ハワイ 島 の 名前。 ハワイ語で男の子に名前をつけるなら?ハワイ語一覧と意味まとめ!

アロハ!ハワイ諸島の8つの島を巡ろう!

ハワイ 島 の 名前

概要 [ ] ココナツ島は「モク・オラ」とも呼ばれ、ハワイ島のヒロにあるから少し離れた、ヒロ湾に浮かぶ小さな島である。 それは小さな公園であり、歩道橋を通して本島に接続されている。 小さな島にかかわらず、大きな芝生の広場、ピクニック・エリア、トイレ設備、いくつかの小さな砂浜がある。 そこのタワーからヒロ湾の海に飛び込むのは、皆さんに人気のレクリエーション活動である。 モク・オラという名前はから「癒しの島」または「生命の島」と訳される。 モクは「島」を意味し、オラは「人生」を意味し、ここは癒しのための古代の聖地であった。 場所は、の外れにある。 伝説によれば、病気や体調不良の人はモク・オラで3回泳ぎ回ると癒されるという。 古代には、モク・オラは(避難場所)であり、そこでは先住民やそのたちが自分自身を「生まれ変わらせる」ことができた。 また、多くのは子供のピコ(臍帯)をここの平らな岩の下に埋めて、ネズミがそれを見つけられないようにした。 ピコは母親や血統とのつながりがあるため、ハワイ人にとって神聖であると見なされていたのである。 参照項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

