三菱 海外送金。 海外送金の手数料を徹底比較!手数料が安い銀行とおすすめの海外送金サービスを紹介 | 留学マスター

【海外送金にかかる日数】の比較

三菱 海外送金

【店頭窓口をご利用のお客さま】 【店頭窓口での外国送金に関するご注意】• 今後は、電信送金をご利用いただきますよう、お願いいたします。 当行に口座をお持ちのお客さまの仕向外国送金については、法令等に基づくお取引内容の確認を実施のうえ、ご本人さまの口座からの振替により承ります。 現金でのお手続きは受付いたしかねますので、ご了承願います。 (PDF:176KB)• 2020年1月20日 月 より、外国送金を含めた外為関連業務の受付を一部店舗で終了いたしました。 お取り扱い可能な主要通貨 カナダドル 海外送金手数料 (消費税は非課税) SMBCダイレクト 店頭窓口 当行海外支店/現地法人/連携銀行あて 3,000円/件 7,000円/件 海外他行あて 3,500円/件 7,500円/件• ご来店時にご用意いただくもの 【必要な持ち物】 本人確認書類 お客さまのお名前、生年月日、現住所が記載されている公的な書類 (例)運転免許証、パスポート、在留カード(提示日において有効なもの) 個人番号(マイナンバー)・法人番号を確認できる書類 (例)個人番号カード(マイナンバーカード)、通知カード(個人番号の記載があるもの) 法人番号指定通知書(写) 送金資金・諸手数料のお支払いにかかるもの 通帳、お届け印 取引の詳細を確認するための書類 送金資金の原資・送金目的・取引背景等、取引の詳細を確認できる書類をご提示いただく場合がございます。 (例)• 等 ご送金目的 具体的な送金目的を外国送金依頼書に英語でご記載いただきます。 貿易の場合は「商品名、原産地、船積地域、最終目的地」が必要です。 マネー・ローンダリングやテロリストへの資金供与の未然防止、各種経済制裁措置への対応は、国際社会におけるテロ等の脅威が増す中で、ますます重要となっています。 当行におきましても、関係法令やその趣旨を踏まえ、お取引の背景や原資、詳細等をお伺いするほか、お取引に関する契約書等を確認させていただくことがあります。 何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。 <仕向外国送金にかかる法規制>• 手数料(消費税は非課税) マネー・ローンダリングやテロリストへの資金供与の未然防止、各種経済制裁措置への対応は、国際社会におけるテロ等の脅威が増す中で、ますます重要となっています。 当行におきましても、関係法令やその趣旨を踏まえ、お取引の背景や詳細等をお伺いするほか、お取引に関する契約書等を確認させていただくことがあります。 何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。 <被仕向外国送金にかかる法規制>•

