ひげだん 宿命 歌詞。 Official髭男dism

Official髭男dism『宿命』の歌詞から読み解く応援歌の変化について

ひげだん 宿命 歌詞

今やCDというマテリアルは過去のものになったのかもしれません。 Official髭男dismはまずインディーズ・レーベルから活動を開始しました。 インディーズ・レーベルは一般にメジャー・レーベルと比べるとCDの流通という点で大きなハンディキャップを背負っていたものです。 そこで彼らはいち早く 配信サービスでの楽曲販売に力を注ぎました。 配信サービスへの楽曲登録はインディーズであろうとメジャーであろうと登録に掛かる経費やその他の手続きはまったく変わらないのです。 Official髭男dismは音楽配信サービスでの利点を最大限に活かして 山陰地方から日本全国区のバンドへと急成長します。 配信サービスやYouTubeなどのネット媒体で如何にファンを拡大してゆけるか。 近年、新世代のアーティストとして大注目を浴びている人々は皆、この点をクリアしているのです。 Official髭男dismを筆頭に 米津玄師、あいみょん、King GnuがJ-POPの世界を一新してしまいました。 それぞれのアーティスト、バンドの魅力自体はバラバラなのですが、ファンの支持は重なっているように思えるのも新しい現象でしょう。 ただ、Official髭男dismの楽曲を仔細に見てゆくと、歌詞に新しい世代に固有の感性が浮き上がってきます。 いまなぜこれほど熱狂的にOfficial髭男dismの楽曲が求められるのか。 前置きが長くなりましたが、これからご紹介する極めつけの10曲を分析してOfficial髭男dismの深い魅力に迫りましょう。 若いリスナーにとっては 爽やかで新鮮なピアノ・ポップに聴こえると思いますが、1980年代の洋楽を好んで聴いている人にとっては懐かしいAORの味わいが深く染み込んでいくはずです。 とはいえ歌詞を覗き込むと意外な印象を持たれるかもしれません。 男女の青春と愛の風景なのですが、思いの外、 ここでの歌詞は大人の愛が醸し出す非常にビターなものになっているのです。 彼が書く歌詞は非常にバラエティに富んでいるのが実際です。 「I LOVE…」では華やかな恋愛の風景ではなく、男女のお互いの個性を尊び合いながら ギリギリのラインで愛を確かめ合うふたりが描かれます。 藤原聡に限らずOfficial髭男dismのメンバーには 社会人として働いていた過去があるのです。 藤原聡に至っては銀行の営業マンでした。 そのため 彼が描く愛にはどこか地に足がついたリアルな触感があります。 もちろんOfficial髭男dismの楽曲はこうした歌詞ばかりではないです。 それでもなぜ彼らの楽曲が支持されるのか。 その魅力の一端に「I LOVE…」の歌詞に見受けられるような 「絵空事ではない」愛の情景描写があります。 「宿命」 2019年7月31日発表、Official髭男dismの通算 3作目のCDシングル。 彼らの代表曲の中でも重要な一曲でしょう。 Official髭男dismの楽曲では この曲が一番大好きだというファンも非常に多いです。 ここでも藤原聡は 少々尖ったものの見方を歌詞に反映させています。 彼は人生のほぼすべての場面で何かしらの音楽と会話を交わし続けていました。 一方で彼の リアルな社会生活の中で、その音楽に付随する歌詞がどうにもマッチしないような心境にさせられたのです。 綺麗事を並べた既存のJ-POPへの批判とも思しき歌詞を彼は紡いでします。 批判とは対象と彼との距離を反映するでしょう。 Official髭男dismの楽曲「宿命」はそれ自体がJ-POP批判のJ-POPであり、まさに 新時代のアーティストであることを宣言しているのです。 どうぞその辺りをよく聴き遂げてください。 「ノーダウト」 2018年4月11日発表、 Official髭男dismのメジャーデビューシングルです。 小気味よい3分のピアノポップソングになっています。 Official髭男dismのメジャーシーンへのご挨拶の一曲です。 ピアノの音色こそ懐かしいAORの響きを感じるでしょうが、 サウンド全体は非常にモダンな仕上がりになっています。 歌詞を覗いてみると、これもまたユニークな側面が煌めいているのです。 もしくはこの国の世相への皮肉った側面も反映されているのでしょう。 楽曲のタイトルは「ノーダウト」、つまり嘘はないというものです。 しかし歌詞の方には 嘘の効用のようなものをしっかりと認めてもいます。 全知全能の神でさえも欺いて、欲望の向う側にあるものが観たいと藤原聡は願うのです。 メジャーデビューシングルという出自がどこまでも大事な楽曲でしょう。 Official髭男dismは 「ノーダウト」でありながら、 虚実入り交じったこの世界を照らしてみせるという意気込みに燃えています。 虚実入り交じっているからこそ、この世界にあっては嘘のない存在でいられるというかなり高度な弁証法を駆使しているのです。 「ESCAPADE」 2018年4月11日発表、 Official髭男dismの最初のオリジナルアルバムに収録曲。 華やかなブラスサウンドが魅力の楽器です。 こうしたゴージャスなサウンドをインディーズ・ベースで発表できるのですから時代は変わりました。 音作り・歌唱・演奏のすべてがメジャーレーベルのアーティストと遜色ないレベルに達しています。 彼らが如何にメジャーデビュー前から完成の域にあったかを思い知らされるでしょう。 読んでいただくとお分かりのように 藤原聡は盛んに韻を踏んでいます。 ヒップホップ以降のアーティストであることの証でしょうか。 もしくは 桑田佳祐などのJ-POP王道のアーティストのDNAが花開いているのかもしれません。 とにかく 彼はハッピーな歌詞の場合は極力、韻を踏もうと試みるのです。 インタビューなどを見ると内容からかけ離れた韻までは追求しない、それでも可能性があるところでは韻を踏んでいたいとのこと。 音韻というものは音楽的な要素が反映するものです。 作詞家としても常に音楽のことを考え続けている藤原聡の良心が透けます。 「ビンテージ」 2019年10月9日発表 、Official髭男dismの メジャーデビューアルバム「Traveler」収録曲。 アルバム収録曲ながら非常に人気がある楽曲です。 オルガンの音色が印象的なメロウなサウンド。 音楽家にとって「ビンテージ」という言葉はとても大事なものです。 彼らにとって身近な 「ビンテージ」とは ワインでもおもちゃでもなくビンテージ楽器でしょう。 