フュアーハンド ランタン ケース。 フュアーハンドランタン276をレビュー!使い方からメンテナンスまで一挙公開!|山行こ

キャンプの夜を贅沢な空間に。「フュアーハンドランタン」を購入したので質感、明るさ、使い方をレビュー

フュアーハンド ランタン ケース

こんにちは。 2児の母キャンパー、サリー()です。 先日、フュアーハンドランタンをゲットしました!最近のLEDランタンは明るいし、安全だしで十分なんですが、やっぱり本当の炎のランタンに癒されたくて。。。 買ってみて、もっと早くから買っておけばよかった!と思うお気に入りギアになりました。 レビューどうぞ。 我が家のランタン いろいろ買ったり、結局気に入らなくて売ったりしたけど、今のサリー家にはこの5つのランタンがベストな状態です。 左から、LEDのスマイルランタン、フュアーハンドランタン、コールマンのワンマントルランタン、ジェントス2個です。 それぞれに、使いやすいポイントあるので使い分けをしています。 このネタだけで長文になりそうなので、とりあえず今回はフュアーハンドランタンに絞ってお話します。 フュアーハンドランタンがほしい 我が家には幼児がいるので、最初はLEDランタンオンリーでした。 安全ですしね。 でも、ガソリンランタンデビューをしてみると、電気とは違う、炎の明かりが本当に心地よくて。 たくさんランタンがあるので明るさは十分でしたが、やっぱりテーブルの上に置く、LEDじゃないランタンが欲しくなったんです。 で、たまたまPICAのキャンプ場の売店でこの子と出会いました。 でも、アマゾンでシルバーは約3,000円で販売されていました。 (時期によってアマゾン在庫が変わり、価格変動が大きいです。 大体3,000~4,000円くらいの値動きです。 )ううむ、ほんとは赤がほしいけど、ここはシルバーでもいいか~と悩んでいました。 そんなある日。 お値段聞くと、イベント限定価格で2,000円!!お願い、私のも買ってきてー!とお願いしたら、快く買ってきてくれました。 あー、なんてすてきでしょう。 実物みると、なんだか2,000円では申し訳ないような作り。 なんだろう、とっても所有欲を満たしてくれます。 スポンサーリンク フュアーハンドランタンの歴史 実はあまりフュアーハンドランタンについて知らなかったので歴史を調べてみると、1902年にドイツにてフュアーハンド社の創業者が灯油のランタンを製造開始。 現在ではこFEUERHAND BABY SPECIAL 276というモデルのみ作られているそう。 ヒマラヤ遠征に使われたり、今でも電気事情が悪い地域では重宝されてるそう。 