脂肪豊胸。 コンデンスリッチ豊胸の術後経過:THE CLINIC 脂肪豊胸のブロマガ

脂肪注入豊胸とは?|バスト医療・形成外科医 大橋昌敬が教える豊胸手術の安心ガイド

脂肪豊胸

脂肪注入豊胸とは? 豊胸手術の一つです。 脂肪吸引で皮下脂肪を採取して、これを豊胸に適した形に加工・洗浄した上でバストに注入します。 現在行われている豊胸手術の中では、 最も自然な手触りが得られる豊胸術です。 痩身とバストアップを同時に実現できますが、痩せている方の場合は、脂肪吸引をした箇所が不恰好にならないよう、特に配慮が必要です。 脂肪の注入量には限度があります。 どのくらいバストアップが可能かは人によって異なるので、事前に医師の説明を受けてください。 当院では、ご希望やご状態に合わせて 脂肪の加工方法を複数ご提案しています。 詳しくは「」をご覧ください。 脂肪注入豊胸のメリットは? 人工物を使った豊胸の懸念事項 (ヒアルロン酸豊胸/乳腺インプラント豊胸)• 経年劣化が避けられない。 手触りが硬い。 乳がん検診を断られることも。 しこりになるリスクを技術で回避できない。 脂肪注入豊胸なら• 定着後は自己組織になるので劣化しない。 手触りは柔らかく自然。 乳がん検診を問題なく受けられる。 しこりになるリスクは技術で回避可能。 脂肪注入豊胸のデメリットは? 脂肪注入豊胸は大変優れた豊胸手術ですが、限界もあります。 また、間違った方法で行うと失敗もします。 こうした懸念点を当院がどう捉え、どう対処しているかをご紹介します。 脂肪の注入量に限度がある 注入できる脂肪の量は、皮の伸び具合等によって変わってきます。 あまりたくさんの脂肪を注入しすぎると細胞に酸素が行き渡らず、窒息死状態に陥ることも。 こうなると、脂肪は定着しません(悪くするとしこりにもなりえます)。 THE CLINIC なら、脂肪を凍結保存して複数回注入できます! 1度の注入量には限度がありますが、脂肪が定着した後であれば、さらなる注入が可能です。 その際、1度目の注入で余った脂肪を凍結保存しておけば、改めて脂肪を採取する必要がないので大変お得ですし、身体にも低負担。 採取した脂肪を無駄なく活用できます。 脂肪が採取できない人は受けられない 脂肪注入豊胸なので、皮下脂肪を採取できなければ、当然実施することができません。 ある程度の脂肪量は必要となります。 THE CLINIC は、痩せ型の方に施術を行った実績が豊富です! 当院に脂肪注入豊胸を希望して来院される方の4人に1人は痩せ型の方です。 5を下回ると「痩せ型」とされる。 脂肪がしこりになる可能性がある 脂肪注入豊胸のよくある失敗の一つが、しこりになるというものです。 原因としては、許容量を超えて脂肪を注入してしまうことの他に、一ヵ所に塊で注入してしまうことが考えられます。 THE CLINIC は、しこりを回避する特殊技術を心得ています! 当院では、たった1ccの脂肪を、幅2mm長さ20~30cmの麺状に延ばして、皮下、乳腺下、大胸筋内、大胸筋下の各層に丁寧にミルフィーユのように分散させて注入します。 麺状の注入技術を「2. 4mmヌードルインジェクション」、分散注入の技術は「マルチプルインジェクション」と言いますが、いずれも医学的な根拠に裏付けられています。 THE CLINIC が行う脂肪注入法 2. 4mmヌードルインジェクション 皮下、乳腺下、大胸筋内、大胸筋下と注入可能なあらゆる層へ、ごく少量ずつ分散注入します 脂肪吸引で失敗する可能性がある 脂肪注入豊胸を行う際には、必ず脂肪吸引が必要です。 この脂肪吸引で失敗してしまうというケースも少なくありません。 せっかくバストアップが叶っても、これでは本末転倒です。 THE CLINIC は、全ドクターが脂肪吸引のエキスパートです! 当院は、ベイザー脂肪吸引のトレーニング機関であり、扱う症例数も日本有数です。 また、院長クラスのドクターは全員、ベイザー脂肪吸引の最上級資格を所持しています。 術後経過で起こりうるダウンタイム症状 脂肪注入豊胸の術後の経過では、多くの方がダウンタイム(術後回復するまでの期間)に以下の症状を経験します。 ただし、これらは回復過程で必ず現れるものなので、あまり心配しすぎなくても結構です。 もし、聞いていた症状よりも酷い(または期間が長い)とお感じになるようでしたら、いつでもお気軽にご相談ください。 当院で豊胸手術を受けた方に関しては、無料で診察させていただきます。 脂肪吸引に伴うダウンタイム症状とは? 術後3〜7日程度は「きつめの筋肉痛」に近い痛みを感じます。 術後1週間頃には浮腫みやアザ(内出血)がピークを迎えますが、術後2週間頃から徐々に落ち着いて来るでしょう。 その後は皮膚が引っ張られるような引きつれ感が生じますが、3か月もすればほとんど落ち着き、6か月が経過する頃には全く気にならなくなります。 脂肪注入に伴うバストのダウンタイム症状とは?• 手術直後の約2週間は、痛み、腫れ、アザ(内出血)が見られますが、1か月もすれば目立たなくなり、通常と変わらない生活を送っていただけます。 ただし、脂肪が定着するまでの3か月間は、喫煙やダイエットは控えるようにしてください(喫煙やダイエットは、脂肪の定着の妨げになります)。 脂肪注入豊胸の種類と値段 当院では、いかなるご要望にもお応えできるように、様々な豊胸手術のラインナップをご用意しています。 脂肪注入豊胸の成否を左右するのは、脂肪の定着率。 注入した脂肪が高い確率でご自分の組織として定着すれば、生まれながらのバストと何らそん色のない仕上がりが得られます。 