超新星 爆発 ベテルギウス。 ベテルギウス

「超新星爆発寸前」と言われていたベテルギウスが一転して増光し始める

超新星 爆発 ベテルギウス

(CNN) 冬の夜空に赤く輝くオリオン座のベテルギウスが、この数カ月間で急激にその明るさを失っているとする観測結果がこのほど発表された。 天文学者らは超新星爆発を起こす前触れの可能性があると指摘している。 ベテルギウスに関する論文を今月8日に発表した米ビラノバ大学のエド・ガイナン教授は、CNNの取材に答え、ベテルギウスの明るさが10月以降著しく低下していると述べた。 現在は通常時の2.5分の1程度の明るさで、夜空の星の中で23番目前後の順位に下がった。 一時期は9番目に明るい星だったという。 ガイナン氏らのチームは、ベテルギウスを1980年から継続的に観測している。 過去50年間でこれほど急激に暗くなったことはないため、何か尋常でない事態が起きようとしている可能性があると考えられる。 ガイナン氏は超新星爆発に向かう段階にあることを示唆したが、そうした動きは星の深層部で起こる。 極めて巨大なベテルギウスの場合、観測によってその過程を明らかにするのは不可能だ。 ベテルギウスは地球からの距離が約700光年と、太陽系を含む銀河系の中でかなり近くにある恒星の1つ。 誕生から900万年ほどが経過しているとされる。 通常、このサイズの星が1000万年を超えて存在し続けることはなく、今後20万~30万年の間に超新星爆発を起こしてその一生を終えるとガイナン氏は見ている。 これまでにもベテルギウスは一定の周期で明るさを変えていたが、今回は過去数年と比べ劇的なペースで輝きを失っている。 数学モデルに従えば来月半ばには暗くなる周期が終了するものの、ガイナン氏によると再び明るくなるかどうかは必ずしも断定できないという。 実際に超新星爆発が起きれば、昼でも肉眼で見えるくらいの明るさになるとガイナン氏は指摘。 そのときは赤かったベテルギウスが青い光となって3~4カ月輝き続ける。 完全に消えるまでには、およそ1年かかるとみられる。 爆発で地球の生命に直接危険が及ぶことはないが、放射された紫外線が大気中のオゾン層を破壊する可能性がある。

次の

「超新星爆発寸前」と言われていたベテルギウスが一転して増光し始める

超新星 爆発 ベテルギウス

こんにちはMASAです。 冬と言えば空気が澄んで空がきれいな季節なので、夜空の星がはっきり見えやすいですよね! この記事を見られている方の中にも、小学校の理科の授業で星座を覚えたりした方もいらっしゃるのではないでしょうか? 冬の星座と言うと「オリオン座」をはじめ、「おおいぬ座」「こいぬ座」「ふたご座」が代表的ですが、その「オリオン座」を形成している星の「 ベテルギウス」に異変が生じているそうです。 ここ数カ月のあいだに「ベテルギウス」の光が急激に弱くなったということで、 超新星爆発を起こしたのではないかといわれているそうです。 もし超新星爆発していたら、大変ですよね? また、地球への影響や次に超新星爆発しそうな星も気になりますよね? そこで今回は、「 ベテルギウス(オリオン座)の超新星爆発2020はいつ?影響や次の星は?」と題しまして、ベテルギウス(オリオン座)の超新星爆発2020はいつ起こるのか?影響や次に超新星爆発しそうな星はどれかについて調査してしていきますね。 ベテルギウス(オリオン座)の超新星爆発はいつ? 星の寿命は重さで決まると言われていて、地球から一番近い恒星になる「太陽」は誕生より46億年たっていると言われていますが、「太陽」の約20倍の重さになる「ベテルギウス」の寿命は1000万年で、今現在の年齢は 約900万年と言われているそうです。 人間に例えると、 90歳を超えているという計算になりますよね。 元々「ベテルギウス」は光の強さが安定しない星と言われていたようですが、ここ数カ月は特に光が弱くなり、光が元の強さに戻る兆しがないということが専門家の間では不安視されているようです。 また、「ベテルギウス」と「地球」との距離は約640光年と言われており、今見えている「ベテルギウス」の光は、640年前の光になるそうです。 超新星爆発がここ数年で起こるのか、もしくは100万年後に起こるのか、はたまた、すでに起こっているのか、はっきりとしたことは分かっていないようです。 超新星爆発の影響は? もし「ベテルギウス」が超新星爆発を起こした場合、 昼間でも肉眼で見えるぐらいの強い光を発するそう、半月くらいの明るさになるそうです。 元々「ベテルギウス」は赤い光を発していますが、超新星爆発を起こした場合は青い光を発するそうで、その期間は3ヶ月から4ヶ月と言われています。 3ヶ月から4ヶ月の間強烈な青い光を放ち続けたのち、徐々に暗くなっていき、1年後から4年後には肉眼では見えなくなってしまうそうです。 また、超新星爆発の影響が地球の生命に直接危害を及ぼすということは考えられないそうですが、 放出された紫外線が大気中のオゾン層を破壊する可能性があると言われているそうです。 ベテルギウス(オリオン座)の次に超新星爆発が起こりそうな星は? ベテルギウスの次に超新星爆発が起こりそうな星を調べてみましたが、コレという情報が見当たりませんでした。 ただ、星の最後という共通点で言えば、超新星爆発ではなく「赤色新星」という現象もあるそうです。 この「赤色新星」という現象は、太陽くらいの大きさの2つの惑星が同じ軌道上に押し込められた時に起こる現象で、大きな星が小さな星をちぎって食べてしまう現象だそうで、その時には強烈な光を放つそうです。 最近の例ですと、2008年にさそり座で突如爆発した惑星がこの「赤色新星」という現象にあたるだったそうです。 今のところ、この「赤色新星」が起こる候補も7つ上がっているそうですが、それが何なのかを特定するには至りませんでした。 どれくらいの時期に「赤色新星」が起こるのかについては、今後1000年から1万年と考えられているそうですがどちらにしても待ちきれない時間ですよね! まとめ いかがでしたでしょうか? 「ベテルギウス」の超新星爆発についてはまだ憶測の域を出ていないようです。 地球からの距離が640光年あることから、今のところ影響も特には見られないとの見解が有力のようですね。 超新星爆発については、次に起こりそうなものは特定できませんでしたが、星の最後という共通点を持つ「赤色新星」という現象では、7つほど候補が挙がっているそうですが、それが起こるのも1000年から1万年ほど後に考えられているそうです。 人が持つ時間に対してスケールが大きな話になってしまいますが、とってもロマンがありますよね! 今後も新しい展開がありましたら、このブログで追記させて頂きます。 今回は、この辺までとさせていただきます。 最後までご覧くださりありがとうございました。