シンプルな構造だけに、昔からの形状が今でも使われているってことね。 なかなか歴史あるギアなのかー。 ちなみにフュアーハンド、ともいうし、場合によってはフェアーハンドっていう人もいるみたいです。 フュアーハンドランタンの燃料 燃料はオイル。 専用オイルもありますが、灯油でもオッケー。 我が家は冬のストーブ用に灯油を車に積んでいるので、その灯油を使ってます。 普段灯油使わないよ、って人にはこういう専用オイルがいいですね。 灯油よりは割高ですが、ススが出にくく、臭いも灯油より抑えめだとか。 ちなみに燃費はめちゃくちゃいいです。 先に購入した友人が、「ちょっと入れておくだけで、何時間もついて、中身の灯油使い切りたくてずっと点けてたら朝になっちゃった」という話を聞いていました。 実際、少し灯油を入れてみましたが、1泊では余裕。 余った灯油はタンク内に入れておくと移動中漏れるというので、わざわざ灯油タンクに戻したほど。 スポンサーリンク フュアーハンドランタンを使用してみた 使用する時の写真がなくて、点いた写真のみで失礼! 燃料タンクに灯油入れて、ガラスのホヤをちょっとずらして、チャッカマンで火を点けるだけです。 最初よくわからなくて、灯油入れてすぐに芯に火を点けちゃいました。 ちゃんと点いたけど、後で調べたら、本当は灯油が芯に染み込むまで10分くらいしてから点火させないと、芯が黒く燃えてしまうそう。 おお、危なかった。 ちなみに長く使用していると芯が短くなるので、替芯が必要になるそう。 ネットで買えます。 それでもLEDとは別に、ぜひオイル系のランタンも使ってほしい。 ほんと、キャンプの夜が楽しくなるから。 フュアーハンドランタンは、ものすごく明るいわけではないけど、雰囲気を作るのがとても上手。 スポンサーリンク フュアーハンドランタンのお手入れ 灯油で一晩使用するだけで、ガラスのホヤに真っ黒なススが付きます。 あと、一番上のトップの部分も黒くなります。 というわけで、お手入れ。 ホヤを外して、ティッシュで拭きます。 これ、手が真っ黒になって水で洗っても取れなくなるから、できたらビニール手袋とかするのをおすすめします。 あと、先ほども書きましたが、持ち運びするとタンクから灯油が漏れて大変なことになるそうです。 残った灯油は、ろうとを使って戻すのがベストです。 フュアーハンドランタンのケース 今は買ったばかりだから、箱もきれいなのでそのまま使ってますが、そのうちちゃんとしたケースが必要になるかもしれません。 どうやらフュアーハンドランタン専用のケースというものはない模様。