この定着率のカギを握るのが、脂肪に含まれる幹細胞です。 当院の脂肪注入豊胸では、清潔な脂肪を用いることはもちろん、そこに含まれる幹細胞の量をいかに増やすかという点にこだわってきました。 タイプ別おすすめ施術 当院の脂肪注入豊胸のラインナップは全5種。 どれが自分にふさわしいの? と迷ってしまう方もいらっしゃることでしょう。 ここでは、ニーズ別のおすすめ施術をご紹介します。 脂肪をしっかり定着させたい 幹細胞には血流増加の働きが期待できるため、注入脂肪に豊富に含まれていると定着に有利になります。 なるべくたくさん定着させてサイズアップを目指すなら、幹細胞を利用した豊胸術がおすすめです。 おすすめ施術とその理由• 特許技術のキットで脂肪を加工し、幹細胞の密度を高めてから注入する豊胸術です。 幹細胞を約1,000万個まで増やしてコンデンスリッチ豊胸に併用する、再生医療豊胸です。 幹細胞を加えた脂肪の場合、定着量が約5倍という研究報告もあり、定着に有利と言えます。 痩せているけど脂肪注入豊胸したい 「痩せているからたくさん脂肪が取れないかも? 」「少ししか脂肪を注入できなかったらどうしよう? 」そうご心配の方のための施術もご用意しています。 おすすめ施術とその理由• 定着に有利に働く幹細胞の密度を高めた脂肪を注入するため、痩せ型の方の貴重な注入脂肪を、バストアップに有意義に活用することが可能です。 幹細胞密度を高めるコンデンスリッチ豊胸に、1,000万個まで培養した幹細胞をプラスして行う再生医療豊胸。 その分、より定着量が期待できます。 痩せ型で皮膚が伸びにくいと、脂肪壊死の懸念から多くは注入できませんが、この施術なら皮膚を拡張する器具を併用し、バスト内の許容を高められます。 最新の再生医療技術で豊胸したい 再生医療技術を豊胸に活用するメリットは、脂肪定着に有利な幹細胞を豊富に使用できること。 当院は厚生労働省の認可を受けた正規の再生医療を提供しています。 おすすめ施術とその理由• 再生医療は、提供計画が厚生労働省に受理された医療機関にだけ提供が許されています。 この施術は、その正式な手続きを経て提供を許可された、再生医療豊胸です。 授乳後に垂れた胸を若返らせたい 妊娠・出産を経てバストがしぼんだ授乳後は、実は脂肪注入豊胸に非常に適しています。 皮膚が十分引き伸ばされていて、脂肪が定着しやすい環境が整っているのです。 おすすめ施術とその理由• 授乳後は、皮膚が十分に伸びているだけに、しっかり定着させて、ハリのあるバストに仕上げることがポイント。 その点で、定着に有利な幹細胞密度を高めるこの施術がおすすめです。 培養した豊富な幹細胞をコンデンスリッチ豊胸に併用するため、定着力と効果の持続性が期待できます。 たくさん注入できる授乳後であれば、その期待値もより高まります。 短時間でリーズナブルに仕上げたい 少しでも手術時間を短くして体への負担を抑え、かつリーズナブルに仕上げたい方におすすめの施術をご紹介します。 おすすめ施術とその理由• この施術で脂肪の洗浄や分離の工程にかかる時間は、最短で約15分。 当院の豊胸ラインナップの中で、リーズナブルな費用という点でもニーズに合った施術です。 また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。 【当院では豊胸手術の失敗修正もお受けしています。 詳しくはをご覧ください。 】 施術の流れ• 予約 お電話もしくはホームページから来院のご予約を申し込みください。 コンシェルジュがご希望の日程を調整し、お電話でご連絡します。 ネットからのお申し込み• 電話からのお申し込み (海外からの電話) 〈受付時間〉 10:00 〜19:00 完全予約制• カウンセリング まずは、患者さまのご希望をお伺いします。 担当ドクターが経験に基づき、• 施術の適応性• 適切な施術範囲• 施術を行う優先順位• 施術後の全身のバランス• 年齢による変化 などを総合的に考慮しながら施術の内容をご提案します。 また、術後の経過や注意点、考えられるリスクなどについてもご説明します。 施術日決定 必要に応じ、血液検査を行います。 その後、無理のない予算をご相談のうえでコンシェルジュが費用をお見積りしますので、施術当日になって課金されるようなことはありません。 施術予定日も、仕事のスケジュールやそれぞれの方の個人的な事情などをご確認して決定し、担当ドクターのスケジュールを押さえます。 施術前日について 体調確認のご連絡をいただきます。 前日は緊張するかもしれませんが、安心してゆっくりお休みください。 食事は手術の6時間前までにお済ませください。 デザインの確認 施術当日。 最終的な施術の範囲をドクターが確認し、マーカーを用いてデザインを行います。 当院の医師であれば、この段階で最終的な仕上りがイメージできています。 麻酔・施術 体への負担を考慮した静脈麻酔法が基本料金に含まれていますので、リラックスして施術を受けることが可能です。 麻酔の点滴を開始すると気持ちよくなり、5分もするとウトウト眠ってしまいます。 適切な一定量の麻酔を維持して送り込んでいますので、施術中はほとんど痛みを感じることがなく、術後も入院の必要がありません。 施術後 適切なテーピングを行い、サポーターを着用いただきます。 このサポーターは無料で貸し出しを行っていますが、気になる方は購入も可能です。 処方薬や術後経過などのご説明の後、歩いて帰ることができますが、車の運転はお控えください。 よくある質問 ゲストの方からよくいただく質問をご紹介します。 手術を受けるにあたって入院は必要でしょうか?

