レイギエナ 場所。 凍て刺すレイギエナ(二つ名)の弱点、倒し方攻略

【モンハンワールド】風漂竜の宝玉の効率的な入手方法と使い道【MHW】|ゲームエイト

レイギエナ 場所

ただし、レイギエナ自身が冷気を放つということもあり 「氷」属性は効果がありません。 頭が一番ダメージを与えることができ、 「斬」「打」「弾」全ての武器が有効です。 スポンサーリンク 反対に、「胴」「背中」は肉質が少し固いので、ダメージが通りにくい傾向にあります。 「弾」系の武器の場合「脚」もあまりダメージが通らないので、ボウガンを使用するときは「脚」「同」「背中」以外を狙いましょう。 「麻痺」と「減気」は効果がほとんど無いので避けましょう。 アイテムに関しては、 「シビレ」「落穴」「閃光」が有効です。 「罠肉」や「音爆弾」は耐性があり全く効果が無いので、上記の有効的なアイテムを使用するようにしましょう。 2.レイギエナの出現クエスト・初期位置リスト レイギエナの出現クエスト、初期位置を下記にピックアップします。 Lv5任務クエスト「華麗なるハンター・レイギエナ] 陸珊瑚の台地• Lv5フリー「氷結の奏鳴曲」 陸珊瑚の台地 現時点でレイギエナが出現するクエストは少ないです。 今後のアップデートで出現クエストが増える可能性もありますので公式の情報を待ちましょう。 レイギエナの初期位置は、 陸珊瑚の台地の場合、基本的に エリア「13」または「12」になります。 レイギエナの生態として、陸珊瑚の台地の高台に降りてフィールド全体を見渡す…という習性があります。 移動エリアは「8」「10」「12」「13」で、 休息エリアは「15」になります。 ただしクエストによってや経過時間によっては上記のエリアは変動する可能性もあるので、あくまで参考程度にお考えください。 3.レイギエナから入手できる素材リスト レイギエナを狩猟すると、様々な素材が手に入ります。 下記にて、レイギエナの 素材をリストアップしていきますので装備生産などにお役立てください。 基本的に素材名には 「風漂竜」という名がついているので覚えておくと便利です。 頭・背中…風漂竜の上皮• 翼…風漂竜の翼• 背中・尻尾…風漂竜の宝玉• 尻尾…風漂竜の尾膜 レイギエナの部位破壊が可能な部位は 「頭部」「背中」「翼」「尻尾」になります。 「翼」は左右どちらも破壊が可能で、「尻尾」は切断不可です。 4.レイギエナ討伐の倒し方・攻略法 筆者も実際にモンハンワールドでレイギエナと戦ってみました。 実際に戦ってみて割り出せた 役立つ立ち回りなどの攻略法を解説していきますので、ぜひ参考にして下さい。 従来のモンハンシリーズのモンスターで例えると、筆者個人的には クシャルダオラや リオレウスに似ているかな…?という印象を抱きました。 スポンサーリンク 飛竜種ということもあり、似たような動きをするモンスターはやはりいるんですね。 レイギエナは基本的に上空戦を得意としたモンスターなので、近接武器 特にリーチの短い武器 を使用していると少し戦いづらいかもしれません。 基本的なレイギエナの攻撃パターンは下記にまとめます。 口から冷気 氷 を吐いて攻撃してくる• 滞空しながら羽や尻尾を使って前方に冷気を発生させる• 前方に突進してくる• 突進したあとに噛みついてくる• 尻尾を回転させて攻撃してくる• 片手剣やハンマーなどリーチの短い武器を使用している場合、滞空時に攻撃が当てづらくなっています。 レイギエナの狩猟には、太刀や大剣、狩猟笛などリーチが長い武器、または遠隔攻撃ができるボウガンや弓がおすすめです。 それ以外の武器を使用している場合は、 スリンガー閃光弾などのアイテムを使用してレイギエナを地上へ落してダウンさせ有利な戦いをしましょう。 陸珊瑚の台地の場合、ヒカリコカゲを採取することができるので、それを頭部に当ててダウンを狙うのも可能です。 スタミナが減りやすくなっていると回避が難しくなるのでウチケシの実で早めに解除するようにしましょう。 エリア「15」はかなり上空にあるエリアなので移動が非常に面倒で時間ロスになってしまいます。 時間を有効化するために、 エリア「15」へ簡単に行く手順を下記にまとめますのでぜひ参考にしてください。 クエスト前に必ず「滑空の装衣」を装備しておく• レイギエナがエリア「15」に向かったら「北東キャンプ 12 」にファストトラベルする• 「北東キャンプ 12 」に到着したら左に曲がり、風が吹き上げている崖に向かって〇ボタンを押す• 自動で上空に浮き上がり簡単にエリア「15」に移動することができます 寝ているレイギエナに落穴や爆弾などのアイテムを使って、サクっと討伐しましょう。 まとめ 今回は、モンハンワールドの レイギエナの倒し方・攻略法について解説していきました。 氷属性のモンスターなので、 氷属性耐性のある装備を生産してから挑むとスムーズです。 レイギエナはモンハンワールドに初登場した新型モンスターなので、最初は攻撃パターンが読めずに苦戦するかもしれませんが、今回解説した攻略法を参考にしてモンハンワールドライフをお楽しみください!.