もの造りがしっかりしていた 時代の楽器と経年変化による独特の枯れた音色は「ビンテージ」でしか味わえません。 藤原聡は 男女の歴史もそうした「ビンテージ」の味わいを持てるように長く続くことを願うのです。 彼の頭の中には常に音楽のことが第一になっていて、何事も音楽でのことに還元しないと気がすまないのでしょう。 破綻がない分、 安心して聴けるラブソングに仕上がっています。 「イエスタデイ」 2019年10月9日発表 、Official髭男dismの メジャーデビューアルバム「Traveler」のオープニングナンバー。 ストリングスの音色が美しく、また彼らに固有な洋楽やAORへの憧憬は後景に引き下がった楽曲です。 これがOfficial髭男dismのオリジナリティあるサウンドだという楽曲でメジャーデビューアルバムを開始しました。 ここでは 過去のOfficial髭男dismの歩みには囚われないで前へゆこうというバンドの意志を反映させています。 この記事の執筆時点では最新のアルバム「Traveler」のオープニングナンバーです。 新しい自分たちを楽しんで欲しいという強い想いや願いを普遍的なラブソングの中に結晶させました。 バンドにとってもリスナーにとっても大事な楽曲でしょう。 「Stand By You」 2018年10月17日発表、Official髭男dismの 通算2作目のEPのタイトルナンバー。 メジャーレーベルでの最初のEPでもあります。 ビリー・ジョエルのようなピアノサウンドやハンドクラップが印象的です。 楽曲全体に 1970年代後半から1980年代初頭の洋楽のテイストが溢れています。 しかしその時代を知らない若いリスナーには 新鮮なサウンドとして受け止められるでしょう. 実際に楽曲を聴いていただけるとより分かりやすいのですが、ここでも言葉が持つ音韻へのこだわりを顕にするのです。 非常に小気味好いサウンドと口と耳にとって馴染みのよい言葉を連発させます。 Official髭男dismの歌詞の多くはラブソングの体裁を採っているでしょう。 ただ、 不思議なことにその愛の実感というものは程よいテイストにとどまるのです。 愛がもたらすドロドロした質感のようなものを藤原聡は表現しようとしません。 明るさというものに修練するような愛を描くのです。 Official髭男dismの楽曲の中でも一番の問題作といっていいかもしれません。 とはいえここで 藤原聡が描いた戦争というものは、より現代的で皮相かつ悲壮なものです。 ねえどうして人は言葉で人を 殺せるようになってしまったんだろう? 誰かからの誹謗中傷に心を痛めて自殺してしまった友人のために、悪意について心からの憤りを藤原聡が歌い切りました。 彼の言葉がここまで重く、どこか救いすら見出せない悲痛さを持っているのはこの曲だけかもしれません Official髭男dismというと華麗なピアノポップバンドというパブリック・イメージがあるでしょう。 しかし彼らの資質がそうした狭い囲い込みに囚われたものではなく、 ときには挑発的なメッセージを携えて心に迫ってゆくことを知っておいてください。 「Pretender」 2019年5月15日発表、Official髭男dismの 通算2作目のCDシングル。 メガヒットになりましたから、この曲で彼らの存在を知った人も多いでしょう。 いまさら説明不要な彼らの代名詞的な楽曲でもあります。 ただ、この「Pretender」が感じさせた新しさの本質について、すべて議論が尽くされたとも思われません。 どうぞ歌詞をご覧ください。 まず気になるのが 「設定」や「世界線」という言葉でしょう。 藤原聡は君との関係について 「設定」や「世界線」が違わないと結ばれないと、すぐに諦めてしまう僕を描くのです。 愛はどのような障壁も超えて叶えるものだという精神論をいとも簡単になし崩しにしてしまいます。 藤原聡は 「Pretender」の歌詞についてアニメ作品である 「STEINS;GATE」から大きな影響を受けたと答えているのです。 この「STEINS;GATE」は「1」という数値を超えると 「世界線」が変わるという「設定」になっています。 藤原聡はこうした世界観を華やかなラブソングの中に移入しました。 アニメ文化の世界観が普通になっている世代によるラブソングの登場、それが「Pretender」の本質的な新しさです。 ここで描かれる僕は「設定」「世界線」の限界の外へと出ることができません。 一昔のJ-POPの歌詞ではこうしたメンタリティを軟弱として退けていたはずです。 しかしOfficial髭男dismはこの「Pretender」で若い世代から圧倒的な支持を得ます。 そこにはアニメに影響を受けたということだけではなく、現在の自分のキャパシティに限界を設けてしまうリアリストとしての表明が隠されていたのです。 Official髭男dismが表明する感性の新しさというものの本質はこの辺にあるんだナ。 「パラボラ」 2020年4月10日発表、Official髭男dismの 通算3作目の配信シングルです。 新型コロナ・ウィルスの影響により、 日本で初めて緊急事態宣言が施行された2日後に発表された楽曲。 とはいえ制作していた時期はこの未知の疫病についての影響はなかったようです。 サウンドも彼ら 固有の華やかものですし、歌詞もあくまでも前向きなものになっています。 こうした世界とのリンクはOfficial髭男dism自身が望んだものではないかもしれません。 しかしこの曲をありのままに楽しめるようになる未来。 特にライブ会場でこの曲をリスナーとともにシェアできる明日というものを、どうぞ存分に想像してみましょう。 そのことによってOfficial髭男dism自身がまとっている新世代のアーティストとしての意匠はよりはっきりとしたものになるはずです。 この記事執筆時にとって彼らの最新の楽曲。 人類が疫病を乗り越えた世界の様相がここに描かれているようで眩しいです。 Official髭男dismにハマってみよう! Official髭男dismのこの10曲をご紹介してきました。 彼らの作品の中でももっと聴きたい楽曲が他にもあるはずです。 皆さんは どの楽曲をOfficial髭男dismの10曲としてセレクションするでしょうか。 この記事を読んでいただいて、皆さんそれぞれの10曲を考えるきっかけになれば嬉しいです。 いずれにしても Official髭男dismがJ-POPの新時代を担うアーティストの中でも 特に重要であることを確認していただけたらと思います。 ここまで読んでいただいてありがとうございました。

