ブール 関数。 ブール代数の問題の計算過程を教えてください。

論理関数

ブール 関数

ブール関数は、TRUEまたはFALSE それぞれ1または0 を戻します。 ブール関数は通常、IFコマンドと組み合せて使用し、条件付きテストを提供します。 ただし、これらは数値を生成するため、ブール関数をメンバー式の一部として使用することもできます。 ブール関数は、現在のメンバー組合せの特性に基づいて適用する式を決定できるため、便利です。 たとえば、入力データを含むディメンションのメンバーに計算を制限できます。 この場合、 ISLEV dimName, 0 に基づいたIFテストで計算します。 次のクイック参照表では、「現在のメンバー」は、関数によって現在計算されているメンバーを意味します。 memberなどのイタリック体の語は、関数に指定する情報を示します。 詳細は、個々の機能のトピックを参照してください。 表2-5ブール関数 関数 テストされた条件 現在のメンバーに特定の 「アカウント・タグ」があるかどうか。 現在のメンバーが memberの祖先かどうか。 現在のメンバーが memberの子であるかどうか。 現在のメンバーが memberの子孫であるかどうか。 dimensionの現在のメンバーが generationにあるかどうか。 現在のメンバーが同じメンバーか、 memberの祖先か。 現在のメンバーが同じメンバーであるか、 memberの子であるか。 現在のメンバーが同じメンバーであるか、 memberの子孫であるか。 現在のメンバーが同じメンバーであるか、 memberの親であるか。 現在のメンバーが同じメンバーであるか、 memberの兄弟であるか。 dimensionの現在のメンバーが levelにあるかどうか。 現在のメンバーが memberであるか、 「メンバー・リスト」で見つかったか、別の関数から返された rangeにあります。 指定された memberに、指定されたユーザー定義属性文字列が存在するかどうか。 現在のメンバーが memberの親であるかどうか。 指定された範囲のデータ値が存在するかどうか。 現在のメンバーが memberと同じ世代内にあるかどうか。 現在のメンバーが memberと同じレベルにあるかどうか。 現在のメンバーが memberの兄弟であるかどうか。 dimensionの現在のメンバーに特定のユーザー定義属性文字列があるかどうか。

