将皇入門編。 【将皇~入門編~】将棋の基本を全て学べる無料アプリの紹介!!

将棋アプリ 将皇(入門編)のアプリ詳細とユーザー評価・レビュー

将皇入門編

将皇のレビュー 将皇という将棋のアプリの評価・レビュー及びどの程度の棋力なのかを書いてきます。 入門編もあったので両方とも取ることに。 当ページでは両アプリのレビューをしていきます。 アプリを開くとタイトル画面は以下のような感じです。 対局開始• 実践詰将棋• 勝ち切れ将棋 以上の3モードが選べるようです。 まずは対局の棋力レベルを測ってみましょう。 将皇の棋力はどのぐらい? コンピューターの強さが選べます。 覚えたて• レベル0• レベル1• レベル2• レベル3• レベル4• レベル5 以上の7段階選ぶ事ができます。 まずはレベル1の棋力を判定してみたいと思います。 将皇レベル1の棋力は? サクッサクッと軽快な駒の音がします。 レベル1とのことですが結構強いです。 初段の私でもやや苦戦する程度の棋力です。 何回かやって勝って負けてのシーソーゲーム。 これはかなり強い将棋ソフトを搭載しているな、と思います。 とは言えちゃんと考えれば勝てるので初段は無く、あってもせいぜい2級ぐらいに感じます。 まだ初段に達していない方は覚えたてもしくはレベル0で楽しむ方が良さそうです。 お次はレベル2です。 将皇レベル2の棋力は? おっと、これは強い。 ざっと見積もって1級程度の棋力はあるのではないでしょうか? 初段の私にとってはまず、考えないと勝てないです。 CPUだからと言って考えもせずにサクサクと指していたら普通に負けます。 アマ初段程度の棋力をお持ちの方なら勝率5割以上は保持しておきたいですね。 お次は最強のレベル3で対局してみましょう。 将皇レベル3の棋力は? あー、レベル3もお強い。 これは人間のアマ初段以上はあるのではないでしょうか? これに勝てたら有段者レベルは確実だと思います。 お次はレベル4 将棋皇レベル4の棋力は? これはかなり強い!! 何回かやって負けの方が多いです。 でもサクサクやっていってマグレで勝てた対局が一回だけあった。 すごく強いとは言い難いけどかなり強い事だけは確か。 よって、アマ二段以上はあるのではないでしょうか? 最後にレベル5 将皇レベル5の棋力は? あー、もうダメですね。 完全に歯が立ちません。 飛車落ちで何とか勝てる程度ですが角落ちだと結構考えないと歯が立たない。 つまり、アマ4段以上はありますね。 将皇の機能など 機能面に関してもまあまあ良い感じです。 ちゃんと待った機能もありますし棋譜再生モードもある。 面白いのはCOMの指し手指示機能があるところです。 これは対局中にCOMの手をこちらが指定できることです。 この機能があれば対局中に検討したい局面があったときに検討できるのでとても良い機能だと思います。 対局以外のモードでは実践詰将棋と勝ち切れ将棋があります。 実践詰将棋は実践で良く出る局面から相手玉を詰ませる詰将棋になります。 勝ち切れ将棋とは? 指定された局面から対局が開始されます。 ここから自分なりの手順で勝利できるように指していきます。 将皇入門編のレビュー アプリを開くと以下のような画面が現れます。 将棋の基本を学ぶボタンをクリックすると 指し方、攻め方、守り方、駒組みなど将棋のルールをくまなく学ぶことができるようです。 また、実践練習、手筋、詰将棋、初心者にも解りやすい1手詰めなどもあり、将棋をこれから覚えようと思っている方にはとても親切なアプリですね。 しかも無料なのでこれさえあれば将棋のルール本などを買う必要がありません。 コンピューター CPU 対戦もできるので将棋のルールを覚えて慣れてきたら対戦していくと良いでしょう。 将皇入門編の棋力はどのぐらい? 対局時のインターフェイスは将皇と全く同じです。 そこまで強く無いです。 初段の私がサクサクっと思考いらずで指して行って簡単に勝てるレベルでした。 ただし、手を間違えると痛いところ突かれて負けてしまいます。 レベル的には人間のアマ10〜5級程度でしょう。 なのでしっかりと基本ルールを覚えれば勝つことが可能です。

