ウインク キラー ゲーム。 関ジャニ∞のDVDだったと思うですけどウインクキラーというのがあった...

‎「ウインクキラー:目で「暗殺」パーティーゲーム」をApp Storeで

ウインク キラー ゲーム

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2007年9月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2007年9月) ウインクキラーは、を使って行うゲームの一種である。 ルール [ ] 参加者の人数は問わないが、ある程度多いことが望ましい。 ウインクキラーでの「役割」は、「主犯者」「共犯者」「一般市民」の3つである。 「主犯者」は一人、「共犯者」は人数により異なるが、全体で6人以下の場合は一人、それよりも大人数の場合には、2~3人程度が望ましい。 トランプなどを用いて、例えばジョーカーが「主犯者」、クイーン 12 を「共犯者」などにして、配られたカードを各人が自分だけみて、自分が「主犯者」「共犯者」「一般市民」のどれかを知ってゲームをスタートする。 「主犯者」「共犯者」は、「一般市民」に対してウィンクをすることで「殺す」ことができる。 「主犯者」と「共犯者」は、他の「主犯者」や「共犯者」は「殺す」ことができない。 「一般市民」が「主犯者」か「共犯者」にウインクをうけて「殺されて」しまった場合には、しばらくして「殺された」ことを宣言し、トランプをひっくり返すなどしてそれを示す。 その宣言までは、5秒くらいの間をおき、ウインクではなく、顔を合わせたことだけで犯人を見つけるヒントになってしまうことを避けるようにする。 「殺された」場合は、そのゲームが終わるまではゲームに復帰することはできない。 「一般市民」は、ウィンクをして他者を「殺す」ことはできない。 逆に「一般市民」は、「主犯者」や「共犯者」に「殺され」ないように、目をそらしつつ「主犯者」を探すのが目標となる。 もし「主犯者」らしき参加者を見つけた場合には、「告発」などと言いつつ手を挙げ「主犯者」の指名に挑戦することができる。 しかし、その場合には他の者が保証人となることが必要となり、保証人となろうとする者は「告発」があった場合には、「同意」などといい同じく手をあげる。 そして「告発」をした者と保証人とでタイミングを揃えて「主犯者」と思われる人を指でさす。 二人が同じ人を指差した場合は、さされた人はカードを表にしゲームから離脱する。 異なる人を指した場合は「告発」をした人が脱落する。 そのため「告発」した者は、保証人と一致しそうにない場合は、「却下」などといって「告発」を取りやめることもできる。 二人に指を指された人が実際に「主犯者」の場合には「主犯者」が検挙されて敗北したものとして、ゲームが終了する。 もし「主犯者」ではなく、「共犯者」や「一般市民」だった場合は、その者が「殺されて」ゲームから脱落するだけで、ゲームは続行される。 「一般市民」が全て「殺されて」しまった場合に、「主犯者」「共犯者」の勝利となる。 「主犯者」は、その立場を隠し「同意」を行うことができるが、「告発」は行えない。 「共犯者」は「告発」も「同意」も行えない(「同意」は可能とするルールもある)。 「主犯者」などは、敢えて「告発」に対して保証人となることで「告発」を失敗させることもできる一方で、「告発」や「同意」を行うことで「一般市民」は、自分が「主犯者」などではないことを、アピールすることができる。 「却下」を採用しないルールも使われる。 「保証人」を必要とせずに「告発」できる「探偵」や「警察」といった役割を採用するルールもある。 ルールは、グループによって様々だが、疑心暗鬼を楽しむゲームであることに変わりは無い。 また、表情などから心理を読み取ったり、殺される人の位置(犯人の正面が殺される場合が多い)などから犯人を推理したり、頭を使うゲームだとも言える。 役割 [ ] 主犯者 「殺害」「同意」 「一般市民」を全て「殺害」すれば勝利 「告発」され、保証人とともに指さされると負け 「共犯者」には「殺害」されない 共犯者 「殺害」(「同意」が可能なルールも) 「一般市民」を全て「殺害」すれば勝利 「主犯者」が「告発」され、保証人とともに指さされると負け 自身が「告発」され、保証人とともに指さされるとゲーム離脱 「主犯者」や他の「共犯者」には「殺害」されない 一般市民 「告発」「同意」 「主犯者」を特定し、保証人とともに指させば勝利 「主犯者」や「共犯者」にウインクをされると「殺害」され負け 「告発」して保証人と指さす相手が一致しなければ負け 関連項目 [ ]•

