格 ゲー お嬢様。 「柚子森さん」の江島絵理が格ゲーに熱中するお嬢様を描く「対ありでした。」PVも(コミックナタリー)

明日イキるために今日を生きろ。『GBヴァーサス』レビュー。

格 ゲー お嬢様

シリーズ新作予定(一部)• 地域別(直近イベント数)• 国内で開催中の全国大会・リーグ戦• カプコンプロツアー• 鉄拳ワールドツアー• DBFZワールドツアー• アークワールドツアー• DOA6ワールドチャンピオンシップ• SNKワールドチャンピオンシップ• ソウルキャリバーワールドツアー• スマッシュワールドツアー• EVO(World)• EVO Japan• 大会メモ•

次の

虹裏格闘ゲームとは (ニジウラカクトウゲームとは) [単語記事]

格 ゲー お嬢様

カタリナは頼もしい味方だったのだが…? 赤き竜と蒼い少女、そして少年が出会い物語は始まった。 グラン(主人公)とルリア(ヒロイン)が出会い、 そしてルリアを奪おうとする帝国を打倒して幾日かの時間が経った。 2人は仲間であるカタリナを迎えに行くために向かうが 2人を出迎えたのは滅んだはずの帝国の兵、そしてカタリナの刃であった。 これまでの冒険を忘れたかのように立ちふさがるかつての仲間達、 何故彼らがこちらに刃を向けるのか?裏で操る敵の正体とは? と、レビューをする前に自分の格ゲー歴と使用キャラを説明しておこう。 自分は4・5、鉄拳レボリューション・7をあわせて (ほぼSFシリーズだが)大体300時間はやっており、SF5ではLP2000は超えている。 しかし、残念ながらネットにおいては LP2000は「初心者をようやく卒業した」位のランクである。 えっ上位4%でコレ?!と驚くかもしれないがマジである。 つまるところそれほど強くない、友人とのプレイで時間を費やしたフツーの人である。 そこんとこよろしく。 グラン君イケメンですね。 さて、原作(ソシャゲ本編)ではだが、 2D(に見える3D)格ゲーとして登場したこのGBVS。 原作プレイヤー向けに本作の時系列を説明すると、 本作の作中で登場する仲間キャターは全て顔合わせはすんでおり、 かつ、帝国が滅んでいるため 最低でも第一部(撃破)は終わらせているという時系列だ。 原作未経験・コンシューマ中心のゲーマー向けに説明すると でいうとムドーを倒した後ぐらいの感覚でOKだ。 何、だと分かりにくい?んじゃでいうとティナが飛び去った後。 何、だと分かりにくい?んじゃでいうとを潰した後。 何、だと(以下略) とにもかくにも当面の脅威は倒した後、つまり物語がそれなりに進んだ後、 という認識さえしてくれればよい。 当然対戦格闘なのでとしても楽しめるし、 ストーリー付きのモードもある。 あるんだけどね…。 グッバイアークなモードですわ。 おすすめだよ(棒) 直球で言おう、モードはクソである。 おっと失礼汚い言葉を使ってしまった。 モードの 難易度ノーマルは排泄物ですわ。 モードの 難易度ハードは 便器からこぼれた排泄物ですわ。 まずシナリオ。 上述したように仲間は既に会った後である。 ただ、そのために物語の展開が非常に一辺倒でクッソつまらないものになっている。 キャターの深堀をされるわけでもなければ初対面ゆえの紹介がされるわけでもない。 ファック。 さらにソシャゲともいえる 「おっと話の続きは戦いが終わってからだぜ!」も 頻繁に繰り返され何の面白みもない雑魚を蹴散らす戦闘に入る。 最近のはかなりシナリオを頑張っている! …というのが2年前の「」くらいからずっと言われていて事実クオリティは高くなったと思う。 