次の

ランタンを燃料で選ぶならおすすめはケロシン?ホワイトガソリン?ガス?

フュアーハンド ランタン ケース

FEUERHAND フュアーハンド ベイビースペシャル276とは? 1902年創業のドイツのフェアーハンド社が120年以上も前から製造している、フェアーハンドランタン。 戦時中には、ドイツ軍やスェーデン軍にも使用された歴史のあるランタンで、ヒマラヤ遠征などの過酷な環境状況の中、風速80Mの強風でも嵐でも消えないランタンということで、別名、ハリケーンランタンとも呼ばれています。 そればかりか、燃費もよくて単純構造だから手入れも楽と、いいことづくめ。 豊富な種類のカラーバリエーション 出典: フェアーハンドランタンは他のメーカーにはない、豊富な種類のカラーバリエーションをリリースしていて、自分好みのカラーを選ぶこともできます。 シンプルで無骨な風合いが、とにかくおしゃれ!と、インテリアとして飾ったり、ベランダで炎を灯して癒しの時間を楽しんだりと、使い方もいろいろです。 タフでオシャレでリーズナブル!と三拍子そろった人気のランタンなのです。 フュアーハンドランタンはジンクが安い ジンクは未塗装なので、他の種類のフュアーハンドランタンより値段が1000円ぐらい安いです。 メーカー:FEUERHAND フュアーハンド• 燃料:灯油またはランプ用オイル• 重量:480g• タンク容量:340ml• 燃焼時間:20時間以上• 明るさ:5W FEUERHAND フュアーハンド ベイビースペシャル276の仕組みや構造は? フュアーハンドランタンは、風速80Mの強風が吹いても火が消えないランタン。 その理由は構造と仕組みにあります。 フュアーハンドランタンの仕組みや構造を詳しく解説していきます。 フュアーハンドランタンの仕組みや構造 フェアーハンドランタン276の仕組みは、一番下がオイルタンクがある母体となるフレーム、その上に、明かりの風防としてのガラス(ホヤ)、そしてホヤの中にある発熱をするマントル、の3つのパーツで成り立ちます。 母体であるフレームは、空洞になっていて、安定した炎の明かりを持続させるための空気の循環を生み出す構造に。 燃料がこぼれにくくするため、燃料タンクは二重構造になっています。 また、風防であるホヤは、雨風に強いSUPRAX製の耐熱ガラスを使用。 取り外しが簡単なので、ガラスの手入れも簡単です。 FEUERHAND フュアーハンド ランタンの燃料や燃焼時間は? フェアーハンドランタン276の燃料は、灯油またはランプ用オイルを使用します。 灯油が安くて使いやすいですが、ススがホヤとランタン上部に付着しますので、使用後にはメンテナンスが必要です。 また引火温度が低い点で火災や事故の原因ともなりますので、取り扱いには専用のボトルなどを使用し十分注意しましょう。 燃焼時間は、オイルタンクに満タンで340ccまで入れることができ、約20時間も燃焼し続けることが可能なので、1泊程度のキャンプでは十分対応できます。 実際に燃焼時間を計測しましたので後で説明します。 フュアーハンドランタンの燃料にホワイトガソリンは使える? 灯油やオイルとガソリンとでは、粘性や揮発率が違うので使用できません。 フュアーハンドランタンでガソリンを使用すると気化したガソリンが燃え上がり、非常に危険なので使用しないようにしましょう。 FEUERHAND フュアーハンド ランタンの気になる明るさは? 気になるフュアーハンドランタンの明るさですが、オイルランタンには共通として言えることですが、メインランタンとして使うには、明るさが少し足りないかもしれません。 フュアーハンドランタンは4分芯(12mm)で明るさ7カンデラ。 ろうそくの4、5倍くらいの明るさなので、ムードを作るサブランタン、ウェルカムランタンとしてオススメします。 FEUERHAND フュアーハンド ベイビースペシャル276とジェントスランタンの明るさを比較 フュアーハンドランタンの7カンデラといっても明るさが解りづらいので、280ルーメンのジェントスのランタンの明るさを比較してみました。 