次の

【MHW】瘴気の谷の最奥地へ・・・。オドガロンvsおばちゃん。

レイギエナ 場所

凍てギエナの氷属性攻撃には、氷やられが付与される。 快適性に大きく影響を及ぼすため、スキルやウチケシの実で対策しよう。 凍てギエナは、 フィールドに存在する通常種を同エリアに呼ぶ。 呼ばれたレイギエナとは完全な共闘関係にあり、争わないどころかお互いにダメージも入らない。 クエストを見て通常種を確認したら、必ずこやし玉を持ち込もう。 フィールドにいなければ呼ばない 通常種がフィールドにいなければ、呼び出しはされない。 存在しないレイギエナを召喚するような性質ではないため、複数のモンスターがいる調査クエストであれば呼び出しの警戒度は低下する。 霜を剥がすと攻撃が弱体化 凍てギエナの動きや攻撃は基本的に通常種と同じだが、部位に霜をまとう点が特徴。 霜がある部位の氷属性攻撃は、範囲が非常に広い。 しかし霜はダメージが蓄積すると剥がれ、通常種とほぼ同じ立ち回りが通用するようになる。 火属性だと霜を剥がしやすい 霜は火属性攻撃を当てると剥がれやすい。 まとい直してもすぐに剥がせるので、より通常種と近い感覚で戦えるぞ。 凍てギエナ単体の狩猟や、火に弱いモンスターが多い複数狩猟では後述の毒属性よりおすすめだ。 毒属性はチャンスが生まれる 通常種と同じく、凍てギエナは毒耐性が低い。 さらに、 毒状態では専用の怯みモーションが生まれチャンスになる。 凍てギエナに対する毒の追加効果は諸説あるが、明確に恩恵を感じられるのはこの怯みモーションだけと言って良い。 凍て刺すレイギエナの主な攻撃 主な攻撃パターン 【注意】 強襲 大きく飛び上がり、滑空しつつ氷柱を出す。 発生が早いが範囲は広くないため、飛び上がった瞬間に左右へ距離を取ろう。 【注意】 きりもみ突進 空中で回転しながら突進する。 発生が早く頻繁に使うため、常に警戒が必要。 氷柱 体を回転させ、前方広範囲に氷柱を発生させる。 側面か後方なら安全。 尻尾叩きつけ 飛び上がり、前方に尻尾を叩きつける。 霜があると氷柱が発生するため、通常種より範囲が広い。 氷ブレス 滞空し、前方広範囲に氷ブレスを吐く。 滞空を確認したら側面か後方に退避しよう。 回避方向は側面を意識 凍て刺すレイギエナの氷柱は、 霜まとい状態だと前方広範囲か直線状に広がる。 常に側面か後方に回り込むことを意識しよう。 動き自体は通常種とほぼ同じなため、通常種をより慎重に立ち回るイメージで戦うと良い。 強襲も側面に避難 凍て刺すレイギエナは、急速で飛び上がってから強襲する技を持つ。 発生が早いが範囲は狭く、側面にいれば安全。 例によって 前方には氷柱が出るので、正面側に距離を取るのは避けよう。 発生後は着陸してスキができる 強襲攻撃のあとは、着陸して少しの間動きが止まる。 攻撃チャンスになるので、回避と反撃がセットになることを覚えておこう。 慣れれば撃墜も可能 強襲中の凍て刺すレイギエナは、とても怯みやすい。 タイミング良く攻撃を当てれば撃墜も可能だ。 飛び上がってからすぐに攻撃すると合わせやすいので、慣れたら狙ってみよう。

