低カロリー 調味料。 ダイエット中に避けたい調味料まとめ!どんな調味料を選べばOK?

【2020年最新版】糖質制限に使える調味料一覧、代用品まとめ

低カロリー 調味料

調味料にはどれくらいのカロリーがありますか? 調味料のカロリーというのは意外に高いものです。 たとえば目玉焼きに醤油をかけるかソースをかけるかだけでも、10kcal程度の開きがあります(醤油14kcal:ソース24kcal 大さじ1杯の場合)。 ここでは、普段なかなか意識しないで使ってしまいがちな調味料のカロリーについて見てみましょう。 高カロリーなもの 高カロリーな調味料から見てみましょう。 まずは誰もが思いつくであろう マヨネーズです。 「食べ過ぎたら太りそう・・・」というイメージ通り、たった スプーン1杯程度で100kcalもあります。 最近はハーフシリーズのものや糖質0のものなどもありますので、できればこうしたものを選んでおいた方が良いかも知れません。 次は、少し意外かもしれませんが みりんです。 和食はヘルシーというイメージをお持ちの方が多いかも知れませんが、みりんは和風調味料の中でもなかなか高カロリーです。 大さじ1杯でなんと43kcalにもなります。 実はこれ、 砂糖よりも高いエネルギー量となります(砂糖は同量で35kcal)。 糖分の他、アルコール成分が高いことが理由のようです。 最後に、基本的には食品かもしれませんが、調味料としても使われることの多い チーズです。 ポイントは種類によってカロリーがずいぶん違うところです。 たとえばチェダーチーズは100gで420kcalもあります。 しかし、これがカッテージチーズになると同量で105kcalです。 ちなみに、これは醤油でも同じようなことが言えます。 たとえば高濃度なイメージのたまり醤油は、みた目通り100gで110. 9kcalです。 しかしこれが薄口醤油となると同量であっても約半分の54kcalとなります。 このように、同じ調味料であっても、その種類によってエネルギー量には大きな違いがあることを覚えておきましょう。 ヘルシーなもの 次に低カロリーな調味料について見てみましょう。 まずはエネルギー量という観点でみた際には非常にヘルシーなのが 塩です。 その数値はなんと0kcal。 つまり、カロリーゼロということです。 しかし当然のことながら塩分の取りすぎは健康を害しますので、十分注意してください。 次は ポン酢を見てみましょう。 こちらは大さじ1杯で11kcalと低めのカロリーです。 和風ドレッシングなどと比べた場合、こちらは同量で59kcalですのでかなりの差があります。 ただし、ノンオイルのおろしドレッシングには同量で13kcalというものもあります。 使う量にもよりますが、ポン酢やノンオイルのドレッシングが比較的ヘルシーな調味料と言えるでしょう。 ちなみに、カロリーにばかり注目していると失敗してしまうこともあります。 たとえば醤油は、大さじ1杯のカロリーはたったの10kcal。 ですが、塩分はなんと2. 5gも入っているのです。 このように、カロリーだけを見て「ヘルシーだから」と使いすぎるのには注意が必要です。 エネルギー分を細かく計算するのも良いですが、 大切なのは全体的な栄養バランスとも言えます。 そして味付けを濃くしすぎないように注意すれば、体に良い食事を作ることができるでしょう。

次の

「酢麹」は、甘酢よりも低カロリーで酸味さわやか!発酵調味料・酢麹レシピの作り方

低カロリー 調味料

通常のポン酢より糖質70%カットのため、これからの鍋シーズンには欠かせない調味料と言えるでしょう。 確かにこれ単体で使用すると濃く感じ、他の調味料と合わせてバランスが取れる濃度です。 ただ過去に試させていただいた複数の低糖質ポン酢の中では、最も使いやすいロカボポン酢だと感じます。 また AMAZONでの評価も非常に高く、万人にお勧めできる調味料ではないでしょうか。 サイト利用規約 当サイトは リンクフリーですので、ご自由にリンクを張っていただければ幸いです。 レシピご紹介も大歓迎です。 (ご紹介時は全工程の転写は禁止させて頂き、レシピリンクを頂きますよう宜しくお願い致します。 )又レシピの著作権は当サイトに帰属し、いかなる場合にも著作権の放棄は致しません。 当サイトに掲載されているコンテンツをご利用になり、いかなる問題が生じた場合にも、当サイトは一切の責任を負いません。 独自レシピと誤認される転載も禁止させていただきますので、何卒ご容赦ください。 またリンク付き(工程転載・記載は禁止とさせていただきます)であれば、まとめサイトへの掲載も問題ありません。 尚、当サイトに登場するキャラクター及びその職威は架空の物です。 実在するものではありません。

次の

【2020年最新版】糖質制限に使える調味料一覧、代用品まとめ

低カロリー 調味料

発酵調味料「酢麹」をご存知ですか? 酢と麹の2つの発酵食品が組み合わさった「酢麹」の健康作用やレシピ、ヨーグルトメーカーでの作り方や注意点、保存法や賞味期限をご紹介します。 「酢麹」は、甘酢よりも低カロリーで酸味さわやか!発酵調味料・酢麹レシピの作り方 酢麹とは? 酢と麹を使って発酵させ、ほのかな甘味を引き出した、「砂糖ナシの甘酢」のような味の発酵調味料です。 通常の甘酢よりも優しい甘みで、さわやかな酸味と麹の旨みが際立ちます。 とっても簡単に作ることができて、甘酢と同じように使えるので、酢の物やドレッシング、タレやソースに活用できます。 酢麹の健康作用 酢も麹もそれぞれ健康にいい発酵食品ですが、それを合わせて作る「酢麹」は、酢と麹の有効成分が一度に取れる優れものです。 また、砂糖を使わないで甘酢風味になるので、カロリーも抑えられます。 酢の健康効果には、疲労回復や腸内環境の改善、高血圧の予防や血中脂質の減少、カルシウム吸収のサポートなどが挙げられます。 しかし、体に良いからといって酢を大量に摂取すると、食道や胃壁が荒れてしまったり、歯が弱くなってしまうというデメリットも。 しかし、麹と併せて「酢麹」にすることで、これらのデメリットを軽減することができます。 「酢麹」は、体に優しい発酵調味料とも言えるでしょう。 作り方 酢麹の作り方 1. 麹はよくほぐしておきます。 煮沸消毒したガラス瓶などの容器に、1と米酢を入れてよく混ぜて、常温で保存します。 1日1回かき混ぜて空気に触れさせ、1週間程度で出来上がります。 ヨーグルトメーカーで作る場合 1. ・全体にグレーがかってきて、臭いがおかしいと感じたり、表面にカビが生えてきたら、新たに作り直してください。 酢麹の保存法と賞味期限 冷蔵庫で保存じ、1か月位で使い切ってください。

次の