次の

ブール関数とは

ブール 関数

この記事では、論理関数と Tableau での用途について紹介します。 また、例を使用して論理計算を作成する方法を示します。 論理計算を使用する理由 論理計算を使用して、特定の条件が true か false かを判断できます ブール論理。 たとえば、商品を販売する国ごとの売上が特定のしきい値を上回っているか下回っているかをすばやく確認したいとします。 論理計算は次のようになります。 ELSE END 論理テストを実行し、適切な値を返します。 CASE 関数は expressionを評価し、 value1、 value2 などの連続した値と比較して、その結果を返します。 expression と一致する値が見つかった場合、CASE は対応する戻り値を返します。 一致が見つからない場合は、既定の return 式が使用されます。 既定の return がなく、一致した値がない場合は、Null が返されます。 通常、CASE は IIF または IF THEN ELSE より簡単に使用できます。 一般的に、IF関数は連続した任意のテストを実行するために使用し、CASE 関数は式に対する一致を検索するために使用します。 しかし、CASE 関数は常に IF 関数として再記述できますが、一般的に CASE 関数の方が簡潔です。 通常は、グループを使用して、複雑な CASE 関数と同じ結果を得ることができます。 例: CASE [Region] WHEN 'West' THEN 1 WHEN 'East' THEN 2 ELSE 3 END CASE LEFT DATENAME 'weekday',[Order Date] ,3 WHEN 'Sun' THEN 0 WHEN 'Mon' THEN 1 WHEN 'Tue' THEN 2 WHEN 'Wed' THEN 3 WHEN 'Thu' THEN 4 WHEN 'Fri' THEN 5 WHEN 'Sat' THEN 6 END ELSE IF THEN ELSE END 最初の true に対して 値を返す、一連の式をテストします。 ] [ELSE ] END 最初の true に対して 値を返す、一連の式をテストします。 ] [ELSE ] END 最初の true に対して 値を返す、一連の式をテストします。 式の末尾に配置する必要があります。 ] [ELSE ] END 最初の true に対して 値を返す、一連の式をテストします。 例: IFNULL [Profit], 0 IIF IIF test, then, else, [unknown] 条件を満たしているかどうかを確認し、TRUE の場合と FALSE の場合で異なる値を返します。 不明な場合は任意の 3 番目の値もしくは NULL を返します。 例: ISNULL [Profit] MAX MAX expression または Max expr1, expr2 すべてのレコードで単一式の最大値を返すか、各レコードに対して 2 つの式の最大値を返します。 例: MAX [Sales] MIN MIN expression または MIN expr1, expr2 すべてのレコードで単一式の最小値を返すか、各レコードに対して 2 つの式の最小値を返します。 例: MIN [Profit] NOT IF NOT THEN END 1 つの式で論理否定を実行します。 ] [ELSE ] END 最初の true に対して 値を返す、一連の式をテストします。 [ELSE ] END と一致する最初の を検索し、対応する を返します。 例: CASE [RomanNumberal] WHEN 'I' THEN 1 WHEN 'II' THEN 2 ELSE 3 END ZN ZN expression NULL でない場合は を返し、それ以外は 0 を返します。 例: ZN [Profit] 論理計算の作成 次の手順に従って、論理計算の作成方法を学習してください。 Tableau Desktop で、Tableau に付属の "Sample - Superstore サンプル - スーパーストア " 保存済みデータ ソースに接続します。 ワークシートに移動します。 [データ] ペインから、 "State 州 " を [行] シェルフまでドラッグします。 [データ] ペインから、 "Category カテゴリー " を [行] シェルフにドラッグして、"State 州 " の右に配置します。 [データ] ペインから、 "Sales 売上高 " を [列] シェルフまでドラッグします。 開いた計算エディターで、次の操作を実行します。 計算フィールドに "KPI" と名前を付けます。 次の式を入力します。 1 人以上いる場合は true、いない場合は false が返されます。 終了したら、 [OK] をクリックします。 新しい計算フィールドが [データ] ペインの [メジャー] の下に表示されます。 他のフィールドと同様に、このフィールドを 1 つ以上のビジュアライゼーションで使用できます。 [データ] ペインから "KPI" を [マーク カード] の [色] にドラッグします。 これで、州ごとにどのカテゴリーの売上が落ちているかを確認できるようになりました。 関連項目.