まさかコンシューマで先祖返りするとは。 しかも辺りからこのゲームを仕込んでたというインタビューを見て笑い転げた。 おっと失礼。 やめろよそういう煩雑なのをさぁ。 リリンクではやめてくれよ・・・。 そして武器集め。 クトクリアかガチャから武器をドロップし強化していく。 一応、ノーマル難易度ならば武器編成さえちゃんとやれば 意識的な武器集めは全く不要でクリアできる。 ただこの武器編成に対するUIがクソ、編成の説明もないとクソ塗れである。 編成の説明については正直かなり難しいし長くなるのでここでは割愛するが UIに関してはぶっ叩く。 失礼、ぶっ叩きますわ。 ソート設定を記憶すらしないお粗末さ、 一括でレベル上げを出来ない・させない煩雑さ、 上限解放で装備中の武器を上に表示させる頭の悪さ、 このUIを作ったのは誰だァ!アークかか知らんがお前はクビだ出ていけぇ! と雄弁に語る俺マジ雄山、無残に言うじゃんマジ雄山(ラップ)。 R-指定が見たら速攻でクビにしそうな質の悪いラップはともかく、 コンシューマでわざわざソシャゲの(中でも劣悪な)UIを 劣化して継承している点については大幅なマイナス点をつけるしかない。 正直原作よりもUIは醜いですわほんとですわ。 ハズレ。 あと原作プレイヤーとしてはこの色を見るだけで体調が悪くなるからやめろ。 それでもノーマルはまだクリアできるから良いんだが、 ハードになるともはや地獄である。 フルオートでプレイ可能ですがAIが排泄物ゆえに手動操作が必要ですわ。 敵がスパアマ持ちで火力が高いから排泄物ですわ。 奥義一発で死ぬとか頭おかしいんじゃありませんこと? はっきり言ってウンコですわ。 失礼、ビチグソですわ。 ただそんなぼろ糞言ってるモードだが、 大型ボスとの戦いについては評価したい。 ローズクイーン、コロッサス、マグナ等の 大型ボスとの戦闘はギミックが上手く作用していて面白い。 コロッサスの代名詞となる次元断やローズクイーンのバリア等 いかに 格ゲー(2Dアクション)として原作再現するか、という命題に上手く対応している。 食らったら即死は原作仕様。 特にプロトバハムートについては属性チェンジもそうだが 「大いなる」の表現が絶妙。 原作ではクス等のカットを使って攻撃をスルーするのだが 本作ではルリアがバリアを貼っているという形に変更している。 この相手の攻撃をやり過ごすという点については成程こういう表現で再現するのね、と 原作プレイヤーとしてはニチャア・・・という笑顔になった。 この点はよかった。 ただ、トータルで見ると、 トロフィーとクリア得点である原作で使える石5000個という餌が無ければ クリアまで至らないレベルの出来であることははっきりと申し上げておく。 んッん~ファッキンですわ~。 負けてるときはですわ。 めくりはグランがそれっぽいことができるだけ。 んじゃまもう一つの柱、対戦モードはどうなのか?というと すっげーよく出来てます。 ここは手放しでほめる。 ゲーム的には を簡易化したものが最も近い。 空中無(空中ガードはあり)、めくりほぼ無し(ガードボタンで両面対応)、根性値なし、 コンボは一定数を超えると強制的に繋がらなくなる。 技についてはクールタイムが長くなるものの 必殺技ボタン(R1)と方向キーで簡単に出せるため 以下の三大初心者が格ゲーで嫌になる要素が潰されている。 ガンガン使っていけ。 んで、よろしく 通常攻撃三段から必殺技・奥義(超必殺技)が繋がるようになっているため簡単なコンボなら楽々。 