ジェントスのEX777XPの明るさ 280ルーメン FEUERHAND フュアーハンド ベイビースペシャル276の明るさ フェアーハンドランタンは雰囲気は最高ですが、明るさは手元を照らす程度なので、ソロでも少し物足らない明るさです。 熱で塗装が変色?フェアーハンドランタンはジンクがおすすめ! フェアーハンドランタンは長く使っていると、上部の部分が熱で変色していきます。 ジンク以外のフェアーハンドランタンも熱で変色していきます。 塗装をすれば問題ないですが、色の変わりが少ないジンクがおすすめです。 FEUERHAND フュアーハンド ランタンベイビースペシャル276の使い方を簡単に説明 フュアーハンドランタンの着火や消火の手順を詳しく解説します。 使い方の手順 フュアーハンドランタンを使う前に、まず必要な一手間が、芯の先端をカットすることです。 芯の先端の両端をカットし、台形状にすることで、炎の形が安定して綺麗になるためです。 1.トップのリングを持ち上げたまま、トップフードを上へ引き上げます。 トップのリングを引き上げていくと、ホヤ(ガラス)部分のロックが外れるので、ロックが外れたらホヤを給油口(燃料キャップ)と逆の方向、反対の方向に、横に倒します。 2.芯のついた中心部、バナー部分を本体から外します。 横にある丸型の火力調整レバーをちょっとスライドさせると、保持部分がひっかかっているところがとれて、本体から外すことができます。 芯をカットします。 バナー部分に芯をつけたままでも、芯をはずしてからカットしても、どちらでもかまいません。 芯の先端の両端をやや丸くカットし、角をとります。 カットが終了したら、バナーに再度セットして、本体にもどし、ホヤを起こして、天井部分をホヤに連結させてもとの形にもどします。 3.燃料を補給します。 燃料キャップを外し、ランタンオイルまたは灯油を注入します。 およそ50ml〜60mlの燃料が入っていれば、5〜6時間は燃焼可能ですので、使い切るくらいの量をいれましょう。 たっぷりいれてしまうと、移動時にオイルが漏れてしまうこともありますので要注意です。 4.オイルをいれたらしばらく時間をおきます。 だいたい30分くらいを目処に芯に燃料がたっぷり燃料を浸透するのを待ってから、火をつけていきます。 あまり早く火をつけると、燃料ではなく芯が燃えて、黒くなるので注意が必要です。 5.着火します。 ホヤの上下レバーを使ってホヤをせり上がるようにします。 そうすると、バナー部分むき出しになるので、隙間部分からライターやマッチなどで着火します。 着火が終わったら、ホヤの上下レバーを上げてからホヤをもとの位置に戻します。 芯は出し過ぎてしまうと、煤がでやすくなってホヤが汚れてしまうので、芯はほどよく出しておきましょう。 FEUERHAND フュアーハンド ランタンの消し方 火を堪能した後の、消し方は簡単です。 着火するときと同じ手順でホヤをせり上がるようにし、隙間から息をふきかけ消火します。 燃料が残っている場合は、漏れないように、持ち運びの際に傾かないように注意しましょう。 FEUERHAND フュアーハンド ベイビースペシャル276はオイル漏れがするのでパッキンが必要! フュアーハンドランタンの弱点は、斜めに傾けると、オイル漏れが発生すること。 また、傾けなくても、オイルキャップを外したりつけたりする時に、手にオイルがいちいちついて困ることがあります。 その原因は、給油口のキャップの裏にある、心もとない紙パッキン。 ここで、きちんとしたパッキンをつけて漏れを防止する必要があります。 補修用Oリングパッキンを用意し、蓋の裏側にある紙パッキンを剥がして、ゴムパッキンを取り付けます。 それだけで、使用後もオイル抜きしなくても、気になるオイル漏れがなくなるので、ぜひ、ためしてみてください。 給油口にぴったりのゴムパッキン ホームセンターでも販売してる、水道用のゴムパッキンです。 灯油が安く、手っ取り早くてよさそうにも見えますが、灯油は煤がでてホヤが黒くなりますし匂いがでるのでちょっと扱いにくい燃料です。 そんな時は、やはりランプ用のオイルが一番。 灯油に比べて少しお値段は高いですが、煤や匂いが気にならない専用オイルが使いやすいです。 また灯油は引火温度が37~65度と低く、ランプ用のオイルは大半が95度以上と引火温度が高いので火災や事故の心配も低いです。 