次の

三菱UFJ銀行の海外送金の特徴と手数料

三菱 海外送金

Contents• 海外送金に必要な項目 日本円を日本の銀行口座に送金する場合、• 銀行名• 支店名• 口座番号 の3つの項目さえ分かれば、送金が可能です。 しかし、国際送金、たとえばアメリカ合衆国の銀行口座に送金・あるいはアメリカ合衆国の銀行口座から送金してもらう場合は、• Swift Code(Swift BIC)• US routing number(ABAナンバー) といった日本では耳慣れない必要項目が出てきます。 Swift Code(スウィフトコード)とは Swift Code(スウィフトコード)とは、 国際送金において金融機関を識別するために設定されたコードです。 たとえば、日本の都市銀行の場合、Swift Codeは以下の通りになっています。 金融機関 Swift Code みずほ銀行 MHCBJPJT 三菱UFJ銀行 BOTKJPJT 三井住友銀行 SMBCJPJT りそな銀行 DIWAJPJT 正確な情報は各金融機関の公式サイトで確認ください。 日本の銀行口座に国際送金をする場合は、事前にSwift Codeを調べておく必要があります。 US routing number(ABAナンバー) アメリカの銀行の場合、銀行口座を特定するためのABAナンバー、US routing number(ルーティングナンバー)が設定されています(欧州の場合は、IBANコード)。 この US routing number(ABAナンバー)は、日本の銀行口座では採用されていません。 そのため、日本の銀行口座に国際送金する場合は、先述のSwift Codeがあれば大丈夫…。 ところが! アメリカの企業に対して「日本の銀行にABAナンバーが振り分けされていない」事実を説明しても、聞き入れてくれない場合があります。 「そんなの関係ねー!US numberを教えろ!」というわけですね。 その場合、選択肢はただひとつ。 アメリカの銀行に口座開設するしかありません。 ハワイに行ってハワイの銀行口座を開設される方もいるみたいですが、日本にいても三菱UFJ傘下のユニオンバンクの口座を開設できます。 詳細は、下記記事を参考にしてみてください。 その他 海外送金で必要となる項目について その他、海外送金において必要項目についてまとめておきます。 このあたりも事前に調べておくとスムーズです。 まとめ USドルで給与を受け取りたい、手持ちの円の一部をドルに両替してポートフォリオのリバランスをしたい、ドルで送金をしたい、ドルで送金をしてもらいたい…など。 さまざまな事情で国際送金をする場面があるかと思いますが、必須項目について準備をしておくとスムーズに手続きが進むと思います。 国際送金では、着金までに時間を要しますので、期限がある場合は余裕をもって手続きした方がいいですね。

