイエンスなど成長分野を取り扱い、創業間もない小規模事業者のスタートアップも支援する。 対象は昨年3月2日から今年4月28日までに創業した、市内に本社がある事業者で、賃借料や光熱費などを10万円以上支出していることが条件。 今月25日から6月30日まで申請を受け付け、200件に達した時点で締め切る。 問い合わせは次の通り。 神奈川新聞社.

次の

横浜市が1人10万円「特別定額給付金」の申請書発送を開始(みんなの経済新聞ネットワーク)

横浜 市 10 万 円 支給

遅いの一言ですが、やっと横浜市の特別定額給付金のオンライン申請が始まることになりました。 しかし、開始は5月12日からとのこと。 遅すぎます。 他の自治体はすでに受付開始しているのに、まだ申請できません。 郵送に至っては5月下旬に申請書を送付し始めて6月に振込予定とのことです。 話になりません。 オンライン申請をする場合は、マイナンバーだけではダメで、マイナンバーカードとカードリーダーもしくはカードが読み込めるスマホが必要になります。 カードリーダーは売り切れているところが多いようですし、カードの暗証番号忘れたとかで、役所の窓口に行く人も多いようです。 先日見たニュースでは4時間待ちとかいうところもあったようです。 そこまで待つなら郵送でもいいんじゃないかと思いましたが、郵送も遅いですね。 確定申告などを電子申告している人はカードもカードリーダーも持っていると思うので問題ないですが、そうでない人の場合は環境を整えるところでつまづくのではないかと思います。

次の

<一律10万円支給!>特別定額給付金申請書の書き方を記入例付で解説

横浜 市 10 万 円 支給

お掛け間違いが増えておりますのでご注意ください。 大変申し訳ございませんが、電話がつながらない場合は時間をおいてご連絡くださいますようお願いいたします。 FAXでの申請はできませんのでご注意ください。 5月28日(木曜日)から6月6日(土曜日)までに順次発送しました。 6月13日(土曜日)までに申請書が届かない場合は、15日(月曜日)以降に横浜市特別定額給付金コールセンター(0570-045592(「0570」の前に市外局番「045」は不要です。 お掛け間違いが増えておりますのでご注意ください。 ))へお問い合わせください。 9月10日(木曜日)までに、申請してください。 (消印有効)• 給付金の基準日(令和2年4月27日)の住民票の住所に基づき、世帯主の方宛てに発送します。 オンライン申請済みの方は、郵送申請は不要です。 (5月28日以降に順次振込)• 申請書類は区役所・市役所へ持参されても受け付けることはできません。 必ず郵送で申請してください。 4 「特別定額給付金申請書」、 「本人確認書類のコピー(氏名と生年月日の分かる部分)」、 「振込口座等の確認書類のコピー」の 3点を返信用封筒に同封します。 <本人確認書類の例> 運転免許証、健康保険証、旅券(パスポート)、マイナンバーカード、住民基本台帳カード(写真無し可)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、介護保険の被保険者証、療育手帳(愛の手帳)、年金手帳、在留カードなど、氏名と生年月日の分かる部分をコピーしてください。 <振込口座等の確認書類の例> 金融機関名・口座番号・口座名義人(カナ)が分かるもののコピー (通帳の表紙をめくったページ、キャッシュカード等) 5 返信用封筒を、ポストへ投函します。 <参考>返信用封筒に記載してある宛先 オンライン申請に係るよくあるご質問はをご覧ください。 <入力内容に間違いがあった場合> のQ24をご覧ください。 2 振込について 令和2年5月28日から振込を開始しています。 横浜市がぴったりサービスからデータを取り込むと、以下のメールが届きます。 (申請時にメールアドレスを入力していない方は届きません。 ) --------------------------------- ** **様 「ぴったりサービス」をご利用いただき、ありがとうございます。 以下の電子申請データを申請先の自治体にて受領しましたのでお知らせ致します。 本申請に関するお問い合わせは、申請先までお問い合わせください。 特別定額給付金(受付番号*****) ---------------------------------• 入力内容に間違いがなければ、上記のご案内が届いてから1週間程度で振り込む予定です。 お急ぎの方は、通帳への記帳等、ご自身で振込をご確認ください。 後日、振込の完了を通知するはがきを送付します。 システム等の不具合により振り込まれなかった方の分については、現在、1件1件確認し、修正できるものは修正して順次振り込みます。 また、申請内容の確認が必要なものは、6月5日(金曜日)から、電話または書面にて修正等の依頼をしています。 いずれに該当するかの個別の状況については、大変申し訳ございませんが、お答えいたしかねます。 今しばらくお待ちくださいますよう、お願いいたします。 振込めなかった場合には、電話または書面にて、内容の確認の依頼をさせていただきます。 このため、振込までお時間がかかります。 【内容の確認の依頼をする例】 ・世帯主名義の口座でない口座を指定している ・金融機関情報の誤り 口座番号、店番号間違いなど) ・申請上の世帯人数と基準日(4月27日)時点の世帯人数が一致していない ・世帯主以外の方のマイナンバーカードで申請した ・世帯主以外を申請者として入力した 等 3 オンライン申請の概要 マイナンバーカードをお持ちの世帯主(申請・受給権者)が、マイナポータル上の特別定額給付金申請画面から、世帯主の情報(氏名、生年月日、住所、電話番号)と世帯主以外の給付対象者全ての氏名、世帯主の金融機関の振込先口座等を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードして申請します。 電子署名により本人確認を行うため、本人確認書類の添付は不要です。 オンライン申請の詳細につきましては、下記のサイトをごご参照ください。 特別定額給付金ポータルサイトはこちら ぴったりサービスの操作(サービス制度・手続の内容を除く)に関するお問い合わせはこちら 0120-95-0178 ・オンライン申請の手続きを行うことができるのは、4月27日時点の世帯主です。 世帯主のマイナンバーカードのみで、申請することができます。 世帯主以外(ご家族など)のマイナンバーカードでは、特別定額給付金の申請はできません。 ・オンライン申請では、入力内容に誤りがあっても、入力されたデータがそのまま受け付けされ、申請者あてに受付完了のメールが自動送信されます。 ・申請の際、給付対象者である世帯構成員や口座情報の入力に間違いがあると、審査や訂正に時間がかかり、振込ができなくなる場合もありますので、ご注意ください。 ・マイナンバーカードの署名用電子証明書を読み込むため、ICカードリーダライタ又はカード情報を読取り可能なスマートフォンが必要となります。 給付対象者等に疑問がある場合は、送付された郵送申請用の申請書を参考にオンライン申請して いただくか、郵送申請のご利用をお願いいたします。 親族(配偶者、親、子、兄弟姉妹等)からの暴力や、性暴力被害、貧困その他の理由が複合的に重なるなどして、住民票のある場所とは別の場所に避難している方で、様々なご事情から令和2年4月27日(基準日)以前に、今お住まいの場所に住民票を移すことができない方は、一定の条件を満たしている場合、同伴者の分を含めて、今お住いの市区町村に特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取れるようにすることができます。 そのためには、今お住まいの市区町村の特別給付金担当窓口へ(横浜市にお住まいの方は、総務省や神奈川県の様式ではなく、必ずこちらの様式をお使いください。 )等を提出していただく必要があります(施設等に入所されている方は、施設の方にご相談ください)。 申出書のを参照してください。 今横浜市にお住まいの方の申出の手続きの詳細は 親族からの暴力等により避難されている方に関するよくあるご質問は、をご覧ください。 総務省・警察庁資料 横浜市・神奈川県警察.

次の