ホノルル、ワイキキはハワイ島? 「ハワイ」の誤解 「ジャンボ機で免税品」に変化も

ハワイ 島 の 名前

ハワイ諸島のみで構成されるに属する。 ハワイ諸島で最大の島であることから、「」("" )のでも呼ばれる。 は10,432. 5 (のもしくは、のの約半分程度、日本のもしくは、のほどの大きさである)。 概要 [ ] は148,677人()と、の島としてはに次ぐ。 また、同島東岸の・は、によって開発された都市である。 ヒロは、歴史的にによって数度壊滅的被害を受けた経験から、が設置されており、津波に関する研究が行われている。 また、を統一したの出身地も島内にあり、の前にあるのと同様のが、同島東岸の都市ヒロと、同島北端の(カメハメハ大王の出生地)に各1体ずつある。 地質と地理 [ ] 海へと流れるの赤い熔岩から立ち上る蒸気(2008年4月撮影) ハワイはハワイ弧状列島の最南端に位置し、アメリカ合衆国で最南端地点 ()を含む。 さらに南に行くと、最も近い着陸可能な島はである。 北にはがあり、アレヌイハラ海峡を挟んで(東マウイ火山)を見ることができる。 ハワイ島の南東岸から29 kmのところにはと呼ばれる海底火山がある。 ロイヒは太平洋の海面下975 mで活発な噴火を続けている。 ロイヒは継続して火山活動を続け、ついに山頂が海水準を突き破り、その後に海面上でもキラウエアとつながり、ハワイ島にさらなる陸地領域を付加すると考えられている。 このイベントは現在のところ数万年後の未来に起こると予言されている。 ()(グレート・クラックとも呼ばれる)は長さ13 km、幅18 m、深さ18 mの深い裂け目であり、ハワイ島のカウ地区にある。 グレート・クラックはたくさんある一連の裂け目の一つであり、噴火によって形成された割れ目であって、実際には南西割れ目帯の延長である。 しばしばこれらの割れ目は火山噴火の地点となり、ときには割れ目が深く大きく破砕されて島の塊を海に落下させることもある。 グレート・クラックがハワイ島の南麓が島の残りの部分から離れるように動いた結果と考える人もいる。 推測に富む話では、ある日、もしかしたらすぐに、島の大きな塊が崩れ海洋へと落下し、巨大なとを引き起こす。 これは実際にはおよそ1万年ごとに起こり、可能性の範疇の話ではない。 他の人たちはグレート・クラックは島を分離させるではなく、が割れ目帯へ向かって押し進んでいるためにがわずかに離れるように動いた結果として、おそらく数万年前に造られたと考えている。 グレート・クラックは継続して測定されていて道も通っているが、いかなる拡張の兆候も見せてないし、この地点で島がシフトしている様子もない。 さらに、グレート・クラックの壁は相対する部分で完全に形が合っており、これがかつてつながっていた地面が広がったものであることを証明する。 グレート・クラックの近くからはにさかのぼる道、岩壁、および、が見つかっている。 これらの発見物の多くがフェンスの公園側にある。 フェンスの向こう側の約7. 90 km 2の私有地が、特にこの領域にあるさまざまな遺跡との棲息地を保護するために、大統領の時代に購入された。 ところが、グレート・クラックの端近くはフェンスの外側の領域であり、公園の一部ではないにもかかわらず多くの考古学遺跡がある。 、非常に流動的な熔岩流がグレート・クラックの10 kmにわたる部分から流れてきてそれを海まで運んだ。 で太平洋に流れ込む熔岩。 島の面積を広げた。 2005年4月撮影。 4月2日、この地域を7. 25から7. 75と推定されるが襲い、ハワイ島の南東岸を揺らした。 それはパハラから8 km北でマウナ・ロア斜面の地滑りを引き起こし31人の死者を出した。 でさらに46人が命を落とした。 プナルウ、ニノレ、カワア、ホヌアポ、および、ケアウホウ・ランディングなどの村が深刻な損害を被った。 ある人の話によると、津波は「たぶん60 18 m の高さはあった、の木のてっぺんを越えて襲ってきた。 …(中略)… 津波が引くときに場所によっては4分の1 400 m の距離も内陸までが、家、男、女、ほとんど全ての動くものが海に持ってかれた」。 11月29日、ヒリナ地滑りの幅60 kmの区画が海に向かって3 m崩落し、この崩れを8 m広げた。 この移動はマグニチュード7. 2の地震と高さ10 mの津波を引き起こした。 プナルウに土台のある海に面した土地は洗い流された。 ハナペで2人の死者と19人の怪我人が報告された。 ハワイ島の北東岸はおよびの地震が引き起こした津波の損害も被ってきた。 ヒロの市街地は()と()に深刻な損害を受け多くの死者を出した。 ラウパホエホエだけでも16人の学校児童と5人の教師が1946年の津波で失われた。 気候 [ ] は一般に風が東から西へ吹いており、ハワイ島もの(東側)は多雨地帯で、ハワイ州最長のもここにあり、伝統的にが盛んで、同島最大の町がある。 風下(西側)は乾燥地帯で、の中心の町がある。 姉妹都市・提携都市 [ ] 姉妹都市• ( ) 8年 姉妹都市提携(旧羽合町)• ( ) 12年 姉妹都市提携 地域 [ ] ハワイ島の伝統的な地域区分は6地区 district であったが、ヒロ、コナ、コハラ地区 district がノース(北)とサウス(南)に分けて現在は9つの地区からなる。 右地図の 番号 地区 面積 mi 2 人口 2000 伝統的な 地区 地図 1 499. 45 31335 2 サウス・ヒロ 394. 38 47386 3 ノース・ヒロ 370. 65 1720 ヒロ 4 580. 50 6108 5 ノース・コハラ 132. 92 6038 6 サウス・コハラ 351. 72 13131 コハラ 7 ノース・コナ 489. 01 28543 8 サウス・コナ 335. 38 8589 コナ 9 922. 22 5827 ハワイ郡 4028. 02 148677 6のモク• 東部のは、度ので人口40,759人と、ハワイ島で一番大きな都市であり、ノース・ヒロとサウス・ヒロに分かれている。 州の中でも2番目に大きな都市で、ヒロはのでもある。 ヒロにはヒロ校が設置されている。 ハワイ大学ヒロ校は「 Hokualaka'i 」を運行するなど、先住ハワイ人文化の研究と教育の中心である。 があり、によるからの定期便も頻繁に運航されている。 コナは西部に位置し、ノース・コナとサウス・コナに分かれている。 ハワイ島で2番目に大きな都市であるがある。 国際線も発着するがあり、ハワイ島西岸に点在するビッグアイランドの多くのホテルへのゲートウェーである。 東部に位置するは、を有し、熔岩の潮だまりや熔岩樹型などが見られるほか、その恩恵を受けたサウナや温水池が特徴として挙げられる。 南部に位置するには、アメリカ合衆国の最南端でもある(英語名:サウスポイント)がある。 が初めて上陸した地であり、「ハワイのすべての起源」として知られている。 ハワイ島北西に広がる地域で、ノース・コハラとサウス・コハラに分けられる。 地質学的にハワイ島でもっとも古い地域であり、先史時代のやが数多く残されている。 また、の初代国王の生誕地でもあることから、地元住民からは神聖な地とされている。 かつては砂糖産業の中心地として栄えたは、ハワイ島北部に位置する地域である。 交通 [ ] 地図 [ ]• 詳細は「」を参照 島の東部にあると西部にあるを結ぶ道路は2つある:• (を通り南回り) この他に、州道270号線(からまで)、(ヒロから島の中央の・の間を通りまで、以前はサドルロード Saddle Road と呼ばれていた)、サウスポイントロード(11号線からまで)などがある。 本数は少ないが、主要道路、主要地域を走るハワイ郡主催のの「」(Hele-On bus)がある。 は国際空港で借りることができ、米国のがある。 また、もある。 港 [ ] 東海岸にと西海岸に港があり、カワイハエ港の方がより喫水の深い船が接岸できる。 はヒロとに寄り、カイルア・コナの港には桟橋だけがあり大型船は接岸できないため、沖合に停泊して、旅客は()で上陸する。 この他、ヨットや観光用の船を係留する小さな港は、カワイハエ港に隣接する、に隣接するなどいくつかある。 空港 [ ]• エリソン・オニヅカ・ KOA• ITO• ワイメア・コハラ空港 MUE• ウポル空港 観光業 [ ] 西海岸の主なホテル [ ] 北から南へ(、コースト、、、、、)• (、 )• (、同上)• マウナ・ラニ・ベイ・ホテル(同上)• クラシック・リゾート・アット・マウナラニ(同上)• (、)• (同上)• ワイコロア・コロニー・ヴィラズ(同上)• アウトリガー・フェアウェー・ヴィラズ(同上)• アストン・ショアーズ・アット・ワイコロア(同上)• フォーシーズンズ・リゾート・フアラライ( )• ロイヤル・コナ・リゾート(同上)• ( )• アウトリガー・ケアウホウ・ビーチ・リゾート(同上、2016年閉鎖)• マナゴ・ホテル( ) 東海岸の主なホテル [ ] 北から南へ(ヒロ、ボルケーノ地区)• - A by• ヒロ・ハワイアン・ホテル• アンクル・ビリーズ・ヒロ・ベイ・ホテル• ヴォルケーノ・ハウス 観光地 [ ]• (official web site) 河北新報 2014年7月11日• MacDonald, G. and Abbott, A. 1970. Volcanoes in the Sea. Univ. 441 p• State of Hawaii 2004年. 2007年7月23日閲覧。 193• 226• This Week Big Island Magazine• 参考文献 [ ]• 、『ビッグアイランド-ハワイ島』・、2005年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 「」のCM(3代目)に出てきたがある()。 外部リンク [ ]•