次の

将棋アプリ 将皇(入門編)のアプリ詳細とユーザー評価・レビュー

将皇入門編

「将皇入門編」は初心者向けの将棋アプリです。 人気将棋アプリ「将皇」の「入門編」となっていますのでスマホで将棋を始めたい方にぴったり! ゲームとして将棋を指すことはもちろん、基礎ルールの説明や実践練習、問題集で学べる将棋入門アプリです。 【将皇入門編】 将棋ブームとなっている昨今、興味はあるけどやったことがないという方におすすめの将棋アプリですよ。 いくつかのメニューが表示されるので好みの項目をタップしましょう。 まず将棋はどんなゲームなのかを知りたい初心者の方向けのメニューです。 対戦しながら将棋の動きやアプリの基本操作を学ぶのに最適なメニューです。 ワンポイント:将棋の駒の動かし方 まず動かしたい駒をタップします。 その駒が動かせるエリアが表示されるので動かしたい場所をタップして駒を移動します。 「平手」は初心者の方だとなかなかの強敵ですが隙を作らないよう気を付けて指していけば問題ありません。 「問題集」メニューでは基本となる手筋や詰将棋が問題集形式で楽しく学べるようになっています。 スマホの画面ではやや小さいですが、将棋盤や駒を用意していなくても将棋を楽しむことができます。 色合いだけでも変更するとガラッと雰囲気が変わるのであると嬉しい設定ですよね。 【将皇入門編 アプリレビュー】 筆者は将棋アプリ「将皇」で遊ぶことがあるのですが、今回の記事では初心者向けの「将皇入門編」を紹介させてもらいました。 かなり初歩的な将棋の説明も入っているので今まで将棋をやったことがないという人でも安心して遊べるゲームになっています。 「将棋の基礎を学ぶ」から「問題集」へ移ってじっくり将棋を学ぶのもよいですし、「実践練習」に挑戦しつつ「問題集」で楽しく勉強するのもよいと思います。 このアプリで遊びながら書籍などで勉強すれば将棋の上達も早いのではないでしょうか。 実践練習の平手ではCP戦が楽しめますがこちらのミスを突いてくるので初心者の方にはやっかいかもしれません。 本家「将皇」の一番弱いモードより強いかも? しかし単純なミスをしなくなるとCPに勝てるようになっていきます。 また攻めもなかなか良い手を指してくるので「やられた!」と悔しがるだけでなく相手の手を自分のものにする気持ちで取り組めばどんどん将棋が強くなっていくんじゃないかと思います。 Android アプリ『将皇入門編』をGoogle Play からインストールする スポンサーリンク 関連記事•