ゲームスピードも遅いので初心者が初心者とやりあう分、 初心者と経験者が喋りながら(煽りながら)ワーキャーやるのも楽しいゾ、と。 (パーティでは試合中会話できないのでディスコードや推奨) ただ、初心者と経験者の壁はすげぇ分厚い、ということを言っておく必要がある。 つーか自分がめっちゃ実感してる。 C1では無双出来るのにB5でぼっこぼこにされるんだが? 本ゲームの仕様として奥義ゲージという、いわゆる超必殺技ゲージが存在する。 これはダメージを受けることで上昇もするがメインは「攻撃を出す」ことで上昇する。 んで一部の攻撃はクリーンヒットすると壁にバウンドして追加コンボを狙える。 さらに先ほどの技を出した後のクールタイム制。 この3つの仕様がマリしたらどうなるのか? 答えは簡単。 壁際で一方的に殴るor殴られ続ける状況が生まれるのだ。 がぁ!捕まえてぇ!がぁ!がめんはじぃ! SF4・5ではリバサ昇竜もあってそこまで壁際に危機感が無かったんだけど (ヌル~くプレイしてたのもあってだろうが) 本作の壁際は相当に危険かつキャラによっては安パイな脱出手段がない。 はっきり言って このゲームは壁に押し付けるゲームだ。 グランの場合、無敵昇竜で脱出は可能だが、 先述のクールタイム制があるために一度パナして避けられると延々固められる。 おやめなさい!おやめなさい!わかったわかったわかったよ!痛いんだよぉおおおおおおお!! とお嬢様よりは 半裸のホモビ男優みたいな声を出してしまう。 身内ならともかく野良のランクマッチでは 一度逃して自分が固められると一気に窮地になるため 経験者側も ごめん譲れない・譲らない・縦・横・斜め Swinging Around。 本作は鉄拳のレイジや4ののような一発逆転要素はほぼない。 超必殺技にしても最初から一方的に殴られ続けるとゲージが溜まらずそのままやられるからだ。 あと、超必殺技が確定する場面が殆どねぇから逆転が出来ない。 (敵が超必殺技出した後ですら隙が無い) つまり、一方的に壁際でやられる恐怖を教えるか教えられるかという 並みの修羅の世界。 頭アークかよ。 アークだったわ。 どうやって勝つのか?壁際に押し込んで勝て。 相手が泣こうが喚こうが押し込んで勝て。 圧倒的暴力でねじ伏せることが勝利の鍵だ。 やるかやられるか、というイヤーなゲーム、と思われるかもしれないが それでも格ゲー初心者にはお勧めできる作品ではある。 何故か?答えは簡単。 「人口が多い新規ゲームだから」である。 しかし、相手は負けてしまう。 どうあがいても勝者と敗者に分かれてしまうゲームだ。 というのは残念ながら勝ちと負けが決まる。 誰かが勝った数だけ 誰かが負けてしまう。 それこそ「モードクリアしたしちょっとオンライン、やっちゃいますか~?」と口では軽いノリで、そのくせ内心勝利を期待してオンに臨んでボッコボコにされて負けて辞めてしまう、そんなのザラである。 格ゲーのオンってのは10人が5人になり、5人が2人になり、そして2人が一人になることは無く最後には誰もいなくなる。 だからこそスタートでコケずに大量の人口が必要なんだ。 そして本作ではそれが見事に成功している。 ロードもマッチングも凄く早いので辞め時が無くモリモリプレイできてしまう。 少なくとも「初心者を卒業した」程度のユーザーである自分は 大体同じぐらいの実力とマッチングされていて大満足だ。 ただやはり、というかぶっちゃけ 期待通り本作でも初心者が「勝てないので辞めます」というお気持ち表明ブログが登場した。 格ゲー初心者に向けて俺から言いたいことは2つだ。 