フトン 巻き の ジロー 沖縄。 布団丸洗いコインランドリー、小山に本州第1号店 沖縄「フトン巻きのジロー」進出|県内主要,経済,地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

沖縄移住で絶対押さえておきたいダニ&湿気対策

フトン 巻き の ジロー 沖縄

もくじ• おもらし布団に困ったらフトン巻きのジローへ 連日の4歳次女のおもらしにほとほと困り果てていまして・・ オムツはもうだいぶ前に外れているはずなのに、 なんだかこのごろ、夜中おもらししちゃう・・涙 2日間目までは 朝に急いで敷布団を干すというやり方で良かったんだけど、 3日目、 もうそれでは太刀打ちできなくなってきた! とにかくプンプンおしっこくさいー!!涙• 濡れタオルで抑えるようにして吸い取ったり• ファブリーズをかけたり• 中性洗剤を含んだタオルでトントンしたり• 薄めた漂白剤でトントンしたり あれこれやりますが、もうだめ。 おしっこくさい涙 このままでは絶対ねれない。 いよいよクリーニングに出すしかないのか。 しかも敷布団のクリーニングって何日かかるんだろー・・ とか色々考えていた時、思い出したんです。 家の近くに、 「フトン巻きのジロー」という、 布団洗い専門の コインランドリーが あったということを・・! フトン巻きのジロー最高! 結論から言いますと、 もう感動です! おねしょ布団に悩んでいる? 布団の衛生問題に悩んでいる? それならソッコー、 布団巻きのジローに行きましょう!w• でもいまいちよくわからないなー(乾燥とかどうするの?)とか思いながら行ってきたら、 なんと洗濯・乾燥込みで、 この金額でした! 私の場合はセミダブルなので、 Lサイズの1900円。 安すぎて驚き! フトン巻きのジローで敷き布団丸洗いのやり方 店内のテーブルに広げてます これは・・・ キルティング加工あり、ですね! そのままクリーニングするタイプです。 これ・・・敷布団入る? と思ったんですが、普通に入りました。 これが、お札が入りませんorz プリペイドカードも変えるようなんですが、 今回は初めてだったので現金で支払いたい! ということで、店内に設置されている両替機で2千円を両替して入れました。 洗濯が始まったー! フトン巻きのジローで丸洗いにかかる時間 このまま60分待ちます。 早すぎやしないですかっ!!! 布団が湿ってたら追加乾燥 60分後。 フトンが出来上がりましたー!!! ・・・と行っても、なんか内側がまだ湿ってると感じたので、追加乾燥。 (店内の説明にも、まだ湿りがあるようなら追加乾燥してくださいとありました) このままの機械でもできますが(100円で4分)、 乾燥機に移した方が安いので(100円で9分) 乾燥機に200円入れて、追加で18分乾燥させました。 安っ! スポンサーリンク フトン巻きのジローで布団がふかふか! 出来上がりに感動ー!!! おしっこのにおいはもちろんない上に! 白い! ふかふかっ! まるで新品です。 これは本当、夫も感動。 諦めていたシミたちが、真っ白! 使った金額は2100円。 使った時間は約1時間半。 これでおもらし布団の悩みが吹っ飛びました! さいごに 布団巻きのジロー、これからすごくお世話になりそうな予感。 「おうちの近くにある!」 という方。 控えめに言って、超ラッキーですね!! 敷布団が汚くなってると感じたら、 フトン巻きのジローが気になったら。

次の

フトン巻きのジロー 潮平3号店, 沖縄県, Itoman

フトン 巻き の ジロー 沖縄

ランドリージロー(沖縄県南風原町、森下洋次郎社長)は、敷布団の洗濯の医学的効果を検証する新事業に取り組む。 再生医療関連のグランセル(同西原町)と提携し「Dr.ジロー」として進める。 ランドリージローは敷布団をコインランドリーで水洗いする事業を展開しており、研究成果は敷布団を洗う文化や習慣の発信と事業拡大につなげる。 同社は「フトン巻きのジロー」ブランドなどで沖縄県内に10店舗を展開している。 布団を自社開発のバンドで巻いて結束し、従来は難しかったタイプの布団の丸洗いを可能にした。 検証では水洗いによる清潔感や布団の柔らかさの取り戻しなど体感的効果を分析する。 安眠や快適さ、疾患の回復など健康面の効果も期待する。 グランセルは琉球大学発ベンチャーで医師や医学研究者が経営に参画している。 医学的な知見を基に共同研究する。 日刊工業新聞2018年6月18日.

次の

フトン巻きのジローの口コミは?料金や店舗をまとめてみた!

フトン 巻き の ジロー 沖縄

特にこの沖縄で実感としてあるかもしれませんが、沖縄県は本土に比べて湿度が高く、 寝具も不潔になりがち。 それゆえ、喘息持ちのお子様が多いとも言われています。 もしかすると、最近よく掃除機のCMなどでも見ますが、ダニなどが生活しやすい環境なのかもしれません。 それをどうすればいいのか?を考える、つまり布団を清潔にどう保つか?と考えると、 掃除機という方法もありますし、また伝統的に皆さんがやる「布団を干す」という方法もあると思われます。 が、感覚的にどうでしょう?干してはたくより、洗ったほうが清潔ではないでしょうか? 洋服がそうであれば、布団も同じと思われ、私たちはその医学的な根拠データなどもこれから調査していきたいと考えています。 実際、健康にトラブルにがあると、昼間起きているとき悩みます。 意識があるからです。 でも、無意識の間は何もしなくていいわけではありません。 健康を保つための予防や治療は、もしかしたら寝ている間にできるかもしれません。 人は人生の3分の1を眠りに費やすわけで、最も長い時間を割く行為、その質を高めるということは自然に、 健康的な生活への一歩であるといえます。 「眠りをコンディショニングする」ためにも、 最も大事な寝具を清潔に保つ、布団を丸洗いすることは重要です。 しかも今、それはお金が強くかかるものでもなく、自分でできることになったのです。 ぜひ、みなさんに丸洗いしたふとんで寝ていただき、睡眠の質が上がった!という感覚をつかんでいただきたいです。

次の