次の

飲み会ゲーム

ウインク キラー ゲーム

スポンサーリンク• ウインクキラーとは? 「ウインクキラー」とは「ウインクされたら負け」 というただそれだけの非常にシンプルなゲームです。 「人狼ゲーム」と似たようなジャンルの心理戦ゲームになります。 ウインクキラーの準備 まず人を集めましょう。 笑 理想の人数は「5人~8人」です。 ・全員が全員の顔を見えるように円になる こうすることでウインクしやすくなります。 とにかく円になりましょう。 ・トランプを人数分用意し、1枚だけジョーカーを入れておく その他は適当なカードにする。 トランプが無い場合は紙に1つだけ「キラー」と書いて代用する。 誰にも見えないように1枚ずつカードを引き、自分だけで何を引いたか確認する。 (ジョーカーを引くとちょっとだけ緊張する。 笑) ウインクキラーのルール まずざっくり流れだけ説明します。 細かいルールは後ほど。 ・ジョーカーを引いた人が「キラー」役(ウインク できる) ・それ以外の人は「市民」役(ウインク できない) ・「キラー」にウインクされたら5秒後に「やられました」と言ってカードを表に向ける (すぐ宣言してしまうと誰が「キラー」か特定しやすくなるため) ・ウインクされた人はゲームから外れ、見守る (基本的にはしゃべらずに見ているだけ) ・「市民」が残り1人になったら「キラー」の勝ち ・「キラー」を見破れば「市民」チームの勝ち ・「キラー」を倒すには「告訴」をする必要がある ・「告訴」には告訴人本人の他に、「証人」が1人必要 ・「告訴」、「証人」は「キラー」も「市民」も可能 「告訴」と「証人」について ・「キラー」も「市民」も「告訴」することができます ・「キラー」も「市民」も「証人」になることができます 「キラー」が誰か分かったら、「告訴」と言って挙手します。 「告訴」には証人が「1人」必要です。 証人が1人もいない場合は告訴は取り下げとなるので、ゲームを続行します。 証人がいた場合は、2人で「せーの」で「キラー」と思われる人物を指差します。 「市民」が告訴人、証人になる場合 ・同じ人を指した場合 指された人はカードを表に向けます。 そしてそのままゲーム続行。 「キラー」が告訴人、証人になる場合 ・同じ人を指した場合 指された「市民」はゲームから離脱し、そのまま続行 ・別々の人を指した場合 2人はペナルティとしてゲームから離脱します。 要するに、キラーは自滅します。 「キラー」が自ら「告訴」することで「市民」と思わせることができるという最大のメリットがあります。 しかし、「証人」と違う人を指さしてしまうと自滅するのでリスクは高いです。 笑 怪しい市民がいた場合のみに使える、かなり高度なテクニックとなります。 ウインクキラーの注意事項 ウインクキラーあるあるですが「ウインクしたのに気づかれない」ことが多々あります。 笑 キラーははっきりと分かりやすく大げさにウインクしましょう。 その方が面白くなります。 たまに、「市民」がただ瞬きしただけなのに「キラー」だと思って勝手にやられていくパターンもあります。 笑 ウインクのコツ 「ウインクがうまく出来ない!どうしたらいい?」 こういう方は「目を閉じる」のではなく、「口角を上げる」ことを意識しましょう。 顔の神経はつながっているので、そもそも目だけ閉じるというウインクは結構難しく、口が絶対に上がります。 逆に口角を上げると勝手に目が閉じるということを利用します。 ニヤリと口をあげるイメージです。 この意識で試してみてください。 ウインクキラーまとめ キラーになった瞬間にやたら喋りだす人もいたりして、かなり面白いです。 トークでいかに市民をごまかすかがコツですね。 また、ルールに関しては様々な地方ルールがあります。 ウインクキラーはこれが正しいという正規のルールはおそらくありません。 上記で紹介したルールもちょっとアレンジを加えたオリジナルルールにはなりますが、いろいろ試した結果これが一番シンプルで楽しいと思います。 是非、参考にしてみたください。 home1990.

次の

暇な時に遊べる言葉のゲーム

ウインク キラー ゲーム

ルール [ ] 所要 [ ]• プレイ人数• 4~10人ほど• おすすめは5~7人• 使用カード• 人数分の枚数のカード ジョーカーとQを各1枚ずつ入れます 手順 [ ]• 親は1人1枚ずつすべてのカードを配ります。 配られたカードを見て、ジョーカーだった人は「キラー 主犯者 」役、Qだった人は「共犯者」、それ以外の人は「市民」となります 「共犯者」なしとすることもあります。 「キラー」と「共犯者」の目的は「市民」を全員「殺す」ことで、「市民」の目的はキラーを探すことです。 「キラー」と「共犯者」は、「市民」に対してウインクをすることで「殺す」ことができます。 「キラー」と「共犯者」は、「キラー」および「共犯者」を「殺す」ことはできません。 「市民」が「キラー」や「共犯者」にウインクを受けて「殺されて」しまった場合には、5秒ほど間をおいて キラーや共犯者をわかりにくくするため 「殺された」と宣言し、トランプをひっくり返すなどしてそれを示します。 「殺された」人は脱落となり、これ以降ゲームに参加できません。 「市民」は、もし「キラー」らしき参加者を見つけた場合には、「告発」などと言って手を挙げ「キラー」の指名に挑戦することができます 「キラー」および「共犯者」は行えません。 その場合には他の誰かが保証人となることが必要で 「キラー」も行えますが、「共犯者」は行えません 、保証人となろうとするプレイヤーは「告発」があった場合には、「同意」などと宣言し同じく手を挙げます。 そして「告発」をした者と保証人とでタイミングを揃えて「キラー」と思う人を指さします。 2人が同じ人を指差した場合は、さされた人はカードを表にしゲームから離脱します。 異なる人を指した場合は「告発」をした人が脱落します そのため「告発」した者は、保証人と一致しそうにない場合は、「却下」などといって「告発」を取りやめることもできるルールもあります。 そこで、指さした人が実際に「キラー」であった場合は、「キラー」の負けとなり、ゲームは終了します。 それ以外であった場合、そのプレイヤーは「殺されて」ゲームから脱落します。 ウインクを上手く決めるには? まぶたを閉じるときには、目の周りの筋肉を使います。 まぶたを開くときは、まぶたの上の部分の筋肉を使いましょう。 関連項目 [ ].

次の