次の

宿命 歌詞「Official髭男dism」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ひげだん 宿命 歌詞

この橋がミュージックビデオにも! Official髭男dismのメンバーたちがどこかの建物の屋上で歌ってましたが、あれはロングアイランドシティですね。 そして時々ちらちら見えている橋がクイーンズボロブリッジです。 このクイーンズボロブリッジの写真は、マンハッタンとクイーンズの間に浮かぶ島ルーズベルトアイランドで撮影しました。 撮影場所の建物の特定はできなかったのですが、ミュージシャンやアーティストが撮影に使う建物がロングアイランドシティにあるという話は聞いたことがあるので、そこかなと思っています。 恐らくですが・・・。 これはマンハッタンで、ハドソンリバーに近いエリアですね。 もしこの高架下っぽいところに行くのであれば、Fairway marketというお店を目指していくと分かりやすいかも。 (ドリンクや軽食を買っていくのもおすすめ) Fairway marketの住所も載せておきますね。 Fairway Market 125th Street 所在地: 2328 12th Ave, New York, NY 10027 クイーンズのロングアイランドシティにある公園は最高!ロケ地巡りのついでにどうぞ クイーンズ区民の憩いの場所の1つがロングアイランドシティの「ガントリープラザ・ステートパーク」です。 比較的治安が良く、暗くなっても子供連れのファミリーをよく見かける公園です。 ヒゲダンのメンバーがここに立ち寄ったかは謎ですが、時間があったらぜひ立ち寄ってみてほしかったなあ。 マンハッタンが一望できて景色は良いし、ほどよく緑もあるし、ピクニックやランニング、まったりデートなどにも最適の場所なのです。 時々 アーティストが来てPV撮影などにも使っています。 もしあなたがロケ地めぐりでニューヨークのクイーンズ地区に来ることがあれば、ぜひガントリープラザステートパークにも寄ってみてください。 1日のどの時間に行っても楽しめます。 (夜景もおすすめですが、周囲には気を付けて) ヒゲダンがニューヨークで宿命のMV撮影!ロケ地まとめ 今回はヒゲダンの「宿命」MV撮影地について書いてみました。 また来てくれますように。 ヒゲダンの音楽は最近聴き始めたばかりなので、おススメがあったらどなたか教えてくださいー。 (ニューヨークで住んでると日本とのつながりがなくなりそうで怖いのよ・・・).

