時透有一郎 夢小説。 『落花流水の如し【鬼滅の刃】』第30章「気が触れ合った瞬間(時透有一郎+時透無一郎)」 353ページ

『落花流水の如し【鬼滅の刃】』第30章「気が触れ合った瞬間(時透有一郎+時透無一郎)」 353ページ

時透有一郎 夢小説

あれから三人で、私の家にあったゲームを使って遊んでいた。 三人で遊べるアクションゲームで、かなり時間を潰したと思う。 「ぐ、ぐぐっ!無一郎、強すぎじゃないのっ!」 「なまえもまだまだじゃないの?」 「有一郎も有一郎よ!あんたも初見と言いながらも、私より上手すぎじゃない!!」 「なまえの見よう見まねだけど」 天才肌な一面も持ち合わせている有一郎は、このゲームでもその才能を発揮して私を見事とは言いたくはないが、完膚なきまでに打ちのめされた。 二人共は実はこの対戦型ゲームをするのは、実質的には初めてである。 無一郎はこの前一人で遊びに来た時、一回だけこのゲームをプレイして帰って行った。 何しに来たんだコイツと思いつつ、彼が持って来たお菓子をお母さんと一緒に食べた。 「もう、何であんたたちと何でも一緒にするとこんなに差が付くのよ!」 「知らない」 「俺もー」 しらばっくれている兄弟を見て、一人っ子の私としては強い敗北感に苛 さいな まれる。 何でこんな気分になるんだと思いつつ、ゲーム機のコントローラーをそっと床に置いた。 「……止める」 「え?もう?」 「だって、何度もしても勝てないもんっ」 ぷくっと頬を膨らませ、つまらなそうにする兄弟から離れる。 すると兄の方はテレビの電源を落として、弟の方は私に近付く。 「ねえなまえ……ちょっとした面白いゲームしない?」 「もうしない」 「違う違う、最後まで話を聞けって」 兄の方も私に近寄って、肩にぽんぽんと手を載せてきている。 真ん前には、弟の方の顔が間近に見える。 「———君にも得意な事を、ゲームとして持ち込んであげる。 勝てたら、何かしてあげるよ」 「え?な、何をするの……?」 「それはなまえが決めても良いと思うけど……俺たちだけのペナルティは面白くないよな」 「なまえが負けたら僕たちの言う事を何でも聞いてよ?」 彼等の言葉がとても面白く聞こえて、思わず頷いてしまった。 いつも涼しい顔をしている双子をぎゃふんと言わせられるのなら、それで良いと思ってしまったのだった。

次の

大好きな彼と別れた話。【時透有一郎】

時透有一郎 夢小説

あれから三人で、私の家にあったゲームを使って遊んでいた。 三人で遊べるアクションゲームで、かなり時間を潰したと思う。 「ぐ、ぐぐっ!無一郎、強すぎじゃないのっ!」 「なまえもまだまだじゃないの?」 「有一郎も有一郎よ!あんたも初見と言いながらも、私より上手すぎじゃない!!」 「なまえの見よう見まねだけど」 天才肌な一面も持ち合わせている有一郎は、このゲームでもその才能を発揮して私を見事とは言いたくはないが、完膚なきまでに打ちのめされた。 二人共は実はこの対戦型ゲームをするのは、実質的には初めてである。 無一郎はこの前一人で遊びに来た時、一回だけこのゲームをプレイして帰って行った。 何しに来たんだコイツと思いつつ、彼が持って来たお菓子をお母さんと一緒に食べた。 「もう、何であんたたちと何でも一緒にするとこんなに差が付くのよ!」 「知らない」 「俺もー」 しらばっくれている兄弟を見て、一人っ子の私としては強い敗北感に苛 さいな まれる。 何でこんな気分になるんだと思いつつ、ゲーム機のコントローラーをそっと床に置いた。 「……止める」 「え?もう?」 「だって、何度もしても勝てないもんっ」 ぷくっと頬を膨らませ、つまらなそうにする兄弟から離れる。 すると兄の方はテレビの電源を落として、弟の方は私に近付く。 「ねえなまえ……ちょっとした面白いゲームしない?」 「もうしない」 「違う違う、最後まで話を聞けって」 兄の方も私に近寄って、肩にぽんぽんと手を載せてきている。 真ん前には、弟の方の顔が間近に見える。 「———君にも得意な事を、ゲームとして持ち込んであげる。 勝てたら、何かしてあげるよ」 「え?な、何をするの……?」 「それはなまえが決めても良いと思うけど……俺たちだけのペナルティは面白くないよな」 「なまえが負けたら僕たちの言う事を何でも聞いてよ?」 彼等の言葉がとても面白く聞こえて、思わず頷いてしまった。 いつも涼しい顔をしている双子をぎゃふんと言わせられるのなら、それで良いと思ってしまったのだった。

次の

時透有一郎 (ときとうゆういちろう)とは【ピクシブ百科事典】

時透有一郎 夢小説

あれから三人で、私の家にあったゲームを使って遊んでいた。 三人で遊べるアクションゲームで、かなり時間を潰したと思う。 「ぐ、ぐぐっ!無一郎、強すぎじゃないのっ!」 「なまえもまだまだじゃないの?」 「有一郎も有一郎よ!あんたも初見と言いながらも、私より上手すぎじゃない!!」 「なまえの見よう見まねだけど」 天才肌な一面も持ち合わせている有一郎は、このゲームでもその才能を発揮して私を見事とは言いたくはないが、完膚なきまでに打ちのめされた。 二人共は実はこの対戦型ゲームをするのは、実質的には初めてである。 無一郎はこの前一人で遊びに来た時、一回だけこのゲームをプレイして帰って行った。 何しに来たんだコイツと思いつつ、彼が持って来たお菓子をお母さんと一緒に食べた。 「もう、何であんたたちと何でも一緒にするとこんなに差が付くのよ!」 「知らない」 「俺もー」 しらばっくれている兄弟を見て、一人っ子の私としては強い敗北感に苛 さいな まれる。 何でこんな気分になるんだと思いつつ、ゲーム機のコントローラーをそっと床に置いた。 「……止める」 「え?もう?」 「だって、何度もしても勝てないもんっ」 ぷくっと頬を膨らませ、つまらなそうにする兄弟から離れる。 すると兄の方はテレビの電源を落として、弟の方は私に近付く。 「ねえなまえ……ちょっとした面白いゲームしない?」 「もうしない」 「違う違う、最後まで話を聞けって」 兄の方も私に近寄って、肩にぽんぽんと手を載せてきている。 真ん前には、弟の方の顔が間近に見える。 「———君にも得意な事を、ゲームとして持ち込んであげる。 勝てたら、何かしてあげるよ」 「え?な、何をするの……?」 「それはなまえが決めても良いと思うけど……俺たちだけのペナルティは面白くないよな」 「なまえが負けたら僕たちの言う事を何でも聞いてよ?」 彼等の言葉がとても面白く聞こえて、思わず頷いてしまった。 いつも涼しい顔をしている双子をぎゃふんと言わせられるのなら、それで良いと思ってしまったのだった。

次の