現時点のこのゲームほど格ゲー初心者向けの格ゲーって無いよ。 何故か? 人が多いから、そして新規ゲームだから。 間違いなく初心者と未経験者が多い。 格ゲーというのは他のゲームでの経験がある程度生きる。 だからほかのゲームで慣らした人は最初から上のほうにすぐ行ける。 特にや鉄拳なんかはシリーズでの経験は続編でもすぐさま反映されるからね。 でも本作はの他ゲーに似てるとはいえ新規ゲームだから皆初心者からスタートだ。 多少、本当に多少だがマシである。 だけど、だからこそ上を目指すんじゃないか。 そしてもう一つ。 今頑張るといいことがあるよ。 勘違いされてるがをする人はいるがそんなのごく少数だ。 初心者とプレイして初心者を必死に倒しているのは 「ちょっと練習した初心者」なんだ。 いっちばん最初に書いたが僕は5では「初心者を卒業した」レベルのプレイヤーだ。 (イキリ) これが意味するところは何か? そう、たいていのプレイヤーは初心者に毛が生えた、ところまでやりこまないのだ。 だからこそ今練習してきっちり通常三連からの超必殺技コンボが出来るようになればCランクくらいまでは簡単に行けると思う。 初心者を狩れる「ちょっと練習した初心者」になるのは発売直後の今がチャンスだ。 どんどんやれ。 やれる側にまわれ。 そして格ゲーのいいところとして他のゲームが出たときにその経験を生かせる、ということだ。 例えば次に何か新しい格ゲーの新作が出てそこそこ以上にヒットした場合、「初心者のお気持ち表明ブログ」が出ると思う。 「ちょっと勝てる側」に回ってると、このブログが出たら 正直、愉悦。 はっきり言うが初心者が何の努力もせずに勝てるゲームはである。 ?バカ言えあれはコンボ練習と知識がもの言うゲームだ。 だから一生初心者が何の努力もせずに勝てるゲームは現れない。 今頑張れば、今GBVSで勝て、そして次の格ゲーでもちょっと勝てる。 お気持ち表明なんてしてる場合か?がんばりゃ未来でもちょっと勝てるんだぜ? 一つのゲームをやりこむことは無限の未来を救うことですよ。 お気持ち表明ブログを見て あぁ^~負け犬の遠吠えが気持ちええんじゃ~~~~となる側に回れ。 めっちゃイキってるように聞こえるだろ? イキってるんだよ。 明日イキるために今日を頑張って生きて(練習して)ほしい。 きっといずれあの時生きてよかったといえる日が来る。 強キャラ・弱キャラは勿論いるが、そこは格ゲー。 当たり前の話。 全員同じくらいの性能にしろってんなら同じキャラ使えって話だしね。 全キャラ壁際に追い詰めりゃワンチャンある、というバランスは少々とがっているが悪くない。 傑作と言えないのは斬新な要素が特にないから。 少なくとも敷居を物凄く下げたとか、他のゲームでも受け入れ…もといパクられるオリジナルな要素はない。 ただ、既存のシステムの集合体で総合力は高いし、 もう一度言うが人口が多い。 どれだけ斬新な要素があっても人口が少ない格ゲーはクソだし既存のゲームが喉から手が出るほど欲しい要素でもある。 と、いうわけで初心者・経験者共にお勧めだ。 自分もDL版を買っているため逃げられないし、是非対戦しよう。 んで原作にも興味が出てくれれば嬉しいかな、と。 3月はアニバーサリー月でキャラガチャを回せるキャンペーンをやるはずなので の古戦場に飛び込むのは今がチャンスです。 ただですねぇ、原作についてシステムの解説はあれど、 ちゃんと説明しているレビューサイトってあんまりないからどういうゲームかわからないって人も多いんだよね。 早くお越しになってくださいませ!.

