天海 祐希 心筋 梗塞。 天海祐希の実家は上野の中野美容院?脳梗塞の症状は?独身宣言の理由?

天海祐希の心筋梗塞の原因はストレスか…逮捕間近で本名&不倫報道?

天海 祐希 心筋 梗塞

天海祐希さん、軽度で済んで良かったですね。 間もなく、何事もなかったかのように復帰、今まで以上に活躍されるでしょう。 「手術の必要はない。 」という報道なので、治療は病院で安静にして、 点滴・服薬するだけ。 「だったら、舞台に出たい。 」と言うのも、もっともです。 ですが、心臓のダメージはありますから、回復するまでは無理は禁物です。 結果から言えば、今回は死ぬ一歩手前ではありません。 今後、心臓の負担増になることも、出来るようになると思います。 無理して痛みを我慢して放置していたら、生命の危機は あったかも知れませんが、今回は違います。 「汗が出て、心臓が痛かった。 」というのは急性心筋梗塞の症状です。 医師は心電図に心筋梗塞特有の特徴を見つけて、治療に入ったのでしょう。 すぐに各種検査を行なった結果、バルーンやステント留置の手術は必要なし。 本当に軽症だったみたいです。 壊死(えし)もほとんど無いのでは? 一時的に心臓の冠状動脈の流れが悪くなるのが狭心症。 一度部分的に血流が止まって壊死部分が残るのが心筋梗塞です。 壊死というと腐っちゃうようなイメージがありますが、局所的に 心臓の筋肉が動かないだけです。 心臓の半分くらい壊死している患者も いるくらいなので、天海さんの場合には問題にならないでしょう。 女性ホルモンが血管を守っているので、血管がひどい状態ではないし、 たまたま血栓ができちゃった、という感じだと思います。 ドラマ『結婚しない』や今回無念の降板となった舞台『おのれナポレオン』など、 45歳という年齢にしてはややきつめのスケジュールだったようです。 食生活や生活リズムの良さには定評が有り、恐らくは役者ならではのストレスだろうと見られています。 軽度、というのはつまり心筋梗塞の初期症状であるめまいや胸のいたみ、息切れなどで収まっているということです。 残りの舞台での続投を強く希望されたみたいですが、公演中に倒れてしまっては元も子もありませんからね。 舞台をすっぽかしたどっかの俳優などとは明らかに違う、仕方の無い降板です。 とにかく治療に専念して、またカッコイイ天海祐希さんの姿を見せて欲しいですね^^ 心筋梗塞は、心臓を取り巻く3本の血管 冠状動脈 のうちのどこかが詰まってしまってその先に血液が行かなくなる状態です。 その結果、血液が流れなくなる部分の心臓の働きが悪くなります。 心臓の働きは、肺から血液を吸い込み、そして全身に血液を送り出すポンプ作用があります。 冠状動脈の太い部分が詰まって広範囲にわたり心臓のポンプ作用が損なわれるとどうなるか? 肺から心臓に血液を吸い込みが悪くなると血液から水分が肺の中に滲み出て肺に水がたまり喘息のように息がゼーゼーなります。 また心臓から全身に血液が送り出せなくなると血圧が下がるショック状態になります。 軽度ということは、これらの状態がないと考えて良いでしょう。 治療は、根本的には詰まってしまった血管を拡げること。 多分、カテーテルという特殊な管を手の血管 脈を取る時の から入れて冠状動脈まで先端を持っていき、さらにその先に風船をつけてやり詰まった冠状動脈を拡張する、場合によっては風船を膨らませる際に再び血管が細くならないようにステントという金網で血管内を裏打ちするかもしれません。 しかもこれはすでに病院に搬送された際に行われた可能性も十分にあります。 心筋梗塞の危険となる背景としては、喫煙 たしか天海さんは? 、糖尿病、高血圧、高コレステロールなどあり、もしこれらがあれば是正していくことになります。 血液サラサラの内服も基本的には終生服用することとなります。