次の

Official髭男dism

ひげだん 宿命 歌詞

2012年に結成され、2014年に行われたコンテスト「V-air あまばん グランプリ大会 2014」でグランプリを獲得する。 2015年4月に1stミニアルバム「ラブとピースは君の中」をリリースし、CDデビュー。 2018年4月より放送されたフジテレビ系月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」に主題歌として「ノーダウト」を提供し、一躍話題を集めた。 同月には1stアルバム「エスカパレード」と、メジャーデビューシングル「ノーダウト」を同時リリースした。 — Official髭男dism 宿命 のコメント 宿命を武道館で聴くことができて最高でした。 一曲終わるごとに深くお辞儀をされていてグループとしても素晴らしく、人間性もすごいと感じました。 これからもついていきます。 焼肉屋でバイトしてるんだけど、家族連れの小学生とかが有線で流れてる『pretender』とか『白日』を歌ってて、この子らは良い時代に生まれとるなーと思う今日この頃。 つい最近までマイナーな感じだったのにもう甲子園のテーマソングまで歌うようになったのかぁ… なんか遠い存在になるみたいで嫌だなぁ笑 はじめてこれ聞いた時は涙が溢れそうになりました。 こんなやつでも生きてていいんだなあ、と思いました。 ありがとうございます。 知らない間に泣いてた デビューの頃から知ってはいたけど知ってるだけだった Pretenderでハマりすぎて、それからの宿命 とりあえず、買う。 甲子園好きにはたまらん。 武道館公演が終わって 余韻に浸ってる間に…「宿命」 アルバム発売決定にホールツアー決定 おめでとうございます。 私の25年間の人生で1番幸せな時間でした。 髭男の4人に出会えて良かった ごめんなさい、武道館の余韻が……. ヒゲダンのいつかの動画のコメント欄でみた 「こんなにわかりやすい歌詞で表現できてたアーティストいなかった」って言葉がぴったりだと、新曲出るたび思います。 選び抜かれたワードなんだろうけどすごくストレートな表現に感じる…感じさせる彼らの音楽がとても好きです!! なんでこうも、それぞれの人生に寄り添ってくれる曲を生み出し続けてくれるのか… 球児だけじゃなくて、いろんな人の気持ちを後押ししてくれる、新しくて、最っ高の人生の応援歌 「こんな、音楽聞いたことない」って 髭さんの曲聴いて、何回思ったことか。。。 なぜ、こうも、新しい曲が出てくるのか。 髭さん、神です 私の初武道館は髭男!!!! 初めてを共有出来て嬉しい!!! 生宿命半端なかったけどMVまで見れて興奮状態で寝れません!!! 大丈夫や頑張れって言われてないのに 大丈夫だって思えるし 頑張ろって思えるからすごいよ髭男 大丈夫や頑張れって歌詞に 苛立ってしまった ってところが髭男らしい 髭男は他のアーティストと違って 励ますではなくて、寄り添う歌詞が多い︎ いつも思ってるけど、ありそうなメロディでも予想できるところにコードが落ち着かなくて意表を突かれるし、毎回ブラスをおしゃれに使ってるからローテンポでもノれる… トランペット久しぶりに吹きたくなります 甲子園で聴いたらめちゃくちゃ感動するだろうな… 今普通に聴いてても鳥肌が… 屋外で演奏してるの良すぎる! 今年は近くの高校応援しに行こうかな~ プリテンダーとかstand by youほどのパンチ無いと思ってるけどどうせ聴き込んだら神曲になるんだろうな笑.

次の