次の

‎「将棋アプリ 将皇(入門編)」をApp Storeで

将皇入門編

将棋初心者のレビューを参考に、自分のレベルに合いそうなアプリからはじめてみてくださいね。 1.ていねいなルール説明でイチから学べる『将皇(入門編)』 基本ルールや、攻め方、守り方をくわしく説明してくれるので、「将棋のルールはまったくわからない」という初心者におすすめ。 入門編の実戦練習で勝てるようになってきたら、通常版のアプリ『』で腕試しをしてみるのもアリです。 『将皇(入門編)』/ 初心者が使ってみた! 『将皇(入門編)』レビュー 「初心者向け」と書いてある将棋アプリでも、ルールを知っている前提で進むことも多いです。 しかし『将皇(入門編)』は 駒の動かし方から学べるので、入門者にはぴったり。 問題集や対局でも 駒を動かせる場所が赤い丸で表示されるので、駒の動きを完璧に覚えていなくてもチャレンジできました。 問題集の「基本の手筋」や実戦練習の「ずっとあなたの手番」モードで、駒の動きを覚えながら練習できます。 2.初心者でもできるシンプルな問題集『みんなの詰将棋』 「詰将棋」は、相手を詰ませる(どう対応しても勝てなくなる)ための駒の使い方を考える、将棋のルールに基づいたパズルです。 『みんなの詰将棋』には、初心者向けの「一手詰」から上級者向けの「十一手詰」の問題まで全600問が収録されていて、基本の手筋を覚えられる入門者向けの一手詰問題も120問あります。 『みんなの詰将棋』/ 初心者が使ってみた! 『みんなの詰将棋』レビュー 機能や画面がシンプルで使いやすいです。 「入門一手詰」はだんだんとレベルが上がっていくので、ひとつずつクリアするにつれ、上達している感じがします。 また、なんとなく打った手が正解だったときも、 解説を表示することで「なぜ?」という疑問を解消できます。 通常の対局と違い、一手詰などの詰将棋は 短時間でも挑戦できるので、通勤や通学、ちょっとした空き時間などに遊べます。 3.可愛いひよこを相手に対局デビュー『ぴよ将棋』 レベルや駒落ちの選択肢が多く、初心者から上級者まで幅広いレベルの人が楽しめる対局アプリです。 対局中に「ヒント」を表示すると、その局面で打つべき手をAIが教えてくれるので、「まだひとりで対局するのは心細い」という人でも大丈夫! 『ぴよ将棋』App Store/Google Play 初心者が使ってみた! 『ぴよ将棋』レビュー 可愛いひよこが対戦相手なので、初心者にとっては他の将棋アプリよりも取っ付きやすかったです。 対局中に「間違えたな」と思ったら 「待った」でやり直しができたり、対局後の「検討」により、 どこから優勢・劣勢になったのか振り返ったりできます。 このように、グラフと棋譜でくわしく解説してくれます。 まだ全体の形勢判断をする余裕のない初心者にとって、 どの手が良くなかったのか、どこがチャンスだったのかを教えてもらえるのはありがたいです。 4.380万人が使う日本将棋連盟公認の対局アプリ『将棋ウォーズ』 将棋好きの多くが使う、人気の対局アプリです。 プロ級のユーザーも利用しているそうですよ。 1日3局までは無料で対局できます。 他のユーザーと対局して、自分の腕を試しましょう。 『将棋ウォーズ』/ 初心者が使ってみた! 『将棋ウォーズ』レビュー 『練習対局』では、対戦相手であるAIのレベルを「簡単・普通・難しい」の3段階から選べます。 練習で『将棋ウォーズ』の対局に慣れてきたら、「対局開始」で他のユーザーと対戦してみましょう。 対局モードは、「10分切れ負け・3分切れ負け・10秒将棋」の3つから選べます。 持ち時間に制限があるので、 短時間でサクッと遊べるのが特徴。 将棋初心者である筆者は、『将棋ウォーズ』で勝つことはまだ難しいですが...... 、「誰かと対戦している」というヒリヒリとした臨場感が楽しいです。 5.おまけ:簡単だけど奥が深い! 将棋の基礎を学べる『どうぶつしょうぎウォーズ』 「将棋初心者や子どもでも楽しめるように」と考案されたのが、どうぶつしょうぎ。 将棋のルールに基づきながらも、駒の数を減らすなど簡素化してあり、イラストも可愛く親しみやすいゲームです。 無料で1日6局まで楽しめます。 ルールを知りたい人は『』のアプリからはじめるのがおすすめ。 『どうぶつしょうぎウォーズ』/ 初心者が使ってみた! 『どうぶつしょうぎレビュー』レビュー 将棋よりも駒が少なく、盤のマス目が少ないので、 初心者でもすぐに理解し、楽しめるようになります。 「子ども向けだから簡単でしょ?」と思っていた筆者ですが、その予想は裏切られ、かなり奥深いです。 シンプルだからこそ「一手間違えると負けてしまう」という緊張感があります。 対局において、それぞれ持ち時間が2分しかないので、 長くとも4分以内に決着がつきます。 かかる時間が短いので、気軽にチャレンジできるのが嬉しいです。 まとめ 「将棋やってみたいな」と思っていても、周りに教えてくれる人がいないと、なかなかはじめにくいですよね。 でも無料アプリなら、スマホで気軽にチャレンジできます。 これらのアプリを使って、今年こそ将棋をはじめてみてはいかがでしょうか?.

次の