次の

2 論理関数と真理値表

ブール 関数

共通部分 A AND B(紫の部分)、和集合 A OR B(色が付いている部分全体)、A XOR B(紫以外の色が付いている部分)。 四角い外枠は「普遍集合; universe」 Xを集合としたとき:• 元(element; 要素)とは、集合のメンバーを意味する。 普遍集合(universe; 全集合)とは、集合 X であり、1 で表される場合がある。 ここで universe(通常の意味は宇宙)という言葉が使われるのは「全ての元を考慮している」ことを意味しており、必ずしも「全ての元が存在する」必要があるわけではない。 単項演算子(unary operator)は1つの集合に適用される。 単項演算子としては論理 否定( )のみがある。 をとる働きがある。 二項演算子(binary operator)は2つの集合に適用される。 基本的な演算子には論理 和( )と論理 積( )がある。 これらはとをとる。 これらから導出される二項演算子として XOR(排他的OR)などもある。 例 [ ] 集合 A には普遍集合の中の全ての偶数(2の倍数)が含まれ、集合 B には同じ普遍集合の中の全ての 3 の倍数が含まれるとする。 そのとき、これらの集合の 共通部分(A AND B の集合の全ての元)は、その普遍集合の中の全ての6の倍数が含まれる。 集合 A の補集合(NOT A に含まれる全ての元)は、その普遍集合の全ての奇数となる。 演算の連鎖 [ ] たかだか2つの集合に対してブール演算を行い、その演算によって形成された新たな集合と別の集合に対して新たなブール演算を適用することができる。 上の例で言えば、普遍集合の全ての 5 の倍数を含む集合 C を新たに定義する。 ここで「集合 A AND B AND C」は、その普遍集合の全ての30の倍数を含む。 記述を単純化するため、集合 A と B の共通部分を AB と記したり、6の倍数の集合を導入したりする。 そうすると「集合 AB AND C」は、同様に全ての30の倍数を含む。 このようなステップをさらに進めていくこともでき、この演算の結果として集合 ABC を定義することもできる。 括弧の使用 [ ] 任意個の論理積 AND の連鎖には曖昧さは全くないが、AND と OR と NOT が組み合わされると曖昧な場合が出てくる。 そのような場合に演算の順序を明確化するために括弧を使うこともある。 通常、最も内側の括弧内の演算が最初に実行され、順次外側に移っていく。 ブール代数とブール論理では以下のような法則が成り立つ。 複数の入力や他のブール演算を使った、もっと複雑な真理値表も作成できる。 記号 [ ] ブール論理の表記に使われる記号は、目的や学術分野、あるいは文化圏などによってさまざまである。 まず、英単語にもとづく AND、OR、NOT といった一群がある。 NOT は式の上に線を引いて表すこともある。 これらの記号はでの演算子として使われていることが多い。 NOT は! ()で表されることが多く、! 自然言語でのブール論理 [ ] (ブール論理に限った話ではないが)論理式をそのまま自然言語にすると、しばしば、同じ言葉の日常での意味と異なっていたり、曖昧だったりすることがあるため注意が必要である。 日本語の場合の例をいくつか挙げる。 自然言語の「朝食にはパンか御飯を食べることができる」の「パンか御飯」は、そのまま解釈すればORだが、普通はすなわち「パンか御飯のどちらかを選ぶことができる」の意味であることが多い。 曖昧な例としては「全ての輝くものが金ではない」という文は「輝くものは全て金ではない」(全否定)とも「輝くものには金でないものもある」(部分否定)とも解釈できる。 「」を参照 CG業界用語でその名も「」と呼ばれているものであるが、立体などの図形を集合としてとらえる数学的な手法をそのまま工学的に応用したもので、かつそのまま具体化される点で、直観的にわかりやすい応用のひとつである。 ディジタル回路設計 [ ] ブール論理はの設計にも使われる。 その場合、0 と 1 はでのの異なる2つの状態を表し、の高低に対応させることが、現代では多い(必ずしもそうしなければならないわけではない)。 回路は変数を含む式で表され、変数が回路の入力、式を評価した結果が回路の出力に相当する。 入力と出力の対応が完全に与えられれば、それをブール論理の式で表現することができる。 、ORゲート、NOTゲートのような基本だけを使うこともできるが、、ゲート、ゲートなども組み合わせてディジタル回路を構成することができる(なお、のごく初歩的な知識があれば、ANDやORよりNANDやNORのほうが基本的である、というのは常識だが)。 組み合わせ方は、に従ってに結合する(翻訳元にそうあったものと思われるが、何を言っているのかわからない。 回路は接続されている通りに動作するのであって、優先順位などというものは記法上の便宜的なものに過ぎない)。 データベース [ ] 等によるデータベースの操作は、各データベースを集合、クエリ結果などを部分集合、データベースに含まれる個々のデータを集合の要素とみなすと、ある種、集合の操作のようなものとみなすことができる。 特には、データベースの操作が集合代数にもとづき整理・定義されているデータベースである( )。 以下では、関係データベースの代表的なクエリ言語であるSQLの具体例を示す。 文の例を示す。 複数の表をブール演算で組み合わせることを 結合と呼ぶ。 検索エンジン [ ] に代表される、検索を行なうネットサービスでも、ブール演算にもとづく検索式が使えるものがある。 例として、検索のものを示す。 論理積には記号を使用しない。 従って、キーワードを2つ並べた場合、論理積と解釈される。 "キーワード1" "キーワード2"• 論理和には "OR" を使用する。 "キーワード1" OR "キーワード2"• マイナス記号で論理否定を表す(実際にはAND NOT)。 "キーワード1" -"キーワード2" カッコは使えない。 (面白いことに、では "OR" を使うと排他的論理和 XOR の操作が行われる) 関連項目 [ ]• (記号論理学)• 外部リンク [ ]• , by , Cambridge and Dublin Mathematical Journal Vol. III 1848 , pp. 183-98. for Windows , 論理式の取りうる値を全て計算するソフトウェア•

次の