次の

【MHWアイスボーン】凍て刺すレイギエナの攻略と弱点

レイギエナ 場所

凍てギエナの氷属性攻撃には、氷やられが付与される。 快適性に大きく影響を及ぼすため、スキルやウチケシの実で対策しよう。 凍てギエナは、 フィールドに存在する通常種を同エリアに呼ぶ。 呼ばれたレイギエナとは完全な共闘関係にあり、争わないどころかお互いにダメージも入らない。 クエストを見て通常種を確認したら、必ずこやし玉を持ち込もう。 フィールドにいなければ呼ばない 通常種がフィールドにいなければ、呼び出しはされない。 存在しないレイギエナを召喚するような性質ではないため、複数のモンスターがいる調査クエストであれば呼び出しの警戒度は低下する。 霜を剥がすと攻撃が弱体化 凍てギエナの動きや攻撃は基本的に通常種と同じだが、部位に霜をまとう点が特徴。 霜がある部位の氷属性攻撃は、範囲が非常に広い。 しかし霜はダメージが蓄積すると剥がれ、通常種とほぼ同じ立ち回りが通用するようになる。 火属性だと霜を剥がしやすい 霜は火属性攻撃を当てると剥がれやすい。 まとい直してもすぐに剥がせるので、より通常種と近い感覚で戦えるぞ。 凍てギエナ単体の狩猟や、火に弱いモンスターが多い複数狩猟では後述の毒属性よりおすすめだ。 毒属性はチャンスが生まれる 通常種と同じく、凍てギエナは毒耐性が低い。 さらに、 毒状態では専用の怯みモーションが生まれチャンスになる。 凍てギエナに対する毒の追加効果は諸説あるが、明確に恩恵を感じられるのはこの怯みモーションだけと言って良い。 凍て刺すレイギエナの主な攻撃 主な攻撃パターン 【注意】 強襲 大きく飛び上がり、滑空しつつ氷柱を出す。 発生が早いが範囲は広くないため、飛び上がった瞬間に左右へ距離を取ろう。 【注意】 きりもみ突進 空中で回転しながら突進する。 発生が早く頻繁に使うため、常に警戒が必要。 氷柱 体を回転させ、前方広範囲に氷柱を発生させる。 側面か後方なら安全。 尻尾叩きつけ 飛び上がり、前方に尻尾を叩きつける。 霜があると氷柱が発生するため、通常種より範囲が広い。 氷ブレス 滞空し、前方広範囲に氷ブレスを吐く。 滞空を確認したら側面か後方に退避しよう。 回避方向は側面を意識 凍て刺すレイギエナの氷柱は、 霜まとい状態だと前方広範囲か直線状に広がる。 常に側面か後方に回り込むことを意識しよう。 動き自体は通常種とほぼ同じなため、通常種をより慎重に立ち回るイメージで戦うと良い。 強襲も側面に避難 凍て刺すレイギエナは、急速で飛び上がってから強襲する技を持つ。 発生が早いが範囲は狭く、側面にいれば安全。 例によって 前方には氷柱が出るので、正面側に距離を取るのは避けよう。 発生後は着陸してスキができる 強襲攻撃のあとは、着陸して少しの間動きが止まる。 攻撃チャンスになるので、回避と反撃がセットになることを覚えておこう。 慣れれば撃墜も可能 強襲中の凍て刺すレイギエナは、とても怯みやすい。 タイミング良く攻撃を当てれば撃墜も可能だ。 飛び上がってからすぐに攻撃すると合わせやすいので、慣れたら狙ってみよう。

次の