次の

銀座3丁目・BANNAI美容クリニック

脂肪豊胸

脂肪が定着するメカニズム 脂肪注入豊胸で定着する脂肪は、注入されたものがそのまま定着していると思われがちですが、実は違います。 注入脂肪でそのまま生き残ることができるのは、血流から十分な酸素や栄養を得られる表層のみ。 それも厚さわずか0. 3mmの部分までです。 その他の脂肪は一度壊死してしまいます。 この壊死した脂肪が白血球の一種であるマクロファージに分解されると、注入脂肪に含まれる幹細胞が、脂肪細胞や血液を供給する血管細胞に分化して定着するのです。 幹細胞が分化するのは表層から1. 2mmまでの部分。 表層から1. 2mm以上の部分は壊死した後に吸収されるのみで分化しません。 壊死した脂肪が10mmを超えると吸収しきれずにしこりになってしまいます。 しこりになるとその分の脂肪が無駄になるので定着率が低下します。 定着率が高いのはどんな人? 脂肪注入豊胸においてバストの皮膚に余裕があるかどうかは大事な要素です。 脂肪を注入しすぎるとバストの内圧が高まるので、血流が阻害されて脂肪が酸欠状態になり壊死してしまいます。 一方、バストの皮膚に余裕があれば、内部の圧力が高まることなく十分なスペースが確保されます。 よって、バストの皮膚が伸びている授乳後の人やシリコンバッグ抜去後の人は脂肪の定着率が比較的高いことが多いです。 脂肪注入豊胸で定着率を上げるために出来ること1:施術編 脂肪注入豊胸を受けるにあたって、定着率を高めるためにはいくつかの押さえるべきポイントがあります。 それらを押さえた施術を紹介します。 質の高い脂肪を使う 定着率を上げるには、脂肪が無駄になるしこりを避けることと、脂肪細胞や血管細胞に分化する幹細胞の数を増やすことが重要です。 そのため、質の高い脂肪を使います。 質の高い脂肪とは、しこりの原因となる脂肪中の死活細胞や血液などの不純物を含まず、幹細胞を豊富に含む脂肪です。 以下の3つの施術なら不純物を除いて幹細胞を多く含んだ脂肪を注入することができます。 コンデンスリッチ豊胸 採取した脂肪を遠心分離機で濃縮して不純物を分離し、バストに注入する施術です。 ウェイトフィルターという重りを取り付けて遠心分離機にかけることによって老化細胞や死活細胞が圧力によって破壊されます。 破壊された細胞や血液などの不純物を取り除いたあとに残るのは強い健全な脂肪細胞と脂肪幹細胞です。 濃縮することで脂肪に含まれる幹細胞の割合も高まっています。 コンデンスリッチ豊胸の手順 ピュアグラフト豊胸 採取した脂肪を、密閉された袋状の専用フィルターに入れて洗浄液を注入。 その後、ろ過することで血液や死活細胞などを分離します。 この分離作業を3度繰り返して、不純物のないクリアな状態の脂肪をバストに注入する施術です。 ピュアグラフト豊胸の脂肪は、洗浄した綺麗な脂肪ですが、少量の洗浄液が残ってしまいます。 ピュアグラフト豊胸の手順 脂肪幹細胞注入豊胸 採取後に不純物を取り除いた脂肪を2つに分けて、片方の脂肪から脂肪幹細胞を抽出。 もう一方の脂肪に添加してバストに注入する施術です。 脂肪から不純物を取り除く段階でピュアグラフトを使用する場合もあります。 幹細胞を添付するため注入脂肪に多く含まれますが、抽出する工程によって施術時間が長時間に及ぶため、体にかかる負担は他の施術に比べて大きいです。 脂肪から幹細胞を抽出するため、比較的多くの脂肪が必要になります。 そのため、あまり脂肪が採取できない痩せ型の人には向かない施術です。 脂肪幹細胞注入豊胸の手順 適切な方法で注入する バストに脂肪を注入する際、注入の仕方を誤るとしこりになってしまい、定着率が下がってしまいます。 例えば一か所に塊で注入してしまうと脂肪が壊死してしこりに。 それを避けるためには適切な注入方法での施術が重要です。 あらゆる層に少量ずつ脂肪を注入する、マルチプルインジェクションなら塊で注入してしこりになるような失敗は起こらないでしょう。 