フェアーハンドランタンの燃料にスターパラフィンオイル使って検証 スターパラフィンオイルを使ってフェアーハンドランタン燃費を計測してみました。 スターパラフィンオイルは粘性があり、じっくり燃焼するので燃焼効率が良い商品と人気なので、使用してみました。 全体の重さが700gでスタートして1時間燃焼してみました。 1時間で4g消費しました。 99 1gが約2円 1時間で約8円程度の金額になります。 キャンプで8時間使用したとしても64円程度なので、オイルでもお財布に優しいです。 STAR スター スターパラフィンオイル 1L• さわやかなスカイブルーのアロマ防虫オイルで、ユーカリ、ミント等の防虫効果の高い天然ハーブを用いています。 煤がでにくく、香りもいい、防虫効果も十分と、リピーターも多いオイルです。 FEUERHAND フュアーハンド ベイビースペシャル276の芯(ウィック)の交換方法 まず、フュアーハンドランタンの上部の天井部分を引っ張り上げます。 この時、本体上部にリングがあるので、とっぷリングを指でひっかけて排気筒を上は持ち上げていきます。 上部をひっぱり排気筒を上へ持ち上げたまま、真ん中のガラス部分(ホヤ)を燃料キャップの逆の向きへ倒します。 ホヤを倒すと、真ん中に芯を挟む中心部、バナー部分が現れます。 横にある丸型の火力調整レバーをちょっとスライドさせると、保持部分がひっかかっているところがとれて、本体から外すことができます。 古い芯を保持部分から取り除き、保持部分の裏の楕円形の穴に新しい芯を差し込みます。 ある程度手で差し込んでから、横にある丸型の取っ手を回していくと、芯がスライドしていって、表部分から芯がでてきます。 ある程度、真の頭がでてきたら、保持部分を本体の中心部に設置し、ホヤを元の位置に戻して、天井部分をホヤに連結させたら完了です。 FEUERHAND フュアーハンド ベイビースペシャル276替芯のおすすめ• FEUERHAND フュアハンド の交換用ウィックです。 純正品なので、安心して使用できます。 FEUERHAND フュアーハンド ベイビースペシャル276と一緒に持ちたいアイテム キャンプサイトの雰囲気作りを強みとする、フェアーハンドランタン。 これだけで充分!という方もいますが、実用的にみて、光量があるランタンがもう一つ、ほしいなぁと感じる方にオススメなのが、スノーピーク snow peak のたねほおずきです。 スノーピークの大人気の小型LEDランタン。 コロンとした丸いフォルムがかわいらしく、手のひらサイズでコンパクト。 トップには強力なマグネットのループがあるので、テントやタープのフック部分に引っ掛けてマグネットでしっかり固定したり、車にひっかけたり、また、移動の際には,Tシャツの首元にひっかけて、ネックライトにしたりと、使い方は無限大! 最大光量は60ルーメンで、メインランタンとまではいきませんが、実用的な光としては充分な明るさで、移動も持ち運びも簡単なので、とても重宝します。 FEUERHAND フュアーハンド ベイビースペシャル276で、ランタン独自の魅力を満喫しながら炎のゆらめきを堪能。 たねほおずきで、テント内を照らしたり、調理をしたり、移動時のペンライトにしたり。 この二つのランタンがあれば、光にこまることなく、快適で豊かなキャンプのひと時が過ごせますよ!• 帆布生地を使用しており使えば使うほど味が増すのも魅力の一つ。 帆布生地は程よい柔らかさなので、ランタンの出し入れもしやすく、外からの衝撃を緩和してくれるよう、ケースの内側にもフェルトが貼っており、底面にもクッション素材があるのでランタンの持ち運びの為に作られた商品です。 FEUERHAND フュアーハンド ベイビースペシャル276のレビューのまとめ ハリケーンランタンの元祖ともいえる、フェアーハンドランタンは、魅力がいっぱいすぎて!?多くのキャンパーを虜にしています。 オイル漏れや、光量の足りなさ?も、ご愛嬌!気になるウィークポイントも、対策をしていけば、フェアーハンドランタンをながーく愛していけます。 そんな、魅力いっぱいのフェアーハンドランタンで、ぜひランタンデビューしてみてください。 きっとみなさんも、はまってしまいます!.