次の

天海祐希、突然の心筋梗塞に「正直戸惑いました」

天海 祐希 心筋 梗塞

天海さんのように、健康そのものに見える人がなぜ心筋梗塞に? とは、それこそ勝手な推測というものでしょう。 原因は、過激な競争社会のストレスにあります。 彼女の場合も、おそらく疲労とストレスでしょう。 心臓が少しずつ悪くなっていたのを検査に行く暇も、時間もなく放っておいたのだと思います。 今回の仕事がどうかだけではないでしょう。 心筋梗塞にかかる原因をざっと見てみますと、加齢(40歳前からとなっています)、肥満、高血圧、コレステロール異常(血液ドロドロというのは解りやすい表現ですが、正確には血液ではなく、動脈壁に粥(かゆ)状の塊ができて内腔が狭くなる状態のことを言います)、糖尿病、偏食(市販のお弁当が多いことなど)、喫煙、運動不足。 芸能人の場合、これらのデータやエビデンスが正常であったとしても、人気がある人は、睡眠不足に加えて過密なスケジュールと、不規則な時間に寝たり食べたり移動したりという生活に、過度なストレスがかかります。 ストレスで心身が緊張し興奮状態が持続し交感神経ばかりが働き、心拍数や血圧を上昇させ、その結果、動脈硬化を進行させてしまったり、不眠症になったりします。 このほかにも、血管内皮がはがれたところに血栓が生じたり、血管の内膜の解離、血管がけいれんするだけでも、心臓の血管の血流は止まることがあります。 コレステロールについて言えば、逆にコレステロール値が低すぎて、血管壁の脂質が少ないためにダメージを受けることもあります。 彼女もさぞ不安だったでしょうが、舞台出演中に具合を悪くして休養になった女優さんは他にもいらっしゃいます。 そして必ずと言っていいほど復帰してくる。 この勝気さがあるから、生き残っていくのでしょう。 インターネットで、芸能人で心筋梗塞になった方の一覧表を発見して驚きました。 心筋梗塞というジャンル別に名簿になっていることに驚いたのです。 どうして芸能人が病気になるとこうも騒がれるのかとも思いましたが、それは他の方々の注意を引くために必要な事かもしれません。 「私も気をつけよう」と思わせることに一役買ってくれている。 つまり、芸能人が病気になり克服していくのを見ることが、我々が健康術を学ぶことにつながる。 医師が口をすっぱくして予防を唱えるより効果があるかもしれません。 しかし芸能人ほど自分を人前にさらして商売をする職業もありません。 見られることが嫌いな方に芸能人は務まりません。 これは人見知りをするタイプとは別物です。 逆に幼いころは引っ込み思案でしたという人が多かったりします。 スポーツ選手ともまた違う。 芸能界で働くということは、永遠に何かを求めて仕事を続けられるだけ続けるという職業です。 心筋梗塞にかかるリスクが高いことは否定できないでしょう。 それが若年化してきたということは、そこでの競争がますます厳しくなって若年化してきているとも言えます。 最近、若者の人気芸人さんたちに入院が多いなと思っていましたが、おそらく過密スケジュールの中で、いっときたりとも気が抜けないのでしょう。 業界も昔よりミスが許されなくなってきているようにも感じます。 昔はもうちょっと芸能人に対してゆる~い感じでした。 今は契約内容も大変厳しい。 しかし、そこを乗り越えてこそ一流と言われる時代であって、くじけてはならないと自分自身に常に言い続けているのでしょう。 実力と運の良さ、周囲に恵まれること、そこらへんが不安になってくると交感神経ばかり使うことになっていきます。 最大の敵は睡眠不足とストレスによる過食と暴飲。 オフの日はずっと寝ているという人もいます。 たばこを吸う人が芸能関係者に非常に多いことは有名です。 女性タレントは、どちらかというと極度に痩せていた方が格好いいと言われることや、顔やスタイルに関する過度な競争など、ストレスからくる心筋梗塞のすべての条件が整っています。 上記のような危険因子を克服して業界に残っていることこそ、心筋梗塞になりやすい原因です。 天海さんには、なにもかも忘れてぐっすり寝ていただきたい。 おそらく不死鳥のようになって蘇ってくるのでしょうが、決して無理をして勘三郎さんのようになってほしくないと思います。

次の

天海祐希さんの心筋梗塞で何がわかるか : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

天海 祐希 心筋 梗塞

心筋梗塞は心臓の筋肉を動かす冠動脈が詰まる病気で、詰まった先の心筋が壊死してしまう。 天海は動脈の先端部分だったため、1週間から10日の安静で済みそうだという。 アナウンサーの徳光和夫(72)や俳優の西田敏行(65)など、心筋梗塞から立ち直った人たちも多いが、45歳という若さで、しかも女性というのは珍しい。 しかし、医師によると食生活の変化で最近は30代、40代も珍しくないのだそうだ。 司会の羽鳥慎一「軽いとはいえ、エーッと思いました」 高木美保(タレント)「イメージが合わないですよね。 45歳は中年ではありますけど、天海さんの健康管理はすごいと思うし…」 若くても突然発症!検診受ければ10年は大丈夫 年間200例もの手術をしている心臓血管外科医の南淵明宏氏が登場して解説した。 「きょうもこれから45歳の男性の手術」と、この年齢でも珍しくはないという。 ただ、「いかに健康管理していても、心筋梗塞ではこれをやっていれば大丈夫ということはありません」 羽鳥「週に何回かの運動とかしていてもダメですか」 南淵「やった方がいいですが、病気は突然ですよ。 症状ではわかりません」 玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「健康管理している人と何もしてない人とでは、どこが違うんでしょうか」 南淵「運動にしてもなんにしても、定量化された数字はありません。 10万人を調べたら、なりやすい傾向とかはわかりますが、なぜこの人がこの時期にというのはだれにもわかりません」 羽鳥「確率を下げる方策はありかすか」 南淵「規則正しい生活。 控えめ。 血圧、コレステロール、血糖値の管理。 なぜなるのかはわからないのですが、検診だけは受けてください。 1回受けて問題なければ10年大丈夫ですから」 みんな「はあー」といっていたが、はたして何人が検診を受けるか。 それより、この公演はきょう9日の19時には、宮沢りえを代役に公演するという。 これもすごい。

次の