4mmヌードルインジェクションがあります。 この方法は、脂肪が生き残る、または幹細胞が分化するのは表層から1. 2mmまでという定着のメカニズムを利用したものです。 直径2. 4mmで細長く注入することで脂肪を無駄にすることなく、定着率を高めます。 BRAVAの使用(術前) バストの皮膚に余裕があると定着率は高まりますが、誰もが授乳後やシリコンバッグ抜去後なわけではありません。 そこでBRAVAの登場です。 BRAVAはドーム型のカップをバストに吸着させて陰圧をかけ、皮膚や組織を伸ばす道具。 本来はバストアップのための道具ですが、これを脂肪注入前に使用して皮膚を伸ばし、脂肪を注入するスペースを広げます。 バストの内圧が高まって脂肪が壊死することがないので定着率が高まります。 難点は術前2週間程度着用を続けなければならず、睡眠中を含めて1日10時間の着用が必要なことです。 脂肪注入豊胸で定着率を上げるために出来ること2:術後編 定着率を高めるために質の高い施術を受けたとしても油断は禁物です。 術後の行動によっても定着率は左右されます。 術後は以下のものに気を配りましょう。 BRAVAの使用(術後) 術前の着用ではバストの皮膚を伸ばし、脂肪注入のスペースを広げましたが、術後はもう一つの作用で定着率を高めてくれます。 それは、バストの血管を増やす効果。 陰圧の刺激によりバストの血管が新生され、乳房内の血流が増加します。 定着に必要な栄養をより多くの脂肪に行き届かせることができるようになり、定着率アップにつながるのです。 着用期間は1週間ですが、術後も術前の時と同じように、睡眠中を含めて1日10時間の着用していただく必要があります。 たばこ たばこを吸うと、ニコチンによって血管が締め付けられ、血行が悪化。 脂肪の定着には酸素や栄養を供給する血流が不可欠ですから、十分な血流を得られずに定着率が低下してしまいます。 脂肪が定着するまでの間、最低でも3か月は禁煙、少なくとも減煙を心掛けるようにしましょう。 ダイエット 術後3か月間は痩せないように注意してください。 その3か月間は脂肪幹細胞が脂肪細胞に分化する大事な時期なので、十分な栄養を送り込む必要があります。 栄養が不十分な場合は、脳や心臓などの生命に関わる臓器のほうを優先するため、脂肪にまで必要な栄養が行き届かなくなってしまうのです。 毎日、栄養の高いおやつを食べたり、炭水化物をしっかり摂ったり、脂肪をつけるような行動を心がけましょう。 1~2kg体重が増えるような状態が理想です。 圧迫 過度にバストを圧迫すると血流が悪くなり、定着率の低下につながります。 以下のようなバストを圧迫するものは避けたほうが良いでしょう。 ワイヤー入りブラジャー ワイヤー入りのブラジャーはバストを圧迫するため、脂肪が完全に定着する3ヶ月後までは控えたほうが賢明です。 ただし、カップ付きのキャミソールやスポーツブラのようなソフトタイプのブラジャーなら、1週間後から着用できます。 バストのマッサージ 血流が悪くなるような圧迫を伴うマッサージは避けましょう。 マッサージの影響で脂肪が集まって塊になると脂肪が壊死し、しこりや定着率低下の原因になってしまいます。 脂肪注入後3か月間は、マッサージを控えるようにしましょう。 まとめ 定着率を高めるためには、適切な施術を選ぶことと、術後に定着率を下げるような行動をとらないことが大事です。 質の高い脂肪を注入する豊胸としてはコンデンスリッチ豊胸、ピュアグラフト豊胸、脂肪幹細胞注入豊胸が一般的でしょう。 4mmヌードルインジェクションがあります。 授乳後やシリコンバッグ抜去後ではない人はバストの皮膚を伸ばすBRAVAの使用もおすすめです。 術後も、バストの血管を新生するためのBRAVAを使用し、定着率を下げるたばこ、ダイエット、圧迫を避けるといいでしょう。 せっかく受ける脂肪注入豊胸ですから、効果を高めて満足のいく結果にするため、このコラムを活用いただけたら幸いです。

