いちご 飴 レンジ。 パリパリの「いちご飴」の作り方!絶対失敗しないレシピ3選

いちご飴は電子レンジで作れる!百均のものだけで簡単に作る方法

いちご 飴 レンジ

いちご飴が固まらない時の原因をご紹介 自宅でいちご飴を作ることはできるものの、うまくいかない場合があるんです。 失敗例として一番多いのが、 飴が固まらないということです。 でもその原因さえ事前に対処しておけば、失敗せずに誰でも作ることができるので安心してくださいね。 いちごの水分を拭き取ってない・いちご飴が固まらない時の原因 いちごに飴を絡ませるとき飴がいちごの水分を含んでしまうと、いつまでたっても水飴状態で固まりません。 それを対処するために、まずは必ずいちごの水分を拭き取りましょう。 キッチンペーパーにいちごを乗せて優しく包み、キュッキュッと押さえるだけです。 くれぐれも潰さないように注意してくださいね。 水分が多すぎる・いちご飴が固まらない時の原因 いちご飴をつくるときの水飴は 砂糖と 水から作られています。 いちごの水分はしっかり取っても、飴を作る時点で水の割合が多いと飴は固まりません。 砂糖4に対し、水1この割合は守ってくださいね。 つまり、砂糖400gの場合、水100ccです。 水100ccを超えると失敗してしまう可能性が高くなるので、 私が作るときはほんの気持ち水を少なめにして、95ccくらいで作っています。 水飴を煮詰めていない・いちご飴が固まらない時の原因 いちごの水分の拭き取りはしっかりして、砂糖と水の割合も間違えていないのに、失敗してしまう場合もあるんです。 その原因が水飴を煮詰めていないということが挙げられます。 弱めの中火にかけて煮詰めるのですが、コツは いじらず気長に待つ! 混ぜたくなっちゃう気持ち、よーくわかります。 でもいじってしまうとツヤのない飴になるので、フツフツと沸騰するまで大人しく待ちましょう。 そして 焦げる直前まで煮詰めるので、目を離さないようにしてくださいね。 時間にすると10分くらいを目安にしてください。 水飴の温度・いちご飴が固まらない時の原因 先ほど10分を目安に、と説明しましたが、火加減が異なると時間は変わってきてしまいます。 そのため、 肝心なのは水飴の温度です。 温度が低いと水飴は固まりません。 温度計を持っている方は是非使ってくださいね。 いかがでしょうか? この作り方をマネするだけで、簡単にお祭りの屋台で食べる パリパリじゅわっとした、いちご飴が作れます。 いちご飴のカロリーは? 失敗しないいちご飴の作り方を知っていただいたところで、 やっぱり気になるのがカロリー。 大きさによって異なりますが、大体 150kcal~200kcalです。 屋台の定番スイーツの チョコバナナは約200kcal、クレープは約500kcalなので、いちご飴の方がカロリーは低いことがわかりますね。 でもせっかくのお祭りなので、カロリーは気にせず、食べたいものを食べちゃいましょう!.

次の

いちご飴レシピ レンジで簡単 パリパリ飴の失敗しない作り方

いちご 飴 レンジ

ツヤツヤのいちご飴を手作りしてみよう! 巷では、「いちご飴」が大流行中! 縁日などで売られていた懐かしの「りんご飴」が現代版にアップデートされ、「映える」スイーツとして大・大・大人気なのだ。 原宿や渋谷、大阪ではいちご飴の専門店ができるほど。 そのツヤツヤ&キラキラのいちご飴をSNSにのせるため、連日行列の耐えない人気ぶりだ。 しかし、外出を控えている人が多い今、行列に並ぶのはちょっと……と思うだろう。 そこで今回は、自宅でカンタンにできる「いちご飴」の作り方をご紹介! 実は、カンタンそうに見えて意外と難しいいちご飴。 失敗ポイントをしっかりお伝えするので、「 前に作ったけど、うまくできなかった」という人も要チェックだ。 自宅で過ごす時間が多い今こそ、挑戦するチャンス! 憧れのいちご飴を作ってみよう! いちご飴を作る前に!よくある失敗と原因 いちご飴の作り方を紹介する前に、よくある失敗とその原因についてチェックしておこう。 これは、飴が厚くつきすぎているのが原因。 いちごに飴をまとわせたあとは、余分な飴をしっかり落としてから乾かすようにしよう。 飴が厚いと食べにくい。 砂糖を溶かす際、 加熱が足りていないと十分に飴化せず、どれだけ乾かしてもパリッとした飴にならないのだ。 後ほど、飴化を見極めるポイントも解説するので、しっかりチェックしておこう。 また、果物の表面に水分がついていると、飴が乾きにくかったり、溶けやすくなる原因に。 果物は洗ってから しっかり水気をとること。 また、果物はできるだけカットしないほうが水分が出にくい。 いちごもヘタを包丁で切り落とすのではなく、葉をちぎるようにして取ると水分が出にくい。 ヘタは切り落とすと断面から水分が出る。 砂糖を溶かすはずが、逆にじゃりじゃりに固まってしまった、というケースだ。 砂糖は加熱すると液状に溶けるが、しばらく加熱を続けるとまた結晶になる性質がある。 この「 再結晶化」という現象が、砂糖がじゃりじゃりに固まってしまう原因なのだ。 たとえば砂糖を煮溶かす際、よく溶かそうと思ってスプーンで混ぜたりすると、容器のフチに溶けた砂糖がこびりついてしまう。 そのまま加熱し続けると、こびりついた砂糖が早く煮詰まって再結晶化してしまうのだ。 そして一部が再結晶化してしまうと、そこを核として全体も結晶化し、全体がじゃりじゃりと固まってしまう、というわけ。 こうなってしまうと、水を足して加熱し直しても、もう飴にはなってくれない。 結晶化を防ぐコツは、加熱中は 「さわらない」こと! 砂糖を溶かしている間は、とにかく混ぜたりしないで放置するのが大切なポイントだ。 これの解決法は…… 残念ながら、ナシ! 時間がたつと果物から水分が出るので、どうしても飴が溶けてしまうのだ。 なので、たくさんは作らずにすぐに食べる分だけ作るのが吉。 作りたてのパリッとした食感を楽しもう!• 374• 154• 391• 100• 134• 704• 302• 107• 435• 103• 139• 115•

次の

いちご飴が固まらない原因は?作り方や水飴の温度、屋台のカロリーは?

いちご 飴 レンジ

シリコンケース(耐熱性の深いお皿でもOK)• 竹串(つまようじでもOK)• キッチンペーパー• 気になる方は包丁で切ってもOKです。 苺をふく作業がかなり大事になります。 つまようじでやる場合は1本だと苺の重みがあるので、2本さしてください。 このとき砂糖が下に溜まってしまうことがるので、 しっかりと溶かしてください。 砂糖が溶けてドロドロになればOKです。 ここで砂糖が ぶくぶく泡立っていたらOKです。 苺をくるくるする回数は 1周~1周半くらいで大丈夫です。 あまり欲張って 砂糖をつけすぎてしまうと、パリパリ感がなくなってしまうので注意しましょう。

次の