次の

ベテルギウス

超新星 爆発 ベテルギウス

こんにちはMASAです。 冬と言えば空気が澄んで空がきれいな季節なので、夜空の星がはっきり見えやすいですよね! この記事を見られている方の中にも、小学校の理科の授業で星座を覚えたりした方もいらっしゃるのではないでしょうか? 冬の星座と言うと「オリオン座」をはじめ、「おおいぬ座」「こいぬ座」「ふたご座」が代表的ですが、その「オリオン座」を形成している星の「 ベテルギウス」に異変が生じているそうです。 ここ数カ月のあいだに「ベテルギウス」の光が急激に弱くなったということで、 超新星爆発を起こしたのではないかといわれているそうです。 もし超新星爆発していたら、大変ですよね? また、地球への影響や次に超新星爆発しそうな星も気になりますよね? そこで今回は、「 ベテルギウス(オリオン座)の超新星爆発2020はいつ?影響や次の星は?」と題しまして、ベテルギウス(オリオン座)の超新星爆発2020はいつ起こるのか?影響や次に超新星爆発しそうな星はどれかについて調査してしていきますね。 ベテルギウス(オリオン座)の超新星爆発はいつ? 星の寿命は重さで決まると言われていて、地球から一番近い恒星になる「太陽」は誕生より46億年たっていると言われていますが、「太陽」の約20倍の重さになる「ベテルギウス」の寿命は1000万年で、今現在の年齢は 約900万年と言われているそうです。 人間に例えると、 90歳を超えているという計算になりますよね。 元々「ベテルギウス」は光の強さが安定しない星と言われていたようですが、ここ数カ月は特に光が弱くなり、光が元の強さに戻る兆しがないということが専門家の間では不安視されているようです。 また、「ベテルギウス」と「地球」との距離は約640光年と言われており、今見えている「ベテルギウス」の光は、640年前の光になるそうです。 超新星爆発がここ数年で起こるのか、もしくは100万年後に起こるのか、はたまた、すでに起こっているのか、はっきりとしたことは分かっていないようです。 超新星爆発の影響は? もし「ベテルギウス」が超新星爆発を起こした場合、 昼間でも肉眼で見えるぐらいの強い光を発するそう、半月くらいの明るさになるそうです。 元々「ベテルギウス」は赤い光を発していますが、超新星爆発を起こした場合は青い光を発するそうで、その期間は3ヶ月から4ヶ月と言われています。 3ヶ月から4ヶ月の間強烈な青い光を放ち続けたのち、徐々に暗くなっていき、1年後から4年後には肉眼では見えなくなってしまうそうです。 また、超新星爆発の影響が地球の生命に直接危害を及ぼすということは考えられないそうですが、 放出された紫外線が大気中のオゾン層を破壊する可能性があると言われているそうです。 ベテルギウス(オリオン座)の次に超新星爆発が起こりそうな星は? ベテルギウスの次に超新星爆発が起こりそうな星を調べてみましたが、コレという情報が見当たりませんでした。 ただ、星の最後という共通点で言えば、超新星爆発ではなく「赤色新星」という現象もあるそうです。 この「赤色新星」という現象は、太陽くらいの大きさの2つの惑星が同じ軌道上に押し込められた時に起こる現象で、大きな星が小さな星をちぎって食べてしまう現象だそうで、その時には強烈な光を放つそうです。 最近の例ですと、2008年にさそり座で突如爆発した惑星がこの「赤色新星」という現象にあたるだったそうです。 今のところ、この「赤色新星」が起こる候補も7つ上がっているそうですが、それが何なのかを特定するには至りませんでした。 どれくらいの時期に「赤色新星」が起こるのかについては、今後1000年から1万年と考えられているそうですがどちらにしても待ちきれない時間ですよね! まとめ いかがでしたでしょうか? 「ベテルギウス」の超新星爆発についてはまだ憶測の域を出ていないようです。 地球からの距離が640光年あることから、今のところ影響も特には見られないとの見解が有力のようですね。 超新星爆発については、次に起こりそうなものは特定できませんでしたが、星の最後という共通点を持つ「赤色新星」という現象では、7つほど候補が挙がっているそうですが、それが起こるのも1000年から1万年ほど後に考えられているそうです。 人が持つ時間に対してスケールが大きな話になってしまいますが、とってもロマンがありますよね! 今後も新しい展開がありましたら、このブログで追記させて頂きます。 今回は、この辺までとさせていただきます。 最後までご覧くださりありがとうございました。

次の