次の

【自己脂肪注入豊胸手術レポート】術後3日目から一週間

脂肪豊胸

経験豊富で高い技術の医師 城本クリニックの豊胸手術は、経験が豊富で高い技術を有する医師が担当します。 日本美容外科学会・日本形成外科学会の専門医が多数在籍しています。 自然な形・柔らかさを実現 高い技術に加え症例数が多いからこそ、自然な形や柔らかさを安全に美しく実現できます。 医師による直接の診察 経験豊富な医師が、患者様ひとりひとりに時間をかけながら直接診察します。 安全な麻酔管理 城本クリニックの豊胸手術は、安全な麻酔管理のもと、リラックスして治療をお受けいただけます。 医療免許を持つスタッフが対応 施術に携わるすべてのスタッフが医療免許を持ち、カウンセリング、施術、アフターケアまで一貫して万全に対応します。 リピーター率の高さ 患者様の高い満足度と口コミ等のご紹介により、高いリピーター率を誇ります。 痛みの軽減 出来る限り痛みに配慮し、軽減できる方法を選んでいます。 メンテナンス 豊胸手術は、術後メンテナンスが必要となる場合もあり、術後経過が良くなり、結果も良くなるように適時アドバイスしています。 傷跡 可能な限り目立つことがないよう、切開等について配慮しています。 城本クリニックは、豊胸で世界トップシェアを誇る米MENTOR社より、日本初の公認クリニックに選ばれました。 定期的な技術や情報交換により、常に豊胸技術の向上を目指しています。 また、ヒアルロン酸注入によるバストアップは、安全性の高いヒアルロン酸を使用しています。 CAUTION アクアフィリング豊胸について 素材の大半は水分ですが、一部が生体内に長期残留する可能性があり、安全性において疑問視されています。 世界的には、使用を禁止あるいは使用しないように求めている国が多い中、日本では安易に使用されています。 美容外科学会等は、こうした状況を問題視しており、城本クリニックでは取り扱っておりません。 小さな胸を大きくしたい• バストが小さくずっとコンプレックスです• 形の良い大きい胸に憧れる• いらない脂肪もあるし、胸も大きくしたい• バストにだけ脂肪が足りない!ついてほしくない部分についている…• 切らずにバストアップしたい• 授乳後にハリを失った• 乳頭の大きさが気になる、小さくしたい• 乳輪の大きさが気になる、小さく整えたい• 乳輪が大きくバランスが悪い• 大きすぎる胸をなんとかしたい• 大きすぎて人目が気になる• 垂れてしまったバストを持ち上げたい• バストが大きすぎて重く下がってます・・・小さくできますか?• 乳頭が陥没してる• 凹んだままだと出産後の授乳が心配•

次の