次の

ハワイ語の地名を研究する

ハワイ 島 の 名前

私もそう思ったわけですが、実は映画「モアナと伝説の海」の舞台はハワイではないようなんです。 【モアナと伝説の海】「モアナ」の出身地はニュージランド? モアナの出身地については、このような説明があります。 南太平洋で語り継がれる神秘的な伝説をもとに、新たなストーリーを紡ぐ本作の舞台は美しい南の海。 ヒロイン・モアナは数々の伝説が残る島で生まれ育った16歳の美しい少女。 fashion-press. 「モトゥヌイから来たモアナ」 「モトゥヌイ」という地名は、ニュージランドになります。 映画「モアナと伝説の海」の舞台については、南太平洋というヒントしか与えられておりません。 ニュージーランドも南太平洋に位置しますが、モトゥヌイは島ではないので、ニュージーランドのモトゥヌイが舞台というのは少し考えにくいですね。 ですが、何も関係ないのに、同じ名前を付けるというも何か不自然ですので、何かしら関係あるのでしょうか。 ハワイには「モアナ・サーフライダー」というのが有名ですし、「モアナ」と名のつく場所がいくつかあったりしますよね。 )があった。 恐らくの映画「モアナと伝説の海」の「マウイ」はこの神からインスパイアされた名前だと思われます。 ちなみに、 ハワイ諸島のマウイ島の名称は、半神マウイの名前からとったのではなく、ハワイ定住神話でハワイ諸島を発見したといわれるハワイロアの息子一人の名前が「マウイ」であったからと言われています。 ということで、「マウイ」もハワイ出身ではない可能性が高いです。 映画「モアナと伝説の海」の舞台はハワイではないということなのでしょうか。

次の