次の

ハリケーンランタンの魅力と使い方を徹底解説! 1つあればキャンプ映え間違いなし! (2/2)

フュアーハンド ランタン ケース

いまどき給油式のランタンってどうなの? 正直言って効率的じゃないですよ!笑 明るさはLEDや蛍光灯型に負けるし、給油式だから電池みたいに充電できない。 燃料が入った状態で長い時間横に倒すと炎を灯すための通気口から漏れる可能性もあります。 それに、僕はも持ってますが、それと比べるとでかい!登山に行くときや電車での移動の時には最小限の荷物で行きたいため絶対たねほおずきを持っていく事にしてます。 関連記事: それでも給油式のフュアーハンドランタンを買った理由 これだけ多く欠点があるのに何故フュアーハンドランタンを買ったのかと言うと、本物の炎にしかない魅力を堪能したかったからです。 光の色・揺らぎなど。 焚き火もそうですけど火を見てると落ち着きますよね。 もっと安いランタンもあるんですがキャンプやベランダのくつろぎの時間なんかは気持ち良さ(=自己満足)が重要だと思っていて、フュアーハンドの細部の作りの良さを感じるとそれだけで嬉しくて気持良い。 丁寧に作られたものは長く使えますし、良い道具は良いと使ってみて再認識させてくれました 非効率な道具を使う楽しさみたいのがあるんですよね。 デジタルカメラが普及してるけど、フィルムカメラのアナログ感が好きで回帰してくるとか、そんな感覚に近いです。 使う人によって、世間では手間が掛かるとされるデメリットも総じてメリットになる気がしています。 スポンサーリンク 開封と実際に使った様子 ダンボールで簡素なんですが、雰囲気のある箱で届きました。 中はさらに紙袋でランタンが包まれた状態になっています。 この紙袋がなんだか人気みたいなんですが、私には特に使い道がない…笑 紙袋から出すとやっとお目見え!今回は定番のシルバーを購入。 鈍く光る亜鉛メッキの素材感がそそります。 この時点でカッコいい。 軍に採用されるぐらいですから、とにかくタフなんですよ。 風速80mでも照らし続ける構造になっているとか。 すぐに火を入れるんではなく、着火させる前に芯の部分に一手間細工を施します。 まずレバーを引いてホヤ(ガラスの部分)を外します。 ) 中央に乗っかっている芯を挟んだ金具を取り外します。 以下画像の右に付いてるレバーを回すと芯がニョキッと出てくるのですが、2cmぐらい出した状態にしてハサミでカットしていきます。 両サイドの角っちょを少しカット。 こうすることで炎の形が綺麗な楕円形になり、安定します。 ススの量も減るみたいです。 カットできたら、5mmぐらい出ている状態に戻しましょう。 ホヤを戻して。 続いて給油口から燃料を入れます。 ランタン用の燃料オイル や とかも売ってるんですが、家のストーブに使っていた灯油が余っているので今回は灯油を入れました。 灯油を燃料に室内で使うとわりと部屋が灯油くさくなるので、苦手な人はが良いでしょうね。 こぼすと嫌なの100均より安いAmazonでも同時に購入。 そうそう。 他のハリケーンランタンと比べて二重構造の燃料タンクなので倒しても燃料がこぼれにくい工夫も施されています。 給油口の蓋を閉めて10分ぐらい経つと芯に油が染み渡るので、そしたら準備完了!芯に着火! サイドにある2本のパイプから空気が芯に回り込み、燃焼効率が非常に良いんだとか。 オイル満タンで20時間以上持つようです。 灯油を燃料に明かりを確保できるので災害時に頼りになるのも良いところ。 火の高さは1. 5cmぐらいになるよう芯の出具合をレバーで調節します。 あまり大きく炎が上がり過ぎても芯が焦げて寿命を縮めたりススが出やすかったりで良くありません。 期待していた通りの良い光。 ホヤを通して優しく広がるこの光を見てフュアーハンドランタンを買った甲斐が有りました。 普段使わないときは適当に天井に吊ってます。 そのまま部屋に置いておいても絵になるところがハリケーンランタンの良所なんですよ。 夜はこんな感じで常夜灯に使ってもOK。 キャンプで使った感想 キャンプにも実際持っていって使ってみましたが、くつろぐための明かりとしては申し分ないです。 ただし、テーブルなどでは半径70cmぐらいしか十分に照らせないので大人数で食卓を囲む時には力不足だと感じました。 1〜2人とかの少人数キャンプでなければこのランタン一つで全ての役割をこなすのは難しいです。 食事や料理のとき用に一つ高輝度のLEDライトを持って行き、まったり過ごすときはランタンだけの灯りにするなど他の照明とうまく組み合わせて使いたい所ですね。 ちなみにカラーバリエーションがたくさんあるのも可愛い! ベランダなんかでくつろぎのひと時を演出するのにも最高でしょう。 癒され度は最高です。 ランタンを取り入れるとキャンプ・ベランダ・屋内での食卓で、楽しみが一つ増えました。 炎の揺らぐ明かりが好みの方は試してみてはいかがでしょうか。

次の