次の

【海外送金にかかる日数】の比較

三菱 海外送金

三菱UFJ銀行は、インターネット、テレビ窓口、店頭窓口など、 さまざまな方法で海外送金サービスを提供しています。 外国為替専門銀行であった旧東京銀行時代からの歴史的は背景もあって、メガバンクのなかでは、海外送金に関するサービスでは一番充実して便利です。 また、多くの銀行が窓口での海外送金サービスを中止しているなかで、口座を持っていれば店頭窓口を利用しての手続きも可能で、数百万円を超える多額の送金にも対応しています。 しかし、(銀行送金全般にいえることですが) 上乗せレートからくる為替手数料のために、 トータルでの送金コストは高めになるので、しっかりとした選択眼をもって送金方法を選ぶ視点が大切です。 ここでは、三菱UFJ銀行の海外送金について、その特徴を詳しく見ていきましょう。 三菱UFJ銀行による海外送金のメリット いろいろな方法での海外送金に対応 インターネットバンキング(三菱UFJダイレクトを利用しての手続き)、、店頭窓口での手続きが可能です。 窓口での送金の場合でも、、のサービスがあり、海外送金に慣れていない場合でもサポートを受けやすく、通常の店頭窓口での手続きよりも手数料割引があります。 いずれの場合も、三菱UFJ銀行に口座を持っていることが、サービス利用の前提になります。 三菱UFJダイレクトの利用で優遇レート インターネットバンキングである三菱UFJダイレクトの利用で、 主要国通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン)について、上乗せされている為替マージンが窓口でのレートよりも低い優遇レートを利用できます。 (ただし、この場合には、両替済みの外貨普通預金口座から外貨を引き落として送金することになりますので、後述するリフティングチャージが別途かかってきます。 合計の送金コストを理解する(比較表付き) 三菱UFJ銀行の海外送金では、表面的な送金手数料に加えて、 上乗せレートからくる為替手数料がかかっています。 送金コストをおさえて送金したいと考える方は、為替手数料を含めた 合計の送金コストを理解&別の選択肢も合わせて検討して、総合的に判断をするようにしましょう。 ここでは、別の選択肢のひとつとして、為替手数料がかからない との比較例を掲載しますので、参考にしてください。 下の表は、30万円をオーストラリアへ豪ドルで送金しようという場合の、三菱UFJ銀行(窓口と三菱UFJダイレクト)とトランスファーワイズを利用した比較シミュレーションです。 (シミュレーションなので、細かい金額ではなく、全般的な傾向を知るための参考として捉えてください。 12円 82. 62円 82. 12円 受取人の受取額 3,500. 95豪ドル 3,594. 77豪ドル 3,630. 12円 82. 62円 82. 12円 受取人の受取額 3,500. 95豪ドル 3,594. 77豪ドル 3,630. 12円(仲値) での比較例。 ここでは、中継銀行手数料・受取手数料を無視しています。 12 x 82. 95- 3,586. 22 x 82. 12 x 82. 77- 3,616. 66 x 82. 例としてメガバンク(みずほ銀行・三井住友銀行)から振込みした場合の手数料。 三菱UFJ銀行やネット銀行からの振込みならばもっと安い。 総額の送金コストの把握には、両替レートの 上乗せレートからくる為替手数料の理解が重要であることがわかります。 (他の主要通貨での比較例は、をご参照ください。 ) 大切な資金を賢く使うためには、 手数料合計で比較するという視点をもつようにしたいですね。 トランスファーワイズについて 上記の計算例からわかるとおり、 には両替時の上乗せレートがありません。 そのため、一般的な海外送金で 隠れコストと言われる為替手数料がないので、 手数料がわかりやすいという特徴を持っています。 送金にかかる日数についても、にあるとおり、銀行宛ての送金であれば、 一番速いカテゴリに属しています。 「安くて速い」海外送金方法を探している場合には、おすすめの選択肢のひとつです。 トランスファーワイズの特徴については、下記の記事も参考にしてくださいね。 三菱UFJ銀行による海外送金の留意点 「海外送金に慣れていない」「送金期限が迫っている」という場合に、メガバンクのなかでは頼りになる三菱UFJ銀行の海外送金ですが、利用するときにはいくつか留意しておく点があります。 為替手数料に留意 上記の比較シミュレーションでみたように、三菱UFJ銀行の海外送金で利用される両替レートには 上乗せレートがのっています。 そのため、送金手数料のほかに、 上乗せレートからくる為替手数料がかかっていることになります。 実際にいくらの手数料がかかっているのか見えづらいので、留意が必要です。 窓口での送金手数料が高い テレビ窓口の送金手数料が他行宛て6,500円、店頭窓口の送金手数料が7,500円です。 三菱UFJダイレクトの他行宛て3,000円と比較して、ぐっと高い設定です。 スケジュール的に余裕をもって準備する必要があります。 三菱UFJダイレクトでの送金限度額 三菱UFJダイレクトを利用した海外送金には、1回100万円相当額未満、1日200万円相当額以下、1ヵ月500万円相当額以下という送金限度額があります。 三菱UFJ銀行による海外送金の基本的事項 1. 為替マージン USDの例) 窓口・電話: 1ドルにつき1円 三菱UFJダイレクトの外貨預金: 1ドルにつき0. 25円 6通貨USD, EUR, GBP, CHF, AUD, NZDについて、リアルタイムレートに基づく窓口より低い為替マージンが設定) 2. 送金手数料(1件あたり) 窓口(口座引き落とし): 7,500円 窓口(外国送金Webサポート利用): 7,000円 テレビ窓口: 6,500円 インターネット: 3,000円 3. 受取手数料 送金人負担とした場合3,000円(後日に差額請求の場合あり) 5. 受取手数料の送金人負担 可、ただし三菱UFJダイレクトは受取人負担のみ 6. 中継銀行手数料 ケースによる 7. 円送金 可 8. 取扱い通貨 窓口での扱い通貨は要確認 インターネットは12通貨 USD, GBP, JPY, CAD, CHF, EUR, PHP, THB, AUD, HKD, SGD, NZD テレビ窓口利用は8通貨 USD, GBP, JPY, CAD, EUR, AUD, HKD, NZD 9. 送金限度額 窓口:要確認 三菱UFJダイレクト:1回100万円相当額未満、1日200万円相当額以下、1ヵ月500万円相当額以下 テレビ窓口:500万円相当額 10. 送金可能国 多数 11. 送金日数 送金先による 12. 窓口送金 可 13. 電話送金 不可 14. インターネット送金 可 *上記は、記事掲載・更新時点での個人による海外他行あて電信送金を前提にしています。 ご利用に当たっては、必ず最新の詳細情報をご確認ください。

次の