次の

お嬢様×格ゲー漫画『対ありでした。』1巻の発売記念PV公開 ファイルーズあい&長江里加が熱演

格 ゲー お嬢様

ゴードンは恐らくお嬢様を救えないでしょう。 恐らく会えない………。 薬師としての子爵家。 ゴードンがお嬢様が生まれる前に動いたら、その時点で歴史が動く。 生まれてくる子はお嬢様じゃなくなってしまう。 お嬢様じゃない違う子が生まれてしまう。 歴史どおりのタイミングまで、世界に1人のゴードンが待てるとは思えないので、出会えずにバットエンドな気がしました。 他の方の感想の中の裏設定で胎児の時に思い出しても、お茶の効果を証明する為の準備期間が足りずに失敗でしょうか………。 ループ物は大好物の1つだったので、物凄く真剣に考えさせて頂きました。 考えた末の結末が、くろい様の考えと真っ向から対立形になってしまいましたが、批難している訳ではありません。 物語としては凄く楽しく読ませて頂きました。 特に乙女ゲーのバットエンドを回避しつつ、ハッピーエンドを目指すところは大好きです。 だからこそ、真剣に考えて私なりの結論を感想とさせて頂きたいと思います。 これの感想もらえるとは思ってなかったので、朝からどうしたらいいのか真面目に考えていました。 仕事中に考えてぼーとしてたなんてことはきっと気のせいです。 この話の裏設定は、この3年間いろいろ考えていました。 私の中ではゴードン君は二度と愛しいと感じたお嬢様の魂には会えません。 このループだけの転生者なので彼女は。 【最初の】お嬢様と【今回の】お嬢様は別人ですし、【次の】お嬢様が違うだれかだってことに気づいてもらえてすごいなぁって思ってます。 この時代に減り続づけた魔力持ちの人員の削減を止めるのが彼の役割だと歯車は決めてしまっているので、もし彼がマリアーナお嬢様になった者が違うと思ってしまうループが訪れたならば、時代がまた変わってしまうのかなって思います。 その前にループを終わらせるか、彼が狂わないようにするの2択もしくは、ほかの選択肢を増やしていくしかないという、IFで構成されています。 【次の】で彼が可愛く従者になりたいとおねだりするのも選択肢の一つですし、お茶はシェルラ母がいつも飲んでるものの応用なんで、たぶんすぐ用意できます!ぐらいの気持ちで書いてました。 お父様の秘密の一つや二つ、ゴードン君は知っているだろうから(というかお父様生きてるので、相談してそうこれ言えば自分は信じるだろうと教えてくれそう)説得できるんじゃないかと思ってました。 後、2、3個分岐点を用意出来たら、ループの最後のお話ができるのになぁって思っているんですが、思いつかないのでこれはこれで終わったと思ったほうが楽しいですよきっと! というか、グロローグ家を存続させることしか考えてなかったので、本当の意味での彼の幸せも少し考えてあげたいような気がしてきました。 うん、よく考えたら自分だけすっきりして後は放置ってひどくね?【今回の】マリアーナお嬢様とか思うのは、作者としては失格でしょうか。 この話のこう考えてるんだよーって話できただけでも悶々と今日までひとりで楽しんでたのがばれた気になってきました。 というか久々に読んでみたけどひどいね文章とか、思わなくもないけど、感想書いてもらえて一日ルンルンしてたので、ほんといい一日でした。 やっぱりM体質なんで、ほんと鋭く言われても幸せになれます。 感想ありがとうございました!! こんにちわ。 感想ありがとうございます! 読みやすかったなら嬉しいです。 ループモノは難しいですよね^^ 『次へ』続く話として書いたので『次の』話はないんです。 もちろん『次の』は更にループの途中だと考えています。 だって『その次の』彼らがあるなら、『最初の』に戻ってしまう可能性はつぶさないといけませんし。 むしろ『最初の』に戻ってしまったから、ループしているのかもしれませんけどね。 まぁそれを考えたら『次へ』の布石をしっかりしてくれるであろうと思います。 『次へ』なんかどうでもいいって思わない限り・・・・・・・・・ だからハッピーエンドを迎えるのもあれば、迎えなかった結果もある可能性もと考えるのです。 だからこそ『次の』は幸せで会って欲しいそう願わずにはいられません。 基本勢いなので、最初は深く考えなかったのですが(それもどうよ)1回目~3回目のお嬢様というのは、基本的に同じ人物です。 4回目だけは別人格だと本人は思ってますが、一応魂のレベルでは同じ人格だと思っています。 4回目だけは自分を客観的に見れる立場に立たせたかったので、死んだ後の情報をちゃんと知りえられるには、本みたいな形にした方がいいかなという判断です。 主人公はそのためにシェルラですからね。 お嬢様と違って死にませんしね。 それで5回目でゴードン氏が思い出すきっかけが、彼女の誕生=胎児誕生状態です!4回目の彼女が彼の魂に自分の全魔力をつぎ込んで刻んだ刻印魔法が(最後のあれで刻み付けたらしいです)【次の】お嬢様の誕生と同時に発動する・・・という裏設定があります。 子供が出来たかもはっきりわからない時期に、グクローズ伯爵のところに7歳の子供が「お願いですっ!僕をお嬢様の従者にしてくださいっ!」って飛び込んできたら楽しそうだなぁという妄想が存在しますので! 【次の】は幸せになるってそう感じ取れればそれでいいかなと。 設定については、本当に色々考えれば埃が出てくるので、深く考えないで下さると嬉しいです。 色々考えてくれてありがとうございましたっ!.

次の